お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ウイスキー買取】サントリーウイスキー『響17年 ゴールドラベル』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介!

品名:
サントリーウイスキー『響17年 ゴールドラベル』 (SUNTORY WHISKY HIBIKI 17Years Old)
買取参考価格:
商品の状態:

【ウイスキー買取】サントリーウイスキー『響17年 ゴールドラベル』買取価格

品名:サントリーウイスキー響17年  SUNTORY WHISKY HIBIKI 17Years Old

買取参考価格:28,000円

 

ウイスキー買取サントリーウイスキー響17年 ゴールドラベル』を買い取りさせて頂きました!サントリーウイスキーの中でも大変人気の高い響17年です!山崎、白州も人気ですが。響も熱狂的なファンがいる、ジャパニーズウイスキーです。

 

今回買い取りさせていただきました「17年 ゴールドラベル」はラベル部分がゴールドになっているのが特徴です。これは17年の旧ボトルになります。国産ウイスキーの最高級品のひとつ「」の中でもかなり希少価値があります。現行品でさえ入手が困難な上、販売終了品のため非常に少ないウイスキーといえます。

 

サントリーの歴史

今でこそジャパニーズウイスキーといえば確かな味わいと世界中で高い評価を受けていますが、その歴史をみると先人の大きな努力がありました。日本のウイスキーの幕開けはサントリーから始まりました。サントリーはその前身を葡萄酒の製造販売を行う鳥井商から始まりました。その後の株式会社壽屋に発展してそこでウイスキー製造を試みたのでした。今から約120年前の話です。

 

創業者の鳥井信治郎は「日本人の繊細な味覚にあった、日本のウイスキーをつくりたい」といった夢を実現するために醸造所建築を模索しました。1923年には、ウイスキー蒸溜所建設の責任者として、ウイスキーの本場であるスコットランドでウイスキー醸造を教わってきた竹鶴政孝を招聘した。

 

最初に醸造所をどこにするかという場所探しは全国に及んだと言います。スコットランドに非常に良く似た気候の北海道を推薦した政孝に対して信治郎は地の利の悪い北海道では物流のコストがかかり過ぎることから大阪近郊にいい場所がないかと考えました。やがて見つかった土地が京都の南西、小高い山の麓にある山崎でした。

 

ウイスキーづくりに一番大切なものは良い水と環境です。その点山崎という土地は「離宮の水」と詠われた名水が湧き出ています。環境は桂川、宇治川、木津川という3つの川が合流する場所でした。川が合流するために湿度が高く早朝には霧深くなることはまるでスコットランドを思わせる風景でした。

 

ここが日本のウイスキーづくりの出発点になりました。最初にできたウイスキーは1929年「ウイスキー白札」でした。独特な味で当時の日本人にはまだ受け入れられない味でした。ウイスキーづくりを始めて13年目の1937年、信治郎が納得のいく日本人の繊細な味覚を実現したのが「サントリーウイスキー」でした。味も価格も庶民に受け入れられた最初のウイスキーでした。

 

日本のウイスキーは繊細な味わい

ジャパニーズウイスキーが世界中のウイスキー愛飲家に評価されるのは繊細な味をつくり出す独特な製法を見るとわかります。サントリーの山崎蒸溜所では、このバラエティーにとんだ原酒を生み出すために発酵工程においても木桶発酵槽とステンレス発酵槽の2種類を使用し、蒸留器も大きさや形の異なるものを使い分けて原酒をつくっています。

 

貯蔵ではミズナラなど独特な樽を使うだけでなくオーク樽の新しいものや古いものを使い味に変化をもたしています。これら多種多様の原酒を使って、マスターブレンダーの技によって最終的な味を作り出して行きます。このような手間暇をかけることで繊細な日本の味が生まれるのです。

 

プレミアムウイスキー・サントリー響の誕生

今や世界最高峰クラスといわれているサントリー」は新次郎の次男で2代目マスターブレンダーの佐治敬三により創業90周年を記念して発売されました。当時のチーフブレンダーであった稲富孝一はブラームスの「交曲第一番第四楽章」にあるハーモニーの美しさを表現するウイスキーとして「」を生み出しました。

 

山崎蒸溜所と白州蒸溜所のそれぞれ環境の違う蒸溜所でつくられたモルト原酒知多蒸溜所でつくられたグレーン原酒を厳選ブレンドしてつくられたウイスキーです。「」は、長期熟成させた優れた30種類以上の原酒にマスターブレンダーの技が合わさった匠の味です。ボトルにもこだわり、24面カットを施すことで高級感を出しています。また、24は1日の24時間、彩りを表す24季節を表現しています。

 

 

サントリーウイスキー響17年ゴールドラベルとは

サントリーは、ウイスキーの最高峰クラスのプレミアムブレンデッドウイスキーです。1989年、サントリー創業90周年を記念して発売されました。「17年ゴールドラベル」は、長期熟成のミズナラ樽のモルトをキーモルトにして、酒齢17年以上の長期熟成されたモルト原酒36種を厳選してブレンド、さらに長期熟成のグレーン原酒をブレンドし再度熟成することで甘い香りと芳醇な味わいに仕上がった最高級プレミアムブレンデットウイスキーです。

 

2007年以降発売の現行品は白いラベルですが発売当初はこのようにゴールドのラベルでした。残念ながら現在は販売終了のため市場ではほとんど見ることはなくなりました。

 

【ウイスキー】香りの特徴

熟した果実や花、蜜などの甘く華やかなで滑らかな芳香がします。

 

【ウイスキー】味の特徴

長期樽熟成の洗練された厚みのあるコクとほのかな甘みが絶妙です。

 

 

酒買取専門店 リンクサスの強み

酒買取専門 リンクサスでは査定を行って買い取り価格を決定してからは即日決済を行なっています。できましたらご来いただき対面で説明を行いながら納得していただいて取引を行うのが一番ですが、実店舗が首都圏に限られているため地方の方向けにはネット経由の見積もり査定も行なっております。

 

今回のように販売終了の商品は希少価値がありますので酒買取定価格も変動しています。まずはお問い合わせをよろしくお願いいたします。

 

【ウイスキー買取】まとめ コレクター必見のウイスキー

今や世界の「」にまで信頼を得ていますが、「17年 ゴールドラベル」は発売当初のラベルデザインということもあってコレクターが探している1本です。お酒買取専門 リンクサスではこのように絶品になっているウイスキーなどを探しています。もしお持ちであるようであればご一報ください。

«