カルバドスとはどんなお酒・値段は?ポムドイヴ等おすすめ銘柄7選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

カルバドスとはどんなお酒・値段は?ポムドイヴ等おすすめ銘柄7選

2021/11/03
クリック数:4,695

ブランデー買取はこちら

カルバドスとは?おすすめ銘柄7選

カルバドスは、りんごから造られる特殊なブランデーです。アップル・ブランデーと呼ばれることもあり、オシャレさや美味しい味わいが人気を集めています。ブランデーなのでアルコール度数は高めですが、口当たりが良く飲みやすいため女性人気も高いお酒です。ストレートはもちろん、カクテルの材料や時には製菓材料としても使われることがあります。
今回はそんなカルヴァドスの魅力についてお伝えしながら、おすすめの銘柄など紹介していきます。ぜひご覧ください。
ブランデー買取はこちら

カルヴァドスとはど?ブランデーの一種でりんごが原料

カルヴァドスとはど?ブランデーの一種でりんごが原料

カルヴァドス(カスバドス)は、フランスのノルマンディー地方にて製造される蒸留酒の一種です。通常のブランデーのように葡萄を原料にするのではなく、「リンゴ」を原料としているのが大きな特徴です。なお、ものによっては、一定量の洋梨がブレンドされたものもあります。
日本では他のブランデーやワインなどに比べ、カルヴァドスという名称はやや聞き慣れないものかもしれません。しかし実はカルヴァドスは世界的に有名なお酒であり、製菓やパン作りに使われることもあるほど身近なお酒なのです。

カルヴァドスの造り方と味わい。シードルとの違いは?

カルヴァドスの造り方と味わい。シードルとの違いは?

前述した通り、カルヴァドスはりんごから造られるブランデーです。簡単に説明すると、りんごを醸造してお酒を造り、さらにそれを蒸留・熟成させることでカルヴァドスが生まれます。
りんごのお酒というと、有名なものに「シードル」があります。シードルはりんごを発酵させて造る発泡酒のことで、いわゆるスパークリングワインのような醸造酒を指します。カルヴァドスを造る際は、まずこのシードルを造り、出来上がったシードルを蒸留します。
蒸留されたシードルは「オー・ド・ヴィー・ド・シードル」と呼ばれる、無色透明の状態となります。この蒸留酒をさらに樽に詰め、最低2年以上の熟成を経ることでカルヴァドスが完成します。
カルヴァドスの特徴は、蒸留によりアルコール成分を凝縮させたブランデーであり、しっかりとした濃厚なインパクトが楽しめることです。そして高いアルコール度数にも関わらず、豊かなリンゴの風味、そして熟成によるまろやかさのおかげで飲みやすいです。口当たりは非常にフルーティーであり、口に含むと酸味が広がり、さらにナッツやバニラのような樽熟成ならではの奥行きも感じられます。

フランス・ノルマンディー地方のみで造られる

フランス・ノルマンディー地方のみで造られる

実はりんごから造られる蒸留酒が、全てカルヴァドスと呼ばれるわけではありません。カルヴァドスには産地や原料などに細かなルールが設定されており、フランスの北西部ノルマンディー地方で造られたものしか「カルヴァドス」の名を名乗ることができません。
いわゆる有名ブランデーである「コニャック」や「アルマニャック」のように、AOC(原産地呼称規制)により条件が定められているのです。原料となるリンゴの収穫に始まり、蒸留・熟成そしてブレンドまでもが、ノルマンディー地方の定められた場所で行われる必要があります。

カルヴァドスの3つの産地による違い

カルヴァドスの生産地は、ノルマンディー地方の中でも3つの地域に分かれています。3つの産地ごとに、呼び名やルール、そして特徴が変わります。ここからは3つの産地の特徴をそれぞれ紹介します。

1.カルヴァドス ペイ・ドージュ(Calvados Pays d’Auge)


カルヴァドスの中でも高値で取引される銘柄の多い地域です。以下のルールが条件として定められています。

  • ・カルヴァドス ペイ・ドージュの地域で製造すること
  • ・蒸留時の洋梨の混合割合が30%以下であること
  • ・単式蒸留器で2回蒸留すること
  • ・最低2年間、オーク樽で熟成させること
  • ・アルコール度数が最低40度以上であること

カルヴァドス ペイ・ドージュは、コニャックと同様の単式蒸留器での2回蒸留にて造られているのが特徴です。りんごの風味を生かす優れた造り手が多く、完成したカルヴァドスは非常に芳醇で風味が豊かです。

2.カルヴァドス ドンフロンテ(Calvados Domfrontais)


ドンフロンテは栽培面積が狭めであり、生産量も限られているため希少性が高いです。定められた条件は以下の通りです。

  • ・カルヴァドス ドンフロンテの地域で製造すること
  • ・蒸留時の洋梨の混合割合が30%以上であること
  • ・連続式蒸留器で蒸留すること
  • ・最低3年間、オーク樽で熟成させること
  • ・アルコール度数が最低40度以上であること

ドンフロンテのカルヴァドスは、ペイドージュに比べて洋梨の割合が高いです。蒸留方式もペイドージュとは異なり、アルマニャックと同様の連続式蒸留器で造られています。
余韻に残る洋梨の香りが特徴で、カルヴァドスペイドージュに比べて爽やかさや複雑さが目立ちます。個性のある味わいで、ファン人気が高い産地でもあります。

3.カルヴァドス (Calvados)


カルヴァドスは非常に地域が広く、カルヴァドス県の他にもマイエンヌ、サルト、オワーズといった地域まで含みます。主な条件は以下の通りです。

  • ・カルヴァドス領域全体もしくはカルヴァドス・ペイ・ドージュ地区およびドンフロンテ地区周辺で造られるもの、もしくはそれらをブレンドしたもの
  • ・最低2年間、オーク樽で熟成されること
  • ・アルコール度数が最低40度以上であること

3つの地域の中でも一番規制が緩いのがカルヴァドス地域です。洋梨の比率を造り手が自由にブレンドすることが可能であり、また蒸留方式に関するルールも設けられていません。そのため造り手それぞれの特徴が出やすくなっています。
ブレンドの自由さからか、比較的手頃な価格帯で購入できる銘柄も多いです。初めてカルヴァドスを飲むという方にもおすすめです。

カルヴァドスのランクは?熟成年数で変わる?

カルヴァドスのランクは?熟成年数で変わる?

カルヴァドスは3つの産地のほか、熟成年数でも味わいが変わってきます。熟成年数は最低2年以上であり、長さによって以下のようにランクわけされています。

  • ・フィーヌ・・・最低2年
  • ・ヴィユー・レゼルヴ・・・最低3年
  • ・ヴィエイユ・レゼルヴ・・・最低4年
  • ・VSOP・・・最低4年
  • ・オルタージュ・・・最低6年
  • ・ナポレオン・・・最低6年

熟成年数の浅いカルヴァドスは、フレッシュさや爽やかさが目立ち、アルコールの風味が強いです。強い刺激があるので、ストレートで飲むだけでなくカクテルの材料やお菓子作りに使われることが多いです。
それに比べ5年以上の長期熟成をしているカルヴァドスは、角が取れてまろやかな味わいになっています。コクも生まれており、フルーティーな甘味を堪能できます。
これはカルヴァドスだけでなくどのブランデーにも共通して言えることですが、一般的に熟成年数の長いものの方がランクの高い高級品として扱われることが多いです。

カルヴァドスのおすすめ銘柄7選

1.カルヴァドス ポム・ド・イヴ

created by Rinker
ポム・ド・イヴ
¥8,800 (2022/10/02 16:04:51時点 Amazon調べ-詳細)

ポム・ド・イヴは直訳すると「イヴのりんご」を意味していて、旧約聖書の創世記による禁断の果実のエピソードがモチーフになっています。
瓶の中にまるまる1個のりんごが入っており、見た目にもインパクトがありギフト人気が高いです。りんごらしい風味が凝縮された、満足感の得られる1本です。

2.カルヴァドス ブラー グランソラージュ

created by Rinker
BOULARD(ブラー)
¥2,696 (2022/10/02 12:44:06時点 Amazon調べ-詳細)

りんごの甘酸っぱさ、洋梨のみずみずしさがうまく調和したカルヴァドスです。カルヴァドスの代名詞とも言われるもので、心地よい樽の風味があり、飲みやすく人気があります。カクテルベースや料理にも使えるため、用途が幅広いです。

3.カルヴァドス ペイ・ドージュ アドリアン カミュ


東京ドーム10個分もの広さを誇る畑を所有しているアドリアンカミュは、洋梨をブレンドせずりんごだけでカルヴァドスを製造しているのが特徴です。長期熟成ながらりんごの爽やかさは失われておらず、非常に奥行きのある味わいとなっています。

4.カルヴァドス ペイ・ドージュ デュポン フィーヌ

created by Rinker
デュポン
¥5,398 (2022/10/02 12:44:07時点 Amazon調べ-詳細)

デュポンは高級なレストランや百貨店でも取り扱われることの多い、高級銘柄として人気のカルヴァドスです。内側をしっかりと焦がしたオーク樽で熟成しており、綺麗な琥珀色の見た目をしています。
香りはヘーゼルナッツや焼きリンゴの香ばしさがあり、味わいはリッチです。

5.カルヴァドス ルモルトン レゼルヴ


パリをはじめ、フランスのさまざまな高級レストランで愛される銘柄です。長い熟成により、非常にまろやかな口当たりでエレガントさを感じられます。オレンジや洋梨のフレーバーが特徴で、ワンランク上のカルヴァドスを味わってみたいという方におすすめです。

6.ローリストン カルヴァドス ドンフロンテ 100% ポワール


100%の洋梨を原料としたカルヴァドスです。洋梨はもちろんピーチのようなフレッシュな香りがあり、りんごから造られるカルヴァドスとはまた違った個性を堪能できます。エレガントかつ力強さもあり、一口飲むと贅沢さを感じられます。
ストレートでも飲みやすい味わいです。

7.カルヴァドス ロジェ・グルー

created by Rinker
ロジェ
¥7,520 (2022/10/02 12:44:08時点 Amazon調べ-詳細)

約50種ものりんごを原料にシードルを製造、それを半年以上寝かせたのちに蒸留しています。一次蒸留したのち一度熟成し、再度二次蒸留を経て熟成しているという独特の製法で造られています。
繰り返す熟成と蒸留の工程のおかげで、味わいに広がりが生まれています。黒糖やかりんとうを思わせる濃い香りの中から、シナモンのようなスパイスも感じます。

カルヴァドスの樽が使われたお酒も

カルヴァドスそのものだけでなく、カルヴァドスを造った樽を使用して造られるお酒もあります。主にウイスキーの熟成などに使われることが多く、熟成時にまろやかな香りをつけてくれます。代表的な2銘柄を紹介します。

1.キルホーマン8年 カルヴァドス カスクフィニッシュ


バーボンバレルで7年以上熟成させた後、最後にカルヴァドスの樽を使い追熟させたというアイラのウイスキーです。ピート由来のスモーキーさを感じながらも、味わいに優しいりんごの甘味を感じます。

2.シングルモルトあかし カルバドスカスクフィニッシュ


兵庫県明石市で造られるウイスキーの銘柄です。カルヴァドス樽で寝かせることにより、まるでアップルパイのような個性的なりんごの香りが生まれています。
ストレートでも悪くないですが、程よい加水でよりりんご風味が際立ちます。

カルヴァドスのおすすめの飲み方

やや甘味のあるカルヴァドスは、食後酒として飲むのが一般的です。ウイスキーやブランデーのような感覚で飲めますが、甘味があり女性人気も高いです。
ここからはカルヴァドスのおすすめの飲み方をいくつか紹介します。

1.ストレートで飲む


熟成年数の長いカルヴァドスに向いている飲み方です。ストレートで飲むことで、カルヴァドス本来の香りや甘味を堪能できます。チョコやチーズをおつまみにすると相性が良いです。

2.トワイスアップで飲む


アルコール感がキツすぎるという方は、カルヴァドス:水=1:1で割ったトワイスアップという飲み方もおすすめです。ウイスキーのテイスティングでよく適用される飲み方であり、素材本来の香りを残しつつアルコールの強さを和らげることができます。

3.紅茶と混ぜる


お酒にあまり強くないけれどカルヴァドスを楽しんでみたい、リラックスタイムに取り入れてみたいという方には、紅茶の中にカルヴァドスを数滴垂らす方法がおすすめです。いつもの紅茶にりんごの甘い香りが広がり、リッチな味わいになります。

4.カクテルに使う

カルヴァドスは甘味のあるブランデーであり、カクテルにも向いています。ストレートやロックでは強すぎるという方は、ぜひカクテルで飲んでみましょう。熟成年数の若いカルヴァドスはアルコール感が強いので、特にカクテルがおすすめです。

カルヴァドスを使ったカクテルレシピ例

1.ジャックローズ

  • ・カルヴァドス30ml
  • ・ライムジュース20ml
  • ・グレナデンシロップ10ml

ジャックローズとは、本来は「アップルジャック」というアメリカ産のブランデーを使って作られるカクテルです。ただしアップルジャックは手に入りにくく、カルヴァドスが代わりに使用されることが多いです。
ライムジュースと混ぜることにより、甘味がありつつもさっぱりとした味わいに仕上がります。

2.アップル・カー

  • ・カルヴァドス30ml
  • ・コアントロー15ml
  • ・レモンジュース15ml

サイドカーというカクテルのベースに使われるブランデーを、カルヴァドスに変えたものになります。ブランデーで作るよりもフルーティーさが増し、飲みやすくなります。

3.カルヴァドス・カクテル

  • ・カルヴァドス25ml
  • ・ホワイトキュラソー5ml
  • ・オレンジジュース25ml
  • ・オレンジビターズ5ml

オレンジジュースを使用することで、フルーティーかつ飲みやすくなったカクテルです。カルヴァドスに挑戦してみたいけれど、強いお酒は苦手という方におすすめです。

まとめ

りんごや洋梨から造られる、ちょっと変わったブランデーがカルヴァドスです。コニャックやアルマニャックに比べりんごの甘さが目立ち、飲みやすく女性人気も高いお酒となっています。
ストレートはもちろんカクテルベースとしても人気があります。さまざまな銘柄があるので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,610
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,125
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,624
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,954
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,178
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«