シャトー・ラトゥール当たり年と値段。セカンドワインとおすすめ5選

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

シャトー・ラトゥール当たり年と値段。セカンドワインとおすすめ5選

PR: 2023/8/08
クリック数: 4,301

ワイン買取はこちら
シャトー・ラトゥール当たり年と値段。セカンドワインとおすすめ5選
フランス・ボルドー地方のメドックの格付けにおいて、1級に君臨する5大シャトーは世界最高峰の赤ワインを生み出すシャトーと称されています。その中でも、筆頭と呼ばれるシャトーが「シャトーラトゥール」です。
ライオンと堂々とそびえ立つ塔のラベルデザインで知られるシャトーラトゥールは、ボルドー地方における全ての理想を詰め込んだ赤ワインと言っても過言ではありません。
本記事では、そんなシャトーラトゥールの魅力を解説していきます。
ワイン買取はこちら
 

シャトーラトゥールを知るための基本情報

シャトーラトゥールを知るための基本的な情報を下記の内容にまとめました。

  • シャトーラトゥールとは?
  • シャトーラトゥールの歴史
  • シャトーラトゥールの味わいは?

それぞれ解説します。
 

シャトーラトゥールとは?

created by Rinker
リカーショップヒラオカ
¥430,000 (2024/06/22 19:31:02時点 Amazon調べ-詳細)

シャトーラトゥールは、フランス・ボルドーのメドック地区ポイヤックに位置するシャトーです。メドック格付け1級に君臨する世界的に有名なシャトーであり、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体とした力強い赤ワインを醸し続けています。
ラトゥールはフランス語で塔を意味しており、その名の通りラベルには14世紀中頃に要塞として建設されたと言われる塔が描かれています。
質の高いブドウを使用し続けていることはもちろん、早くから外国資本によって経営されていたことから最新鋭の設備をどこよりも早く導入するなど、伝統と革新を兼ね備えたワイン造りが特徴です。
その力強い味わいは20年以上の熟成を経て開花すると言われているなど、シャトーラトゥールは世界最高峰の偉大な赤ワインであると言っても過言ではないのです。
 

シャトーラトゥールの歴史


シャトーラトゥールの歴史は、1300年代中頃にまで遡ることができると言われています。カスティヨン家の領主であったポンスの許しを得たことでラベルの要塞が建てられたと言われており、この要塞はフロワサールの『年代記』にまで登場する大変有名な塔でもありました。
16世紀末頃まで共同領主であったシャトーラトゥールの土地ですが、その後はミュレ家、さらにセギュール家へと所有権が移ります。
実際にシャトーラトゥールの歴史が動き出したのが、1718年。マルキ・ニコラ・アレクサンドル・ドゥ・セギュールによって、シャトーラトゥールの歴史が動き出しました。
領地を広大に広げた同氏ですが、死後は領地が分割。18世紀頃に独立した形でシャトーラトゥールが動き出します。その後、イギリスやフランス以外のヨーロッパ、アメリカで高く評価され、1855年の格付けの際に1級シャトーのひとつとして選ばれました
さまざまな資本によって所有者が変わったものの、現在ではフランス人の手によって質の高いワイン造りが行われています。
 

シャトーラトゥールの味わいは?

シャトーラトゥールの味わいは?
シャトーラトゥールが生み出す赤ワインは、そのほとんどがカベルネ・ソーヴィニヨンで構成されています。そこに若干のメルロー、そしてプティ・ヴェルドが加えられた、全体的に力強い味わいが特徴です。
ヴィンテージによってカベルネ・フランなどもブレンドされますが、全体的に凝縮感のあるパワフルな味わいであり、強靭なタンニンを感じます。
メドック1級シャトーの中では最も男性的と言われており、熟成能力が高く、50年以上はフレッシュな味わいを楽しめると評価されているほどです。
プラムやブラックベリー、バラ、鉛筆の芯やハーブ、スパイスなど、香りの数は膨大。熟成を経ることで感じるなめらかな口当たりとスケールの大きい全体像。
永遠に続くと思わせるような余韻もシャトーラトゥールの魅力でしょう。
 

シャトーラトゥールのこだわりを知ろう!

シャトーラトゥールは、なぜここまで世界的に評価されているのでしょうか。過去の名声もさることながら、常にワイン造りの第一線を走り続けているこだわりがあるからに違いありません。
シャトーラトゥールのこだわりについて下記の内容にまとめました。

  • シャトーラトゥールのブドウ栽培について
  • シャトーラトゥールの醸造について

それぞれ解説していきましょう。
 

シャトーラトゥールのブドウ栽培について

カベルネ・ソーヴィニヨン
シャトーラトゥールでは、“ランクロ”と呼ばれる重要な畑のブドウが使用されています。ジロンド川から300mほどしか離れていないこの地域は、温度変化が少なく質の高いブドウが収穫できる一等地と考えられているようです。
ギュンツ氷期の大きな砂利が多く含まれる土壌であることから、水はけが良好で土壌下層の泥灰岩性の粘土にしっかりと水分を保持させることができます。
全78ヘクタールの中の47ヘクタールがランクロであり、カベルネ・ソーヴィニヨンが主体に栽培されています
徹底した栽培管理のもとブドウが育てられていることはもちろん、この貴重な環境を守り続けているところもシャトーラトゥールのこだわりと言えるでしょう。
 

シャトーラトゥールの醸造について

シャトーラトゥールでは、ブドウの品質を維持させるため昔ながらの手法でブドウを収穫
さらにタンク搬入をしています。選果は2回行い不純物を徹底的に除去。選果の後は数多くのサイズが存在するステンレスタンクに仕込まれる流れです。
温度管理をはじめ最新鋭のステンレスタンクをサイズ別に活用しているほか、徹底した室内コントロール、半地下でのアルコール発酵などブドウを酸化から徹底的に守る工夫がなされています
味わいのバラつきがないよう「ブレンド用タンク」が用意されていたり、熟成されたワインは3ヵ月に1度の澱引き、コラージュを行うなど、その品質管理の徹底ぶりはシャトーラトゥールのこだわりと言って良いでしょう。
醸造所は非常に清潔に保たれており、ワインが外部の悪影響を受けることはあり得ません。
品質のバラつきがほとんどなく、どのワインも安定した味わいが保たれているといった評価がシャトーラトゥールの特徴でもあります。その安定した品質維持のための設備作りこそが、シャトーラトゥールのこだわりなのです。
 

シャトーラトゥールの豆知識を知ろう!

シャトーラトゥールは、愚直に偉大なワインを造り続ける1級シャトーです。そのため、ほかの1級シャトーと比較すると多少地味な存在でもあり、なかなか知られていない逸話などがあります。
シャトーラトゥールをより詳しく理解するために、下記に同シャトーの逸話や知っておきたい情報をまとめました。

  • こだわりの自然派ワイン
  • プリムールからの離脱
  • 1級を凌駕するセカンドラベル
  • シャトーラトゥールの当たり年とは?

それぞれ解説しましょう。
 

こだわりの自然派ワイン

こだわりの自然派ワイン
シャトーラトゥールは、誰もが認める世界最高峰のワインです。一方、これらのワインは安定的に毎年生産される必要があることから、品質が不安定な自然派ワインとは別のワインスタイルと思われている節があります。
超大手の高級ワインと希少価値の高いマニアックな自然派ワインといった形で、シャトーラトゥールにおいては相容れない特徴とイメージされる方も多いはずです。
しかし、上記で紹介したシャトーラトゥールの優良畑「ランクロ」はビオディナミへの転換を古くから始めており、2015年には完了。さらに、エコセールの認証も2018年に取得しているなど、シャトーラトゥールは自然派ワインのひとつになります。
ちなみに、シャトーラトゥールは2015年ヴィンテージ以降は完全なる自然派ワイン
シャトーラトゥールは味わいの良さはもちろん、品質の安定化と環境保全を両立する、まさに現代のワイン造りの最先端を走り続けている存在なのです。
 

プリムールからの離脱


ボルドーワインが話題になるニュースのひとつが、プリムールです。プリムールとはフランス語で新しい・初めて・一番目などを意味する言葉で、ボージョレ・ヌーヴォーなどがそれに当たります。
一方、ボルドーにおけるプリムールとは樽で熟成中のワインを先に樽買いするシステムで、いわゆる「投資目的」として活用されている取引を指します。
瓶詰め前であることからお得な価格で樽買いできるため飲用目的で購入される方も多いですが、1級シャトーなど有名シャトーのワインは値上がりが期待できることから、投資目的で購入される方も多いようです
そんなプリムールですが、シャトーラトゥールは2011年ヴィンテージより参加しないことを表明し、大きな話題となりました。
正しい熟成を経て瓶詰めされ飲み頃を迎えたワインだけを、シャトーラトゥールを求めている人たちに提供したいと考えたのです。
投機対象ではなく、ワインは飲用物といった強い思いがシャトーラトゥールの覚悟から感じられるエピソードとして今もなお語り継がれています。
 

1級を凌駕するセカンドラベル


シャトーラトゥールをはじめ、ボルドーメドックの格付けシャトーにはセカンドラベルやサードラベルと呼ばれるものが存在します。トップキュヴェをグランヴァンとし、その品質に満たなかったブドウを使用して製造される妹分・弟分といった存在のワインです。
グランヴァンに満たないブドウと言うと廉価版のイメージを与えますが、多くのワインファンはこのセカンドラベルに注目しており、シャトーによってはグランヴァンを凌駕するクオリティと評価されています。
シャトーラトゥールもそんなハイクオリティなセカンドラベルを生み出すシャトーのひとつで、実質そのレベルはメドック格付け2級のシャトーに比肩するとまで称されているほどです。
シャトーラトゥールのセカンドラベルは、ラ・ピナダとプティ・バタイエと呼ばれる区画のブドウが使用されており、「シャトー ラトゥール レ フォール ド ラトゥール」と名付けられています。
1級をも凌駕する最高品質の1本ですので、ぜひ気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
 

シャトーラトゥールの当たり年とは?

シャトーラトゥールの当たり年とは?
シャトーラトゥールには、さまざまな当たり年があります。しかし、上記でもお伝えしたようにシャトーラトゥールは5大シャトーの中でも品質が安定していることで有名であり、どの年代もバランス良く素晴らしい品質に仕上げられているのが特徴です。
その中でも、当たり年として話題となっているのが下記のヴィンテージです。

  • 1982年
  • 1996年
  • 2009年

どのワインも偉大であり、ワイン評論家たちも舌を巻く液体の芸術品として高く評価されています
まだまだ飲み頃のピークは迎えていないとも言われており、これから先どれだけ進化を遂げるのか楽しみなヴィンテージです。
 

おすすめのシャトーラトゥールを5選を紹介

ここからは、おすすめのシャトーラトゥールのワインを紹介していきます。シャトーラトゥールと一口に言ってもさまざまなヴィンテージがあり、それぞれ魅力に違いがあります
ぜひ、こちらで紹介するシャトーラトゥールが気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
 

シャトー ラトゥール 1982

created by Rinker
リカーショップヒラオカ
¥430,000 (2024/06/22 19:31:02時点 Amazon調べ-詳細)

シャトー ラトゥールの当たり年と称されているのが、1982年ヴィンテージです。「カベルネ・ソーヴィニョン75% メルロ20% カベルネ・フラン4% プティ・ヴェルド1%」といったバランスの良いブレンドで構成されており、力強さの中にもカベルネ・フランの華やかさを感じる、偉大な1本です。
深みやまろやかさ、豊かさを感じさせる、シャトー ラトゥールらしさが際立つワインです。
 

シャトー ラトゥール 1996


数多くのワイン評論家より高く評価されているのが、「シャトー ラトゥール 1996」。同シャトー当たり年の1本で、ワインアドヴォケイトで99点、ル・クラスマン10点中9.5点、ゴーミヨ誌98点といった形で、偉大なワインとして今もなお取り扱われています
ほぼ不滅の感があると有名ワイン評論家も絶賛する、ワイン好きであれば一度は口にしたい1本です。
 

シャトー ラトゥール 2009


シャトー ラトゥール最大の当たり年とも称されているのが、2009年ヴィンテージです。
カベルネ・ソーヴィニヨン85%、メルロー14%、プティヴェルド1%といった現代的なラトゥールブレンドで仕上げられており、そのバランスの良さはボルドー随一
ワイン・アドヴォケイト誌は100点、ワイン・スペクテイター誌99点など、ワインの理想像がここにあります。
 

シャトー ラトゥール 2012


注目すべきヴィンテージが、2012年。カベルネ・ソーヴィニヨン76%、メルロー22%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド2%といった最高のバランスでブレンドされた1本は、ダークプラム、ブラックチェリーなどのアロマと繊細な風味が特徴です。
強いタンニンが壮大なスケールを感じさせるものの、非常に優美でエレガントな印象もあります
まだまだ熟成をさせることができる、ワインファン必携の1本と言っても過言ではないでしょう。
 

シャトー ラトゥール レ フォール ド ラトゥール 2015


「シャトー ラトゥール レ フォール ド ラトゥール」は、シャトーラトゥールのセカンドラベル。セカンドといった立ち位置でありながら、その呼び名を躊躇してしまうほどのハイクオリティな1本として注目されています。
パーカーポイント94点の素晴らしいヴィンテージであり、ファーストと全く同じ醸造工程で造られているコストパフォーマンス抜群の赤ワインです。
 

リンクサスはワインを高価買取いたします!

リンクサスはワインを高価買取いたします
お酒買取リンクサスは世界中のお酒を高価買取しております。中でもボルドーのメドック格付け1級であるシャトーラトゥールなど、高級ワインの買取には自信がございますので、ぜひリンクサスにご連絡ください。
リンクサスでワインを高価買取するコツを下記の内容にまとめました。

  • なるべく早く売る
  • 付属品もあれば一緒に売る
  • 当たり年は高価買取!
  • 汚れやほこりをきれいにしていただく
  • まとめ売りで査定額アップ!

シャトーラトゥールをはじめ、数十年の熟成に耐えるワインであっても時間が過ぎれば本来のポテンシャルを失います。とくに若いワインは早くピークを迎えるため、できる限り早くお売りいただくことをおすすめします
さらにワインに付属品が付いていた場合は一緒に査定にお出しいただくこと、当たり年と言われているヴィンテージであれば査定額アップが期待できます。
ちょっとした汚れやほこりを落としていただくこと、1本より2本、3本といったかたちで複数本をまとめ売りいただくのも高価買取のコツです。
ワインを少しでも高く買取してほしいといったお客様は、ぜひリンクサスにご相談いただけますと幸いです
お酒買取リンクサス
ちなみにリンクサスでは、お客さまのライフスタイルに合わせた下記の買取方法をご用意しております。

お酒買取専門店リンクサスでは、お客さまが負担する費用は一切発生いたしません。買取に関するご相談や手数料、キャンセル料など一切かかりませんので、安心してワイン買取をご利用いただくことができます
また上記でお伝えした、店頭買取・出張買取・宅配買取だけでなく、Lineなどを活用した、無料の「事前査定サービス」も展開しております。お客さまがお持ちのワインは今どのくらいの査定額になるのか、無料で事前査定いたしますのでぜひご利用くださいませ。
リンクサスでは、業者間取引にも力を入れております。個人のお客さまだけでなく、業者の方もぜひリンクサスでの買取をご検討ください。
ワイン買取はこちら
 

まとめ

5大シャトーの筆頭として安定した上質なワインを生み出し続けている、シャトーラトゥール。あくまで実直かつ愚直にブドウ栽培・ワイン造りを続けるその姿勢は、まさに職人です。
世界中のワインファンが憧れる最高峰のシャトー、シャトーラトゥールのワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。
お酒買取専門店リンクサスでは、シャトーラトゥールのワインを高価買取中でございます。高級ワインをはじめ、世界中のワインも買取しておりますので、ぜひワイン買取はリンクサスにお任せください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:430,061
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:294,385
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:216,576
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.17更新
クリック数:159,937
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.21更新
クリック数:144,963
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«