ブランデーカミュ驚きの価格値段や種類。魅力のおすすめボトル7選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

ブランデーカミュ驚きの価格値段や種類。魅力のおすすめボトル7選

2021/10/16
クリック数:1,608

ブランデー買取はこちら

ブランデーカミュおすすめボトル7選

世の中には特別なシーンや豪華な食事とともに親しまれる、高級なお酒があります。「カミュ」は代表的な高級酒の一つであり、コニャックと呼ばれるブランデーの一種となります。
日本でもよく愛されているカミュは、一体どのようなお酒なのでしょうか?味わいの特徴や値段について、詳しく解説していきます。
ブランデー買取はこちら

カミュとは?世界で最も高価なお酒って本当?

「カミュ」はコニャックに分類されるお酒のブランドで、有名ブランデーの一種です。1世紀以上にわたって愛されるような、世界での知名度が非常に高いお酒です。世界で最も高価なお酒と言われることもあり、日常酒というよりは特別なシーンで飲まれることが多いです。
ただし非常に敷居が高いかと聞かれると、そんなことは決してありません。実はカミュはコニャックの中でも非常に飲みやすい味わいであり、日本人にもファンが多いです。バーやレストランで提供されることも多く、「ちょっといいお酒を味わいたい」というシーンにぴったりのお酒となっています。

そもそもコニャックとは?ブランデーとの違いは?

カミュを知るためには、そもそもコニャックがどういうものであるのかを知る必要があるでしょう。
コニャックはフランスのコニャック地方にて造られるブランデーの一種であり、白ワインを2度蒸留させて造る蒸留酒となります。

コニャック地方

高級なブランデーの位置付けであり、「アルマニャック」「カルヴァドス」と並んで世界三大ブランデーのうちの一つとなります。
コニャックはブランデーの中でも、AOC(原産地統制呼称規定)によって製造方法や産地のルールが細かく決められています。つまりルールを守って造られたものだけが、コニャックの名を名乗ることができるのです。

【コニャックのルールを一部紹介】

  • ・コニャック地方で造られたものである
  • ・原料となるのは白葡萄であり、「ユニ・ブラン」「コロンバール」「フォル・ブランシュ」の3種類の葡萄を中心に造られる
  • ・シャトラン式蒸留器(単式蒸留器)で蒸留を行う
  • ・蒸気熱ではなく直火加熱をする
  • ・2回の蒸留を行う

こうした厳格なルールのもと製造されるコニャックは、どれも安定して品質が高いのが特徴です。そんなコニャックの中でも特に有名な「5大コニャック」と呼ばれる銘柄があり、カミュはそのうちの一つになります。

カミュの歴史

ブランデー

カミュ社は1863年にフランスのコニャック地域にて創業しました。150年以上の歴史を持つ、コニャックの中でも老舗のメーカーとなります。酒業界の中でも非常に珍しい、家族経営を続けているブランドとなります。
ちなみに今でこそ世界規模のカミュですが、実はスタート当初は大企業ではありませんでした。むしろはじめは細々とブランデー造りをしていた会社であり、全く売れずに倒産寸前まで追い込まれたこともあったそうです。
しかし家族一丸となり諦めずに地道な努力を続けた結果、徐々にその品質が認められるようになり、やがてカミュは成功を収めるまでになったのです。20世紀にはロシア皇帝に好まれるほどのブランドへと成長し、地元の家族経営の会社から世界的なコニャックブランドに変貌を遂げていきました。
なお大きく有名になった現在でも家族経営を守り続けているのがカミュの特徴であり、独自性の高さが人気の秘訣となっています。

カミュの味わい・特徴

ブランデー

カミュはコニャック地方の中でも3番目に良い土壌とされる「ボルドリー」の土壌をメインとしています。カミュ社は180ヘクタールという、東京ドーム38個分の広さにも及ぶ広大な土地をボルドリーに保有しています。ボルドリー地区は石灰を多く含む粘土質の土壌であり、ブドウが根を張りやすいのが特徴です。そして日照時間が短いため、出来上がるブドウは芳醇な香りのものが多いと言われています。
そんなボルドリーの古酒を隠し味に使うことの多いカミュの味わいは、まろやかで繊細、そして香りに深みがあります。また濃厚でしっかりとした甘さがありながらも、飲んだ時には意外なまでにフレッシュであり後味はスッキリとしています。このように口当たりがよいカミュのブランデーは、「飲みやすい」と評価されることが多く、日本人の舌にもよく合います。

コニャックの等級の見分け方

コニャックは熟成年数(コント)によって等級が分かれています。カミュもコニャックであるので、どれが高級品であるのかを知りたい場合は等級を確認すると良いでしょう。コニャックの等級は以下の6通りであり、下に行くほどコントが大きく高級なものとなります。

  • ・スリースター(コント2以上)
  • ・V.S.(コント2以上)
  • ・V.S.O.P.(コント4以上)
  • ・ナポレオン(コント6以上)
  • ・xo(コント6以上)
  • ・オール・ダージュ(コント6以上)

コニャックは最低でもコント2、つまり熟成3年目以上のものしか出荷できないように定められています。そのためどれを選んでも、一定レベル以上の熟成感を楽しめます。カミュの場合もボトル・ラベルに等級が記載されているので、ぜひ確認してみてください。

カミュの値段はどのくらい?

高級と言われるカミュですが、実はシリーズや等級によって値段はピンからキリまであります。基本的には等級が上がるほど値段も上がります。
例えばカミュの中でも手に入りやすいカミュVSエレガンス」は、コント数が低く1ボトル3000円〜5000円程度で入手可能です。


手頃にカミュに挑戦したいという初心者の方は、まずは5000円以下のボトルから始めてみると良いでしょう。
一方でバカラボトルなどの希少価値の高いものは、値段が一気に跳ね上がる傾向にあります。ミシェルロイヤル、トラディション、ジュビリー、ファミリーレガシーなどのボトルが代表的な例で、カミュ ミシェルロイヤル バカラ」のボトルはAmazonを見ると25万円を超える価格で販売されているのがわかります。
created by Rinker
カミュ
¥290,114 (2022/09/24 21:10:26時点 Amazon調べ-詳細)

ボトル人気も高く空瓶まで買取対象に

ボトル人気も高く空瓶まで買取対象に

カミュの人気の秘密はボトルにもあります。カミュのブランデーは個性的なボトルを採用しており、ただ飲むためだけのお酒ではなくコレクターからも人気があります。
主な例を挙げると、先ほど紹介したバカラ社製のクリスタルボトルのほか、樽型・ゴルフボールの形・水差しの形・スペード型・本の形をしたボトルなどがあります。
特にバカラ社製のボトルのカミュは価値が高く、中身をすでに飲んでしまった後の“空き瓶”であっても査定に出せば値段が付くほどです。そのため未開封のカミュはもちろんですが、空き瓶を余らせている方は買取専門店の査定に出してみると良いでしょう。
リンクサス空き瓶・空ボトル買取詳細ページはコチラ
なおリンクサスでも、空き瓶・空ボトルの買取に対応しています。1本からでも査定可能、LINE電話からの簡易査定にも対応しているのでぜひご相談ください。

カミュの代表的なラインナップ

1.カミュ VSOP エレガンス

created by Rinker
カミュ
¥7,246 (2022/09/24 15:39:45時点 Amazon調べ-詳細)

カミュVSOPエレガンスは、カミュの中でも定番として人気のあるシリーズです。オーク樽で熟成させたフルーティーな味わいのコニャックです。
口に含むと非常にフルーティーかつ芳醇なアロマが堪能でき、ブランデーにありがちな渋みは上手に抑えられています。

2.カミュ バカラ カラフェ

created by Rinker
カミュ
¥76,000 (2022/09/24 19:26:40時点 Amazon調べ-詳細)

バカラ社が誇るクリスタルのデキャンタ(カラフェ)に入ったシリーズのコニャックです。味わいはもちろん、見た目も人気があり飾っておくだけでも楽しめるボトルです。定価は5万円前後であり、高級なギフトとしても選ばれることの多い1本です。
中身はカミュの秘蔵古酒が入っており、味わいは甘く深く重厚感があります。渋みや雑味がほとんどなく、後味のクセも少なめで非常に完成度が高いです。

3.カミュ ボルドリー XO

created by Rinker
カミュ
¥14,850 (2022/09/24 15:39:45時点 Amazon調べ-詳細)

希少で香り豊かなコニャックを生み出すと言われる、ボルドリー地区のシングル・クリュ・コニャックです。
シナモンやドライフルーツを思わせる落ち着いた甘みがリッチさを演出しています。熟成が長く、舌触りはクリーミーで非常に滑らかです。スミレのような華やかさもあり、人気のある1本です。

4.カミュ ガストロノミック VSOP エレガンス

created by Rinker
カミュ
¥10,780 (2022/09/24 15:39:46時点 Amazon調べ-詳細)

ガストロノミーに向けて造られた、原酒率の高いコニャックです。ガストロノミーはフランス語で「美食術・美食学」を意味する言葉であり、ガストロノミー・レストランはフランスの格式の高いレストランとなります。このボトルは、実際にフランスのガストロノミー・レストランでも選ばれるような1本です。
アルコール度は50%と通常タイプのカミュのコニャックよりも高めであり、より芳醇で奥深いアロマを感じられます。

5.カミュ ナポレオン ブック グリーン

created by Rinker
カミュ
¥9,980 (2022/09/24 19:26:41時点 Amazon調べ-詳細)

カミュのデザインボトルの中でも特に人気が高いのがブックシリーズです。その名の通り本をモチーフにした飾りボトルに詰められたコニャックであり、ただのアルコールだけでなくインテリアとして、コレクションとしての需要があります。
グリーンのボトルはフランス皇帝・ナポレオンが描かれたボトルの中に、ナポレオン等級のコニャックが詰められています。他にもゴッホのひまわりやルノアール、万里の長城など著名な絵画や場所をモチーフにしたボトルがあります。

6.カミュ トラディション バカラ


こちらもバカラボトルのコニャックです。厳選された古酒をブレンドしており、味に奥行きがあります。また、ボトルは全体にカットが入ったクリスタル製でできており、中身を飲んでしまった後でもデキャンタとして使用が可能です。
なお「トラディション バカラ」のような高級なバカラボトルは、もともとボトル本体だけでなく箱や替え栓、冊子といった付属品がついた状態で販売されます。そのため、もし買取依頼をする際は、付属品も揃えて査定に出す方が高い評価額がつきやすいです。

7.イル・ド・レ ファインアイランド

created by Rinker
CAMUS(カミュ)
¥4,779 (2022/09/24 15:39:46時点 Amazon調べ-詳細)

カミュ社のブランデーの中でも異端と言われるのがこちらのシリーズです。“レ島”と呼ばれる小さな島で造られるブドウを原料として造られる1本です。もともとレ島のブドウは島特有の塩味の強いブドウでブランデーには不向きと言われていましたが、研究を重ねた結果、塩味を生かした独特の味わいのブランデーが完成したそうです。
このボトルはさっぱりとしていてソーダ割りや水割りとの相性が良いため、ブランデー初心者でも飲みやすいです。価格帯もカミュのブランデーの中では、2000円〜と比較的お手頃です。

カミュのおすすめの飲み方

・ストレートで飲む


カミュで一番おすすめの飲み方はストレートのまま飲むことです。常温のままグラスに注ぎ、香りを堪能しながらゆっくり口に含みましょう。
カミュの上質な味わいや熟成感を一番楽しめるので、初めて飲む場合などはぜひストレートでチャレンジしてみてください。

・水割りにする

強いアルコールが苦手な方は、ブランデーを水で割って飲んでもOKです。氷を注いだグラスにカミュを入れ、上から静かに水を注いで混ぜましょう。

・ソーダで割る


芳醇な香りと爽やかな口当たりで雑味の少ないカミュは、ソーダで割ってもバランスが良いです。氷を詰めたグラスに20mlほどのブランデーを入れた後、ソーダ水を上から注いでゆっくり混ぜましょう。酸味が好きな方は、レモンスライスを加えるのもおすすめです。

・トワイスアップで飲む


トワイスアップは常温のブランデーに常温の水を注いで飲む方法です。水割りと違い、グラスに氷は入れません。程よい加水のおかげで、ブランデーの香りや甘みがより楽しめるようになります。
なおブランデー:水は1:1までが理想で、それ以上の水を入れないようにしましょう。水が多すぎると薄く感じてしまうので注意です。

・ホットブランデーにする

カミュはお湯で割るホットブランデーにしても美味しいです。温度が高くなるので、華やかな香りが増し、身体を温めてくれる効果があります。
作り方は温めたグラスにカミュを注ぎ、カミュ:お湯=1:2程度になるようにお湯を足します。好みによってレモンや蜂蜜を加えるのもおすすめです。

・カフェ・ロワイヤルにする


カフェ・ロワイヤルはナポレオンが愛した飲み方で有名です。まず角砂糖を乗せたスプーンにブランデーを注ぎ、砂糖に染み込ませ、着火して青い炎を灯します。見た目を楽しんだ後は、コーヒーの中に入れて飲みましょう。非常に面白い飲み方なので、特別なシーンで喜ばれること間違いなしです。

カミュに合わせたいおつまみ

カミュに合わせたいおつまみ

ブランデーの一種であるカミュには、チョコレートやドライフルーツが定番とされています。程よい甘みがブランデーを引き立て、さらに歯応えのおかげで満足感が得られます。特にチョコならビターな味のもの、ドライフルーツならレーズンやアプリコットなどがおすすめです。
またナッツや胡桃、ピスタチオなど塩気のあるおつまみも相性がいいです。これらは塩分でブランデーの甘みを強調してくれる上、香りが強すぎないのでカミュの華やかな香りを堪能できます。
食事に合わせる場合は、バターやオイルをたくさん使った味付けの濃い料理と相性がいいです。ただし香りの強すぎる食べ物やクセの強い食べ物は、カミュの綺麗な香りを邪魔してしまう可能性があるので注意しましょう。

まとめ

人気ブランデー「カミュ」について解説しましたが、いかがでしたか?
少し敷居の高い印象のカミュですが、実は飲みやすい味わいであり、ボトルによっては比較的手に入りやすいものもあります。一方でブランデーファンの方に向けた高価なボトルや、思わずコレクションしたくなるような珍しい見た目のボトルまで揃っています。
このようにカミュは初心者から上級者まで多くの方が楽しめるブランデーなので、気になった方はぜひ挑戦してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,048
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:35,412
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:30,706
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,014
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,465
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«