アイラを代表するウイスキー蒸留所アードベッグ。おすすめの種類9選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

アイラを代表するウイスキー蒸留所アードベッグ。おすすめの種類9選

2021/11/08
クリック数:919

ウイスキー買取はこちら

アードベッグおすすめの種類9選

今回はアードベッグというウイスキーについて紹介します。スコットランドの中でも人気のある“アイラ・モルト”、その中でも一際クセのある個性派ウイスキーです。
独特なスモーキーさとピーティーさが特徴のウイスキーは、一度飲んだら病みつきになってしまうこと間違いなしです。どんなシリーズがあるのか、どのように造られているのか、早速チェックしていきましょう。
ウイスキー買取はこちら

アードベッグとは?アイラを代表する個性派ウイスキー

アードベッグとは?アイラを代表する個性派ウイスキー

アードベッグとは、ウイスキーの銘柄の一つです。ウイスキーの本場スコットランドにはさまざまなウイスキー産地がありますが、その中でも名産地として知られるのが「アイラ島」です。アイラ島は決して面積が広いわけでもないのに、なんと8つもの蒸留所がありスコッチウイスキーのメッカとして知られています。

そんなアイラ島の中でも、もっとも有名な蒸留所がアードベッグ蒸留所です。「小さな岬」を意味するアードベッグ蒸留所は、独特だと言われるアイラ・モルトの中でも特に個性的なことで知られています。アイラらしいスモーキーさとピーティーな香りのウイスキーで、さらにただスモーク感があるだけでなくきちんとフルーティーな甘味も隠れています。
特にピートが強く、大きなクセがあるウイスキーなので決して飲みやすいとは言い難いですが、その反面熱狂的なファンがいます
現在は複数のシリーズが通年商品として発売されているほか、年度による限定ボトルも発売されています。限定品は発売後、即完売してしまうほどの人気があります。

アードベッグ蒸留所の歴史!一度は閉鎖してしまった!?

アードベッグ蒸留所の歴史!一度は閉鎖してしまった!?

アイラモルトの中でも人気のあるアードベッグ蒸留所は、1815年に創業した蒸留所で200年以上の歴史があります。スコットランド・アイラ島の南部に位置しており、海や山の自然の恵みを受けながら長年ウイスキー造りに尽力してきました。
しかし今でこそ高い人気を集めるアードベッグのウイスキーですが、決して200年間ずっと順風満帆だったわけではありません。1980年代の世界的なウイスキー不調の時代には、蒸留所が閉鎖してしまったほど追い詰められたこともあります。アードベッグは1980年〜1989年間の間ずっと生産停止をしており、なかなか手に入らないウイスキーになってしまっていたのです。
そんな中でも、アードベッグを愛するファンはたくさんいました。そして熱狂的なファンたちの声を受け、1997年にグレンモーレンジィ社がアードベッグ蒸留所を買収し活動を再開させました。そこから安定した操業ができるようになり、アードベッグは完全復活を果たしました。
復活を果たしてからのアードベッグは、安定して出荷されることで新規ファンもたくさん獲得し、一躍人気のウイスキーになりました。2000年にはアードベッグを愛する人々たちによって「アードベッグコミッティー」も発足しており、2度と閉鎖されることのないように働きかけています。コミッティーへの登録者はおよそ12万人にも登ると言われており、世界の130ヵ国の人々が参加しています。


またアードベッグは世界的な品評会でも賞を取るようなブランドとなり、今では有名ウイスキーの一つとして世界中で愛されています。ピート香を楽しめるようなウイスキーをお探しの方は、ぜひ飲んでみてください。

アードベッグの製法について


アードベッグが個性的な味わいをしている理由として、独特な製法が挙げられます。アードベッグが「ノンチルフィルタード」という製法により、他にない個性的な味わいを造り出しているのが特徴です。
基本的にウイスキーというのは、瓶詰めされる前に原酒を冷却し、沈殿物を取り除くという冷却ろ過(チルフィルタード)をします。しかしアードベッグはあえて冷却ろ過の作業を行わず、ウイスキー本来の旨味成分を残すような工夫をしています。そのためアードベッグの味わいは、ガツンとダイレクトな旨味がくるようなものに仕上がっているのです。
さらにアードベッグ蒸留所は自然に囲まれた環境を生かしながら、仕込み水にもこだわりを持っています。蒸留所近くにあるウーガダール湖の水を仕込み水にすることで、独特のスモーキーさやピート香を表現しています。

アードベッグの受賞歴

アードベッグはただ熱狂的なファンがいるだけでなく、実際に国際的な品評会・コンペティションで数々の賞を獲得している銘柄です。つまりウイスキーのプロたちが美味しいと認めたウイスキーであり、その味はお墨付きです。
具体的には以下のような受賞歴があります。

【アードベッグ10年】

<2008年>
・ウイスキー・バイブル 「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」
<2015年>
・ワールド・ウイスキー・アワード 「ベスト・アイラ・シングル・モルト(熟成12年以下の部)」
・サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション 「ゴールドメダル」

【アードベッグ ウーガダール】

<2009年>
・ウイスキー・バイブル 「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」
<2015年>
・サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション 「ゴールドメダル」

【アードベッグ コリーヴレッカン】

<2010年>
・ワールド・ウイスキー・アワード 「ワールド・ベスト・シングル・モルト・ウイスキー」
<2015年>
・サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション 「ダブルゴールドメダル」

【アードベッグ キルダルトン】

<2015年>
・ワールド・ウイスキー・アワード 「ベスト・アイラ・シングル・モルト」

アードベッグの受賞歴を見ると、特に復活後の2000年代以降の受賞歴が多いことがわかります。この時期はちょうど日本でウイスキーブームが巻き起こった時期と同じであり、アードベッグは日本国内でも飲まれようになっていきました。

アードベッグのシリーズ紹介9選

1.アードベッグ10年

created by Rinker
アードベッグ
¥9,360 (2022/09/25 08:46:18時点 Amazon調べ-詳細)

アードベッグのシリーズの中でも、もっとも定番とされる1本です。2000年に発売されてから圧倒的な人気を誇るシリーズで、初めてアードベッグを飲む方にもおすすめです。
アイラモルトらしいスモーキーさを持ちながらも、繊細な甘味があります。
アルコール度数:46度

2.アードベッグ ウーガダール

created by Rinker
アードベッグ
¥13,800 (2022/09/25 08:46:18時点 Amazon調べ-詳細)

ウーガダールは仕込み水の水源であるウーガダール湖から付けられた名前です。2003年に発売開始されたボトルで、アードベッグの定番シリーズのうちの1本です。バーボン樽で熟成した原酒に加え、オロロソ・シェリー樽で熟成した原酒も使っており、シェリー樽由来のスパイシーさ・甘い風味を堪能できます。
アルコール度数:54.2度

3.アードベッグ コリーヴレッカン

created by Rinker
アードベッグ
¥13,500 (2022/09/25 08:46:19時点 Amazon調べ-詳細)

コリーヴレッカンはアイラの渦潮の名前です。ラベルにも渦潮の絵が描かれているのがわかります。世界で2番目の渦潮から名を取ってつけられたこのウイスキーは、名前の表す通りの力強さが魅力です。アルコール度数も高く、刺激の強いウイスキーを求めている方におすすめです。熟成はフレンチオークの新樽にて行われており、荒々しいスパイシーさを堪能できます。
アルコール度数:57.1度

4.アードベッグ アン・オー


アン・オーはアイラ島南西部のオー岬から名前がつけられました。リリースは2017年の、アードベッグの定番ラインナップの中でも比較的新しい商品となります。
バーボン樽・シェリー樽・新樽の3種類を使い、ゆっくりと寝かせることでスモーキーさの中にもまろやかさが生まれています。アードベッグの中では比較的クセが少なめなので、初めての方にも向いています。
アルコール度数:46.6度

5.アードベッグ ドラム

created by Rinker
アードベッグ
¥66,900 (2022/09/24 16:46:22時点 Amazon調べ-詳細)

アードベッグでは、毎年世界のファンとお祝いをする“アードベッグデー”を毎年5月〜6月にかけて開催しています。そこでは毎年、その年のテーマを表現した特別なアードベッグが発売されています。
アードベッグ ドラムは2019年のアードベッグ・デーに発売されたボトルで、「カリブのカーニバル」をテーマとした陽気な1本です。パイナップルや完熟バナナ、りんごのようなフルーツ香を楽しめる味わいです。
アルコール度数:46度

6.アードベッグ ブラック

created by Rinker
MHD
¥46,929 (2022/09/25 08:46:20時点 Amazon調べ-詳細)

アードベッグ ブラックは2020年のアードベッグ・デーに発売された限定ボトルです。ニュージーランド産のピノ・ノワールの樽を使用しており、アードベッグらしいスモーキーさに樽由来のベリー感が足されています。
ボトル表記はただのBlackではなく「Blaaack」です。これは羊の鳴き声である「Baaa」をもじった造語で、遊び心があるのがみて取れます。
アルコール度数:46度

7.アードベッグ スコーチ

created by Rinker
アードベッグ
¥42,900 (2022/09/25 08:46:20時点 Amazon調べ-詳細)

アードベッグ スコーチは2021年の限定ボトルです。コロナウイルスの流行により蒸留所のオープンデーやフェスティバルは中止されてしまったものの、アードベッグ・デーオリジナルのボトルはきちんと発売されています。
2011年に発売されたアードベッグ アリゲーターの樽で熟成を行なった原酒は、ヘビーな味わいを生み出しています。オイリーでスパイシー、余韻も長めのアードベッグです。
アルコール度数:46度

8.アードベッグ アリゲーター


アードベッグ アリゲーターは2011年に発売された限定ボトルです。今はやや入手が難しく、値段が上がっています。
オーク樽に原酒を入れる前に樽の内側をしっかりと焦がしており、ベーコンのような強いフレーバーとバニラのような甘味が生まれています。過去のアードベッグの限定シリーズの中でも、評価の高い1本です。
アルコール度数:51.2度

9.アードベッグ トリー・バン 19年

created by Rinker
アードベッグ
¥48,800 (2022/09/24 13:11:14時点 Amazon調べ-詳細)

アードベッグ アン・オー以来、久々に定番ラインナップに追加されたアードベッグです。最初の発売は2019年で、2020年にはバッチ2もリリースされました。
定番商品でありつつも、スモールバッチで限定品の要素も持ち合わせた一本です。定番の中でももっとも長い19年熟成で、角の取れたピートフレーバーと塩気が特徴の味わいです。
アルコール度数:46.2度

アードベッグの美味しい飲み方は?ストレートが一番?

ウイスキー

クセの強いアードベッグを楽しむためには、やはり「ストレート」が一番おすすめです。なぜならそのまま飲む方が、素材そのものの香りを味わい、刺激が楽しめるためです。アードベッグを初めて飲む人は、ぜひまずはストレートで堪能してみましょう。
また香りが豊かになる「トゥワイスアップ」もおすすめです。トゥワイスアップはウイスキーと同じ量の水で割って飲む方法で、加水をすることで香りが開きます。アルコール感も和らぐので、アードベッグの香りを楽しみたい方はぜひチャレンジしてみてください。
定番商品のアードベッグを気軽に楽しみたい方は、炭酸で割った「ハイボール」もおすすめです。アードベッグの個性のあるスモーキーさが、炭酸で割るとスッキリとした印象になります。

アードベッグに合わせたいおつまみ


アードベッグは強烈なピート香が特徴のウイスキーです。なのでどちらかというと、食中酒ではなく“食後酒”として人気があります。強い香りが食材を邪魔しないように、「アーモンドやナッツ」、「塩気の多いビーフジャーキーやサラミ」のようなウイスキーに負けないくらいの強さがあるおつまみをおすすめします。
またアイラ島で造られるアードベッグは、どことなく潮の香りがします。そのため魚介系の食品やおつまみとも相性が良いです。「スモークサーモン」や「貝の燻製」とあわせてみると、マリアージュを楽しめます。

アードベッグ好きの方におすすめのウイスキーは?

1.ラフロイグ10年

created by Rinker
LAPHROAIG(ラフロイグ)
¥6,476 (2022/09/25 01:13:26時点 Amazon調べ-詳細)

アードベッグとよく比較されるウイスキーです。こちらもアイラモルトを代表する銘柄です。アードベッグよりはややスモーキーさが抑えられています。ピート香の中にも飲み進めると果実やバニラの味わいがあります。

2.キルホーマン マキヤーベイ

created by Rinker
キルホーマン
¥5,255 (2022/09/25 08:46:22時点 Amazon調べ-詳細)

アイラ好きに人気のある1本です。シトラスやバニラのような豊かで爽やかな香りを感じます。アードベッグが刺激が強いのに対し、ピート香は少なめで非常に爽やかです。

3.カリラ12年

created by Rinker
Caol Ila(カリラ)
¥5,710 (2022/09/24 13:11:15時点 Amazon調べ-詳細)

冷却の際に海水を使用するという、一風変わった製法で造られるアイラウイスキーです。力強いスモーキーフレーバーの中に、フルーティーさが加わっています。軽やかなのにどことなく華やかで、リッチな味わいを求めている方におすすめです。日本で人気の「ジョニーウォーカー」などのブレンデッドウイスキーのキーモルトとしても使われることの多い銘柄です。

まとめ

アードベッグはウイスキー界の中でも非常に個性が強い銘柄です。1度飲んでみたらやみつきになるような味わいが魅力です。
限定ボトルなどは希少性が高く、特に人気があります。気になった方はぜひチェックしてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,052
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:35,427
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:30,719
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,023
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,474
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«