お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ウイスキー買取】現行品も大歓迎です。サントリーウイスキー白州18年シングルモルトを高価買取りいたしました。 / お酒買取実績紹介!

品名:
サントリーウイスキー白州18年シングルモルトウイスキー (suntory-whiskey-hakushu-18years)
買取参考価格:
40,000円以上
商品の状態:

【ウイスキー買取】現行品も大歓迎です。サントリーウイスキー白州18年シングルモルトを高価買取りいたしました。 / お酒買取実績紹介! 1

弊社買取価格40,000円以上
通常販売価格25,000円 ※参考価格
他社買取価格30,000円前後
再販価格50,000円以上 ※ヤフオク・メルカリなど

ウイスキーの買取サービスと聞くと、ヴィンテージ限定品などが対象だと思われがちですが、今回のように現行品であっても高価買取が出来る場合があります。今回ご相談があった“サントリーウイスキー白州18年シングルモルト”もサントリー公式サイトに掲載されているので、近所の酒屋さんや購入できるウイスキーではないかと思われるでしょう。

 

さすがに“白州”ですから近所は無理としても、ターミナナル駅にある百貨なら売っているかもと思うかもしれません。しかし、それも難しいのが現状です。それだけ需要があり、その需要に生産数(供給)が追いつかないのです。こうしたウイスキーの買取は“白州”に限りません。現行品であっても定価以上(参考価格以上)で買取させていただく場合があります。お気軽にご相談ください。

“サントリーウイスキー白州18年シングルモルト”高価買取の理由

ウイスキー買取についてお伝えしたとおり~“それだけ需要があり、その需要に生産数(供給)が追いつかないのです。”~ということが理由です。では、その原因となっていることは何か?“サントリーウイスキー白州18年シングルモルト”に対する高い評価です。“サントリーウイスキー白州18年シングルモルト”は以下のように世界的な品評会での受賞歴があり、それがウイスキーマニアに注目されているのです。これまでウイスキー、特にシングルモルトウイスキーといえばスコットランド製が評価の対象でした。

 

もちろんウイスキーの本場であることは変わりありません。しかしこうした受賞は、本場のウイスキーに魅了された日本人が、ついに追いつき新たな評価を得るまでのウイスキーを作ることができたという証左でした。情報は世界に拡散し、これまでウイスキーと縁遠い国、例えば中国や台湾、更にはアジア新興国の富裕層が“サントリーウイスキー白州18年シングルモルト”を探し始めたのです。

 

しかしウイスキー作りには時間がかかります。“サントリーウイスキー白州18年シングルモルト”を出荷するには最適でも18年間熟成した原酒が必要です。生産体制の見直し、増産は簡単ではないのです。その一方ではハイボール人気から蒸溜場の原酒不足が問題になり、一部のシングルモルト販売休止といった事態にもなっています。こうしたアンバランスが高値でも欲しいという需要につながっているのです。

 

“サントリー白州18年シングルモルト”の主な受賞歴

“サントリーウイスキー白州18年シングルモルト”とは?

【ウイスキー買取】現行品も大歓迎です。サントリーウイスキー白州18年シングルモルトを高価買取りいたしました。 / お酒買取実績紹介! 2

18年シングルモルトに限らずサントリーウイスキー白州は、サントリー山崎の次に拠点とした白州蒸溜場で作られるシングルモルトです。白州蒸溜場はサントリーウイスキー誕生50周年を記念して1973年山梨県北杜市白州町に設立されたました。ミネラルウォーター「サントリー天然水 南アルプス」の工場が併設されほど”水”を大切にした施設で、豊かな自然環境から”森の蒸溜所”とも呼ばれています。

 

その環境のなかでウイスキー作りが進められ、1994年に白州12年、2006年に白州18年、2008年には白州25年が順次リリースされました。2000年以前はウイスキー受難の時代と言われ生産数が限定されていましたが、白州12年が数々の賞を獲得したことで“白州ブランドは世界に認知されるようになりました。

 

しかし原酒不足から“白州12年”は2018年4月末で出荷が休止されますが、“サントリーウイスキー白州18年シングルモルト”は圧倒的な人気に支えられ、白州ブランドのセンターポジションを堅持しています。

 

その人気を裏付けているのが前章で挙げた数々の受賞歴です。白州ブランドは熟成樽を変えたものや、ヘビリーピーテッドと呼ばれるピートの煙を強めにあてた麦芽を使用したスモーキータイプの原酒を用いたものなどのバリエーションがあるいますが、基本のラインナップは3タイプです。ノンエイジと言われる年次表記のないもの、熟成年の長い“白州25年”そして18年です。どれも個性的で、味わい深いウイスキーです。詳しい買取情報、商品情報はそれぞれのページから参照可能です。

 

“サントリーウイスキー白州12年シングルモルト”を探しています。

【ウイスキー買取】現行品も大歓迎です。サントリーウイスキー白州18年シングルモルトを高価買取りいたしました。 / お酒買取実績紹介! 3

引用元:Amazon

 

既にお知らせしたとおりですが、こちらのウイスキーは惜しまれつつ終売した商品です。白州蒸溜所として初めてのシングルモルト(発売当初はピュアモルト)として、1994年にkリリースされています。この時代の12年はピュアモルトと名乗り、内容量も750mlでラベルデザインも後発のものと多少違い“旧ラベル”と呼ばれ、より高値で取引されています。

 

この傾向は“白州”だけでなく“山崎”にも見られ、受難時代のウイスキーをどのように届けるのかサントリーマーケティングチームの苦悩と迷走が分かります。その後山崎また白州も2004年を境に“シングルモルト”と表記を修正し、内容量も700mlに落ち着いています。肝心のウイスキーは新旧ラベルとも違いはないのですが、旧ラベル販売期間が短く数量も少ないことから注目され、取引価格も2割ほど高値がついているようです。いずれにしても終売したウイスキーなんので、その希少性が高いということはご理解いただけると思います。各方面からの情報をお待ちしております。

 

ウイスキー買取、お酒買取専門店 リンクサスの強み

ウイスキー買取は、ジャパニーズウイスキーに特化している訳ではありませんがお酒買取専門 リンクサスには、白州山崎といったジャパンブランドの問合せが多く、実績数も相当なものになります。多くの商材にふれてきたという自負があります。しかし決して”慣れ”に甘んじることなく、丁寧で客観的な査定に努めています。

 

ジャパニーズウイスキーの取り扱いが多いことが、各バイヤーを通じて世界に拡散しています。それはお酒買取専門 リンクサスにとってもありがたい状況ですが、買取を望むお客様にも還元できることになります。win-winの関係と言えるかどうかは判断できませんが、常にお客様目線で取引できるという強さをアピールさせてください。

 

まとめ 森が育てたシングルモルト

 

サントリーウイスキー山崎18年シングルモルト、かたや白州18年シングルモルト。いずれも日本を代表するウイスキーとっても過言ではないでしょう。それだけに手に入れたいという需要が減ることはありません。現行品であっても身近で購入できないという状態は憂慮しますが、需要は高まります。今後も高値で推移していくでしょう。またそれが評価の指針とも言えます。森が育てたシングルモルトを手にできたら・・・。想像するだけで楽しくなってきます。

«