五一ワインの評価口コミ。林農園おすすめの赤白五一ワイン7種類

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

五一ワインの評価口コミ。林農園おすすめの赤白五一ワイン7種類

PR: 2023/8/16
クリック数: 1,915

ワイン買取はこちら
五一ワインの評価口コミ。林農園おすすめの赤白五一ワイン
今、国内で大ブームを巻き起こしている日本ワイン
アジアを中心に世界でも注目され始めた日本ワインですが、注目すべきはその歴史の礎を築いた老舗ワイナリーの存在です。
本記事では、日本に黒ブドウ品種メルローを広めた功労者である「林農園」の五一ワインについてまとめました。
日本ワインの注目産地である長野県にて、ワイン醸造100年を越える老舗ワイナリーの魅力をぜひ知ってみてください。
ワイン買取はこちら
 

五一ワインとはどんなワイナリーなのか?

五一ワインとはどんなワイナリーなのか、その基本的な情報を下記の内容にまとめました。

  • 五一ワインとは?
  • 五一ワインとメルローの歴史
  • 五一ワインのメルローワインを知る

それぞれ解説します。
 

五一ワインとは?


五一ワインは、長野県塩尻市桔梗ヶ原に位置するワイナリー「林農園」が生み出しているワインブランドです。桔梗ヶ原は奈良井川右岸地域の高位河岸段丘のことで、質の高いワイン用ブドウが栽培できることで知られている日本ワインの銘醸地としても知られています。
「林農園」が誕生したのは1911年で、ワイン醸造をスタートさせたのが1919年。すでに100年以上この地でワイン醸造を行なっている本物の老舗ワイナリーでもあるのです。
「良いワインは、良いぶどうづくりから」をモットーに、現在もメルロを主体に数多くの日本ワインを醸し続けています。
 

五一ワインとメルローの歴史


五一ワインを生み出す「林農園」は、メルローを長野県や日本に広めた功労者とも言われています。メルローとはワイン用黒ブドウの一種で、カベルネ・ソーヴィニヨンやピノ・ノワール、シラーと肩を並べる有名品種です。
フランスのボルドーを原産としているメルローですが、高温多湿かつ肥沃な土壌の日本では栽培が難しいと言われており、当時日本の生産者はほぼ手を出さなかった品種でもあります。1919年にワイン造りをスタートさせた「林農園」の林五一は、早い段階からメルローのような欧州品種に挑戦していました。しかし、良い結果を得ることはできません。結果、いたずらに時だけが過ぎていったのです。
転機が訪れたのは、1951年。林五一、幹雄親子が山形県の知り合いからメルローの枝を1本もらって帰り、それを大切に育成させたことで質の高いメルローが収穫できるようになりました
そんな中、当時のメルシャン勝沼ワイナリー工場長である浅井 昭吾氏が質の高い本格ワイン造りの相談を林幹雄氏に相談しにやってきます。当時、日本では甘口ワインが台頭しており、このままでは日本ワインは終焉を迎える可能性があると危機感を持っていた浅井氏。
その時、林氏が「桔梗ヶ原にメルローがある」と伝えたことが日本ワインにとって大きな転機となったと言われています。
結果、メルシャンが桔梗ヶ原にメルローが適していると信じ、6000本のメルローを植樹。そのメルローで造られたメルシャンのワイン「信州桔梗ヶ原メルロー1985」が国際ワインコンクールでゴールドメダルを受賞したのです。
これをきっかけに桔梗ヶ原は日本随一のメルローの産地と認識されるようになりました。
林親子がいなければ、日本のメルローは存在していなかったもしれない。日本のメルローと「林農園」は、切っても切れない関係なのです。
 

五一ワインのメルローワインを知る

五一ワインのメルローワインを知る
五一ワインは、幅広いラインナップを持つワインブランドです。五一ワインには、メルローを中心としたフラッグシップワインから甘口ワインの最高峰「貴腐ワイン」、初心者でも飲みやすいカジュアルなワインなどがあります。
その中でも、やはり注目されているのはメルローを使ったワインです。
五一ワインのメルローには大きく分けて6つのヒエラルキーが存在しています。

  • フラッグシップワイン
  • シングルヴィンヤード
  • エステートワイン
  • 塩尻シリーズ
  • 酸化防止剤無添加シリーズ
  • ブレンドシリーズ

五一ワインのメルローはフラッグシップワインを最上位に、幅広いメルローワインを製造しているところが特徴でしょう。
 

五一ワインを知る上で欠かせないポイントは?

五一ワインを知る上で欠かすことができないポイントを下記の内容にまとめました。

  • 五一ワインのハヤシ・スマート方式
  • 五一ワインは貴腐ワインも手がけている
  • フラッグシップワインができるまで
  • 五一ワインとフードペアリングの楽しみ方

それぞれ解説しましょう。
 

五一ワインのハヤシ・スマート方式


五一ワインは、ハヤシ・スマート方式と呼ばれるユニークな仕立てでブドウを栽培しています。ブドウには大きく分けて棚仕立てや垣根仕立て、株仕立てといった栽培方法がありますが、五一ワインはブドウが桔梗ヶ原の土壌や気候条件などに合うように、ハヤシ・スマート方式と呼ばれる独自の棚仕立てでブドウ栽培をしているところが特徴です。
ハヤシ・スマート方式は、オーストラリアのリチャード・スマート博士考案の「スマート・マイヨルガー仕立て」をベースにしており、それぞれの支枝から全て一方向に新芽が伸びるといった方式になっています。
ハヤシ・スマート方式によって整然としたぶどう棚が完成し、さらに果実への通気性や日照が良好であることからブドウを完熟させることが可能です
さらに、通常の棚栽培に比べ約40%の省力が可能であることから、ブドウ栽培初心者でも比較的導入しやすいところも特徴だと言えます。
質の高いブドウが収穫できるだけでなく、作業も簡略化できるといった一石二鳥な仕立てがハヤシ・スマート方式なのです。
 

五一ワインは貴腐ワインも手がけている


五一ワインはメルローを利用したワインで大変有名ですが、じつは甘口ワインの最高峰と称される貴腐ワインも手がけていることで知られています。
本来はブドウにとって有害なカビが特定の条件が整うことで、ブドウは糖度が非常に高い「貴腐ブドウ」と呼ばれるブドウへと変化します。その貴腐ブドウを贅沢に搾り、ワインとして仕込んだものが貴腐ワインです。
世界でも数カ所しか存在しないと言われる貴腐ブドウが収穫できる条件を桔梗ヶ原は兼ね備えているため、五一ワインからもセミヨンとシャルドネをブレンドした貴腐ワインがリリースされています。
1993年にシャルドネの貴腐化を発見したことによってスタートした貴腐ワイン造りですが、自然条件に左右されるため毎年収穫できるものではありません。
さらにブドウの水分がほとんどないことから大量の貴腐ブドウが必要となり、発酵も2年の年月がかかっていると言われています
メルローから生み出されるフラッグシップワインも素晴らしいですが、五一ワインは日本における貴腐ワインのパイオニアでもあるのです。

 

フラッグシップワインができるまで

フラッグシップワインができるまで
数ある五一ワインの中でも、飲むべきワインがあるとすれば「桔梗ヶ原メルロー」です。
自社農園で栽培された極上のメルローだけを使用する1本で、フレンチオーク樽でじっくりと熟成された後にリリースされる五一ワイン最高峰のメルローワインとして知られています。
フラッグシップワイン「桔梗ヶ原メルロー」ができるまでの流れを簡単に下記にまとめました。

  • 9月から10月にかけてブドウを手摘みで収穫
  • 丁寧にアルコール発酵
  • 果皮と種子、ワインを分離させる
  • 醸造所内の地下にあるカーヴにて1から2年樽熟成
  • 熟成期間中に頻繁に樽ごとワインをテイスティング
  • 品質基準を満たしたワインを瓶詰め
  • 半年から1年間の瓶熟成を経てリリース

その年ごとに収穫されるメルローの品質は違うため、収穫のタイミングや熟成期間などその年に合わせたかたちで行われています。
極上のメルローから搾り出された果汁、そしてワインは1滴たりとも無駄にしないという五一ワイン。「桔梗ヶ原メルロー」は職人技が詰め込まれた、日本を代表する1本と言っても過言ではないでしょう。
 

五一ワインとフードペアリングの楽しみ方

五一ワインとフードペアリングの楽しみ方
五一ワインには、上記でお伝えしたメルローワインだけでなく、シャルドネやセイベル、ナイヤガラ、龍眼といった白ブドウ品種から白ワインが造られています
赤ワインでも、シラーやブラッククイーン、コンコード、マスカットベーリーAなど、多種多様な品種が楽しめます。
もちろん、スパークリングワインから甘口ワイン、さらにブドウ以外の果実を利用したワインもあるため、味わいの幅が非常に広いところが特徴です。
五一ワインのフラッグシップワインをはじめ高いランクのメルローは、力強いタンニンと果実のアロマをしっかりと感じさせるフルボディタイプですので、デミグラスソースのステーキ、ビーフシチュー、焼肉といったパワフルな料理と合わせやすいでしょう。
一方、カジュアルな五一ワインは果実の甘さとやわらかな口当たり、爽やかな酸味、強過ぎないタンニンを感じるため、和食全般との相性が抜群です。
カジュアルなワインは個性の強い料理というよりも、白ワインであればお刺身や寿司、だしを使った料理、赤ワインであれば焼き鳥やみりんや醤油、酒で煮込んだ煮物料理、漬まぐろなどが合わせやすいのではないでしょうか。
五一ワインは日本ワインであり、比較的控えめでエレガントな味わいなので繊細な和食とぜひ合わせてみてください。


 

これだけは飲んでおきたい!おすすめ評価高い五一ワイン7選!

五一ワインにはさまざまな種類があり、どれを選んでも満足することができるでしょう。しかし、ここでは五一ワインの実力を知る上で飲んでおきたいワインを7本まとめました。
ぜひ、五一ワインを飲んでみたいという方はこちらのワインを試してみましょう。
 

五一ワイン 桔梗ヶ原メルロ


五一ワインのフラッグシップワインです。干しぶどうやドライフルーツ、花や甘いパウダーのようなニュアンスなど複雑な味わいを楽しめる1本。
タンニンは滑らかでありながら力強さを感じる、日本を代表するメルローと言っても過言ではないでしょう。
 

五一わいん エステートゴイチ メルロ


自社農場で収穫されたブドウのみを使用したシリーズ。丹精込めて育てたメルロー種をフレンチオーク樽で熟成させた、こだわりの五一ワインです。
カシスやブラックベリーのニュアンス、しっかりとした黒系果実の風味を口いっぱいに楽しめる上質なメルローです。
 

五一わいん 酸化防止剤無添加 コンコード


信州・塩尻特産のコンコード種で醸した、五一ワインでも人気の1本です。酸化防止剤無添加なので、ピュアな果実のうまみをダイレクトに味わうことができます。
コンコード種の独特の甘い香りと爽やかな酸味、やや甘口に仕上げられているため中華料理やエスニック料理との相性も抜群です。
 

五一わいん シルバー赤


五一わいんをまずは知りたいといったワイン初心者向けの1本です。さまざまな黒ブドウをバランスよくブレンドしたライトボディに仕上げられた赤ワインで、酸味や渋みをあまり感じないスムーズな味わいが特徴
肉料理や煮込んだ魚料理にも合わせやすいため、日常使いに向きます。渋い赤ワインは少し苦手といった方にもおすすめです。
 

五一ワイン シャトー・ゴイチ

created by Rinker
6.(赤)その他
¥2,150 (2024/05/20 10:31:13時点 Amazon調べ-詳細)

しっかりとした飲み応えが魅力的な赤ワインです。五一ワインを代表するメルローを主体に、マスカットベーリーAをブレンドしたバランスの良い1本
赤系果実のベリーのアロマや風味、樽がもたらすバニラのニュアンスなど、リッチな味わいが楽しめるため、輸入ワイン好きな方にもおすすめの赤ワインです。
 

五一わいん 貴腐


五一ワインの極上甘口ワイン。2005年にスロベニアで行われた、リュブリアナ国際ワインコンクールにて「ザ・ゴイチ貴腐 1995」が金賞を受賞したことでも話題となった、日本を代表する貴腐ワインです。
とろけるような口当たり、爽やかな酸味、長い余韻が楽しめる高い品質が特徴の甘口ワインに仕上がっています。
 

五一わいん エコノミー Economy 白

created by Rinker
五一わいん
¥1,739 (2024/05/20 10:31:14時点 Amazon調べ-詳細)

毎日飲みたいワイン好きのための大容量の五一ワイン。セルベイ911・竜眼を数種類の白ワインをバランスよくブレンドして、甘口に仕上げているのでワイン初心者でも飲みやすい味わいです。
どんな食事にも合わせやすいので、日々の食卓で使いやすい1本と言えるでしょう。
 

ワインを高く売るならお酒買取専門店リンクサス!

ワインを高く売るならお酒買取専門店リンクサス
お酒買取専門店リンクサスでは、世界各国のワインを高価買取しております。五一ワインなど日本ワインも買取いたしますので、ぜひワイン買取をご検討されているお客様はリンクサスにご相談くださいませ。
リンクサスでワインを高価買取するためのコツを下記にまとめました。

  • まとめて売るだけでも査定額アップ!
  • 保存状態が良好だと高価買取!
  • 希少価値の高いワインは高価買取!
  • 付属品も一緒に査定にお出しください!
  • ボトルのほこりや汚れをきれいにするだけでも査定額アップ!

ワインをはじめ、お酒を査定に出す際はまとめ売りがおすすめです。何回かに分けて売却するとその度にさまざまなコストがかかってしまうため、一度にまとめて売ることで買取額がアップいたします。
さらにワインは大変デリケートなお酒ですので、保存状態が良いことも査定額アップのポイントです。希少価値が高い限定ワインをはじめ、化粧箱などの付属品もご一緒にお売りいただくことも査定額アップに繋がりますのでご検討ください。
ボトルのほこりや汚れを落として査定にお出しいただくのも、人件費などのコスト削減につながりますので査定額に関係してまいります。
ワインを高く売りたいといったお客様は、ぜひお酒買取専門店リンクサスにご相談いただけますと幸いです
ワイン買取はこちら
 

まとめ

「林農園」の五一ワインは、日本を代表するワインのひとつです。メルローを広めた功労者であり、今もなおそのメルローから日本一のワインを生み出し続けています。
日本ワインにとって重要なワインだからこそ、この機会にしっかりと五一ワインについて知識を得ておきましょう。
リンクサスでは五一ワインをはじめとした日本ワイン、世界のワインを高価買取しております。ワインの処分に悩んでいる、大量に買取してほしいなど、ワイン買取でお悩みのお客様はお酒買取専門店リンクサスをご利用ください

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:392,294
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:282,431
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:212,639
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.29更新
クリック数:155,010
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.05.20更新
クリック数:133,424
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«