シャトーマルゴー2015以外の当たり年。価格とおすすめ赤白ワイン6選

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

シャトーマルゴー2015以外の当たり年。価格とおすすめ赤白ワイン6選

PR: 2023/7/18
クリック数: 4,425

ワイン買取はこちら
シャトーマルゴー2015以外の当たり年。価格とおすすめ赤白ワイン
最高峰のワインを生み出す国といえば、フランスです。近年ワイン新興国が数多く登場してきていますが、その全ての生産国がフランスワインを超えることを目標にしているといっても過言ではありません。
そんなワイン大国フランスの中でも、赤ワインの銘醸地と知られているのがボルドー。
今回、そんなボルドー最高峰と称されるメドックの第1級格付けに君臨し続ける、シャトーマルゴーを紹介します。シャトーマルゴーとは一体どんなシャトーなのか、その秘密を知りましょう。
ワイン買取はこちら
 

シャトーマルゴーとはどんなシャトーなのか?


シャトーマルゴーは、フランス・ボルドー地方のメドック地区マルゴー村に位置するワイナリーです。ちなみにボルドーではワイナリーが城のような建造物であることから、ワイナリーのことを「シャトー」と呼んでいます。
シャトーマルゴーは、数あるボルドーの中のシャトーのひとつですが、ボルドーのメドック格付け第1級に君臨し続けているトップ・オブ・トップの存在です。
エレガントで柔らかな酒質でありながら芯の強さを感じさせるその味わいから、「ワインの女王」と称されています。
 

シャトーマルゴーの知るべきポイント!

シャトーマルゴーについて知るべきポイントを下記の内容にまとめました。

  • シャトーマルゴーの歴史
  • シャトーマルゴーの畑や醸造
  • シャトーマルゴーの味わい

それぞれ解説していきましょう。
 

シャトーマルゴーの歴史

シャトーマルゴーの歴史
シャトーマルゴーの歴史は、12世紀までに遡ることができます。その昔、「ラ・モット・ド・マルゴー」と呼ばれる農園で、数多くの貴族によって所有されてきた歴史があります。
1570年代にピエール・ド・レストナックが所有者になって以降、ブドウ畑が拡大されブドウ栽培・ワイン生産が中心に行われるようになったのがシャトーマルゴーの始まりです。18世紀初めにシャトーは現在ほどの大きさに拡大され、醸造技術の進化などから長期熟成タイプの偉大なワインを多く生み出すようになります。
ルイ15世の愛人でもあったポンパドゥール夫人がシャトー・ラフィットを宮廷に持ち込んだことをきっかけに、次の愛人であるデュ・バリー夫人がシャトーマルゴーを愛飲したことでも有名です。
当時より高く評価されていたシャトーマルゴー。皇帝ナポレオン3世によって指示された1855年のパリ万国博覧会におけるメドックのワインの格付けで、堂々の第1級に選ばれます
その後のシャトーマルゴーは一時的に名声を落とすものの、エミール・ペイノーをコンサルタントとして招聘するなどし復活。今もなお新たなボルドーワインの可能性に挑戦し続けています。
 

シャトーマルゴーの畑や醸造

シャトーマルゴーの自社畑と醸造のこだわりについて、下記で解説していきます。
 

シャトーマルゴーの畑についての基本情報


シャトーマルゴーの畑は、赤用82ha、白用12haの計94haの自社畑を所有しています。シャトーマルゴーは赤ワインが世界的に有名ですが、じつは品質の高い白ワインも製造しており、ワイン愛好家垂涎の品としても注目されています。
年間生産量は50万本に満たず、グランクリュは毎年平均15万本ほどだと考えられているようです。
作付け割合は、「カベルネ・ソーヴィニヨン7割、メルロー2割、その他プティ・ヴェルドとカベルネ・フラン」などで、カベルネ・ソーヴィニヨンが主体
土壌は水はけの良い砂利質土壌でありながら石灰質の土壌もあるなど、組成が複雑であるところが特徴になります。
一部ランクロ・ドゥ・マルゴーと呼ばれる最良の畑が存在しており、最良のカベルネ・ソーヴィニヨンが収穫されているようです。
 

シャトーマルゴーの醸造についての基本情報


シャトーマルゴーがその名声を維持し続けているのは、質の高いブドウを原料としていることもですが、革新的な醸造スタイルにあります。
選果などは全て畑で行われるためブドウは健全な状態で醸造所へと運ばれます。発酵はフレンチオークで、ブレンドやマロラティック発酵はステンレスタンクを使用
さらに自社製と他社製のオーク樽を利用するなどの革新的なアプローチにより、ワインに複雑性がもたらされると言われています。
新樽で熟成が行われますが、熟成期間によって熟成庫の位置を変えているところも特徴的。
樽内に入るシャトーマルゴーのワインは温度と湿度が徹底的に管理された地下貯蔵庫にて熟成され、瓶詰めの時を待つのです。
 

シャトーマルゴーの味わい

シャトーマルゴーの味わい
シャトーマルゴーは、ボルドーはもちろん、世界を代表する赤ワインのひとつです。カベルネ・ソーヴィニヨンを主体とするメドック地区の赤ワインは、全体的にパワフルなフルボディタイプであり、シャトーマルゴーも同様に力強いフルボディタイプの赤ワインになります。
その一方で、シャトーマルゴーはメルローのブレンド比率が高いことから丸みがあり、しなやかでシルキーなタンニンが特徴です。
非常に繊細かつ芳醇であり、女性的な印象を与える優美さを兼ね備えています。上記でもお伝えしているように、これらの特徴からシャトーマルゴーは「ワインの女王」と称されているのです。
 

知っておきたいシャトーマルゴーの豆知識!

シャトーマルゴーについて知っておきたいユニークな豆知識を下記にまとめました。

  • シャトーマルゴーの当たり年を知ろう
  • シャトーマルゴーの逸話とは?
  • シャトーマルゴーが日本で人気の理由は?
  • シャトーマルゴーは白ワインも有名!?

それぞれ解説します。
 

シャトーマルゴーの当たり年を知ろう

シャトーマルゴーの当たり年を知ろう
シャトーマルゴーをはじめ、ワインには当たり年が存在します。ワインは毎年収穫されたブドウから造られるお酒で、収穫年はヴィンテージといった表現で年代がラベルに記載されます。
例えば、1998年に収穫されたブドウから造られたワインは、「1998年ヴィンテージ」と表記される流れです。(収穫年のないブレンドワインなどはノンヴィンテージと呼ばれる)
ワインの原料となるブドウはその年の天候に強く影響されるため、ワイン業界ではブドウの出来栄えが良い収穫年は当たり年、悪い年は不作の年などと表現します。
当たり年は国や同じ国でも生産地によって変わりますが、シャトーマルゴーの当たり年はボルドーの当たり年になります。
シャトーマルゴーの当たり年と言われているヴィンテージを下記にまとめました。

  • シャトーマルゴー 1996
  • シャトーマルゴー 2000
  • シャトーマルゴー 2005
  • シャトーマルゴー 2009
  • シャトーマルゴー 2010
  • シャトーマルゴー 2012
  • シャトーマルゴー 2014
  • シャトーマルゴー 2015

これらの中でもとくに2009年や2015年は評価が高く、現在もなお高値で取引されています。

シャトーマルゴーのような高級ワインは20年以上の熟成が可能と言われているため、当たり年のワインはまだまだ高値を更新していく可能性があるのです。
 

シャトーマルゴーの逸話とは?


シャトーマルゴーには、さまざまな逸話があることでも知られています。例えば、イギリスの初代大統領であるロバート・ウォルポールはシャトーマルゴーが大のお気に入りであったことから、3ヶ月毎に4樽購入していたといった逸話があるほどです。
また、アメリカ大統領トーマス・ジェファーソンはメドック格付けが登場する前の個人的な格付けでシャトーマルゴーを第1級と称していたとも言われています。
さらに1855年のパリ万博で開催されたテイスティングでは、20点評価で満点の20点を獲得。満点を獲得したのはシャトーマルゴーだけだったことからも、当時より素晴らしい存在であったことがわかります。
ちなみに、シャトーマルゴーの逸話の中で最も有名なのは作家のアーネスト・ヘミングウェイの話です。ヘミングウェイはシャトーマルゴーを愛しており、孫娘に「マーゴ(マルゴーの英語読み)」の名を贈ったという話はあまりにも有名です。
人の一生をも左右する存在となったシャトーは、シャトーマルゴーしかあり得ません。
 

シャトーマルゴーが日本で人気の理由は?

シャトーマルゴーが日本で人気の理由は?
シャトーマルゴーは日本でも大人気の銘柄です。格付け第1級シャトーといった存在や世界的に名声が高かったなど、味わいやブランド価値も人気の理由ですが火付け役は意外なところにあります。
それが、1995年に日本経済新聞で掲載された渡辺淳一氏の「失楽園」です。
小説自体も人気が高かったものの、1997年に公開された映画「失楽園」が大きく関係しています。
役所広司氏と黒木瞳氏が主演となったこの映画は不倫を題材としたもので、当時としては非常にセンセーショナルな内容として受けいられます。
そして、この映画のラストで死を目前とした二人が口にしたのが、シャトーマルゴーでした。映画自体が大ヒットとなった上に、最も重要なシーンで登場したワインということでシャトーマルゴーが一躍日本で注目されるようになったのです。
 

シャトーマルゴーは白ワインも有名!?

シャトーマルゴーは白ワインも有名!?
ボルドーのメドック地区は赤ワインで有名な産地です。格付けの対象は全て赤ワインであり、白ワインも生産されていますが赤ワインと比較するとかなり少ないのが実情です。
シャトーマルゴーも赤ワインが偉大な存在として扱われていますが、じつは白ワインも絶大な人気を誇ります
シャトーマルゴーは赤ワイン用のブドウ畑だけでなく、白ワイン用のブドウ畑を12ヘクタールほど所有しており、そこではソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。
シャトーマルゴーの白ワインは「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」と呼ばれる銘柄で、ブレンドが主体であるボルドーでは異例のソーヴィニヨン・ブラン100%で造られる白です。
収穫されたブドウの30%ほどしか使用しないといった徹底した厳選ぶりと、こだわりの醸造。時にはアルコール度数が15%を超えると言われているほど、濃密で力強い白ワインとなっています。赤ワインが、「ボルドーの女王」と称されている一方で、「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」は間違いなくボルドー白の王といった存在感ではないでしょうか。
 

おすすめのシャトーマルゴーを紹介!

シャトーマルゴーは、ヴィンテージによって味わいが変わります。どのヴィンテージのシャトーマルゴーを選ぶかも、ワインを楽しむ上での醍醐味と言えるでしょう。
ここからは、おすすめのシャトーマルゴーを紹介していきます。気になるヴィンテージや銘柄がある方はぜひチェックしてみてください。
 

シャトー マルゴー 1996


偉大と称されるグレートヴィンテージの1996年のシャトーマルゴー。パーカーポイント100点満点を叩き出した、モンスター級の1本です。
ミネラルを含んだ黒い果実やブルーベリー、砕いた石、スミレの香りなど、複雑なアロマと完璧なバランスの味わい。タンニンと酸のバランスも良く、まだまだ熟成が期待できるワインです。
 

シャトーマルゴー 2005


当たり年の中でもとくにコストパフォーマンスが高いことで知られているのが、2005年のシャトーマルゴーです。
パーカーポイント98点といった高得点を獲得しており、カベルネ ソーヴィニヨン85%、メルロー15%といった絶妙なバランスで構成されています。
ブラックカラントやビローのようなタンニン、またレザーやスパイスも感じる複雑性に富んだ1本になっています。
 

シャトーマルゴー 2009

created by Rinker
シャトー・マルゴー
¥148,000 (2024/06/22 22:41:09時点 Amazon調べ-詳細)

深みのある深淵な味わいと称される、2009年ヴィンテージのシャトーマルゴー。
ミントのアロマをしっかりと感じられる仕上がりとなっており、カシス、ライラック、ウーロン茶の香りと、鉛筆の削りくずやほこりっぽい土の香りなどユニークな風味を楽しめます。飲み頃を迎え始めている、今すぐにでも飲みたい1本です。
 

シャトーマルゴー 2014


ポテンシャルが高く、これから先の熟成が楽しみとされているのが2014年ヴィンテージのシャトーマルゴーです。
カベルネ ソーヴィニヨン90%、メルロー5%、カベルネフラン3%、プティヴェルド2%といった複雑なブレンドで構成されており、ダークチェリーやスミレ、ミディアムボディで、非常に細かいタンニンとミネラル感が評価されています。
すでに飲み頃でもありますが、熟成を経てどのように変化していくのか、ワイン愛好家たちからも注目されているマルゴーです。
 

シャトーマルゴー 2015

created by Rinker
マルゴー
¥228,000 (2024/06/22 12:57:28時点 Amazon調べ-詳細)

歴史的なビッグビンテージと称されているのが、2015年のシャトーマルゴーです。
パーカーポイントは99点と高く評価されており、30年以上の熟成に耐えると考えられています
ブラックベリー、カシス、ブラックフォレストケーキといった複雑なアロマ。さらに、サンダルウッド、アニス、シガーボックスなどの風味と高い緊張感、それでいてシルキーなタンニンはまさに液体の芸術品です。
 

パヴィヨン ブラン デュ シャトー マルゴー 2012


シャトーマルゴーがソーヴィニヨン・ブラン100%で醸す、偉大な白ワイン。ボルドーでは大変珍しい単一品種から造られる白ワインで、シャトーが直生産するオーク樽をミディアム程度にトーストして8ヶ月程度熟成されています。
アルコール度数は中程度、濃密でリッチさを感じられる素晴らしい出来栄えです。
 

リンクサスはシャトーマルゴーも高価買取!

リンクサスはシャトーマルゴーも高価買取
お酒買取専門店リンクサスでは、シャトーマルゴーを高価買取しております。ワインの知識はもちろん買取経験豊富なバイヤーが、お客様のシャトーマルゴーを正確に査定いたします。
もちろんシャトーマルゴーだけでなく、世界中のワインも高価買取しておりますので、ご自宅にある処分にお困りのワインがございましたらリンクサスにお任せください。
リンクサスでワインを高価買取するためのコツを下記にまとめました。

  • 保存状態が良いと査定額アップ!
  • 当たり年は高価買取!
  • 付属品があれば一緒に売ること
  • まとめてお売りいただくと高価買取!
  • ボトルがキレイな状態も査定額アップのポイント!

リンクサスのお酒買取
ワインは保存状態によって飲み頃が早く過ぎてしまったり、品質が劣化してしまう恐れがあります。中でもシャトーマルゴーをはじめとした高級ワインは大変デリケートですので、保存状態に注意いただけますようお願いいたします。
また、シャトーマルゴーなどのワインには当たり年と呼ばれる良作ヴィンテージがあり、それらのワインは高額査定に繋がります。
それらに加えて付属品の有無や複数本まとめてお売りいただくこと、ボトルやラベルの汚れをキレイにして査定にお出しいただくだけでも査定額が左右いたします
ワイン買取について不明点がございましたら、リンクサスになんなりとご相談いただけますと幸いです。
ちなみに、リンクサスでは下記の買取方法をご用意しております。

実店舗がお近くの方は店頭買取、遠方やお時間がない方は宅配買取、大量にワインを売りたいといったお客様は出張買取といった形で、リンクサスではさまざまな買取方法をご用意しております
また事前にワインの価格を知ることができる事前査定サービスも無料で展開しておりますので、ぜひそちらもお気軽にご活用いただけますと幸いです。
個人のお客様はもちろん、業者様のご利用も大歓迎。ワイン買取は、お酒買取専門店リンクサスにお任せください。
ワイン買取はこちら
 

まとめ

「ワインの女王」、そしてワインの宝石とも称されるシャトーマルゴー。全世界のワイン愛好家垂涎の存在である同シャトーは、今もなおフランス最高峰のワインを生み出し続けている伝説です。
シャトーマルゴーを飲んでみたいといった方は、ぜひ本記事で紹介したエピソードも併せて極上の味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。
また、お酒買取専門店リンクサスはシャトーマルゴーをはじめ、幅広いワインを高価買取しております
ワイン買取を検討中のお客様は、ぜひリンクサスにご連絡ください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:430,289
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:294,406
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:216,587
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.17更新
クリック数:159,951
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.21更新
クリック数:144,974
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«