お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ウイスキー買取】今が売り時かも? サントリーウイスキー山崎1923シングルモルトを高価買取。 / お酒買取実績紹介!

品名:
サントリーウイスキー山崎1923シングルモルト (Suntory Whiskey Yamazaki 1923 Single Malt)
買取参考価格:
6000円以上
商品の状態:

【ウイスキー買取】今が売り時かも?  サントリーウイスキー山崎1923シングルモルトを高価買取。 / お酒買取実績紹介! 1

弊社買取価格6,000円以上
通常販売価格4,200円 ※参考価格・終売済み
他社買取価格5,000円前後
再販価格8,000円以上(最高値 20,000円!) ※ヤフオク・メルカリなど

酒買取 専門店 リンクサスです。今回は、ウイスキー買取の中でも、特に多くの実績をもつサントリーウイスキー山崎の買取実績をご紹介したいと思います。

 

好評なシリーズほど終売にせざるを得ないということから、山崎白州それぞれに“ノンエイジ”(略称:NA)またはノンヴィンテージ(略称:NV)と呼ばれる商品がローンチされています。時期は山崎NAが2012年、白州NAも同年です。それと交錯するように山崎10年白州12年が終売を迎えています。

 

今回ご相談のあった“サントリーウイスキー山崎1923(山崎NAまたは山崎NV)”は、新しいシングルモルト市場を開拓し高い人気を得てきました。昨年あたりまでは品薄が続き、高価買取の対象でした。しかし発売から5年以上が経過し生産体制の見直し、原酒の確保などが見えてきたこともあり、一時ほどの品薄感は解消されてきたようです。

 

ウイスキー作りは時間がかかるので増産されることはありませんが、供給が見込めるようになると買取価格にも影が出てきます。お手元に“サントリーウイスキー山崎1923(山崎NAまたは山崎NV)”があるならば、売り時は“今”かも知れません。“今”なら高価買取を約束いたします。

 

 “サントリーウイスキー山崎1923” 高価買取の理由

既に終売した“山崎10年”は、その後発売される“18”年や“25年”にくらべて、気軽に楽しめるシングルモルトとして人気の高いウイスキーでした。蒸溜場の名前を冠しそれにふさわしいクオリティながら、4,000円というコストパフォーマンスが魅力でした。

 

人気ゆえに終売しなければならないという事態を解消すべく投入されたのが“サントリーウイスキー山崎1923”ノンエイジタイプでした。年次表記に慣れ親しんだウイスキーファンは戸惑ったようですが、遜色ない高いクオリティは歓迎され、“山崎10年”とは違ったファンも生み出して需要を一気に押し上げました。

 

商品は高値で購入してもらえる市場に流れていきますので、年を追うごとに価格が上がっていきました。しかし現行品で、しかも発売から5年以上が経過した商品です。一定の供給が見込める体制が整ったようです。定価以上の高値で買取が出来る期限が迫っているという意見があることも事実のようです。

 

“サントリーウイスキー山崎1923”とは?

 

【ウイスキー買取】今が売り時かも?  サントリーウイスキー山崎1923シングルモルトを高価買取。 / お酒買取実績紹介! 2

サントリーウイスキー山崎1923”が生まれた背景については記述した通りです。原酒不足が招いたものであり、受難続きだったウイスキー需要を高めるために打ち出した“ハイボール”ブームが引き金でした。“サントリーウイスキー山崎1923”はノンエイジタイプまたはノンヴィンテージタイプと呼ばれているように、単一の樽で〇年熟成した原酒を使ってはいません。

 

年次の異なる原酒をブレンド(ヴァッティング)することで生まれたシングルモルトです。終売した“山崎10年”の後継モデルとして、“山崎ブランドにふさわしいさらに新しい基軸を確立する役割を負っています。年次の古いシングルモルトは個性が強く、それを楽しむにはストレートやトゥワイスアップ(ウイスキー×1:冷水×1)で味わうのが良いとされています。

 

しかし“サントリーウイスキー山崎1923”はそうしたしきたりや慣習にとらわれない自由なシングルモルトを標ぼうしています。水割りやハイボールに適しているとういうことから、。これまでウイスキーを避けてきた女性や若年層にも支持されるようになってきました。日本の生活に馴染んでしたと言ってもイイでしょう。“サントリーウイスキー山崎1923”はウイスキー、特にシングルモルトの普及、浸透に大きな役割を果たしてきたと言えそうです。

 

“ノンエイジスイスキー”の魅力について

【ウイスキー買取】今が売り時かも?  サントリーウイスキー山崎1923シングルモルトを高価買取。 / お酒買取実績紹介! 3

引用元:suntory

 

シングルモルトと言えば、熟成年が長さとウイスキーとしての完成度が比例すると思われています。8年よりは10年10年よりは15年、15年よりは・・・といった具合です。確かに年数が長いものほどアルコール特有の刺激は和らぐようです。しかし何をして完成と判断するのか、嗜好品である以上品評会などの判断を参考にするしかありません。

 

すると熟成年数と評価は必ずしも比例しないことが分かります。一方ブレンデッドウイスキーで年次を表記したものは少ないようです。確かに種類も樽も熟成年数も違う原酒を調合したブレンデッドに年次を表示することは困難なのでしょう。そして年次表記がなくても味わいの深い、高い評価のブレンデッドウイスキーはあります。

 

つまり評価されるウイスキーには、長い熟成年数が必須条件ではないことが分かります。“サントリーウイスキー山崎1923”は若い原酒と、熟成を重ねた原酒、それが同じ蒸溜場で作られたモルト通しをヴァッティングしたものなので、シングルモルトであることに違いはありません。

 

新しいタイプのシングルモルトですから、これまでとは違う解釈で楽しめばいいのです。シングルモルトだから、またウイスキーはこういうふうに飲むべきだというウンチクはあるのですが、それに捉われていては楽しむことが出来ません。価格も含め、気軽に楽しめる、スタイルも自由というのがノンエイジウイスキー魅力ではないでしょうか。

 

お酒買取専門店 リンクサスの強み

 

お酒買取専門 リンクサスの迅速な決済に驚かれるお客様がいらっしゃいます。商品をお預かりし、価格が決まれば現金払いもしくは即時送金手続きをします。聞くと業者によっては支払日が決まっていて、買取のタイミング次第では一月後の入金ということもある様です。

 

お酒買取専門 リンクサスお酒買取専門としては支払いが遅いほど有難いのですが、ウイスキー買取希望される方の事情を考えれば違ってきます。お客様目線にたってお酒買取をする、当たり前の対応を今後も続けていきます。

 

 

まとめ 繰り返します、今が売り時かも。

 

サントリーウイスキー原酒不足は解消される傾向ですが、無計画な増産は考えられません。“山崎ブランドを維持しながら、生産調整が続くのだろうと推察されます。これまでのような慢性的な品薄は減っていき、適切な価格シングルモルト山崎を楽しめるようになるのではないでしょうか。

 

需要と供給のバランスを整えるのが企業の使命でもあります。そのようになることを願いつつ、しかし高値で買取や取引できるタイミングも見据えておかなければいけないようです。

«