お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシーXO金キャップ』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介!

品名:
買取参考価格:
商品の状態:

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシーXO金キャップ』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 1

弊社買取価格16,000円~
通常販売価格
他社買取価格12,000円前後
再販価格25,000円~ ※ヤフオク・メルカリなど

先日相談のあったブランデーの中にヘネシーの5タイトルがあったことは別の記事でも紹介済みです。その中に面白い商品が含まれていたので解説させていただきます。それはヘネシーXOなのですが、実は2種類あって、今回は通称金キャップと言われているタイプです。そしてもうひとつが黒キャップと言われています。黒キャップについては別の記事で取り上げていますので比較して読んでいただくと楽しいと思います。実はヘネシーXOにはこの他にも違うタイプがあるので、そちらとの違いもお知らせします。

 

コニャックとブランデーの違い

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシーXO金キャップ』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 2

引用元:公式Facebook

この説明は他の記事でも取り上げているので、軽く触れておきます。なぜヘネシー高価で取引されているのかを知る入り口になります。ブランデーとは果実酒を蒸溜して樽詰めし、一定期間熟成させたものの総称です。原材料や蒸溜方法によって呼称が違い、原材料に葡萄を使いフランスのコニャック地方で作られるものを“コニャック”と呼びます。使われる葡萄やその畑まで製造組合に管理されていて、原料の出来不出来で製造できるコニャックの量が左右されます。しかも熟成年が長く使われる樽も決まっています。とても時間と手間がかかるのです。

ブランデーは英語、フランス語では総称してeau-de-vie=オー・ド・ヴィーと言います。8世紀ころスペインで始まったとされ、15世紀にはフランスに渡りコニャック地方、アルマニャック地方に根付き、一大産業に成長しました。

 

コニャックの名門ヘネシーについて。

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシーXO金キャップ』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 3

引用元:公式Facebook

コニャックメーカーは数社ありますが、ヘネシー社の知名度・認知度などブランド力は絶大です。それは価格にも反映されていて、求めやすい数千円のものから数十万(数百万のものも!)までラインナップが豊富です。“ヘネシー社”についても軽くふれておきましょう。ヘネシー社の正式名称はジャズ・ヘネシー&カンパニー (Jas Hennessy & Co.、)。本社はフランスのコニャックにあります。世界市場における占有率は約40%、年間約5000万本を販売する世界最大のコニャックメーカーです。

その事業を支えているのが世界最大のラグジュアリーコングロマリットLVMHと世界最大の酒造販売企業ディアジオが出資するモエ・ヘネシーです。創業は1765年、アイルランド移民であったリチャード・ヘネシーによって始まります。良質なコニャック作りが評判となり事業拡大や統合を繰り返し現在に至ります。ヘネシー社の商品は、品質の維持やブランディングにおいても他メーカーと違います。そのため高価で取引されているのです。

“ヘネシーXO”とは?

【ブランデー・コニャック買取】『ヘネシーXO金キャップ』を高価買取しました。 / お酒買取実績紹介! 4

引用元:公式Facebook

他の解説でも取り上げましたが、コニャックは明確な等級で分かれたいます。この基準は全国コニャック事務局 (BNIC) が定めたもので、品質の向上と安定化を図るためヘネシー社が主導したと言われています。等級は熟成年によって分類されています。

今回の商材はXOという等級、上位に属しています。もちろんXO以上の等級や特別また記念ボトルなどより高値で取引されるものもありますが、コニャックらしさを味わえる上質なオー・ド・ヴィーなのです。

“ヘネシーXO”金キャップとは?

ヘネシー社という背景、XOという等級を理解した上で“金キャップ”はなぜ高値で取引されるのかについてです。
XOを査定する時に注目する点が4つあると言います。
ボトルのレリーフ、②正面のラベル、③ボトルの底、そして④キャップの色

ボトルのレリーフは経年によってくすみが生じます。クリアなものほど新しいものです。
正面のラベルヘネシー社のロゴが記載されていますが、もっとも古いものはJas Hennessy & Co.、となっています。
底の色がクリア(透明)であれば現行品、グリーンっぽいのが旧ボトルです。
キャップは現行品が黒一色ですが、年代によって金キャンプであったり、金と黒にツートンであったりという違いがあります。
そのような違いに照らし合わせると今回査定した“ヘネシーXOキャップ”は、ひと世代前に流通したボトルであると判断し、高値で買い取ることにしました。
しかしただ古いだけではなく、状態もよく箱付きであったことも考慮させていただきました。

お酒買取専門店 リンクサスの強み

今回のように同じメーカーの同じ等級のものでも、微細な違いがあります。お酒買取専門 リンクサスのスタッフはそうした知識や情報が豊富です。
最近はお客様も相当勉強されているので一層の努力をしています。
お互いの情報を確認しながら、満足できる価格を提示することがお酒買取専門 リンクサスの強みであり喜びでもあります。

まとめ 黒キャップ情報は別記事で

熟成年で評価されるブランデーウイスキーは古いものほど価格が上がります。しかしただ古いだけでなく、状態のいいのものでなければさすがに価格は付きません。なかには未開封であっても中身の劣化が分かるものは買い取ることができません。
保管状態のいい、箱などの付属品が揃ったものであれば現行品でも高査定をお約束します。

«