お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキー『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介!

品名:
買取参考価格:
商品の状態:

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_20191114_173915-766x1024.jpg です  

この度お客様から買い取らせていただきましたニッカウヰスキー「竹鶴35年」は、35年以上の長期熟成をさせたニッカウヰスキーの中でもかなりプレミア感のあるモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたウイスキーです。

2000年から毎年数量限定で発売されていましたが、2011年に残念ながら終売となってしまいました。小売価格は2006年までは50.000円、2007年は70.000円でしたので相当なプレミアが付いた希少価値があるお酒です。

ニッカウヰスキー竹鶴は、なぜ終売になるのか?

ウイスキー人気はドラマ「マッサン」の影ばかりではありません。数年前より爆発的にヒットしているアルコールドリンクが「ハイボール」です。日本中の酒場で「ハイボール」は飲まれ続けています。当然、仕込んであるウイスキー原酒は底をついてくるわけです。つくっては出荷するために熟成に回す量が少なくなっているといえます。当然「竹鶴ブランドも市場ではほとんど見なくなっているのです。

ニッカウヰスキー竹鶴ブランドとは

竹鶴」というウイスキー銘柄はご存知の通りニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝の名前から由来しています。ニッカといえば「ブラックニッカ」ですが「竹鶴」は後発で2000年に「竹鶴12年ピュアモルト」が最初に発売されました。「ブレンデッドウイスキーのように飲みやすいピュアモルトウイスキーをつくる」ということで、できたのが宮城峡のモルトに余市のシェリー樽モルトを混ぜる「竹鶴ブランドでした。

同じ2000年には「竹鶴35年」も限定発売されていますがこちらだけはブレンデッドウイスキーでした。

さらに、2001年には「竹鶴17年ピュアモルト」を2011年には「竹鶴21年ピュアモルト」,

2013年にはノンエイジの「竹鶴ピュアモルト」、2014年には「竹鶴21年ピュアモルト」が発売されました。

 

「竹鶴」の品評会受賞歴

WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)

ワールドベストブレンデッドモルトの受賞は以下の年度です。

2007年、2009年、2010年、2011年、2012年、2014年、2015年、2018年

その他、ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)は連続受賞中です。

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキー『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 1

「竹鶴35年」は最高峰限定生産のプレミアムウイスキー

プレミアウイスキーの「竹鶴35年」は、2000年から2011年までのたった11年間だけ毎年数量限定で出荷されました。

余市蒸溜所と宮城野蒸溜所において35年以上長期熟成された最高級のブレンデッドウイスキーです。選び抜かれたモルト原酒とグレーン原酒の2種類を1対1の割合でブレンドされたウイスキーです。ラベルにも工夫が凝らされており、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝によるウイスキーづくりの歴史がイラストで描かれています。2007年までは、政孝の甥で2代目マスターブレンダー竹鶴威によりラベルに直筆で署名が入り、シリアルナンバーも記入されています。

香りの特徴

バニラやダークチョコレートのような甘い香りにモルト由来のスモーキーさが感じられます。

味の特徴

竹鶴」ならではの熟した滑らかさに濃厚でコクのある味わいです。甘さとビター感が堪能できます。

 

「竹鶴35年」の飲み方

長期熟成の「竹鶴35年」はどのようにして飲むのが好ましいでしょうか。希少ウイスキーですから存分に味わって見たいものです。

35年の時を感じたければやはりストレートがオススメです。香りと少量を舐めて唇で感じながら味わいます。複雑で繊細な香りと味が次々と楽しめます。

ストレートはちょっとという方は、このウイスキーは重厚な味なので水と氷で割るのもおすすめです。ウイスキー1に対して水を2、大きめの氷が味を決めます。氷が溶けてウイスキーが呼吸を始めると刻々と味に変化が生まれます。

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキー『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 2

お酒買取専門店 リンクサスの強み

竹鶴政孝の名前はドラマ「マッサン」が放送されて以来、ウイスキー党でなくても知る存在となりました。世界中で評価の高いジャパニーズウイスキーの中でもニッカブランドは群を抜いてファンの多いお酒だと言えます。その中でも「竹鶴35年」は限定品のため入手が困難です。どうしても飲んでみたいと言ったファンも多いため市場価格は上がる一方です。

余市でいえば10年、12年、15年、20年貯蔵リミテッドエディションやシングルモルトなどこのような高級希少ウイスキーお酒買取専門リンクサスでは高額買取にてお取引させていただいております。保管されたままであるようであれば、思い切って放出するのはいかがでしょうか。

まとめ ニッカ人気の中でも余市ブランドは希少

現在販売終了の「竹鶴35年」ですが、今後いつ頃再発売されるかは全く予想がつきません。実際とてつもなく長い熟成が必要なので相当待たなくてはならないことでしょう。もしご自宅に保管されているようであれば高価買取が予想されますので、お酒買取専門リンクサスにまずはご相談ください。

この度お客様から買い取らせていただきました「竹鶴35年」は、35年以上の長期熟成をさせたニッカウヰスキーの中でもかなりプレミア感のあるモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたウイスキーです。

2000年から毎年数量限定で発売されていましたが、2011年に残念ながら終売となってしまいました。小売価格は2006年までは50.000円、2007年は70.000円でしたので相当なプレミアが付いた希少価値があるお酒です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_20191114_173915-766x1024.jpg です  

この度お客様から買い取らせていただきましたニッカウヰスキー「竹鶴35年」は、35年以上の長期熟成をさせたニッカウヰスキーの中でもかなりプレミア感のあるモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたウイスキーです。

2000年から毎年数量限定で発売されていましたが、2011年に残念ながら終売となってしまいました。小売価格は2006年までは50.000円、2007年は70.000円でしたので相当なプレミアが付いた希少価値があるお酒です。

ニッカウヰスキー竹鶴は、なぜ終売になるのか?

ウイスキー人気はドラマ「マッサン」の影ばかりではありません。数年前より爆発的にヒットしているアルコールドリンクが「ハイボール」です。日本中の酒場で「ハイボール」は飲まれ続けています。当然、仕込んであるウイスキー原酒は底をついてくるわけです。つくっては出荷するために熟成に回す量が少なくなっているといえます。当然「竹鶴ブランドも市場ではほとんど見なくなっているのです。

ニッカウヰスキー竹鶴ブランドとは

竹鶴」というウイスキー銘柄はご存知の通りニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝の名前から由来しています。ニッカといえば「ブラックニッカ」ですが「竹鶴」は後発で2000年に「竹鶴12年ピュアモルト」が最初に発売されました。「ブレンデッドウイスキーのように飲みやすいピュアモルトウイスキーをつくる」ということで、できたのが宮城峡のモルトに余市のシェリー樽モルトを混ぜる「竹鶴ブランドでした。

同じ2000年には「竹鶴35年」も限定発売されていますがこちらだけはブレンデッドウイスキーでした。

さらに、2001年には「竹鶴17年ピュアモルト」を2011年には「竹鶴21年ピュアモルト」,

2013年にはノンエイジの「竹鶴ピュアモルト」、2014年には「竹鶴21年ピュアモルト」が発売されました。

 

「竹鶴」の品評会受賞歴

WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)

ワールドベストブレンデッドモルトの受賞は以下の年度です。

2007年、2009年、2010年、2011年、2012年、2014年、2015年、2018年

その他、ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)は連続受賞中です。

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキー『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 1

「竹鶴35年」は最高峰限定生産のプレミアムウイスキー

プレミアウイスキーの「竹鶴35年」は、2000年から2011年までのたった11年間だけ毎年数量限定で出荷されました。

余市蒸溜所と宮城野蒸溜所において35年以上長期熟成された最高級のブレンデッドウイスキーです。選び抜かれたモルト原酒とグレーン原酒の2種類を1対1の割合でブレンドされたウイスキーです。ラベルにも工夫が凝らされており、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝によるウイスキーづくりの歴史がイラストで描かれています。2007年までは、政孝の甥で2代目マスターブレンダー竹鶴威によりラベルに直筆で署名が入り、シリアルナンバーも記入されています。

香りの特徴

バニラやダークチョコレートのような甘い香りにモルト由来のスモーキーさが感じられます。

味の特徴

竹鶴」ならではの熟した滑らかさに濃厚でコクのある味わいです。甘さとビター感が堪能できます。

 

「竹鶴35年」の飲み方

長期熟成の「竹鶴35年」はどのようにして飲むのが好ましいでしょうか。希少ウイスキーですから存分に味わって見たいものです。

35年の時を感じたければやはりストレートがオススメです。香りと少量を舐めて唇で感じながら味わいます。複雑で繊細な香りと味が次々と楽しめます。

ストレートはちょっとという方は、このウイスキーは重厚な味なので水と氷で割るのもおすすめです。ウイスキー1に対して水を2、大きめの氷が味を決めます。氷が溶けてウイスキーが呼吸を始めると刻々と味に変化が生まれます。

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキー『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 2

お酒買取専門店 リンクサスの強み

竹鶴政孝の名前はドラマ「マッサン」が放送されて以来、ウイスキー党でなくても知る存在となりました。世界中で評価の高いジャパニーズウイスキーの中でもニッカブランドは群を抜いてファンの多いお酒だと言えます。その中でも「竹鶴35年」は限定品のため入手が困難です。どうしても飲んでみたいと言ったファンも多いため市場価格は上がる一方です。

余市でいえば10年、12年、15年、20年貯蔵リミテッドエディションやシングルモルトなどこのような高級希少ウイスキーお酒買取専門リンクサスでは高額買取にてお取引させていただいております。保管されたままであるようであれば、思い切って放出するのはいかがでしょうか。

まとめ ニッカ人気の中でも余市ブランドは希少

現在販売終了の「竹鶴35年」ですが、今後いつ頃再発売されるかは全く予想がつきません。実際とてつもなく長い熟成が必要なので相当待たなくてはならないことでしょう。もしご自宅に保管されているようであれば高価買取が予想されますので、お酒買取専門リンクサスにまずはご相談ください。

この度お客様から買い取らせていただきました「竹鶴35年」は、35年以上の長期熟成をさせたニッカウヰスキーの中でもかなりプレミア感のあるモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたウイスキーです。

2000年から毎年数量限定で発売されていましたが、2011年に残念ながら終売となってしまいました。小売価格は2006年までは50.000円、2007年は70.000円でしたので相当なプレミアが付いた希少価値があるお酒です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_20191114_173915-766x1024.jpg です  

この度お客様から買い取らせていただきましたニッカウヰスキー「竹鶴35年」は、35年以上の長期熟成をさせたニッカウヰスキーの中でもかなりプレミア感のあるモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたウイスキーです。

2000年から毎年数量限定で発売されていましたが、2011年に残念ながら終売となってしまいました。小売価格は2006年までは50.000円、2007年は70.000円でしたので相当なプレミアが付いた希少価値があるお酒です。

ニッカウヰスキー竹鶴は、なぜ終売になるのか?

ウイスキー人気はドラマ「マッサン」の影ばかりではありません。数年前より爆発的にヒットしているアルコールドリンクが「ハイボール」です。日本中の酒場で「ハイボール」は飲まれ続けています。当然、仕込んであるウイスキー原酒は底をついてくるわけです。つくっては出荷するために熟成に回す量が少なくなっているといえます。当然「竹鶴ブランドも市場ではほとんど見なくなっているのです。

ニッカウヰスキー竹鶴ブランドとは

竹鶴」というウイスキー銘柄はご存知の通りニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝の名前から由来しています。ニッカといえば「ブラックニッカ」ですが「竹鶴」は後発で2000年に「竹鶴12年ピュアモルト」が最初に発売されました。「ブレンデッドウイスキーのように飲みやすいピュアモルトウイスキーをつくる」ということで、できたのが宮城峡のモルトに余市のシェリー樽モルトを混ぜる「竹鶴ブランドでした。

同じ2000年には「竹鶴35年」も限定発売されていますがこちらだけはブレンデッドウイスキーでした。

さらに、2001年には「竹鶴17年ピュアモルト」を2011年には「竹鶴21年ピュアモルト」,

2013年にはノンエイジの「竹鶴ピュアモルト」、2014年には「竹鶴21年ピュアモルト」が発売されました。

 

「竹鶴」の品評会受賞歴

WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)

ワールドベストブレンデッドモルトの受賞は以下の年度です。

2007年、2009年、2010年、2011年、2012年、2014年、2015年、2018年

その他、ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)は連続受賞中です。

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキー『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 1

「竹鶴35年」は最高峰限定生産のプレミアムウイスキー

プレミアウイスキーの「竹鶴35年」は、2000年から2011年までのたった11年間だけ毎年数量限定で出荷されました。

余市蒸溜所と宮城野蒸溜所において35年以上長期熟成された最高級のブレンデッドウイスキーです。選び抜かれたモルト原酒とグレーン原酒の2種類を1対1の割合でブレンドされたウイスキーです。ラベルにも工夫が凝らされており、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝によるウイスキーづくりの歴史がイラストで描かれています。2007年までは、政孝の甥で2代目マスターブレンダー竹鶴威によりラベルに直筆で署名が入り、シリアルナンバーも記入されています。

香りの特徴

バニラやダークチョコレートのような甘い香りにモルト由来のスモーキーさが感じられます。

味の特徴

竹鶴」ならではの熟した滑らかさに濃厚でコクのある味わいです。甘さとビター感が堪能できます。

 

「竹鶴35年」の飲み方

長期熟成の「竹鶴35年」はどのようにして飲むのが好ましいでしょうか。希少ウイスキーですから存分に味わって見たいものです。

35年の時を感じたければやはりストレートがオススメです。香りと少量を舐めて唇で感じながら味わいます。複雑で繊細な香りと味が次々と楽しめます。

ストレートはちょっとという方は、このウイスキーは重厚な味なので水と氷で割るのもおすすめです。ウイスキー1に対して水を2、大きめの氷が味を決めます。氷が溶けてウイスキーが呼吸を始めると刻々と味に変化が生まれます。

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキー『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 2

お酒買取専門店 リンクサスの強み

竹鶴政孝の名前はドラマ「マッサン」が放送されて以来、ウイスキー党でなくても知る存在となりました。世界中で評価の高いジャパニーズウイスキーの中でもニッカブランドは群を抜いてファンの多いお酒だと言えます。その中でも「竹鶴35年」は限定品のため入手が困難です。どうしても飲んでみたいと言ったファンも多いため市場価格は上がる一方です。

余市でいえば10年、12年、15年、20年貯蔵リミテッドエディションやシングルモルトなどこのような高級希少ウイスキーお酒買取専門リンクサスでは高額買取にてお取引させていただいております。保管されたままであるようであれば、思い切って放出するのはいかがでしょうか。

まとめ ニッカ人気の中でも余市ブランドは希少

現在販売終了の「竹鶴35年」ですが、今後いつ頃再発売されるかは全く予想がつきません。実際とてつもなく長い熟成が必要なので相当待たなくてはならないことでしょう。もしご自宅に保管されているようであれば高価買取が予想されますので、お酒買取専門リンクサスにまずはご相談ください。

この度お客様から買い取らせていただきました「竹鶴35年」は、35年以上の長期熟成をさせたニッカウヰスキーの中でもかなりプレミア感のあるモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしたウイスキーです。

2000年から毎年数量限定で発売されていましたが、2011年に残念ながら終売となってしまいました。小売価格は2006年までは50.000円、2007年は70.000円でしたので相当なプレミアが付いた希少価値があるお酒です。

«