お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

【ウイスキー買取】ジャパニーズウイスキーの最高峰『山崎25年 旧ボトル』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介!

品名:
買取参考価格:
商品の状態:

【ウイスキー買取】ジャパニーズウイスキーの最高峰『山崎25年 旧ボトル』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 1

品名:山崎25年 旧ボトル THE YAMAZAKI SINGLE MALT 25Years

買取参考価格:800,000円

今や世界が認めたジャパニーズウイスキーの雄といえば「山崎ブランドです。今回買い取りさせていただいたのはその「山崎」の中でも特別に高値で売買されている「山崎25年」の旧ボトルデザインです。現行デザインものもよりも古くから貯蔵された樽によってつくられている証でもあります。旧デザインということである意味終売ヒントもいえます。

山崎の歴史は

【ウイスキー買取】ジャパニーズウイスキーの最高峰『山崎25年 旧ボトル』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 2

「日本人の味覚に合った洋酒をつくり、日本の洋酒文化を切り開きたい」そう願ったのはサントリーの創業者鳥井信治郎です。1899年にサントリーは「鳥井商」として始まりました。創業当時は洋酒づくりに励み、甘味葡萄酒の「赤玉ポートワイン」を発売する会社でした。  

 

その後、社名を壽屋へ、そしてサントリーと改名して日本人の味覚に合った本格的ウイスキーづくりをしたいと考えました。1923年、「良い原酒は良い水が生み、よい熟成は良い自然環境なしにはあり得ない」を信念にウイスキーの蒸溜所に適した地を全国から選別し京都南部の山崎に決めたのです。  

 

3つの皮が交わり、ウヰスキーに必要な良い水と環境が揃っていました。ここにサントリーの山崎蒸溜所がつくられたのです。1929年には国産最初のウイスキーである「サントリーウイスキー白札」が発売されました。その後、「サントリーウイスキー」を発売してやっと日本国産のウイスキーが広く知られるようになってきました。  

 

それまでは数種類のモルトウイスキーとグレーンウイスキー原酒を混ぜ合わせてつくられるのが主流でしたが、サントリーの2代目マスターブレンダーの佐治敬三が日本を代表するシングルモルトウイスキーづくりに着手しました。そして、1984年にシングルモルトウイスキー山崎」が誕生しました。  

 

山崎蒸留所の原酒づくり

【ウイスキー買取】ジャパニーズウイスキーの最高峰『山崎25年 旧ボトル』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 3

美味しいシングルモルトウイスキーをつくるには優秀なブレンダーの豊富な経験と匠な技で風味を整えるからこそのことです。熟成を終えたモルト原酒は、それぞれ一樽ごとに微妙に仕上がりが異なります。そのため、そのままボトリングして商品化してしまうと毎回味が変わってしまうこととなります。  

 

そこで、味と品質を一定に整えるために複数の樽のモルト原酒を混ぜ合わせる作業をしなくてはなりません。この作業を「ヴァッティング」といいます。シングルモルトとは、同じ蒸溜所でつくられた複数の樽のモルト原酒がヴァッティングされてできるウイスキーのことをいうのです。  

 

そもそも原酒は、発酵・蒸留・熟成という工程でできます。  

●山崎の発酵

山崎蒸留所では昔ながらの木桶発酵槽とステンレスの発酵槽を使っています。木桶で発酵すると芳醇な味ができ、ステンレスではドライな風味が生み出されます。これら2種類の発酵槽を使い分けてもろみをつくっています。  

●山崎の蒸留

山崎蒸留所では10種類の異なる形状の蒸留器で初溜、再溜の2回の蒸留が行われます。異なる形の蒸留器が産み出す原酒は多種多様の味わいをつくりだしています。さらに蒸留器への加熱も直火と関節火を匠に使い分けることで様々な味の原酒がつくられます。  

●山崎の熟成

できた原酒は樽に入れられて熟成します。この樽はつくられている木材の違いと容積の違いによって原酒の味はそれぞれ違ってくるため、山崎蒸留所では数種類の樽を使い分けています。バーレルというバーボン貯蔵に1度利用した180リットルの樽とホッグスヘッドという先ほどのバーレルを230リットルに大きくした樽で熟成すると割と短期間でバニラの香りを発します。  

 

パンチョンというホワイトオーク材でつくられた大容量の樽だと静かに時間をかけて熟成します。シェリー樽はシェリー酒を熟成するのに使われていた樽にウイスキー原酒を入れて熟成します。味はフレーバーでフルーティーなものとなります。ミズナラ樽は北海道産のミズナラの木を使ってつくられる山崎独特な樽です。白檀を思わせる香味はこの樽から生まれます。  

 

サントリー創業100年を記念して販売された限定ウイスキー

1999年、サントリーの創業100周年を祝して販売されたのが「山崎25年」です。サントリーが創業してから1世紀を記念してつくられたからには相当なプレミアム感が期待できます。  

 

限定生産はわずか年間1200本のみ

山崎25年」の生産量は年間1200本とかなり希少ウイスキーです。販売するとその場で売り切れる状態で入手困難な商品です。希少だからこそ世界中の山崎ファンは魅了されるのです。  

 

山崎25年とは

【ウイスキー買取】ジャパニーズウイスキーの最高峰『山崎25年 旧ボトル』を買い取りいたしました。お酒買取実績紹介! 4

山崎25年」は山崎蒸溜所において厳選されたシェリー樽とミズナラ樽で25年以上熟成されたモルト原酒をヴァッティングしてつくられたシングルモルトウイスキーです。長期熟成のため、果実を思わせる香りと味にビターなチョコレートを感じさせる風味の芳醇な味わいです。  

 

お酒買取専門店 リンクサスの強み

お酒買取専門リンクサスの強みは、お酒のことを知り尽くしたスタッフがたくさんいることです。お酒専門であるからこそあらゆるお酒の情報交換を毎日行っています。バイヤーとのネットワークも日本国内だけでなく世界各国に渡り、今人気お酒は何なのか、どこでどの種類のお酒が高く売れるのかなどを常に把握しています。その情報ネットワークがあるからこそお客様からは高値で引き取ることが可能になっているのです。  

 

今回の「山崎25年」の需要は世界中ということになりますから高値が期待できます。需要が多いためにこのお酒の査定価格は日々変動していますのでまずはリンクサスにご連絡ください。  

 

まとめ 世界の山崎だからこその高価買取

山崎」のウイスキーというブランド名だけで手に入れたいという人はたくさんいます。あまりにも高い人気のために最近では一般の市場ではなかなか見なくなったウイスキーの一つといえます。ノンエイジ山崎でさえも入手困難ですから今回の熟成年数が25年となるとかなりの希少品となります。  

 

この他に山崎には、12年、18年、50年、その他限定品など様々ありますがどれも高値査定が行われています。ご不要でお持ちの場合はリンクサスにご相談ください。

«