お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ウイスキー買取:旧ラベルを買取!】サントリーウイスキー『山崎18年』ピュアモルトを買い取らせていただきました。|お酒買取実績紹介

品名:
【旧ラベル】サントリーウイスキー『山崎18年』ピュアモルト (suntory-whiskey-yamazaki-18-years-old-label)
買取参考価格:
100,000円以上
商品の状態:

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_20191114_165945-766x1024.jpg です

“サントリー山崎18年ピュアモルト”旧ラベルを買い取らせていただきました。

弊社買取価格
100,000円以上
通常価格
15,000円 ※旧ラベルは終売 現行品は25,000円
他社買取価格
80,000~90,000円
再販価格
130,000円以上   ※ヤフオク・メルカリなど

ウイスキー買取】“サントリー山崎18年ピュアモルト”を買取しました!酒買取専門店 リンクサスでは、サントリーウイスキー山崎白州買取はもちろんですが。海外の高級ウイスキー買取も強化しております!まずはLINE、お電話、宅配買取買取査定をご依頼下さい!

 

相変わらず高い人気が続いているサントリーウイスキー山崎ですが、なかでもこの商品は『18年から味が変わる。』と言われるほどの名品です。マッカランをはじめとする本場スコッチに対しても、同じような評価を読んだことがありす。18年という年次は人間と同じで少女から女性に変わっていく時期なのかも知れません。 ※セクハラ?失礼しました。


サントリーウイスキー山崎18年は現在もリリースされていますが、発売~即完売という状態が続いていて、定価で購入するのが困難になっています。しかもこの商品は18年物の初期シリーズで、タマ数が少ない希少品ということから高価で取引されているのです。
※現行品の情報については別途記述しているので、そちらを確認してください。


今回のお客さまは他社買取情報をすでにチェック済でしたので、弊社が提示した買取価格にそっこうで納得いただきました。

“サントリー山崎18年ピュアモルト”旧ラベル 高価買取の理由

サントリーウイスキー山崎18年”は人気商品だという背景があります。クオリティのわりに取引価格が手頃なので流通しやすいのです。弊社が高価買取できる理由のひとつに国内外をまたいだ売買ネットワーク(市場)があります。そして市場は需要と供給という明快なロジックで構築されています。


弊社のネットワーク上には、“サントリーウイスキー山崎18年ピュアモルト旧ラベル”を購入したいというリクエストが飛びかっています。弊社はそうした情報を常々チェッしてますので、今回のご相談があった時点でご納得の価格を提示出来たのです。同じ“サントリーウイスキー山崎18年”ものでも現行品では状況が違います。旧ラベルであったこと、さらに古い商品のわりに状態がキレイだったことも、高査定につながりました。

“サントリー山崎18年ピュアモル ト旧ラベル”とは?

残念ながら“サントリーウイスキー山崎18年”ものの販売年月日について正確な情報が確認できません。しかし山崎シリーズのトップランナー “サントリーウイスキー山崎12年”の販売開始が1984年であったことから、18年ものの販売開始は1980年代後半から90年代前半であったことが推測できます。シェリー樽・ミズナラ樽で熟成した酒齢18年以上の原種をヴァッティング(混ぜ合わせ)し、再度シェリー樽で追熟させた逸品として登場しました。

ひとつの蔵で作られた、大麦を原料とするウィスキーという点から“シングルモルトウイスキー”と名乗っても問題ないのですが、二つ以上の原酒をヴァッティングしたことや、サントリーウイスキーならではのマーケティングという観点から“ピュアモルト”と表示したようです。

 

表示だけでなくラベルデザインも現行品とは違います。旧ラベルは深いグリーンを基調としてゴールドをアクセントに使いゴージャスな印象です。2004年に変更があり黒いラベルになりました。※詳しくは18年現行品を参照してください。旧ラベルに限らず、18年ものの人気の高い理由は各品評会での受賞歴にあります。


世界三大品評会と呼ばれるISC、IWSC、SWSCそれぞれで山崎18年は受賞を重ねてきました。中でもサントリーウイスキー山崎18年の評価を一気に押し上げたのは、米国で開催されるSWSCで優秀金賞を受賞したことでしょう。この受賞を機に“サントリーウイスキー山崎18年”の名声は世界に広がったのです。現行品でさえ販売と同時にプレミアムがつくほどの人気となり、 “旧ラベル”はマニア”垂涎の対象となっているのです。

“サントリー山崎18年シングルモルト 現行品”も探しています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_20191026_190645-766x1024.jpg です
同じ18年ものの現行品、黒ラベル“シングルモルト”表記も高価買取が可能させていただきます。運よく定価(25000円程度)で購入できていれば、転売するだけで50,000円近くの利ザヤになります。現行品ですから品質が悪化していることは少ないので、状態(箱・リーフレットなどの付属品)の良いものほど高額査定が可能です。

こちらの商品はマニアというよりも、こだわりのバーや飲食店が探しています。そうしたお客さまと取引のあるバイヤーからも問い合わせの多い商品です。※“サントリーウイスキー山崎18年シングルモルト 現行品”の買取情報については別途掲載してます。

“サントリー山崎”限定品を捜索中です。ご協力願います。

なぜ限定品に高値がつくのか?説明は不要ですね。捜索中の一部を紹介します。
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は %E5%B1%B1%E5%B4%8E%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%91.jpg です
引用元: バー紀行.net

山崎パンチョン

インターネット限定販売。北米産ホワイトオークで作られたパンチョン樽で熟成されたモルトを使用した味わい深い銘品です。終売後、追加販売しましたが速攻完売という人気でした。

山崎シェリーウッド

別途販売した「山崎シェリーカスク」の原点で、ラベルには「山崎シェリーウッドxxxx(西暦年)」と書かれています。この表記年にスパニッシュオーク製シェリー樽に仕込まれた原酒の中から10~15樽を選び、それらをヴァティングした商品です。1997年「山崎シェリーウッド1982」としてリリースするとたちまち話題にり、2003年に発売した「1986」で終売します。

山崎シェリーカスク

スパニッシュオークのシェリー樽で熟成させた原酒を、インターネットで数量限定販売。その後「山崎シェリーカスク2010」としてリニューアル、2012年まで日本国内限定販売。しかし2013年には『山崎シングルモルト・シェリーカスク2013』を欧州だけで限定販売商品(3000本)するなど、話題となります。

さらに『2013』が、『ワールド・ウイスキー・バイブル2015』において、100点満点の97.5点を獲得し世界一の座に輝きます。2016年には「山崎シェリーカスク2016」としてニューアルしましたが、日本国内限定1500本は秒で完売。

お酒買取専門店 リンクサスの強み

お酒買取専門 リンクサスが高値で買い取り出来る理由は、前述の通り国内外をまたいだ売買ネットワーク(市場)を大切にしているためです。ウィスキーの売り先はエンドユーザーだけでなく機動性のあるバイヤーたちも含まれます。それぞれが独自の情報網を駆使し、適切な条件で商材を動かし満足をお届け出来るように努力しています。

つまり弊社の役割は、買い取らせていただいたお客さまに満足をお届けすることなのです。

まとめ 旧ラベルを見つけたら。

サントリーウイスキーの山崎ブランドのなかでも18年は完成度の高さが抜きんでていると評価されています。ですからご自身へのご褒美として、またウィスキー好きの方への贈答品として喜ばれています。

現行品であれば、そうした楽しみ方も良いと思います。しかし、もし旧ラベルを目にすることがあれば、是非ご一報願います。想定以上の条件を提示し、満足をお届けいたします。

«