お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介!

品名:
買取参考価格:
商品の状態:

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 1

ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年、を買い取りいたしました。“軽井沢”が生まれた蒸溜所は。すでに閉鎖されているため取扱う機会が減っています。しかし年々評価は高まっていて、それは海外市場の方が顕著です。特に日本らしいパッケージデザインのものを中心に高値で取引されています。そうした動きを受けて、今回の商品も右肩あがりの人気を得ています。

項目 価格
弊社買取価格 120,000円~
通常価格 不明
他社買取価格 75,000円~
再販価格 110,000円前後 ※ヤフオク・メルカリ

軽井沢ウイスキーブランドとは

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 2

タイトルでは“三楽 軽井沢”という表現をしました。このウイスキー販売された時期のオーナー企業が“三楽”であったためです。このウイスキーが生まれた蒸溜所はクオリティの高い製品を作ることで注目されましたが、事業経営は困難を極めました。何度かオーナー企業が変わっています。そうした背景を知ることで、商品自体の価値の高さをさらに理解できるはずです。

ウイスキー“軽井沢蒸溜場”とは

1952年からウイスキー作りをしていた蔵元(大黒葡萄酒)が、本格的に製造をするため1955年軽井沢に蒸溜所を建てます。そして翌56年から“オーシャンウイスキー”というブランドで生産が始まりました。この地を選んだのはスコットランドに似た涼しい気候と適度な湿気、そして良質の水源がウイスキーづくりに適した環境だったからだそうです。

そして1976年「軽井沢」というウイスキーが発売されます。これは国産初の100%モルトウイスキーで、当時の価格は1万5000円。ひじょうに高い価格設定でした。サントリー山崎が1984年の発売開始ですから、8年ほど前になります。

しかし当時の日本にはウイスキーを評価する基盤が整っていなかったため。経営的にはうまくいきませんでした。オーナー企業が “三楽オーシャン”>“三楽”>“メルシャン”> “麒麟”と代わり2000年には製造を休止(終了)、そして2012年には蒸溜場が閉鎖します。

今回のウイスキーは“三楽株式会社”の印字があることから、1985年から1990年の期間に販売されたものと推測できます。各審査会では高い評価を得ていたため、蒸溜所閉鎖後に原酒を購入した先でボトリングされたウイスキーが驚きの価格で落札され大きな話題になりました。

軽井沢ウイスキーの受賞歴

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 3

軽井沢ウイスキー12年 2001年 IWSC(International Wine and Spirit Competition) ワールドワイドウイスキー部門 金賞受賞
軽井沢ウイスキー15年/17年/21年 2001年 IWSC ワールドワイドウイスキー部門 銀賞受賞
軽井沢ウイスキー
マスターズ・ブレンド10年
2002年IWSC ワールドワイドウイスキー部門 金賞受賞
軽井沢ウイスキー12年/17年 2002年 IWSC ワールドワイドウイスキー部門 銀賞受賞
軽井沢ウイスキーシングルモルト17年 2004年 インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ 金賞受賞
軽井沢ウイスキーシングルモルト15年 2004年インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ 金賞受賞

サントリーウイスキー山崎12年がISC(インターナショナルスピリッツチャレンジ)で金賞を獲得したのが2003年です。また山崎18年軽井沢と同じIWSCで最高賞を受賞したのが2006年のことでした。世界的なコンペティションで高い評価を得るようになったジャパニーズウイスキーの先駆けと言える存在と言えます。

世界を唸らせた“軽井沢ウイスキー1960”

1960年製造、樽詰めされたモルト原酒を長期熟成したのちにボトリングしたウイスキーで、軽井沢の最高傑作と位置づけられています。

過去2度販売されていて、一度目は1993年、皇太子ご成婚を祝い当時オーナー企業であった“メルシャン”から発売されています。『軽井沢一九六〇年蒸留』限定100本、小売価格15万円。二度目は2013年、原酒を買い取ったイギリスの企業ナンバーワン・ドリンクス・カンパニー(No.1 Drinks Co Ltd)がボトリングしたものを発売しました。熟成年数52年、限定41本、発売当時の価格は200万円!

この限定品は日本の伝統技法を取り入れたパッケージも話題になり、ワールド・ウイスキー・アワード2014ではデザイン部門で総合一位になっています。そして“軽井沢1960 52年熟成”が2015年香港のオークションで、一本1,460万円で落札されたことが話題となり、軽井沢ブランド全体が高値で取引されるようになっています。

 軽井沢ウイスキーの買取価格

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 4

商品名 価格 その他
軽井沢ウイスキー 貯蔵8年 13,000円
軽井沢ウイスキー 貯蔵12年 19,000円
軽井沢17年 60,000円
軽井沢8年 30,000円前後
軽井沢 能シリーズ 500,000円前後
軽井沢長期貯蔵原酒シリーズ 50,000円〜70,000円前後 ※31年〜12年もの
軽井沢ヴィンテージシングルカスクモルト 150,000円前後 ※樽出し原酒シリーズアルコール度数64.5度

軽井沢ウイスキー15年とは

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 5

軽井沢 15年熟成はその名称の通り、蒸溜後樽詰めされ15年以上熟成された原酒をつかったシングルモルトで、前述のとおり1985年から1990年の期間に販売されたものです。サントリー山崎が新発売され話題になっていた期間のようです。

15年熟成ですから蒸溜されたのは70年代、まだシングルモルトという認識が低い時代だったと想像できます。15年熟成は違う時期にも販売されていますが、今回の商品はボトルの形状から“デキャンタ”と区別され、贈答品などに多く使われていました。いただき物が残っていないか再捜索をお願いします。

軽井沢ウイスキー15年が高値の理由

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 6

特徴など

1970年代に蒸溜~樽詰めされたということは50年弱前に製造されたウイスキーということです。時代の古いものほど高値がつきます。当時の丁寧な製法が評価されていることからも条件は充分です。

熟成年数について

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 7

熟成期間の長い軽井沢も取引されていまうすが、15年また17年熟成が値をあげています。シングルモルトとして熟成年数に不足はありません。当時のブレンダーによるヴァッティングが評価を高めています。その他、デキャンタに入った限定感、替えのキャップも揃った完品であること、箱の状態も良さそうです。自信をもって高値で買取させていただきました。

お酒買取専門店 リンクサスが高値取引できる理由

【ウイスキー買取】三楽 ウイスキー軽井沢15年を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 8

それは“お酒買取専門 リンクサス”が商品を欲しがっている売り先、市場とネットワークを構築しているためです。その市場は日本国内だけでなく世界中にあり、今回のように海外で話題が先行した商品、さらに“能”などをモチーフにした日本らしい意匠のパッケージは海外市場での高値が予想されます。

常に情報を共有しているので、どこの市場がどのような商品をいくらで欲しいのを把握できています。価格交渉に時間差がありません。ボーダレスな情報網が整備されています。見つけたら、すぐ連絡が欲しい、というバイヤーが多数控えているのです。

中国市場だけではありません。“お酒買取専門 リンクサス”はウイスキー需要の高い欧米や中東、さらにアジア諸国の富裕層とのネットワークも大切にしています。特にヨーロッパではジャパニーズウイスキー評判が上昇中です。そうした流れを捉えることで、適切な選択が可能になるのです。

まとめ

軽井沢原酒は蒸溜所閉鎖後に樽ごと海外企業に渡ってしまいました。新たにボトリングされた軽井沢が発売されるかも知れませんが、日本で流通したウイスキーが見つかれば、状態にもよりますが高値をお約束できます。小売価格の高いものが多いので今回のようにご進物で使われ、納戸などから発見されることがあります。一度調べてみてください。

«