お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ブランデー・コニャック買取】“クルボアジェナポレオン”を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介!

品名:
買取参考価格:
商品の状態:

【ブランデー・コニャック買取】“クルボアジェナポレオン”を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 1

弊社買取価格3,000円~
通常販売価格
他社買取価格2,000円前後
再販価格6,000円~ ※ヤフオク・メルカリなど

最近じわじわと人気が出てきたコニャックと言えば“クルボアジェ”ではないかと感じています。それもそのはずでサントリーの子会社であるビームサントリーがオーナーになったことで、日本への輸入量が増えているためです。今後日本をはじめ世界規模でのマーケティングが広がることで知名度が一気に上昇し、取引価格も比例していくことが予想されます。まだ値上がりしていないので、わたし達業者にとっては好都合の取引ですが、もう少し値が動いてから相談された方がいい場合もあります。特に今回のボトルは古いタイプのナポレオンだったので印象深い取引になりました。今後に備えて“クルボアジェ”の勉強をしておきましょう。

“クルボアジェナポレオン” 高価買取の理由

【ブランデー・コニャック買取】“クルボアジェナポレオン”を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 2詳しくは後述しますが、歴史あるメーカーであること、さらにナポレオン皇帝に愛されたコニャックであったことなど多くのエピソードをもったメーカーであることが挙げられます。また今後は分かりませんが、小規模で生産されているため流通量が少ないことも理由です。そして今回の商品の状態が箱付きで状態が良かったこと、さらにコニャックの等級がナポレオンという上位であったことも高値につながりました。

 

ご存知の通り、フランスのコニャック地方で作られるブランデーだけがコニャックと呼ばれます。そして全国コニャック事務局 (BNIC) が定めた公式の品質等級で管理されています。V.S.(Very Special):ブレンドに使用された最も若い原酒(オー・ド・ヴィー)の熟成年が2年以上のもの。

 

✯✯✯(three stars、スリー・スターズ)と表現されることも。V.S.O.P.(Very Superior Old Pale):オー・ド・ヴィーの熟成年が4年以上のもの。Reserve(リザーヴ)とも言われます。XO(Extra Old )またはNapoléon(ナポレオン):オー・ド・ヴィーの熟成年が10年以上のもの。それ以外にもコニャックメーカー独自の名称もあります。

クルボアジェは原料が違う。

【ブランデー・コニャック買取】“クルボアジェナポレオン”を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 3引用元:公式サイト

 

コニャックの原材料は葡萄ですが、メーカーによって使う種類が違い、畑の土壌を指定する場合もあるのだとか。クルボアジェも例外ではありません。使用する葡萄はコニャック地方の「グランド・シャンパーニュ」「プティット・シャンパーニュ」「ボルドリ」「ファン・ボア」。この4つの土壌で育った葡萄をブレンドして使っています。

 

全国コニャック事務局 (BNIC)ではコニャック全体の品質管理のため土壌のチェックもしていて、この地域は上位にランクインしています。ここにも高値で取引される理由があります。

ナポレオンに愛されたコニャック“クルボアジェ”とは

【ブランデー・コニャック買取】“クルボアジェナポレオン”を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 4引用元:公式サイト

 

創業は1809年。エマニュエル・クルボアジェとパリ郊外のベルシー市長であったルイ・ギャロワによって設立されました。当初はワインとスピリッツの専門商社で、近隣の高級コニャックを取引をしていましたが、自分たちが生産者となることでコニャックの品質を守りたいという思いに至ったそうです。

 

そして1828年コニャックの品質を高めるためコニャック地方の小さな町ジャルナックに移転します。以降その生産手法は今日まで変わっていません。クルボアジェは、かのナポレオン1世ともつながりが深いコニャックとして有名です。

 

【ブランデー・コニャック買取】“クルボアジェナポレオン”を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 5

引用元:公式サイト

 

ナポレオン自身が愛飲していただけでなく、後継者にあたるナポレオン3世は王室御用達に指名するほどの愛好者でした。そのため「ル・コニャック・ド・ナポレオン」と呼ばれているそうです。クルボアジェはそ等級によって味わいが個性的です。

 

熟成年数の少ないものはフレッシュで、熟成年数が増すほどに香りが華やかになり、甘さが際立つそうです。今後はサントリーのマーケティングを担当すると思われますが、伝統を受け継いだ味わいと新しい感性がこれまでと違う”クルボアジェ”を提案してくれるでしょう。

 

入手困難な“クルボアジェ”

【ブランデー・コニャック買取】“クルボアジェナポレオン”を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 6引用元:公式サイト

 

サントリーが正規輸入元なので入手が簡単になりました。しかし古いものや日本で流通していないものも存在します。ラインナップを記載しておきます。外国からのお土産でいただいたものがないか調べてみましょう。もし見つかれば、また不明な点があれば気軽にご相談してください。

 

クルボアジェは高品質の製品を提供して実績が認められ、フランスにおける最高品質の証である「Prestige de la France」を1983年に授与されています。コニャックメーカーとしては唯一のことです。また酒類の格付けウェブサイト「Proof66」は、クルボアジェ 21を世界で評価されているブランデー/コニャックトップ20のリストにピックアップしています。

お酒買取専門店 リンクサスの強み

お酒買取専門 リンクサスには様々な相談がありますが、お客様のために売却延期を提案する場合があります。少し待ったほうがさらに高値になると判断できる情報を持っているためです。お酒買取専門 リンクサスとしては値上がり前に、安い価格買取ことができますがお客様の立場になれば違った見方になります。判断を間違えば他業者へ流れてしまいますが、親身になった対応でればそんな心配は不要です。

まとめ クルボアジェはこれから

日本だけでなく今後コニャック市場が期待されています。その中でもクルボアジェは注目、期待とも中心にいると言ってもいいでしょう。現行品もいいですが、古いタイプは要チェックです。等級の高いもの、ラベルやパッケージに汚れが少ないもの、ボトルに曇りがなく未開封で中身の劣化がないもの。見つけたら、まずご一報を。取引時期はそこから相談しましょう。

«