奄美サトウキビ黒糖焼酎。飲み方・れんとや奄美大島でしか買えない焼酎等9選

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

奄美サトウキビ黒糖焼酎。飲み方・れんとや奄美大島でしか買えない焼酎等9選

PR: 2023/6/16
クリック数: 5,832

焼酎買取はこちら
奄美サトウキビ黒糖焼酎。飲み方・れんとや奄美大島でしか買えない焼酎等9選
皆さんは焼酎と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?きっと芋焼酎や麦焼酎、米焼酎が定番に思いつくのではないでしょうか。
ですが焼酎には、これら3種類以外のものも存在しています。「黒糖焼酎」もそのひとつで、糖を原料に作られるというユニークな焼酎になります。

この記事では、黒糖焼酎の特徴や作られるエリアについて解説します。記事の中ではおすすめの黒糖焼酎銘柄も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
焼酎買取はこちら
 

黒糖焼酎とは?奄美群島だけに認められた本格焼酎

サトウキビから作られる黒糖焼酎

サトウキビから作られる黒糖焼酎
黒糖焼酎は、名前の通り黒糖を原料にして作られる焼酎です。サトウキビを加工して得られる黒糖、いわゆる“純黒砂糖”と米麹が原料となります。
黒糖はサトウキビの搾り汁を煮詰めて固めることで作られます。焼酎作りでは、まず米麹を一次原料とし仕込みをした後、黒糖と酵母を加えてアルコール発酵させるという工程がとられます。発酵でできたもろみを単式蒸留器で蒸留し、場合によっては熟成なども加えながら焼酎が作られていきます。

黒糖と聞くと非常に甘いニュアンスのお酒を想像するかもしれませんが、実はそうではありません。上記でも説明した通り、糖分は後から加えられているのではなく、蒸留酒を作る原料として使われています。そのため黒糖焼酎の味わいはすっきりしていて、どちらかというと辛口のニュアンスです。辛口の中に、黒糖由来の甘味がほんのりと漂います。

焼酎の原料には芋や麦、米が選ばれることが多く、原料の違いで味や香りのニュアンスが変わります。例えば芋焼酎なら、芋由来のクセのある香りやガツンとした味わいが個性となっています。黒糖を使った黒糖焼酎は、個性強めの芋焼酎に対し焼酎臭さが少なく飲みやすいです。レアな焼酎ではありますが、実は初心者の方にもおすすめできる香りと味わいをしています。
 

鹿児島県の奄美群島で製造される

鹿児島県の奄美群島で製造される
黒糖焼酎は鹿児島県の奄美群島にて作られています。むしろ奄美群島でしか作られておらず、「奄美黒糖焼酎」とも呼ばれています。奄美群島にしか製造が認められておらず、“特産品”になっています。

奄美群島とは、鹿児島県よりもさらに南の500キロメートル付近に浮かぶ島々のことを指します。無人島を含むと大量の島があり、有人島には奄美大島や喜界島、徳之島、与論島、沖永良部島などがあります。
奄美群島は南の島ということもあり、気候や風土が本土とは異なり、独自の文化が発達しているのが特徴です。焼酎技術に関しては、16世紀の中期ごろに伝来していたという説があります。南国の風土ですくすくと育つサトウキビを原料に生み出されたのが黒糖焼酎で、時代の移り変わりとともに技術も発展していきました。

ちなみに黒糖焼酎が奄美群島でしか製造が認められていないのには、日本の「酒税法」が関係しています。第二次世界大戦の後、奄美群島はアメリカ政府の統治下に置かれていたのですが、1953年には日本に返還されることとなります。しかし日本の酒税法では、当時焼酎の原料に糖を使うことは認められていませんでした。またこの頃に作られていた黒糖焼酎は麹が使われていなかったため、奄美群島の黒糖焼酎は、焼酎ではなくスピリッツに分類されてしまうことになったのです。

ただしスピリッツは焼酎に比べ税率が高く、製造者には大きな負担がかかってしまいます。このことを考慮し、奄美群島では特例として黒糖焼酎の製造が認められるようになります。奄美群島の管轄内で製造すること、さらに製造過程で麹を使うことを条件に、“焼酎”として分類されることが決定します。こうした歴史的な背景があるため、黒糖焼酎は奄美群島でしか作られていないのです。
 

黒糖焼酎はラム酒に似ている!?

黒糖焼酎はラム酒に似ている!?
黒糖焼酎と同じようにサトウキビを原料にしているのが「ラム酒」です。カクテルベースにも使われることが多いので、名前を聞いたことがあるという方も多いかと思います。ラム酒はカリブ諸島をメインに作られているお酒で、いわゆるスピリッツに該当します。原料が同じであるため、黒糖焼酎は和製ラムと呼ばれることもあるほどです。

しかしラム酒は黒糖をそのまま自然発酵させているのに対し、黒糖焼酎は米麹を使うという特徴があります。これは焼酎ならではの個性で、ラム酒との大きな違いになります。またラム酒はバニラなどを加え甘く香りづけを行っていますが、黒糖焼酎では水以外のものが加えられていません。そのため黒糖焼酎はラム酒よりも甘いニュアンスが少なく、さっぱりとした口当たりをしています。


 

黒糖焼酎が人気を集める理由

黒糖焼酎は焼酎ファンの中でも評価が高く人気を集めています。なぜ黒糖焼酎が人気なのか、その理由に触れていきましょう。
 

黒糖由来の甘い香りがある

黒糖由来の甘い香りがある
何度も述べているように、黒糖焼酎は後から糖を加えているわけではありません。それでも黒糖焼酎には、原料由来の甘みが確かに感じられます。蒸留されているため糖分は含まれないですが、サトウキビがもたらすほんのりと甘い香りが影響し、口に含んでも甘さを感じやすいのです。
黒糖焼酎は麦焼酎に近いさっぱりとした口当たりでありながら、香りはしっかりと甘くカラメルのようなニュアンスを感じられます。これまでクセの強い焼酎を苦手と感じていた方も、ぜひ挑戦してほしいです。
 

糖質ゼロ・プリン体ゼロでヘルシー


黒糖焼酎は蒸留しているお酒なので、糖質やプリン体が含まれません。ダイエットや健康が気になるという方にも、親しみやすいお酒となっています。
アルコール分が含まれるためカロリーはゼロではありませんが、糖質ゼロのためビールや日本酒に比べて太りにくい酒と言われています。健康志向の方にもおすすめです。
 

飲み方をアレンジして楽しめる

飲み方をアレンジして楽しめる
さっぱり具合と甘さ具合のバランスに優れた黒糖焼酎は、さまざまな飲み方で楽しむことができます。味わいが好きならストレートやロックで飲むのもよし、食中酒にするなら水やソーダで割るのがおすすめです。さらにフルーツを入れて、南国感を楽しみながら飲むというアレンジもできます。強いアルコール感が苦手な方は、フルーツジュースやジンジャエールなどで割って飲むのもアリです。
 

黒糖焼酎の選び方・注目ポイント

黒糖焼酎にはさまざまなボトルがあります。どれを選んでいいかわからないという方に向けて、選び方のポイントをお伝えします。
黒糖焼酎で注目したいのは「麹の種類」と「蒸留方式」、「アルコール度数」です。それぞれひとつずつ解説していきます。
 

麹の種類に注目する

  • ・黒麹・・・泡盛にメインに使われる麹で、コクや深みのある味が好きな方におすすめ。原料による個性が出やすく、芳醇旨口の焼酎に仕上がる。
  • ・白麹・・・まろやかですっきりとした口当たりの良い焼酎に仕上がる。黒糖焼酎初心者の方にもピッタリ。
  • ・黄麹・・・日本酒の吟醸香のようなフルーティーさが魅力。すっきりな口当たりに華やかな味わいがお好きならこちら。

黒糖焼酎で使われる麹には、「黒麹」「白麹」「黄麹」の3つがあります。麹の種類で黒糖焼酎の香りや味わいが大きく変わってきます。使用している麹を公表している銘柄も多いので、ぜひチェックしてみましょう。
 

蒸留方式で比べてみる

  • ・常圧蒸留方式・・・伝統的な焼酎の製法で、香味成分を多く抽出できる。芳醇な味わいで、ロックや水割りにするのにピッタリ
  • ・減圧蒸留方式・・・蒸留機内の圧力を下げて蒸留するため穏やかですっきりとした味に仕上がる。近年増えている方法。

黒糖焼酎の蒸留方式には、常圧蒸留と減圧蒸留があります。こちらも味わいにダイレクトに影響するのでぜひチェックしてみましょう。どちらが優れているということはないので、味の好みで選んでしまってOKです。濃い味がお好みなら常圧蒸留、すっきり味派なら減圧蒸留のものがおすすめです。
 

アルコール度数で選ぶ

アルコール度数で選ぶ
黒糖焼酎は、アルコール度数25〜30%のものが多めです。芋焼酎や麦焼酎などは20〜25%が一般的なので、比較するとやや高く感じられるかもしれません。特に黒糖焼酎にはアルコール度数30%のボトルが多くあります。ボトル選びの際はアルコール度数にもぜひ注目してみましょう。


 

黒糖焼酎のおすすめ銘柄!奄美大島でしか買えないものも!?

1.奄美黒糖焼酎 れんと

created by Rinker
奄美大島開運酒造
¥1,440 (2024/06/22 15:45:00時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・製造元:奄美大島開運酒造
  • ・麹の種類:白麹
  • ・蒸留方法:減圧蒸留
  • ・アルコール度数:25%

れんとは奄美大島開運酒造の作る焼酎で、全国区での人気があります。“ゆるやか”という意味の音楽用語に由来していて、実際に貯蔵タンクにクラシックを聞かせて熟成させているという銘柄です。
白麹を使い減圧蒸留で作られるその味は、黒糖焼酎の中でもやさしく爽やかです。軽快で飲みやすく、初心者の方にもおすすめできる1本です。
 

2.朝日30度

created by Rinker
鹿児島 朝日酒造
¥2,674 (2024/06/22 17:34:57時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・製造元:朝日酒造
  • ・麹の種類:白麹
  • ・蒸留方法:常圧蒸留
  • ・アルコール度数:30%

朝日30度は、喜界島に存在する最古の蔵である朝日酒造が創業から作り続けている焼酎です。伝統的な常圧蒸留の製法を用いて作られる焼酎は、喜界島のミネラル豊富な水がもたらすキレ味とコクが印象的です。
飲み飽きしにくい酒質で、毎日の晩酌に黒糖焼酎を選びたいという方にもぴったりです。
 

3.里の曙 ゴールド

created by Rinker
町田酒造
¥3,889 (2024/06/22 12:37:51時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・製造元:町田酒造
  • ・麹の種類:米麹
  • ・蒸留方法:減圧蒸留・常圧蒸留※ブレンド
  • ・アルコール度数:43%

里の曙ゴールドは、減圧蒸留と常圧蒸留のブレンドで作られる黒糖焼酎です。別々の樫樽で熟成させたのちブレンドされており、バランスに優れた味わいをしています。
東京ウイスキー&スピリッツコンペティションで最高金賞を受賞したことのある実力派で、国内だけでなく世界からも注目されています。
 

4.加那

created by Rinker
加那
¥4,838 (2024/06/22 17:34:57時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・製造元:西平酒造
  • ・麹の種類:白麹
  • ・蒸留方法:常圧蒸留
  • ・アルコール度数:30%

加那は伝統的な亀壺仕込みで作られる焼酎です。蒸留後にタンク内で1年、さらに樫樽でも1年ほど熟成させてから出荷されるという熟成タイプの黒糖焼酎です。深い旨味が印象的で、濃い味の料理と相性が抜群です。
また熟成を経ているためほんのりとゴールドに色づいており、見た目にも高級感を感じられます
 

5.喜界島

created by Rinker
喜界島酒造
¥2,056 (2024/06/22 17:34:58時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・製造元:喜界島酒造
  • ・麹の種類:白麹
  • ・蒸留方法:常圧蒸留
  • ・アルコール度数:25%

喜界島は「くろちゅう」の愛称で親しまれる銘柄です。製造元である喜界島酒造は、常圧蒸留での焼酎作りにこだわりを持っています。黒糖焼酎の風味、味、香りを重視していて、旨味とコクが豊かです。口当たりは柔らかいので飲みやすく、ロックやストレートのほかお湯割にもおすすめです。
喜界島の黒糖焼酎の中では、朝日とともに2大人気を誇ります。
 

6.高倉

created by Rinker
奄美大島酒造
¥2,322 (2024/06/22 17:34:59時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・製造元:奄美大島酒造
  • ・麹の種類:白麹
  • ・蒸留方法:常圧蒸留
  • ・アルコール度数:30%

高倉は奄美大島で作られる黒糖焼酎で、奄美大島産の黒糖を原料に使用、さらに名水「じょうごの水」を使うという地元産にこだわりを持って作られているのが特徴です。原酒は3年以上熟成されたのちに追熟もされているため、色合いが豊かでフルーティーなコクもあります。
 

7.龍宮

created by Rinker
黒糖焼酎
¥3,978 (2024/06/22 17:35:00時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・製造元:富田酒造場
  • ・麹の種類:黒麹
  • ・蒸留方法:常圧蒸留
  • ・アルコール度数:30%

龍宮は富田酒造場で作られる黒糖焼酎です。富田酒造場は、黒糖焼酎を作る蔵の中でも規模が小さく、手作業で作られるので生産量が少ないです。
亀壺仕込みの伝統的な焼酎で、黒麹を使って作られているのが特徴です。キレ味があり、飲みごたえ抜群な1本です。
 

8.島のナポレオン

created by Rinker
奄美大島にしかわ酒造
¥1,389 (2024/06/22 17:35:01時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・製造元:奄美大島にしかわ酒造
  • ・麹の種類:白麹・黒麹
  • ・蒸留方法:減圧蒸留
  • ・アルコール度数:25%

島のナポレオンは徳之島のミネラル豊富な天然水を使って仕込まれる黒糖焼酎です。減圧焼酎の焼酎で、黒糖焼酎らしい甘味がありつつもスッキリとした口当たりです。さらりとした軽さがあるので、割って飲むのにもおすすめです。紙パック商品もありコスパにも優れています。
 

9.住の江 三十年貯蔵

created by Rinker
¥8,800 (2024/06/22 17:35:01時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・製造元:町田酒造
  • ・麹の種類:米麹
  • ・蒸留方法:常圧蒸留
  • ・アルコール度数:37%

住の江 三十年貯蔵は名前の通り30年の貯蔵を経て出荷される焼酎です。希少な焼酎で、1年に1,000本など数量限定でのリリースとなります。
アルコール度数が37%と高く、飲み応え抜群です。オリジナルの瓶デザインも相まって、ギフトなどに選ばれている人気の1本です。
 

奄美群島のレアな黒糖焼酎はお酒買取へ!

奄美群島のレアな黒糖焼酎はお酒買取へ
黒糖焼酎は奄美群島でしか作られていないため、全体的に希少なボトルが多いです。中には数量限定でしかリリースされていないものも存在していて、マニアからの高い評価を集めています。そんな黒糖焼酎は、お酒買取の対象にもなります。賞味期限がなく半永久的に日持ちする黒糖焼酎は、未開封であれば値段がつくことが多いです

飲まない黒糖焼酎をお持ちであれば、ぜひリンクサスのお酒買取・査定をご利用ください。リンクサスのお酒買取なら、全国から手数料など一切かからずに黒糖焼酎の買取査定をご利用いただけます。店頭買取のほか、宅配買取などもあり気軽にご利用いただけます。まずは一度ご連絡ください。
焼酎買取はこちら
 

まとめ

今回は黒糖焼酎について紹介しましたが、いかがでしたか?黒糖焼酎は甘味がありながら、芋焼酎などに比べスッキリした味わいで飲みやすいものが多いです。
なお黒糖焼酎の中にも、麹の違いや蒸留方法の違いでさまざまな味わいのボトルが存在しています。興味がある方はぜひ飲み比べてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:430,209
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:294,396
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:216,580
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.17更新
クリック数:159,947
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.21更新
クリック数:144,968
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«