最高級赤ワインオーパスワンの値段。セカンドオーバーチュアの価格や違い

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

最高級赤ワインオーパスワンの値段。セカンドオーバーチュアの価格や違い

2022/7/22
クリック数:544

ワイン買取はこちら
最高級赤ワインオーパスワンの値段。セカンドオーバーチュアの価格や違い
世界最高峰のワイン産地のひとつといえば、フランスです。

しかし、近年ニューワールドと呼ばれるワイン生産国のワインが台頭。

その筆頭である、アメリカ・カリフォルニア州のワインはとくに優れた品質とブランド力で世界中のワインファンをうならせ続けています。

そんなカリフォルニアを代表するワインが、あの「オーパスワン」です。

ここでは、オーパスワンの基本情報や魅力、楽しみ方などを解説していきましょう。
ワイン買取はこちら

オーパスワンについて

 

この投稿をInstagramで見る

 

WINE: Who What When Where How(@wine.tokidoki.vin)がシェアした投稿


オーパスワンの基本的な情報について、下記にまとめました。

  • ・オーパスワンとは?
  • ・オーパスワンの意味
  • ・オーパスワンの特徴

それぞれ解説していきましょう。

オーパスワンとは?


オーパスワンとは、アメリカ・カリフォルニア州のオーパス・ワン・ワイナリーで造られている赤ワインのことです。ワイナリーは、カリフォルニアきっての高級ワイン産地であるナパヴァレーに位置しており、毎年多くの観光客が訪れる名所としても知られています。
オーパス・ワン・ワイナリーが設立されたのは1978年で、アメリカとフランスにおけるボルドー風ワインを生み出すための合併事業として設立されたものです。
創始者は、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルトとカリフォルニアワインの父と称されるロバート・モンダヴィであり、ファーストヴィンテージからワイン業界に大きな衝撃を与えたと、今もなお語り継がれています。
両者の夢が詰め込まれた一大ベンチャービジネスとして世界中で話題となったオーパスワン。その品質の高さと高級ブランドといった価値の高さから、世界中のワイン愛好家垂涎の品として認識されています。

オーパスワンの意味

オーパスワンといえば、その名が常に注目されています。オーパスワンとは、音楽用語のひとつであり、「作品番号1番」といった意味を持っています。
オーパスワンはフィリップ・ド・ロッチルトが名付けたとして知られており、同氏はボトルを交響曲、グラスワインをメロディに捉え命名しました。
そもそも、オーパスワンはカベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたボルドーブレンドが基本となっており、フランスとアメリカの魅力をバランスよくミックスしたようなワインです。
まさに、この二つが奏でるハーモニーは交響曲のように美しく響き渡り、それが熟成によってさらに美しく磨かれていくといった魅力を持っています。
ちなみに、オーパスワンのボトルデザインも有名ですが、フィリップ・ド・ロッチルトとロバート・モンダヴィの横顔をイメージしたものです。
年代によってデザインなどを変化していなほか、一目見ただけでオーパスワンと理解できることから、コレクターにも人気のワインボトルとして知られています。

オーパスワンの特徴


オーパスワンの特徴は、カリフォルニアらしい果実味をもちながらも、フランスらしい繊細さと緊張感を持つ、バランスのよい味わいです。
収穫されるブドウは光学式選果機によって完璧に選別されるほか、じっくりと醸し作業が行われます。
さらに、オーパスワン独自の天然酵母を使用した後、さまざまなメーカーの新樽で17ヶ月以上の熟成を経て市場に出回るといった手の込んだ作りが特徴です。
自社畑の管理はもちろん、醸造についても一切の妥協のないクオリティ。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、カベルネ・フラン、プティヴェルド、マルベックなど、ボルドーの主要品種をカリフォルニアらしい配合で完璧にブレンドさせた、アメリカ最高峰の赤ワインといっても過言ではないでしょう。

オーパスワンの歴史について


オーパスワンを知る上で重要な、「歴史」について下記にまとめました。

  • ・フィリップ・ド・ロチルドについて
  • ・ロバート・モンダヴィについて
  • ・オーパスワンの歴史

順を追って解説していきましょう。

フィリップ・ド・ロチルドについて

オーパスワンのビジネスを手掛けた一人が、上記でもお伝えしたフィリップ・ド・ロチルドです。フィリップ・ド・ロチルドは、フランス・ボルドーの5大シャトーのひとつ、「シャトー・ムートン・ロートシルト」の立役者であり、ワイン業界では知らぬ者はいない重鎮です。
シャトー元詰めといった革新的なアプローチを行ったほか、毎年のように有名画家にラベルデザインを依頼するなど、品質の良さだけでなく類い稀なビジネスセンスでも知られています。本記事で紹介しているオーパスワンだけでなく、世界中でワインビジネスを展開するなど、その手腕は今もなお一族に受け継がれているのです。

ロバート・モンダヴィについて

オーパスワンを成功へと導いたもう一人の創設者が、ロバート・モンダヴィです。カリフォルニアワインの父とも呼ばれる人物で、アメリカワインを世界クオリティの認知度に高めた功績は今もなお称えられています。
もともと同氏の両親はイタリアからの移民で、父親がワイン用ブドウの出荷に従事。1937年にロバート・モンダヴィが大学卒業後、父と弟と共にチャールズ・クルッグ・ワイナリーを購入。紆余曲折の後、1966年に「ロバート・モンダヴィ・ワイナリー」をオークヴィルに設立し、彼の伝説がスタートします。
従来のカリフォルニアワインとは違った醸造やブレンド、マーケティングなどで世界に魅力を発信し続けるなど、同国のワインの地位を高め続けました。
芸術文化への造詣も深く、1996年に「カリフォルニア州フェアライフタイム・アチーブメント賞」、NYソングライターズ・ホール・オブ・フェームから芸術後援者賞を受賞するなど、カリフォルニアになくてはならない人物としても知られているのです。

オーパスワンの歴史


オーパスワンが生まれた歴史は、1970年代に遡ります。当時、ハワイで会議が開催されていた中、フィリップ・ド・ロチルドとロバート・モンダヴィが出会います。
この頃、まだ自身のワイナリーを立ち上げて間もなかったロバート・モンダヴィですが、そのワイン造りへの情熱や芸術への熱い思いから二人はすぐに意気投合。
ボルドーブレンドで、アメリカ最高峰の赤ワインを造るといったベンチャービジネスを計画し、1978年にはオーパスワンを完成させたといった歴史があります。
フランスワインと新しい新世界ワインが対抗するのではなく、その魅力を組み合わせて他にない唯一無二のワインを生み出すといった夢は、彼らが出会った8年後、ついに叶えられたのです。
1984年に発売されたのは、1979・1980年ヴィンテージの赤ワインで、瞬く間に入手困難なワインとして話題に。
ワイナリーとしての歴史はまだ40年ほどの若さですが、そのキャリアと話題性、クオリティは間違いなく世界最高峰といって過言ではないでしょう。

オーパスワンの楽しみ方

ワイナリー
オーパスワンをより楽しむための飲み方を下記に記しました。

  • ・熟成させて飲む
  • ・大切な方にプレゼントする
  • ・極上料理とペアリングさせる
  • ・セカンドラベルも楽しむ

それぞれ解説していきましょう。

熟成させて飲む

熟成させて飲む
オーパスワンは、ボルドー品種がブレンドされたカリフォルニアの赤ワインです。単一畑ではないものの、オークヴィルのテロワールを生かした統一感のあるバランスの取れた造りが特徴のワインを生み出します。
また、オーパスワンの魅力はさまざまなシリーズを手掛けておらず、シンプルにグランクリュでありオーパスワンはヴィンテージごとに製造しているところです。
そのため、そのヴィンテージごとの味の違い、ブレンドの違いをしっかりと理解できるところが魅力といわれています。
そこで、おすすめしたいのが熟成させてオーパスワンを楽しんでみるといった飲み方です。例えば、2016年ヴィンテージであれば、それを4本購入し、ワインセラーで1年ずつ熟成させながら飲んでみるといった形です。
大変贅沢ですが、同じヴィンテージを1年ずつ熟成させていった時の違い、味わいの良さを知ることで、よりオーパスワンの魅力を知ることができるのではないでしょうか。

大切な方にプレゼントする

大切な方にプレゼントする
オーパスワンは、大切な方へのプレゼントとして利用しやすいワインです。オーパスワンは、カリフォルニアきっての高級ワインとしても知られていますが、価格は5〜7万円前後です。
購入する店舗やヴィンテージによっても変わってきますが、これだけのクオリティでありながらこのコストパフォーマンスの高さは魅力的でしょう。
高級ワインとはいえ、あまりにも高額なワインだと受け取った相手もお返しに悩んでしまったり、もったいなくて抜栓できなかったり、何かと気を遣わせてしまいます。
一方、オーパスワンは高級ワインでありながら手頃な価格で手に入ることから、相手も気持ちよく抜栓し、素晴らしい一日を過ごすことができるのです。
いろいろなシチュエーションで使いやすいワインなので、ぜひ大切なあの人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

極上料理とペアリングさせる

極上料理とペアリングさせる
オーパスワンを楽しむ際、ぜひ極上料理とペアリングさせて楽しみましょう。オーパスワンは、カリフォルニアワインですが、果実味や酸味が穏やかであり、タンニンも驚くほどシルキーです。
大変エレガントな味わいであることから、料理の邪魔をせず完璧なマリアージュを楽しむことができます。オーパスワンは、主に牛肉でも脂分が少ないものがよく、仔牛や仔羊など臭みの少ない肉類が合います。
お気に入りのレストランなどで、普段よりちょっと高級な肉を仕入れてもらい、BYOで贅沢に楽しまれてみてはいかがでしょうか。

セカンドラベルも楽しむ

オーパスワンは、上記でお伝えしたようにほかのシリーズをほとんど造っていません。しかし、唯一製造しているのがセカンドラベルの「オーヴァーチュア」です。

オーパスワンは、「作品番号1番」といった意味を持つワインですが、オーヴァーチュアは「序曲」を意味する赤ワインになります。
オーパスワンという最高の交響曲が始まるまでの序曲といった、なんとも心憎い演出のネーミングがファンの心をくすぐります。
さて、そんなオーヴァーチュアですが、毎ヴィンテージ製造されているわけではありません。そのため生産量が少なく、ある意味ではオーパスワン以上に人気があるともいわれているほどです。
オーパスワンとの違いは、ブドウのクオリティであり、ほかは全て一緒。さらに、オーパスワンに使用しないブドウとはいえ、カリフォルニア最高峰のブドウであることは間違いありません。オーパスワンの世界観をより知る上でも、ぜひワインファンであればオーヴァーチュアをチェックしておきたいところです。

おすすめのオーパスワン8選

ここからは、おすすめのオーパスワンを紹介していきます。また、セカンドラベルであるオーヴァーチュアも紹介していくので、ぜひお気に入りのヴィンテージを手に入れてみてはいかがでしょうか。

オーパスワン 2012

created by Rinker
ドラジェ
¥69,300 (2022/10/01 22:46:13時点 Amazon調べ-詳細)

良ヴィンテージとなったことで知られる2012年の、オーパスワン。天候に恵まれたことでブドウが完璧に熟成し、最高峰ヴィンテージの呼び名も高い1本です。
深みのある風味と複雑性、さらに骨格も兼ね備えたバランスの良さがポイント。
ブラックチェリーやカシス、タンニンなど、良質なブドウがクラシカルな味わいをより際立たせています。非常に長く続く余韻も特徴と、高く評価されているオーパスワンです。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
オーパス・ワン・ワイナリーカベルネ・ソーヴィニヨン79%、カベルネ・フラン7%、メルロ6%、プティ・ヴェルド6%、マルベック2%2012年アメリカ・カリフォルニア州

 

オーパスワン 2015


ワイン評論家たちから非常に高く評価されている、2015年ヴィンテージのオーパスワン。天候に恵まれたヴィンテージだったことから、ブラックベリーやカシス、リコリスなど豊富なアロマを感じることができます。
また、ミネラル感も感じられるなど、全体的にエレガントで繊細な印象を与える仕上がりとなっているのも特徴です。
WA97+点、JS98点、V96+点といった形で、全て最高得点に近い評価を獲得しているなど、オーパスワンファン必飲の1本といえるでしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
オーパス・ワン・ワイナリーカベルネソーヴィニヨン81%、 カベルネフラン7%、 メルロー6%、 プティヴェルド4%,、マルベック2%2015年アメリカ・カリフォルニア州

 

オーパスワン 2013

created by Rinker
1.(赤)カベルネソーヴィニヨン
¥73,980 (2022/10/01 22:46:14時点 Amazon調べ-詳細)

過去最高得点を獲得したとして大きな話題となったヴィンテージが、2013 オーパスワンです。最高品質のブドウを最新鋭の技術で醸造した、まさに完璧な球体と表現できるような滑らかさとコク、そして長い余韻を持つ最高峰の赤ワインです。
2016年ワインオブザイヤーを受賞したほか、ワイン評論家ジェームス・サックリング氏から100点満点を獲得するなど、まさにオーパスワン史上最高峰といっても過言ではない贅沢な1本となっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
オーパス・ワン・ワイナリーカベルネソーヴィニヨン79%、カベルネフラン7%、プティヴェルド6%、メルロー6%、マルベック2%2013年アメリカ・カリフォルニア州

 

オーパスワン 2016


オーパスワンファンであれば、一度は必ずチェックしておきたいヴィンテージ2016年。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高いパワー溢れるブレンドながら、果実味とハーブ、樽由来のニュアンス、シルキーなタンニンなど、全てが交響曲のようにバランスよく配分されています。
かの著名なワイン評論家である、ワインアドヴォケイト誌にてパーカーポイント98点を獲得するなど、大きな話題になったオーパスワンでもあります。ローズマリーやセージ、ブラックオリーブ、ダークチョコレートとエスプレッソなど、さまざまな要素が詰め込まれた極上の1本といっても過言ではないでしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
オーパス・ワン・ワイナリーカベルネ・ソーヴィニヨン77%、プティ・ヴェルド8%、 メルロー8%、カべルネ・フラン5%、マルベック2%2016年アメリカ・カリフォルニア州

 

オーパスワン 2014

created by Rinker
1.(赤)カベルネソーヴィニヨン
¥56,980 (2022/10/01 22:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

最高峰と謳われた2013年ヴィンテージに続き、それをも凌駕するクオリティと話題になっているのがオーパスワン2014ヴィンテージです。
パーカーポイントは96点を獲得し、なんとジェームスサックリング2016年トップ100ワイン1位を獲得するなど、その存在感を遺憾なくアピールした至極の1本といえるでしょう。
ブルーベリー、カシス、ブラックベリーのアロマがバランスよく膨らみを持たせ、口当たりはどこまでも甘美でタンニンもシルキー。
花の香り高く、非常に余韻も長いところが特徴です。熟成すべきと評論家からいわれているワインで、10年以上後により真価を発揮する可能性があります。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
オーパス・ワン・ワイナリーカベルネソーヴィニヨン80%、 プティヴェルド7%,、カベルネフラン6%、 メルロー5%、 マルベック2%2014年アメリカ・カリフォルニア州

 

オーパスワン 2009

created by Rinker
オーパスワン
¥88,000 (2022/10/01 22:46:16時点 Amazon調べ-詳細)

ワインアドヴォケイト誌のパーカーポイント92点を獲得した、魅力溢れるオーパスワンの2009。オーパスワンらしい豊かなアロマが感じられるものの、どこかオリエンタルなフレーバーも加わるなど、複雑性のある風味に仕上げられた1本です。
タンニンはまさにベルベットのようなシルキーさで、すでに10年以上の熟成を経ていることからも、他にない甘美な風味で全体がまとまっています。
余韻も長く続き、クセのある料理などにも合わせやすくなった、フードフレンドリーなオーパスワンといえるのではないでしょうか。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
オーパス・ワン・ワイナリーカベルネ・ソーヴィニヨン/カベルネ・フラン/プティ・ヴェルド/メルロ2009年アメリカ・カリフォルニア州

 

オーパスワン 2017

created by Rinker
OPUS ONE
¥55,800 (2022/10/01 22:46:16時点 Amazon調べ-詳細)

天候に恵まれたことで良質なブドウを収穫できたという、2017年のオーパスワン。果実味がしっかりと出たタイプとなっており、酸味も穏やかで全体的に丸みを感じさせる赤ワインとなっています。
オリエンタルなスパイスもほどよいバランスで組合わさっており、全体的に引き締まったストラクチャーのしっかりとしているワインといえるでしょう。
世界的なワイン評論家たちからも支持されているヴィンテージで、パーカーポイントは95点を獲得しています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
オーパス・ワン・ワイナリーカベルネ・ソーヴィニヨン/カベルネ・フラン/プティ・ヴェルド/メルロ2017年アメリカ・カリフォルニア州

 

オーヴァーチュア

created by Rinker
Overture
¥29,900 (2022/10/01 22:46:17時点 Amazon調べ-詳細)

オーパスワンのセカンド、オーヴァーチュア。フレッシュな赤い果実とハーブ、スパイスが若々しさを与える、魅力溢れる1本です。
ブラックベリーやカシス、ダークチョコレートなどのニュアンスがメインでありながら、杉やヴァニラなどの樽由来の風味も欠かせない要素です。
新樽比率は高いものの、古樽も使用するなど、オーパスワンとはまた違った魅力を持ち合わせている極上の1本といえるのではないでしょうか。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
オーパス・ワン・ワイナリーカベルネ・ソーヴィニヨン/プティ・ヴェルド/メルロNVアメリカ・カリフォルニア州

 

ワインの買取について

ワインの買取について
リンクサスでは、オーパスワンを高価買取をしております。また、オーパスワンのみならず各国のワインを高価買取しておりますので、ぜひワイン買取をご検討のお客様はご連絡ください。
リンクサスではワインが高価買取になるポイントを紹介しております。下記にワイン高価買取のコツをまとめておりますので、ぜひご一読ください。

  • ・当たり年のワインを売る
  • ・売る前にはキレイな状態にする
  • ・適切な状態で保存しておく
  • ・付属品と一緒に買取する
  • ・早く売る

オーパスワンのような高級ワインの場合、当たり年と呼ばれるヴィンテージが存在します。そのため、ワインでも当たり年のものは高価買取になる傾向にあるためおすすめです。また、買取前には埃や汚れなどを取り除いていただくほか、良い状態でワインが保存されていることも高価買取のポイントになります。
その他にも化粧箱などの付属品と一緒に買取依頼いただけますと、ワイン単体よりも高い価格で買取の価格をお出しする可能性も高いので、ぜひご検討下さいませ。
ちなみに、リンクサスではお客様のライフスタイルに合わせた買取方法を3つご用意しております。

リンクサスでは、店頭に直接お持ち込み頂く店頭買取だけでなく、ご自宅からワインを郵送いただくだけの宅配買取、大量にワインを売りたい業者様等におすすめの出張買取をご用意しております。
また、事前にワインのおおよその査定額を知りたいといったお客様に向けて、LINEなどでのオンライン事前査定サービスも展開しております。
LINEであれば、そのままビデオ査定といった形でリンクサスのバイヤーがオンラインで査定額をお出し致しますので、ぜひそちらのご利用もご検討くださいませ。
オーパス・ワンの買取はこちら

まとめ

オーパスワンは、世界中のワインファン垂涎の品です。とはいえ、コストパフォーマンスが高く、使い勝手のよいワインであるところも人気の秘密です。
オーパスワンについて、詳しく知らなかったといった方は、ぜひ本記事を参考に魅力的なヴィンテージのオーパスワンを手に入れ、その実力に触れてみましょう。
また、オーパスワンをはじめ、ワインを売りたいといった方は、ぜひリンクサスにご連絡ください。お客様のワインを誠心誠意、心を込めて査定いたします。
オーパスワン買取、ワイン買取は、ぜひリンクサスにお任せください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,590
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,122
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,606
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,947
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,173
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«