お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシー ナポレオンシルバートップ グラス付き』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介!

品名:
買取参考価格:
商品の状態:

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシー ナポレオンシルバートップ グラス付き』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 1

弊社買取価格20,000円~
通常販売価格終売
他社買取価格18,000円前後
再販価格25,000円~ ※ヤフオク・メルカリなど

 

このシリーズ中もっとも珍しいタイプの紹介です。中身の等級はナポレオン、紹介は後述しますが上位に属するものです。ボトルデザインも凝っていて、スクエアな形状に名前の通りシルバーのキャップを装着したやや厳つい印象です。

 

ナポレオンのオプションとも言えるもので既に終売していることから、現状では入手できないため高価買取させていただきましした。さらに珍しいのはパッケージと付属品で、このモデルとしてはもっとも流通量が少ないものでしたので、そこも加点させていただきました。

 

ヘネシーであること、ナポレオンという上位等級であること、流通量が少ないモデルであったこと、そうした理由から高価買取につながりました。それぞれについて説明させていただきます。

ヘネシーという名門コニャックブランドであったこと

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシー ナポレオンシルバートップ グラス付き』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 2

ヘネシー高級ブランデーというイメージがあります。お酒に詳しくない方でも名前だけは聞いたことがあるでしょう。しかし正確には高級コニャックです。では何が違うのか、から説明します。ブランデーとは果実酒を蒸溜して作られたお酒の総称で、原料はりんごやさくらんぼ(チェリー)など果物であればブランデーと言えます。

 

その中で原材料に葡萄を使い、フランスのコニャック地方で蒸溜~熟成を経て作られるものだけを“コニャック”と呼ぶことが出来ます。コニャック作りは製造組合による品質管理が行き届いていて、原材料の葡萄品種やその畑の土壌まで登録が必要です。

 

ヘネシー社は現在もコニャックに本社を置き、その組合で中心的な役割を果たしてきました。コニャックと名乗れるだけで価値があり、また老舗メーカーヘネシーの商品ということでも価格が上がります。

全世界にヘネシーファンがいる。

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシー ナポレオンシルバートップ グラス付き』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 3

ヘネシーコニャックの拡販にも熱心に取り組みました。特にイギリスやロシアなどに輸出されることで、ブランデーつまりコニャックの知名度は世界に広がりました。そのためコニャックヘネシーを指す名称だという誤解が生じるほどです。出荷量にも驚きます。

 

世界的なコニャック市場の占有率は約40%、年間約5000万本のヘネシー商品が出荷されているのです。その動きはルイヴィトンが主催するLVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)に名前を連ねることで加速し、知名度と認知度を確実なものにしたようです。

 

現在の事業主体はフランスのシャンパンメーカー“モエ・エ・シャンドン”と経営統合したモエ・ヘネシー販売は世界市場に広いネットワークを持つ英国のディアジオ社がサポートしています。高感度なラグジュアリーブランドと交わることでブランドイメージを確立し、さらに戦略的な販売網で売上も確保する。誰しもが憧れるコニャック、それがヘネシーなのです。

 

“ヘネシーナポレオンシルバートップ”は4種類あるらしい。

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシー ナポレオンシルバートップ グラス付き』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 4引用元:Hennessy Cognac Collection

 

まずはコニャックの等級についての説明ですが、これは他でも取り上げているので、軽く触れておきます。

 

【等級と呼称】

V.S.(Very Special):ブレンドに使用された最も若い原酒(オー・ド・ヴィー)の熟成年が2年以上のもの。✯✯✯(three stars、スリー・スターズ)と表現されることも。V.S.O.P.(Very Superior Old Pale):オー・ド・ヴィーの熟成年が4年以上のもの。Reserve(リザーヴ)とも言われます。

 

XO(Extra Old )またはNapoléon(ナポレオン):オー・ド・ヴィーの熟成年が10年以上のもの。この基準は品質の向上と安定化を図るために設定されました。ヘネシーが主体となり全国コニャック事務局 (BNIC) が定めたもので、ヘネシーでは現在も役員を務めています。上記のように熟成年によって決まります。今回のコニャックはナポレオン、上位等級に属しています。それだけで価格に反映します。

 

【シルバートップは4種類】

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシー ナポレオンシルバートップ グラス付き』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 5引用元:Hennessy Cognac Collection

  1. 赤箱入り
  2. ブック型青箱入り
  3. ペアグラス付き赤箱入
  4. ペアグラス付きブック型赤箱入

この商品の査定基準は付属品によって異なります。それぞれ2,000円ほどの差額で順に価格が上がります。流通量が少ない“ペアグラス付きブック型赤箱入”がもっとも高額で取引されています。今回相談のあったものは、まさにこの商品でした。さらに状態も良く、未開封で中身の劣化も認められません。当然高額査定の対象となりました。

 “ヘネシーナポレオンゴールドトップ”も探しています。

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシー ナポレオンシルバートップ グラス付き』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 6引用元:wine-searcher.com

 

少しだけ丸みを帯びた四角いボトルで、ボトル上部にぶどうのレリーフがあるのが特徴です。金色のキャップが装着されています。まさにゴールドトップです。箱は同じブック型ですがデザイン(装丁?)が少々違うようです。色調はえんじ色で似ています。グラス付きのものは無いようですが、情報不足です。状態が良ければ、シルバートップ(箱付き)と同額レベルで買い取らせていただきます。

 

お酒買取専門店 リンクサスの強み

今回の買取は興奮しました。違うタイプのものは実績がありましたが、”ペアグラス付きブック型赤箱入”は初めて取扱いました。海外のサイトでは見かけることがありますが、国内で流通していたとは・・・・・。さっそく心あたりのバイヤーに連絡したところ、やはり興奮気味で思わぬ高値になりました。

 

こうした実績を重ねることで、お客様への還元が図れます。お酒買取専門 リンクサス買取希望されるお客様と、それを望むバイヤーやよって支えられています。コミュニケーションとネットワークが最大の強さです。

まとめ コレクションとして

今回の商品だけでなく、グラスのないものでも美しいというのが実感です。個人で楽しむ姿を想像すると、開封して徐々に減っていく過程も”画”になるボトルだと感じました。水やソーダで割り、コニャックを自由に楽しもうという傾向がありますが、”舐める”ように楽しむという時間の使い方もコニャックとのいい関係だと思わせてくれます。

«