お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【日本酒買取】而今 純米吟醸 山田錦無濾過生を高価買取させていただきました。お酒買取実績紹介!

品名:
買取参考価格:
商品の状態:

日本酒買取】而今 純米吟醸 山田錦無濾過生を高価買取させて頂きました!日本酒、残念ながら日本国内での人気は高くありません。しかしそれは数字上の問題で、お酒好き、美味しいものが好きな方に圧倒的な支持を得ている“日本酒”があります。

 

今回買取させていただいた“而今”=じこんと読みますが、銘柄としては新しいものですがひじょうに高い評価を得ています。もしお手元にお持ちであれば、売り時のタイミングを考えてください。保管状態によっては劣化しやすいのも日本酒の特徴ですから。

項目 価格
弊社買取価格 5,000円~
通常価格
他社買取価格
再販価格 20,000円前後 ※ヤフオク・メルカリ・楽天

而今とは

而今とは“過去にも囚われず未来にも囚われず、今をただ精一杯生きる。”という意味なのだとか。酒処というイメージが薄い三重県名張市、木屋正(きやしょう)酒蔵が手掛けたお酒です。イメージとは違って、酒蔵としての歴史は古く創業は1818年=文政元年に初代大西庄八氏が造り酒屋を引き継いだこととが始まりだったそうです。地元に愛される酒を造り続けてきたのですが、六代目蔵元であり杜氏の大西唯克(ただよし)氏が“而今”を作ったことで、その愛好者が全国区に広がります。

彼は元々サラリーマンでしたが、東広島の醸造試験所で酒造りを学んだ後に蔵に戻り酒造りを始めます。そして2年を要し2005年“而今”を完成します。工場見学お断り、蔵元での販売ななし、など酒造りに向きあう姿も評価を高める要素になっています。平成20年、23年、25年度の全国新酒鑑評会では金賞を受賞しています。最初に高い評価を受けた“而今 特別純米”は手に入りづらい酒として雑誌やWebで取り上げられることが増えています。その他の酒類も同様です。それぞれの特徴や取引価格などを調べてみました。

“而今 特別純米”

酒蔵のフラッグシップモデルとも言えるもので、定番の“火入れ”したもの、“火入れ”のない生酒、酒米の違うものなど常に進化を続けてるためファンは増える一方です。特別純米は酒米として山田錦を中心に使った、純米酒=醸造用アルコールを使わない米だけで作った酒です。

項目 価格
通常小売価格 2,800円(1,800ml)
買取価格 要相談

“而今 純米吟醸 山田錦”

酒米違が違います。こちらは伊賀産の山田錦を使った純米酒です。

項目 価格
通常小売価格 3,600円(1,800ml)
買取価格 要相談
再販価格 15,800円 ※楽天・ヤフーなど

“而今 純米吟醸 雄町”

こちらも酒米違い、雄町を使った純米酒です。火入れ、火入れなしの生、無濾過などbの酒類がありますが、以下の参考価格は“火入れ”した商品です。

項目 価格
通常小売価格 3,600円(1,800ml)
買取価格 要相談
再販価格 12,000円~15,800円 ※楽天・ヤフーなど

“而今 純米吟醸 酒未来”

酒米”酒未来”は山形の銘酒”十四代”として有名になり、”幻の酒米”と呼ばれています。希少性が高く、他の蔵元が使いたくても手に入らないものです。その酒米で醸した純米酒ですが、小売価格は意外にもリーズナブルです。以下は火入れの価格です。

項目 価格
通常小売価格 3,600円(1,800ml)
買取価格 要相談
再販価格 13,000円~17,800円 ※楽天・ヤフーなど

“而今 純米吟醸 八反錦”

広島県の酒米として有名な“八反錦”で醸した純米酒は、すっきりとした酸味が特徴だとか。季節限定、数量限定のわりに小売価格はリーズナブルです。他純米酒同様に火入れ、生、無濾過、無濾過生があります。以下は火入れ。

項目 価格
通常小売価格 3,600円(1,800ml)
買取価格 要相談
再販価格 16,000円~18,800円 ※楽天・ヤフーなど

以上の他にも“而今 純米吟醸 千本錦”“而今 大吟醸 生酒”“而今 純米吟醸 五百万石”“而今 純米吟醸 愛山”“而今 特別純米 おりがらみ”“而今 特別純米 にごりざけ”“而今 特別純米 三重酵母”などが販売されていますが、いずれも即完売状態が続きいています。さらに新しいシリーズも発表されると、同様でなかなか入手できない日本酒です。

「而今 純米吟醸 山田錦」無濾過生が高価買取できる理由

而今はどの種類であっても高値で取引されています。今回の商品は以下のような特徴を備えているため安定の高値が約束できます。

酒米に山田錦を使っていること。

有名な酒米と言えば“山田錦”と断言してもいいいでしょう。それだけ愛好者が多いということが言えます。“而今 純米吟醸 山田錦”は地元三重伊賀産の“山田錦”を使い、その米を育てた水を使い作られています。

無濾過であること。

酒造りの行程では、発酵した醪(もろみ)を絞り、いわば原酒が出来ます。さらに濾過することで純度を高め、雑味を軽減するのですが、無濾過はこのプロセスを通過しません。好みは分かれますが、米のエキスを絞ったままの状態が味わえます。

火入れなしの“生”であること。

こちらも工程に関することです。日本酒は生き物なので、発酵を続けます。品質を保つために、熱によって発酵を押さえるのが “火入れ”です。この商品は“火入れ”なし“生”状態で出荷されます。生きたままの状態、フレッシュな味わい、状態によっては微炭酸をかんじるものがあります。

特徴を挙げただけでも、のどが鳴ります。多くの方が欲するお酒だから、高く買取ることが可能になります。

酒買取専門店 リンクサスが高値取引できる理由

お酒買取専門 リンクサスは、その商品を欲する売り先、市場とネットワークを構築しているためです。そしてその市場は日本国内だけでなく、世界にもあります。海外での日本酒人気は目を見張るほどです。日本人の感覚とは違う料理とのマリアージュを楽しんでいます。世界中からリクエストが絶えません。

お酒買取専門 リンクサスはそのような情報を常に共有しているので、どこの市場が日本酒、どの銘柄を欲しているのかを把握しています。価格交渉に時間差が少ないと言えるでしょう。見つけたら、すぐ連絡が欲しい、というバイヤーが多数控えています。

特に今回のような日本酒さらに限定品を探しているマニアからのリクエストは毎日のように届きます。中国市場だけではありません。お酒買取専門 リンクサス日本酒人気が高い欧米や中東の飲食業者とのネットワークがあります。そうした流れを捉えることで、適切な選択が可能になるのです

まとめ

三重県が酒処というイメージはありませんでしたが、酒蔵のある名張市は古い宿場町なので各地の旨いもの、ウマい酒に関する情報が集まる土地柄だったのかも知れません。蔵の歴史や過去に捉われることなく、かと言って新しいものに頼らない、まさに銘柄が示す姿勢が評判の酒に集約されているように感じます。

定番で出荷される商品だけでなく、季節限定や新しい解釈で醸した商品まで若い杜氏に期待する声が多くあります。日本酒は管理が難しいお酒です。タイミングよく手放すために“お酒買取専門 リンクサス”がお手伝いさせていただきます。

«