コニャックのバロンオタール特徴。xoナポレオン等Baron Otard一覧

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

コニャックのバロンオタール特徴。xoナポレオン等Baron Otard一覧

PR: 2023/10/15
クリック数: 882

ブランデー買取はこちら
コニャックのバロンオタール特徴。xoナポレオン等Baron Otard一覧
バロンオタールはコニャックメーカーの一つです。古い歴史を持つ老舗であり、長きにわたりブランデーを作り続けてきました。

今回はそんな有名コニャックであるバロンオタールについて解説していきます。特徴やおすすめ品を知りたい方は必見です。
ブランデー買取はこちら
 

バロンオタールは歴史の古いブランデー

created by Rinker
BARON OTRARD(バロン オタール)
¥14,647 (2024/05/20 09:17:55時点 Amazon調べ-詳細)

1795年創業の老舗コニャックメーカー

バロンオタールは、フランス・コニャック地方で活躍するブランデーのメーカーです。世界3大コニャックの一つである「コニャック」を製造しています。バロンオタールは数あるコニャックメーカーの中でも歴史が長い、老舗になります。創業は1795年で、そこから200年以上に渡り活躍を続けているブランドであります。

そんなバロンオタールを設立したのは、バロン・ジャン・バプティスト・オタールです。フランス革命の時代に死刑宣告をされた彼は、1793年に一度イギリスに亡命しました。その後帰国を果たした後、1795年にコニャックのシャトーを購入しコニャックハウスを設立します。それが現在でも続くバロンオタールの始まりとされています。

ちなみにバロンというのは、男爵のことを意味します。バロン・ジャン・バプティスト・オタールの曽祖父であったジェームス・オタールは、かのルイ13世とともに戦争を戦い抜きます。その名誉を讃え、1701年に男爵の地位を授かります。それが“バロン”の由来で、オタールのコニャックにもバロンの名がつけられています。
 

そもそもコニャックとは?

そもそもコニャックとは?
バロンオタールは、ブドウを原料にして作られるブランデーに分類されます。ブランデーの中でも「コニャック」に該当するアルコールであり、高い品質を誇ります。

コニャックは、アルマニャックやカルヴァドスというお酒と共に世界3大ブランデーに数えられるお酒です。フランスの原産地呼称(AOC)により、厳しいルールを守ったお酒だけがこの名を名乗ることが許されています。
コニャックはフランスのコニャック地方にて作られていることが最大の条件で、このほかブドウの品種や蒸留方法、そして熟成にまでルールが設けられています。バロンオタールはコニャックとして認められているお酒であり、上質であることがわかります。
 

ティアドロップ型のボトルで知られる


バロンオタールのコニャックといえば、ティアドロップ(涙の雫)の形をしたボトルデザインでも有名です。現行品は全てこの雫型ボトルであり、コレクターからも大きな人気を集めています。

なお過去に発売されていたオールドボトルや限定品の場合、雫型以外のボトルもあります。古い歴史のあるブランドなので、さまざまなボトルの商品がこれまでリリースされてきています。
 

バロンオタールのこだわり!原料や熟成の特徴は?

ユニブランを中心とする厳選されたブドウを使う

ユニブランを中心とする厳選されたブドウを使う
バロンオタールのコニャックには、グランド・シャンパーニュ地区、プティット・シャンパーニュ地区、ボルドリー地区、ファン・ボワ地区といったエリアの厳選されたブドウが使われています。そのうち90%がユニ・ブランというブドウ品種で、残りがフォル・ブランシュやコロンバールといったブドウ品種になります。

ユニ・ブランはブランデーに向いていると言われる品種のブドウで、強い酸味と複雑な香りが特徴です。普通のワインにすると酸味が強すぎますが、バロンオタールでは、3週間ほどかけてこれらのブドウを発酵し、ワインを作ります。そして出来上がったワインを蒸留したものを、コニャックの原料として使います。蒸留後も香味がしっかりと残ることがユニ・ブランの特徴であり、これがバロンオタールの豊かな香りにつながっています。
 

コニャック城の地下セラーで熟成が進められる

この投稿をInstagramで見る

Yukiko(@etudie.lefrancais)がシェアした投稿


蒸留後、ブランデーは長期熟成することで完成します。バロン・オタールは10世紀に建設された「コニャック城(シャトー・ド・コニャック)」の地下セラーにて、ブランデーの熟成を行います。
熟成所は湿度90%、室温15℃という環境が保たれており、ブランデーの長期熟成には最高の環境だと言われています。ここでじっくりと熟成が進められることで、男性的な強さを持ちながらも滑らかな味わいのブランデーに仕上がるのです。

ちなみにコニャック城は見学も可能です。コニャック城ではオタールツアーも開催されており、簡単に申し込みができます。ツアーの後にはオタールコニャックの試飲もあるので、もし訪れる機会がある方はぜひチェックしてみましょう。なおツアーの金額によって、試飲可能なコニャックの種類やランクが変わってきます。
 

バロンオタールの人気ラインナップ

バロンオタールの現行品は、さほど種類が多くありません。熟成年数ごとに等級が分かれており、VS、VSOP、XO、EXTRA1795、Fort et Fidelisといった種類のボトルが存在しています。
その中でも日本への流通量が多く手に入りやすいのは以下のボトルになります。
 

バロンオタール VSOP

created by Rinker
¥15,800 (2024/05/20 09:17:55時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・アルコール度数・・・40%
  • ・特徴・・・最低5年以上の熟成でフローラルな香りとフルボディな味わい
  • ・価格・・・約4,000円(税込)

バロンオタールVSOPは、最低5年以上熟成の原酒から作られるコニャックブランデーです。リッチでフローラルな香りが特徴で、口に含むと柔らかく、芳醇な味を堪能できます。繊細で上品なブランデーですが、飲み進めていくうちにスパイシーなニュアンスも感じ取ることができます。
4,000円程度で入手できるコニャックブランデーなので、コスパの良いブランデーをお求めの方にもおすすめの1本です。
 

バロンオタール XO ゴールド

created by Rinker
BARON OTRARD(バロン オタール)
¥14,647 (2024/05/20 09:17:55時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数・・・40%
  • ・特徴・・・バロンオタールを代表するボトルで琥珀色をしたリッチな雰囲気
  • ・価格・・・約11,000円(税込)

バロンオタールXOゴールドは、XOの等級に該当する高級コニャックです。見た目は熟成を感じられる琥珀色で、非常にリッチな印象を受けます。
木々の香りとプラムやヘーゼルナッツのような香ばしさを持つコニャックで、スミレやハチミツのようなニュアンスも印象的です。
 

バロンオタール エクストラ

created by Rinker
¥29,800 (2024/05/20 09:17:55時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・アルコール度数・・・40%
  • ・特徴・・・XOよりも等級が上の高級品で複雑さ、濃厚さが特徴
  • ・価格・・・約32,000円(税込)

エクストラはXOよりもさらに等級が上のコニャックで、バロンオタールの中でも最高級品の扱いです。グランド・シャンパーニュのオードヴィーだけをブレンドした逸品で、贅沢なアロマと濃厚な味わい、余韻が印象的です。
日本には輸入もされていますが、本数が少なく希少です。1本3万円ほどの価格なので、特別な日の贈り物にもぴったりなボトルです。
 

オタールは旧ボトル・オールドボトルも人気

オタール ナポレオン


ナポレオンは銘柄の名前ではなく、XOやVSOPのような等級を表します。オタールのナポレオンはすでに終売となっているため、流通しているのは全てオールドボトルになります
熟成年数は15年ほどとなります。スミレのようなニュアンスの香りが印象的な1本で、オタールらしい味に仕上がっています。
 

オタール ナポレオン エスカルゴ

created by Rinker
¥26,800 (2024/05/20 09:17:55時点 楽天市場調べ-詳細)

ナポレオンのオタールには、こちらのデザインボトルも存在していました。エスカルゴをモチーフにしたデザインのボトルで、コレクションアイテムとしての人気が高いです。
箱入りタイプの商品になると、希少価値が上がります。外箱のほかオリジナルの替え栓がついています。
 

オタール エクストラ 陶器製


エクストラなどのボトルにも、現行品とは異なるオールドボトルが存在します。例えば90年代に流通していたオタール エクストラは、瓶ではなく陶器ボトルとなっています
時代が異なると、同じエクストラでも味わいが現行品と異なる場合があります。飲み比べてみるのもきっと面白いでしょう。
 

バロンオタールを美味しく飲む方法は?

まずはストレートでそのまま飲む

まずはストレートでそのまま飲む
バロンオタールのようなコニャックは、ストレートでそのまま飲むのが基本です。ただしアルコール度数が40%と高いので、ビールやハイボールのようにグイグイと飲むお酒ではありません。少量をグラスに注ぎ、ゆっくりと時間をかけて飲むようにしましょう。40〜60ml程度をグラスに注ぎ、30分ほど時間をかけて飲むのがベストです。

グラスに注ぐ際は極端に冷やしたり温めたりせず、常温そのままで飲むのが良いでしょう。適温は18〜20℃前後とされています。空気に触れていくことで、香りが華開いたように変化していくのを楽しめます。できればブランデー専用のグラスを用意すると良いでしょう。

また飲む際は、同時にチェイサー(水)を用意するのを忘れないようにしてください。チェイサーとブランデーを交互に飲むことで、悪酔いを防ぎ、口の中を上手にリフレッシュすることができます。
 

トワイスアップで香りを楽しむ

トワイスアップで香りを楽しむ
ブランデーの強いアルコール感に抵抗がある方は、ブランデーと水を混ぜる“トワイスアップ”もおすすめです。トワイスアップはウイスキーでも多く採用される飲み方であり、ブランデー:水=1:1になるように割る方法を指します。同程度の水で割ることで、アルコール感が抑えられ、飲み口が穏やかになります。加水されることで、優しく開いていく香りも楽しむことができるでしょう。
 

爽やかに飲みたいならオン・ザ・ロックで

爽やかに飲みたいならオン・ザ・ロックで
大きめのロックグラスに氷をいれ、ブランデーを注ぐとオン・ザ・ロックになります。通称“ロック”と呼ばれるこの飲み方は、ブランデーを爽やかに楽しみたい時にぴったりです。
氷で冷やされることにより、ブランデーの味が引き締まった印象になります。また時間が経つにつれて氷が溶けていくので、味わいが変化していくのを楽しむことができます
 

ブランデーを使ったカクテルレシピも

サイドカー
コニャックブランデーはカクテルのレシピも多くあります。気分を変えて楽しみたい方は、ぜひバロンオタールを使ったカクテルに挑戦してみましょう。特にバロンオタールVSOPは、手に入りやすく価格帯もそこまで高くないのでアレンジして飲むのにおすすめです。

ブランデーを使ったカクテルで有名なものにはレモンの酸味をプラスした「サイドカー」や、カカオのニュアンスを加えた「アレキサンダー」などがあります。バーで飲むのもよし、自宅で作ってみるのもよしです。


 

旧ボトルも多いバロンオタールはお酒買取で人気

★
バロンオタールのようなコニャックには、賞味期限がありません。蒸留酒なので、未開封状態であれば半永久的に日持ちします。そのため古いボトルでも、お酒買取で売れるケースが多いです。バロンオタールは旧ボトルのバリエーションが多く、いずれも希少なので高値での買取も期待できるでしょう。

バロンオタールの未開封ボトルを余らせているという方は、ぜひリンクサスのお酒買取をご利用ください。リンクサスはお酒に特化した買取専門店なので、豊富な知識に基づいた高値での買取を実現しています。バロンオタールの市場人気やオールドボトルの希少価値を見極めた上で、適切な値段をお付けしています。ブランデーやコニャックに詳しくない方でも買取査定をご利用いただけるのでご安心ください。
 

<バロンオタール買取査定時のポイント>

バロンオタール買取査定時のポイント

  • 汚れや埃を取り除き、見た目のコンディションを整えておく
  • 付属の箱や替え栓がある場合は合わせて査定に出す
  • 日頃から冷暗所で保管し品質を保っておく
  • 他に売りたいお酒がある場合はまとめて査定に出す
  • 自分に合った買取査定の方法を利用する
  • 相見積もりで価格を比較し高額で売れる業者を探す

バロンオタールを査定に出す際は、ボトルの見た目を綺麗に整えておくことで高額買取になりやすいです。また箱や替え栓などの付属品がある場合は、合わせて査定にご依頼ください。
近くにお店がないという方も、リンクサスなら出張買取宅配買取で全国各地に対応いたします。もちろん査定料などは発生しませんのでご安心ください
ブランデー買取はこちら
 

まとめ

コニャック城の地下で熟成し作られるバロンオタールは、芯のある味わいと芳醇さ、なめらかさで人気を集めるコニャックです。VSOPやXOなどのボトルがあり、コスパの良さからも愛されています。
また現行発売されていないオールドボトルも多く、コレクターからも注目を集めています。コニャックの中でも有名なブランドなので、コニャック好きの方はぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:392,271
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:282,425
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:212,637
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.29更新
クリック数:155,002
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.05.20更新
クリック数:133,409
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«