アスティとはシャンパンのようなスプマンテ。値段度数おすすめ種類7選

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

アスティとはシャンパンのようなスプマンテ。値段度数おすすめ種類7選

PR: 2023/8/20
クリック数: 2,505

シャンパン買取はこちら
アスティとはシャンパンのようなスプマンテ。値段度数おすすめ種類
日本は、スパークリングワインを愛する国として知られています。
シャンパンも世界で5本の指に入るほどの輸入量と言われており、世界各国のスパークリングワインをコンビニエンスストアでも入手できるほどです。
そんな中、近年飲みやすさとコストパフォーマンスの良さから人気を集めているのが、イタリアのアスティです。シャンパン好きの方にもおすすめのスパークリングワインですので、本記事でその魅力を知ってみてはいかがでしょうか。
シャンパン買取はこちら
 

アスティとは一体どんなワインなのか?


アスティは日本はもちろん、世界中で人気を博しているスパークリングワインです。しかし、アスティ以外のスパークリングワインと、どこに違いがあるのでしょうか。
アスティとはどんなワインなのか下記の内容にまとめました。

  • アスティはイタリアのスパークリングワイン
  • アスティとシャンパンの違いは?
  • アスティの味わいの特徴を知ろう

それぞれ解説します。
 

アスティはイタリアのスパークリングワイン

アスティはイタリアのスパークリングワイン
アスティは、イタリアで製造されているスパークリングワインです。厳密には、イタリアのピエモンテ州にある産地名で、ワイン法の規則に従って同産地で製造されたスパークリングワインのみが、「アスティ」と呼ばれます。1993年にイタリアのワイン格付けの最高峰であるD.O.C.G.に認定されているなど、イタリアを代表するスパークリングワインのひとつでもあります。
ちなみに、アスティはピエモンテのアスティ県だけでなく、アレッサンドリア県クーネオ県でも製造可能ですので、アスティ県で製造されているスパークリングワインだけがアスティというわけではありません。
アスティについて詳しくは後述しますので、まずはイタリア・ピエモンテ州の一部で製造されているスパークリングワインであることを覚えておきましょう。
 

アスティとシャンパンの違いは?

アスティとシャンパンの違いは?
アスティはシャンパンと同じものと考えている方もいるかもしれません。アスティもシャンパンも同じスパークリングワインですが、産地が違う別のワインです。
アスティは上記でお伝えしたように、イタリアのピエモンテ州で製造されているスパークリングワインです。
一方、シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で製造されているスパークリングワインで、厳しいワイン法の規則が守られたもののみが「AOCシャンパーニュ」の名を名乗ることができます。
ちなみにシャンパンはシャンパーニュの英語読みと考えられており、同じワインを指しています。
また、シャンパンはシャルドネとピノ・ノワール、ムニエといったブドウ品種から製造しなければなりませんが、アスティは100%モスカート・ビアンコから製造されているところが特徴です。さらに、シャンパンは熟成期間などが法律で長く定められているなど、アスティと比較すると高額になる傾向にあります。
アスティとシャンパンは、生産国や製造方法、使用品種などに違いがあるため、別のスパークリングワインと覚えておくと良いでしょう。


 

アスティの味わいの特徴を知ろう

アスティの味わいの特徴を知ろう
アスティは、やや甘口のスパークリングワインといったイメージがあるため、初心者向けの飲みやすいワインといった扱われ方をしてきました。
しかし、アスティにはさまざまな種類があり、甘口から辛口までさまざまな味わいのスタイルが揃えられています
同じモスカート・ビアンコ種であっても、収穫時期や製造方法によってさまざまなスタイルになるため、一口にアスティといっても楽しみ方は幅広いところが特徴です。
アスティの主な種類を下記にまとめました。

  • アスティ・スプマンテ Asti Spumante
  • モスカート・ダスティ Moscato d’Asti
  • アスティ・セッコ Asti Secco
  • モスカート・ダスティ・ヴェンデンミア・タルディーヴァ Moscato d’Asti Vendemmia Tardiva

これらを簡単に下記で紹介しましょう。
 

アスティ・スプマンテ Asti Spumante

created by Rinker
サンテロ
¥1,580 (2024/05/30 15:39:00時点 Amazon調べ-詳細)

アスティ・スプマンテは、アスティの中でもポピュラーなスタイルのスパークリングワインです。アルコール度数は10%に満たない甘口のスパークリングワインで、果実の甘さや柔らかな口当たり、すっきりとした後味を楽しめます。
 

モスカート・ダスティ Moscato d’Asti

created by Rinker
TENUTA CARRETTA(カレッタ)
¥2,468 (2024/05/30 15:39:01時点 Amazon調べ-詳細)

モスカート・ダスティは、アスティ・スプマンテと同様に甘口のスパークリングワインですが、発泡性が穏やかな「微発泡」タイプであるところが特徴です。
より柔らかな口当たりで、さらにアルコール度数も最大6.5%ほどと、非常に軽快なライトボディのスパークリングワインとなります。
 

アスティ・セッコ Asti Secco

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,189 (2024/05/30 15:39:02時点 Amazon調べ-詳細)

アスティ・セッコは、上記のアスティとは違う辛口スタイルのスパークリングワインです。アルコール度数も11%と高くなっており、柑橘や花、シャープな酸味、ドライな後味を楽しむことができます。
力強さも感じさせる、高品質でモダンなアスティと言えるでしょう。
 

モスカート・ダスティ・ヴェンデンミア・タルディーヴァ Moscato d’Asti Vendemmia Tardiva

モスカート・ダスティ・ヴェンデンミア・タルディーヴァは、最も甘口タイプのアスティです。ヴェンデンミア・タルディーヴァは、「遅摘み」を意味する用語であることから、こちらのアスティには収穫時期を遅らせて糖度を上げたブドウが使用されています。
糖度が高くなった凝縮感のあるブドウの風味を楽しめるほか、アルコール度数も11%程度あるためパワフルな飲み口になる、偉大なアスティと言えるでしょう。
 

アスティをもっと深く知るための知識

アスティをより深く知るための知識を下記の内容にまとめました。

  • アスティの重要産地はどこ?
  • アスティの製造方法を知る
  • アスティを飲むならペアリングを楽しむ

それぞれ解説します。
 

アスティの重要産地はどこ?

アスティの重要産地はどこ?
アスティは、上記でお伝えしたようにイタリアのピエモンテ州のアスティ県を中心とした産地で製造されているスパークリングワインです。
ただし、アスティ自体はクーネオ県とアレッサンドリア県を含めた51の村、約10,000haといった広大な産地で造られています。そのため、同じアスティでも産地によってその個性に違いが出てくるのです。
アスティは傾斜地で栽培されていることが多いですが、とくに質の高いアスティが製造されることで知られているのが、カネッリ村とストレヴィ村になります。
アスティの産地自体が石灰質土壌が中心ですが、上記の2村はその中でも特に石灰分が強いことで知られています
そのため、この産地で生み出されるアスティは非常にアロマティックで酸も豊富、ミネラリティで硬質なワインになりやすいとされているのです。
 

アスティの製造方法を知る


アスティは、100%モスカート・ビアンコで造られるスパークリングワインです。モスカート・ビアンコは、フレッシュで香り高いマスカット種のブドウであることから、とても繊細で醸造もかなりデリケートに行われています。
アスティは、主に「シャルマ方式(タンク内二次発酵)」と呼ばれる製法で造られています。
ただし、アスティはシャルマ方式の中でも特殊な製造方法が採用されているところが特徴です。
アスティの製造方法の特徴を下記にまとめました。

  • 一次発酵で発生する泡を閉じ込める
  • ブドウの糖分を活かした甘口である
  • 果汁が0℃近くまで冷やして保管される

一般的なスパークリングワインの場合、一次発酵が完全に終わったワインに糖分を添加してタンク内で二次発酵が行われます
アルコール発酵では炭酸ガスも発生するため、二次発酵で生成された炭酸をそのまま閉じ込めるというのが一般的なスパークリングワインです。
一方、アスティは一次発酵で発生した炭酸ガスを活かして二次発酵が行われているため、繊細で優しい発泡になると考えられています。
さらに、アスティは一次発酵で完全にアルコール発酵を終了させないため、ワインにはブドウ由来の糖分が残ることになります
つまり、糖分の添加をせずブドウ本来の甘さを残したまま瓶詰めされていることになるのです。
ちなみに、香りやフレッシュさを大切にするために果汁が0℃近くまで冷やして保管し、必要に応じて都度発酵が行われているところもアスティの特徴でしょう。
主にシャンパンは伝統的な瓶内二次発酵で造られているところが違いではありますが、近年シャンパンと同製法で造られるアスティも増えてきました。
やや辛口でモダンなスタイルとなっており、これもまた新しいアスティとして注目されています。
 

アスティを飲むならペアリングを楽しむ

アスティを飲むならペアリングを楽しむ
アスティは、そのまま飲んでも十分に美味しさを楽しめるスパークリングワインです。しかし、アスティをより美味しく飲むためにはフードペアリングを楽しむことをおすすめします
アスティには辛口スタイルもありますが、一般的なアスティは甘口であるところが特徴です。ブドウ由来の甘い果実の風味、ほど良い酸味、ミネラル感も感じられるため、フードペアリングはそれらの特徴を考えた上で選びたいところです。
甘口のアスティであればブルーチーズやレーズン、チーズケーキ、マカロンとの相性が抜群です。さらに、甘口であることからバーベキューチキンやフライドチキン、とんかつなどの揚げ物にも合わせやすくなるので試してみましょう。
辛口タイプのアスティはフルーツトマトを使ったサラダやフレッシュチーズ、フルーツソースを使ったポークソテーとの相性も楽しめます。
比較的、幅広い料理とのペアリングが楽しめるところもアスティの魅力です。ぜひ、単体だけではなく、フードペアリングも楽しんでみてください。


 

後悔させない!おすすめのアスティを7選紹介!

アスティと一口に言ってもその種類は膨大です。そのため、どのアスティを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
ここでは、後悔しないおすすめのアスティを7本紹介していきます。
ぜひ、気になるアスティがあった方は試してみてはいかがでしょうか。
 

サンテロ 天使のアスティ

created by Rinker
サンテロ
¥1,580 (2024/05/30 15:39:00時点 Amazon調べ-詳細)

アスティの中でも非常に有名な銘柄です。こちらのアスティを生産する生産者は、日本で最も売れているイタリア・スパークリングワイン生産者に5年連続で選ばれているなど大人気。非常に優しい甘口のアスティで、ワイン初心者から女性まで幅広い方を虜にしている1本です。
 

ラ セルヴァティカ アスティ スプマンテ カウドリーナ NV


愛らしいボトルデザインが特徴的。人気の生産者カウドリーナが醸すアスティです。マスカット特有のアロマティックで華やかな香りが特徴的で、甘さと酸味のバランスが良く飲みやすい1本に仕上げられています。
ちなみにイラストは、故ロマノ・レヴィによるイラストとなっています。
 

アリオネ アスティ スプマンテ NV

created by Rinker
アリオネ アスティ スプマンテ
¥2,028 (2024/05/30 15:39:03時点 Amazon調べ-詳細)

ピエモンテ州で1970年以降、高品質ワインを産する主要生産者として知られる名門が醸すアスティです。
樹齢3年から40年のブドウを使用しており、マスカットらしい甘さのある香りだけでなく、果実の凝縮感とフレッシュさが楽しめるエレガントな1本となっています。
イタリア国内でも高く評価されていることで知られている、本格アスティです。
 

ゾーニン アスティ

created by Rinker
ゾーニン
¥2,970 (2024/05/30 15:39:04時点 Amazon調べ-詳細)

スパークリングワインメーカー「ゾーニン」は、イタリアで知らぬ者はいない国内最大級のメーカーです。上質なブドウのみを厳選して仕込んだ1本で、香りと酸味、まろやかな味わいのバランスが完璧に実現されています。
ほのかな甘さを感じるものの、全体的にエレガントにまとめられているところも魅力です。
 

フォンタナフレッダ アスティ スプマンテ


高級感のある佇まいが特徴のアスティです。イタリアでも尊敬されるフォンタナフレッダが手がける1本で、アスティらしいアロマティックかつ華やかな香り、洗練された酸味と甘さのバランスが楽しめます。
フードペアリングも幅広く楽しめるため、週末の食卓やパーティーでも大活躍してくれるアスティになってくれるでしょう。
 

アスティ タヴェルネッロ ドルチェ

created by Rinker
TAVERNELLO(タヴェルネッロ)
¥1,690 (2024/05/30 15:39:06時点 Amazon調べ-詳細)

世界NO.1のイタリアテーブルワインとしても知られている、コストパフォーマンス抜群のアスティ。アルコール分も7.5%と低めなので、ワイン初心者でも手軽に楽しむことができます
マスカットを思わせるフルーティさと、上品なほのかな甘みが特徴です。高級感のあるボトルデザインは、高級ブランドパッケージ専門として知られているフランス企業「メディアーネ」社が手がけています。
 

トスティ アスティ セッコ

created by Rinker
トスティ
¥2,794 (2024/05/30 15:39:06時点 Amazon調べ-詳細)

シャンパン好きも納得の辛口タイプのアスティです。ボトルデザインが洗練されているため、ギフトやパーティー、デートで活躍してくれます。
マスカット種モスカート100%を丁寧に醸し、ブドウ本来の甘さとフレッシュさを楽しむことができます。チーズ、パスタとの相性も抜群です。
 

アスティの買取はお酒買取専門店リンクサスにお任せ!

アスティの買取はお酒買取専門店リンクサスにお任せ
アスティやシャンパンなど、ワインの買取ならお酒買取リンクサスにお任せください。ワインの知識や買取経験豊富なプロのバイヤーが、心を込めてお客様のワインを査定いたします
個人のお客様はもちろん、業者様のご利用も大歓迎です。ワインを高く売りたいといったお客様は、ぜひリンクサスにご連絡いただければ幸いです。
リンクサスでワインを高価買取するコツを下記の内容にまとめました。

  • 希少価値の高いワインは高価買取!
  • 付属品もご一緒に査定にお出しください!
  • まとめ売りで査定額がアップ!
  • 保存状態が良いワインは高価買取!
  • なるべく早くお売りください!

アスティやシャンパンの中でも、限定品や生産本数が少ない、人気の商品で品薄といった希少価値の高いワインは高価買取になる傾向です。これらワインをお持ちのお客様は、ぜひリンクサスにご相談ください。
さらに、ノベルティや化粧箱などの付属品もワインと一緒に査定にお出しいただければ、査定額がプラスされる可能性がございますのでご検討くださいませ。
ワインを都度、査定に出されるよりまとめ売りであればコスト削減につながり査定額に還元できること、保存状態が良好であること、デリケートなワインだからこそ早くお売りいただくことも高価買取のコツです。
お酒買取リンクサス
ワインを少しでも高く売りたいといったお客様は、上記の内容を一度チェックした上で査定をお申し込みくださいませ。
ちなみに、リンクサスでは下記買取方法をご用意しております。

お酒買取専門店リンクサスでは、査定料や買取手数料、キャンセル料などは一切いただいておりません。そのため、何度でも安心してご利用いただくことができます
さらに、お客様が売りたいワインの現在の価格が知れる、無料の事前査定サービスもございます。LINEでもお気軽にお申し込みいただけますので、ぜひこちらもご活用いただけますと幸いです。
シャンパン買取はこちら
 

まとめ

アスティは、シャンパンと比肩する人気を博しているスパークリングワインです。
アスティを選ぶ際は、味わいのスタイルの違いや有名産地であるかなどをチェックしてみましょう。アスティはコストパフォーマンスが高いスパークリングワインなので、どなたでも気軽に試すことができるのではないでしょうか。
そして、お酒買取専門店リンクサスではアスティやシャンパン、世界中のワインを高価買取しております。
ワインを高く売りたいといったお客様は、ぜひお気軽にリンクサスにご相談くださいませ

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:403,033
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:285,532
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:214,002
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.05.27更新
クリック数:156,140
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.05.24更新
クリック数:136,473
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«