初心者おすすめハイボールにあう安くて美味しいウイスキー10選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

初心者おすすめハイボールにあう安くて美味しいウイスキー10選

2022/5/04
クリック数:19,819

ウイスキー買取はこちら
初心者おすすめハイボールにあう安くて美味しいウイスキー10選
ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。
選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは大きく異なります。そこでこの記事では、ハイボールに合うウイスキーの選び方や、おすすめの銘柄を紹介していきます。
ウイスキー買取はこちら

初心者にもおすすめ「ハイボール」その魅力は?

ハイボール=ウイスキーの炭酸割り

ハイボール
ハイボールは、ウイスキーを炭酸で割ったカクテルのことです。ウイスキー以外の焼酎やリキュールが使われることもありますが、基本的にはウイスキーのドリンクとなります。
ウイスキーはアルコール度数が40%近い濃いめのお酒です。そのため刺激が強く、銘柄によっては飲みにくいと感じることがあるでしょう。しかし炭酸で割ってハイボールにすることで、ウイスキーの刺激やインパクトがまろやかになり飲みやすくなるというメリットがあります。
特に自分で作るハイボールは、濃さを好きなバランスに調節できる、好きな味のウイスキーを選んで作れるという利点もあります。

糖質ゼロでビールの代わりにもおすすめ

糖質ゼロでビールの代わりにもおすすめ
ウイスキーをベースに作られるハイボールには、糖質が含まれていません。そのため、糖質を気にしているダイエット中の方でも気軽に楽しめるお酒です。
炭酸の爽やかさで食事にも合わせやすいハイボールは、ビールの代わりに選ぶ方も増えています。特に2000年代以降はハイボールブームが起こり、居酒屋などでも提供されるのを見かけることが多くなりました。
さらにハイボールはプリン体もゼロに近く、尿酸値が気になる方にとっても親しみやすいお酒となっています。このような理由から、性別や世代を問わず幅広い方に愛されているのがハイボールの魅力でもあります。

ノンエイジのウイスキーでも美味しく感じやすい

ハイボールは、元々ストレートやロックのウイスキーが好きという方にもおすすめの飲み方です。
例えばノンエイジのウイスキーなど、ストレートで飲むには物足りないような銘柄も、ハイボールにして炭酸で割ることにより香りが開きやすくなると言われています。
ノンエイジなどの安いウイスキーも美味しく変えられるハイボールの飲み方なら、コスパも良くデイリーのお酒として取り入れやすいでしょう。高級ウイスキーは高くて買えない、品切れで購入できないという場合も、コンビニで売っているようなウイスキー銘柄で十分に美味しいハイボールを作ることができます。

ハイボールに合うウイスキーの選び方

1.ウイスキーの産地について知っておく

ウイスキーの産地について知っておく
ウイスキーは世界中のあらゆるところで作られています。産地によってウイスキーの特徴が違うので、ハイボールに使うウイスキーを選ぶ場合はまずウイスキーごとの特徴について知っておきましょう。
ウイスキーの中でも特に有名なのが世界5大ウイスキーです。これはスコットランド(スコッチウイスキー)・アメリカ(アメリカンウイスキー)・アイルランド(アイリッシュウイスキー)・カナダ(カナディアンウイスキー)・日本(ジャパニーズウイスキー)のことを指しており、流通量が多いためハイボールを作るのにもおすすめです。
世界5大ウイスキーの特徴は以下の通りです。

  • スコッチウイスキー:ピートを炊いたウイスキーが中心で、スモーキーな味わいがハイボールにぴったり。種類が多いので味の違いによる飲み比べも楽しめる。
  • アメリカンウイスキー:バーボンを中心に甘味のあるウイスキーが多く、刺激も強め。ハイボールにすると甘くパンチのある味わいになりやすい
  • アイリッシュウイスキー:ノンピートのウイスキーで癖のない軽やかさが魅力。ハイボールにするとほんのりと甘味が目立つ印象に
  • カナディアンウイスキー:5大ウイスキーの中でも最もライトな酒質で、カクテルに使われることも多い。あっさりしているがハイボールにすることでジンジャエールのようなフレッシュさも感じられる
  • ジャパニーズウイスキー:繊細な味わいでバランスが良く、ハイボールは食中酒としても人気。価格帯には注意。

 

2.スモーキーなウイスキーはハイボールにおすすめ

スモーキーなウイスキーはハイボールにおすすめ
ハイボールは基本的にどのようなウイスキーをベースにしても作ることができますが、特にハイボールにすると美味しいと言われているのがスモーキーなウイスキーです。ストレートのままでは癖が強すぎると感じるウイスキーも、ハイボールにすることで刺激がちょうど良くなり美味しく感じられるようになります。例えばスコッチウイスキーや、日本のウイスキーの中のピートを炊いたような銘柄が該当します。
また口あたりが軽やかですっきりした味わいのものも、炭酸が加わることで風味が引き立ちやすくなるのでハイボールにおすすめです。日本国内の低価格でライトな酒質感をしているウイスキー銘柄や、カナディアンウイスキーなどがこれにあたります。

3.アルコール度数で選ぶ

ウイスキーのアルコール度数は基本的に40%前後ですが、中には50%以上という強い刺激のものもあります。できれば43%以下のアルコールのものを選んだ方が、口当たりが良くなり食事には合わせやすくなります
日本の銘柄であればアルコール度数37%のウイスキーもあるので、刺激が苦手な方は低めのアルコール度数のボトルを選んでみるのもおすすめです。

4.ウイスキーの値段もチェックしよう

ウイスキーの値段もチェックしよう
ウイスキーの値段は非常に幅広いです。1,000円未満で買えるようなものから、中には一本1万円以上するようなボトルまであります。
デイリーにハイボールを楽しむなら、手の届きやすい価格帯で探してみましょう。リッチすぎるウイスキーはハイボールにしてしまうと勿体無いので、1,000〜5,000円程度の銘柄で探す方が安心です。

ハイボールにおすすめのウイスキー10選

1.サントリー 角瓶

created by Rinker
角瓶
¥1,768 (2022/09/24 18:15:01時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:万人受けしやすい、甘味とドライさのバランスが良いウイスキー
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・アルコール度数:40%
  • ・値段:700ml 1,590円

サントリー角瓶は、日本の食卓で非常に良く親しまれているウイスキー銘柄です。山崎と白州蒸溜所のバーボン樽原酒を配合したバランスの良い味わいが魅力で、飲む人を選びにくく誰の口にも合いやすいことから人気があります。
角瓶で作ったハイボールは「角ハイボール」の相性で親しまれていて、居酒屋などでも提供されていることが多いです。初めてハイボールにチャレンジする方はまずこちらを試してみると良いでしょう。

2.ブラックニッカ クリア

created by Rinker
ブラックニッカ
¥2,194 (2022/09/24 19:43:51時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:飲みごたえのあるキレの良さがハイボールにピッタリ
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・アルコール度数:37%
  • ・値段:700ml 約750円

ブラックニッカは、ニッカウイスキーを代表する銘柄で“ひげのおじさん”のラベルが特徴です。ブラックニッカクリアはノンピートで仕上げた軽やかな味わいが魅力で、ほのかに甘い香りの中にすっきりした印象を感じます。
ややアルコールを感じるような刺激がありますが、その刺激がハイボールにすると非常に相性が良く、低めのアルコールながらも飲みごたえを感じることができます。

3.サントリーウイスキー トリスクラシック

created by Rinker
トリス
¥3,347 (2022/09/24 17:13:17時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:控えめな味と香りで強いウイスキー感が苦手な方も飲みやすい
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・アルコール度数:37%
  • ・値段:700ml 900円

「トリスハイボール」などが人気で、ハイボールにすると美味しいと有名なサントリーの銘柄です。味や香りが控えめなので熟成感のあるウイスキーを求めている方には刺激が足りないかもしれませんが、その一方で丸みのある口当たりで初心者でも飲みやすいのが特徴となっています。
コストパフォーマンスが良いので、晩酌でハイボールを楽しみたいという方にもお薦めです。

4.サントリー シングルモルト白州

created by Rinker
白州
¥10,909 (2022/09/24 13:20:32時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:瑞々しく上品なスモーキーさでリッチな味わいを楽しめる
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルト
  • ・アルコール度数:43%
  • ・値段:700ml 4,500円

白州は、サントリーを代表する高級なシングルモルトの銘柄です。森薫るウイスキーと言われており、非常に香り豊かで瑞々しい味わいをしています。上質なスコッチをお手本にしたようなスモーキーさが、ハイボールにすると相性抜群です。
白州は人気銘柄のため一本あたりの価格帯が高いのがネックですが、ウイスキー好き・ハイボール好きの方なら試してみる価値があるでしょう。

5.サントリー 知多

created by Rinker
知多
¥4,065 (2022/09/24 12:22:28時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:グレーンウイスキーならではの軽やかさと爽快さが魅力
  • ・ウイスキーの種類:シングルグレーン
  • ・アルコール度数:43%
  • ・値段:700ml 4,000円

知多はサントリーの銘柄のうち、モルトではなくグレーン原酒のみを使用した銘柄になります。刺激の強いモルトに比べてグレーンは非常に静かな印象であり、穏やかな味わいで初心者でも飲みやすいウイスキーとなります。
ハイボールは知多ウイスキーの公式もおすすめする飲み方であり、程よい炭酸の刺激で香りが際立つようになります。和テイストの食事にも相性が良いのがポイントです。

6.ジョニーウォーカー ブラックラベル12年

created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
¥2,543 (2022/09/24 19:43:51時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:スコッチならではの強めのスモーキーさでファンにはたまらない味
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・アルコール度数:40%
  • ・値段:700ml 約2,000〜3,000円

ジョニーウォーカーは世界一の販売量を誇るスコッチの銘柄です。スコッチらしい強めのスモーキーさで、個性を感じられる味わいをしています。燻製のような味わいはハイボールにするとバランスが良くなり、香ばしい中にもさっぱりとした飲みやすさを感じられます。
スコッチの個性を試してみたいけれど抵抗がある、という方こそジョニーウォーカーのハイボールを試してみてください。

7.カナディアンクラブ

created by Rinker
CANADIAN CLUB(カナディアンクラブ)
¥3,035 (2022/09/24 19:55:44時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:カナディアンウイスキーの代表銘柄で渋めのハイボールが作れる
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・アルコール度数:40%
  • ・値段:700ml 1,390円

カナディアンクラブはカナダのウイスキーです。さっぱりしたドライよりの味わいで、甘いものよりも渋めでスムースなハイボールが飲みたい時におすすめです。
苦味はありつつもフルーティーな香りのおかげで、飲みにくさも少なく初心者向けでもあります。価格も手頃なので晩酌やお風呂上がりの1杯に気軽に取り入れることができます。

8.シーバスリーガル ミズナラ12年

  • ・特徴:シーバスリーガルが日本のために作ったミズナラ樽のウイスキー
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・アルコール度数:40%
  • ・値段:700ml 約2,000円

シーバスリーガルはスコッチの有名銘柄です。ミズナラ12年のボトルは、シーバスリーガルが日本のウイスキー愛好家に向けて作ったという、スコッチ初のミズナラ樽ウイスキーとなります。
樽の香りが非常に美しく、苦味や柑橘系のようなフレッシュさを感じることができます。ビターなハイボールを作りたいというときに特におすすめです。

9.ザ・グレンリベット12年

created by Rinker
THE GLENLIVET (ザ・グレンリベット)
¥4,159 (2022/09/24 16:43:52時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:マイルドな甘味でハイボールでもストレートでも楽しめる
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルト
  • ・アルコール度数:40%
  • ・値段:700ml 約3,500円

グレンリベットはスコッチの中でも、シングルモルトの原点と言われるような銘柄です。個性豊かなスコッチの中でもクセが少なく飲みやすいのが特徴で、ハイボールはもちろんストレートでもロックでも楽しめる味わいをしています。
フルーティーでマイルドな甘い香りと飲みやすい口当たりで、女性人気も高いウイスキーでもあります。

10.ジムビーム

created by Rinker
JIM BEAM(ジムビーム)
¥1,739 (2022/09/24 17:03:35時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特徴:人気のバーボン銘柄で揚げ物などとも相性抜群
  • ・ウイスキーの種類:ブレンデッドウイスキー
  • ・アルコール度数:40%
  • ・値段:700ml 1,540円

ジムビームはアメリカ・ケンタッキー州で作られるバーボンの一種です。日本ではサントリーが販売を手掛けています。
酸味強めのシャープで切れ味のある味わいで、バーボンらしい強めの刺激もあります。ハイボールにしてもガツンとしたインパクトがあるので、揚げ物など強めの味わいの食べ物に合わせても負けにくいという特徴があります。

美味しいハイボールの作り方


ハイボールは炭酸とウイスキーを混ぜるだけ、そう思っている方も多いかもしれません。ですが作り方に少しこだわるだけで、お店で飲むような本格的な味わいに変わります。
ハイボールの美味しい作り方・ポイントは以下の通りです。ぜひ真似してみてください。

<用意するもの>

  • ・お好みのウイスキー
  • ・炭酸ソーダ
  • ・氷(大きめのもの)
  • ・ミント・ライムなど(お好みで)
  • ・ハイボールグラス(背が高くて飲み口が薄いものがおすすめ)
  • ・マドラー

 

<おすすめのハイボールレシピ>

  1. ・ハイボールグラスに氷をできるだけぎっしりと入れる
  2. ・ウイスキーをお好みの量だけ注ぐ(目安:シングル30ml)
  3. ・マドラーでステアし、ウイスキーをしっかりと冷やす
  4. ・炭酸水を注ぐ:ウイスキー=3〜4:1の割合で氷に当てないように静かに注ぐ
  5. ・泡を潰さないよう、ゆっくりと1回だけステアする
  6. ・お好みでライムやミントを添えて完成

ハイボールを美味しく作るためのポイントは、なるべく泡を潰さないように炭酸を注ぐことです。氷に当てないように注ぐ、必要以上に混ぜすぎないということを心がけましょう。
炭酸を注ぐ前に、氷を入れた段階やウイスキーだけを注いだ段階でこまめにステアしておくことにより、全体が冷えて美味しいハイボールができるようになります。

まとめ

今回はハイボールにおすすめのウイスキーをピックアップしてご紹介しました。ハイボールに初挑戦という方はもちろん、普段からウイスキーを親しんでいる方もぜひ試してみてください。
ハイボールにすることで花開くウイスキーの魅力をぜひ感じてみてくださいね。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,053
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:35,427
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:30,720
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,023
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,474
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«