お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキーの傑作品『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介!

品名:
買取参考価格:
商品の状態:

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキーの傑作品『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 1

 

品名:竹鶴35年  TAKETSURU AGED 35 YEARS

買取参考価格:350,000円

竹鶴35年」というニッカウヰスキーの高級ウイスキーを買い取りさせていた

 

だきました。「竹鶴」というとニッカウヰスキーが創業者の名前をつけるほどこだわったブランドであり、今や世界中にその名を知られたウイスキーとなっています。   そのブランドの中でも「竹鶴35年」は、原酒の熟成期間が35年以上という、人気ジャパニーズウイスキーの中でもかなり長い年月のものです。

 

この長期の熟成を行ったモルト原酒とグレーン原酒をブレンドしてつくられたプレミアウイスキーになります。   当然価格も内容もウイスキーの最高峰クラスといえるでしょう。「竹鶴35年」は、2000年に発売が開始され、毎年少量の生産がされていましたが2011年を最後に現在は終売となっています。そのために現在は高値で売買されるプレミアウイスキーとなっています。

 

今ジャパニーズウイスキーの長期熟成ものは終売になっている

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキーの傑作品『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 2

今やウイスキー人気はとどまるどころか世界中に広がっています。特にジャパニーズウイスキーは世界の主だった品評会において多くの賞を受賞するようになり飲み手が国内から世界へと広がっています。それと同時に国内ではウイスキーのハイボールがヒットすることで各社の貯蔵していた原酒が不足するといったウイスキー業界の危機にも直面しています。  

 

本来はじっくりと原酒を熟成したいところが出荷に回す分を増やすために長期の熟成がしばらくは困難となっています。そのような理由で年代物のウイスキーは軒並み終売となり市場から消えています。そこでリサイクル市場などで高値で売買されているというのが現状です。  

 

ニッカウヰスキー「竹鶴」とは

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキーの傑作品『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 3【ウイスキー買取】ニッカウヰスキーの傑作品『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 4

ご存知のようにニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝の名前からその志を継ぐかのごとく「竹鶴」が生まれました。ニッカウヰスキーが最初につくったウイスキーは「ブラックニッカ」です。その路線からよりグレードの高いウイスキーとして満を持して2000年に発売されたのが「竹鶴12年ピュアモルト」です。  

 

ニッカウヰスキーでは「ブレンデッドウイスキーのように飲みやすいピュアモルトウイスキーをつくる」という目標を持って試行錯誤の末に誕生したのが、余市蒸溜所貯蔵のシェリー酒モルト原酒と宮城峡蒸溜所のモルト原酒をブレンドして仕上げたのが「竹鶴」のウイスキーでした。  

 

同年に「竹鶴35年」も発売されましたがこれに関してはピュアモルトではなくブレンデットウイスキーでした。2001年に発売されたのが「竹鶴17年」、さらに2011年発売の「竹鶴21年」へと続いていきます。  

 

●「竹鶴」の品評会受での賞歴歴

ワールド・ウイスキー・アワードでのワールドベストブレンデッドモルトの受賞は以下の年度です。

2007年、2009年、2010年、2011年、2012年、2014年、2015年、2018年

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジでは連続受賞を達成

「竹鶴35年」とは

【ウイスキー買取】ニッカウヰスキーの傑作品『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 5

竹鶴35年」は、ニッカウヰスキーの余市蒸溜所と宮城の蒸溜所でつくられた原酒の中から厳選され、さらに熟成を35年以上のものを使用してつくられたプレミアウイスキーです。発売は2000年から2011年の間に年度ごとにごく少数のみ出荷された希少ウイスキーです。ニッカの両蒸溜所でつくられたモルト原酒とグレーン原酒をほぼ50%ずつブレンドしてつくられています。  

 

ボトルに貼られたラベルもこれまでになくユニークで、創業者の竹鶴政孝が行なったウイスキーづくりの歴史をイラスト化することでこのウイスキーには創業者の想いが詰まっていることを表しています。また、発売年にもよるが、ニッカウヰスキーの相談役であった竹鶴威が直筆でラベルに署名を行い、1から1200までのシリアルナンバーを丁寧に記入するといったプレミアム感も充実しています。  

 

香りの特徴

バニラの甘い香りにダークチョコレートのビターな香り、スモーキーさも兼ね備えた複雑な香りが感じられます。

味の特徴

長期熟成の爽やかな滑らかさにビター感のある芳醇な味わいです。

 

お酒買取専門店 リンクサスの強み

すっかり世界中で人気になったジャパニーズウイスキーですが、世界のウイスキーマニアの中では「竹鶴」と聞いただけでわかるほど、そのブランドは確固たる地位を得ています。今回買い取らせていただいか「竹鶴35年」は、出荷数があまりにも少ない限定的な希少ウイスキーといえます。

 

今後このようなウイスキーニッカウイスキーから出るかというとかなり難しいといえます。   一般の市場ではすでに終売となっていますが家庭や会社などでストックされたものがたまに出てくるといったことがあるウイスキーです。このような希少商品を高値で査定させていただいているのがお酒買取専門リンクサスです。リンクサスの強みは、日本国内のみならず世界中にネットワークを張り巡らせているところにあります。  

 

そのため、世界中のホテルやレストラン、高級バーなどの仕入れ状況も把握しています。だからこそ「竹鶴35年」がどの国のどのような場所でどのくらいの高値で売買されているのかといった細やかな情報も常に入ってくるのです。   近年では中国やアジアの新興国にいる富裕層がジャパニーズウイスキーに関心が高いといった情報もあります。もし、このようなお酒をご自宅などにお持ちで飲まれる予定がない場合はぜひリンクサスにご連絡いただきたいと思います。きっとご満足いただける査定をさせていただけると思っています。  

 

まとめ 竹鶴の長期熟成品は効果買取が期待できます

すでに終売品である「竹鶴35年」には思いもよらぬ高値査定が期待できます。もともと一般の市場にもあまり出荷されておらず、最初の販売価格も5万円〜7万円であったためにマニアが買い求めてしまったというのが現状です。【ウイスキー買取】ニッカウヰスキーの傑作品『竹鶴35年』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 6このお酒販売と同時に即完売というもので、その瞬間からプレミア感があり価格が日々高騰していきました。

 

ただ高すぎるために個人間の売買には適していないためお酒買取などの流通を使うのが適切と思われます。弊社、お酒買取専門リンクサスではこのような商品をご満足行く価格提示で取引させていただいておりますのでお持ちの際はまずはご一報ください。

«