山崎35年ウイスキー定価50万がオークション価格推移は千万円超え?

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

山崎35年ウイスキー定価50万がオークション価格推移は千万円超え?

PR: 2023/12/22
クリック数: 1,511

ウイスキー買取はこちら
山崎35年ウイスキー定価50万がオークション価格推移は千万円超え?
世界のウイスキーファンを魅了し続けている、サントリーの「シングルモルト山崎」。特に数量限定ボトルは、天文学的な価値がつけられているほどの人気を誇ります。世界のオークションで高額落札が話題になるなど、もはやただのお酒という枠を超えての価値が認められています。

今回はそんな山崎の数量限定ボトルの一つである「山崎35年」について詳しく触れていきます。定価や特徴など知りたい方はぜひ参考にしてください。
ウイスキー買取はこちら

シングルモルト山崎の激レアボトル「山崎35年」とは?

2006年に限定発売された特別な山崎

この投稿をInstagramで見る

GontaTube(@gontatube)がシェアした投稿


山崎35年は、サントリーのシングルモルト山崎シリーズより発売された限定品です。2006年に受注・販売が行われました。

山崎はサントリーが保有する山崎蒸溜所にて作られるシングルモルトであり、日本を代表するジャパニーズウイスキーです。名水の土地山崎で生まれるウイスキーは、多彩な原酒の作り分けでもたらされるフルーティーで複雑な味わいが特徴的です。
日本ならではのミズナラ樽原酒や華やかさに特徴があるシェリー樽原酒などが使われているのがポイントで、スコッチやバーボンにはない繊細さ、豊かさなども表現されています。特にここ10年余りで人気が向上しているブランドであり、たびたび品薄や高騰化が話題にもなっています

そんな山崎モルトのうち、酒齢35年を超えた超長期モルトだけを厳選してボトル詰めしたのが山崎35年です。山崎の定番品は山崎NV山崎12年山崎18年山崎25年の4種類なので、35年表記のヴィンテージボトルは非常にレアで特別なものとなっています。
2006年5月23日(火)に受注開始した商品でしたが、当時の限定本数は200本に限られていました。当然ながらすぐに完売となり、今では見かけることすらほぼ不可能な幻のウイスキーという立ち位置になっているのが現状です。

伝統のモルトに至極のシェリー樽による後熟

伝統のモルトに至極のシェリー樽による後熟
山崎35年に使われるのは、長期熟成を経て作られた山崎のモルト原酒です。こちらは1966年〜1970年にかけて蒸留されたもので、山崎の伝統であるストレートヘッド釜で作られています
ポットスチルの蒸留釜
ポットスチルの蒸留釜の形はスピリッツの味わいに大きく影響します。真っ直ぐに立ち上がるストレートヘッドの釜で蒸留されたスピリッツは、力強く香りが高いことが特徴に挙げられます。

さらに山崎35年では、この伝統のモルトたちをヴァッティングさせたのち、特製のシェリー樽による後熟も行なっています。大きさ90リットルの小型のシェリー樽で、山崎35年を作るためにわざわざ用意された樽になります。
これにより山崎35年は味わいに奥行きや豪華さが生まれており、フルーティーさが加わっています。ミズナラ樽原酒由来の白檀や伽羅のようなフレーバーもあり、長く続く余韻を堪能できます。

こうして作られる山崎35年の味わいは「エネルギッシュ」「円熟」と表現されます。人によっては「山崎50年よりも美味しい」と述べるほど、高い評価を受けているウイスキーになります。なかなかお目にかかれるウイスキーではありませんが、山崎好きならぜひチェックしておきたい1本と言えるでしょう。

山崎35年の定価と流通価格について

発売当時の定価は50万円であった


山崎35年の発売当時の定価は50万円(税抜)でした。700mlボトル1本で50万円というのはかなり驚きの値段で、当時は新聞などで取り上げられるほど話題になりました。

なお1本50万円という高額でも人気は高く、限定の200本は即日完売となるほどでした。注文ができなかったファンも多く、サントリーは販売翌日に完売御礼のコメントとともにお詫び文を発表することになりました。

当然ながら市場に定価で出回ることはなく、山崎35年は発売後からすぐにプレミアウイスキーの位置付けになっていきました。それでも当初の価格上昇は今より緩やかで、100万円、150万円と徐々に値段が釣り上がっていくような状況でした。

そんな山崎35年の価格が一気に跳ね上がったのはここ10年ほどの出来事です。ちょうど2015年前後から日本のウイスキーは世界的なブームを迎え、価格が高騰していくことになります

2018年のオークションでは約776万円に

2018年のオークションでは約776万円に
山崎35年も2015年以降、一気に価格高騰していきます。その上がり幅は非常に大きく、1本に何百万円という価値がつけられるようになります。

実際に2018年に香港にて行われたオークションでは、山崎35年が約776万円の価格で落札されています。定価の10倍以上の値段がつけられているような状況で、その価値は今でも上がり続けています。

そもそも流通本数が少なく取引実績も少ないため現在の正確な価格を出すことは難しいですが、ネットショップでは1,000万円以上の価格で販売されていたという実績もあります。近年のウイスキーを取り巻く価格事情を考えると、今後1,500万円、2,000万円と価格が上がる日もそう遠くないかもしれません。

Yamazaki 35 Year Old / 山崎 35年
created by Rinker
¥22,000,000 (2024/06/12 19:14:42時点 楽天市場調べ-詳細)

山崎35年の価格が高騰している理由は?

1.そもそも山崎自体が人気である

そもそも山崎自体が人気である
山崎35年の価格が高騰している最大の理由は、そもそも山崎自体が人気ブランドであることに他なりません。山崎はジャパニーズウイスキーの中でも特に人気が高い銘柄であり、価格の上がり幅も大きいことで知られています。

そもそもジャパニーズウイスキーがここまで愛される存在になったのも、シングルモルト山崎の存在があったからです。かつてはスコッチやバーボンなどのウイスキーに劣ると考えられていたジャパニーズウイスキーに転機が訪れたのは、2003年に山崎12年が日本初のISC金賞を受賞したことがきっかけとなっています。

山崎のウイスキーは35年以外のボトルも人気であり、山崎NVですら定価2倍以上のプレ値で取引されるほどの人気があります。「味がとにかく美味しい」、そして「希少価値が高い」という理由から、愛されるウイスキーの地位を確かなものにしています。

2.国内にとどまらず海外からも需要がある

国内にとどまらず海外からも需要がある
山崎35年は日本国内に限らず、海外からも需要があるウイスキーです。オークションの高額落札を見てもそのことがはっきりとわかります。海外セレブや海外の資産家たちが強く購入を求めることで、価格が高騰しているのです。

ジャパニーズウイスキーは世界5大ウイスキーにも数えられており、世界的に知名度が高いです。性質はスコッチに似ているところがありますが、スコッチよりも焦げ臭さやスモーキーさは少なく、華やかで万人ウケしやすい味わいであることが高い評価につながっています。

特に山崎35年は長期熟成を経ているため、複雑さや濃厚さ、コクが感じられると期待されています。モルトウイスキーの最高峰の1本として、全世界から求められているような存在になっているのです。

3.発売日から15年以上経ち存在自体が貴重に

発売日から15年以上経ち存在自体が貴重に
大人気の山崎35年ですが、販売は2006年に一回行われたきりで、それ以降は再販されていません。発売日から15年以上の時が経ち希少性が増していることも、価格高騰の一因になっています

ウイスキーは古いボトルでも高い価値がつきます。なぜなら蒸留酒であり未開封であればほとんど劣化しないため、半永久的に保存ができるからです。むしろ古いウイスキーは今のウイスキーにない味わいが堪能できると、マニアからの人気が高いです。

山崎35年はそもそも200本しかリリースされておらず、現存する未開封ボトルはとにかく貴重です。すでに開封済みのボトルも多いことから、未開封ボトルの流通品は数えるほどしか存在しないと考えられています。

4.ボトルデザインも人気の秘訣

この投稿をInstagramで見る

麦人蔵(@maltgura)がシェアした投稿


山崎35年はボトルや箱も通常品とは違う特別仕様になっています。特別なパッケージであることから、コレクター人気が高い1本になっているのです。

ボトルは透明で、中のウイスキーの熟成された濃い色をはっきりと確認できます。そしてラベルには、福井県嶺北地方で生産される越前和紙が採用されています。この越前和紙には鬱金や箔が乗せられており、見た目から豪華な印象を感じ取ることができます。
またボトルだけでなくオリジナルの木箱や冊子などもついています。木箱はホワイトオークの素材から作られていて、山崎35年の世界観が表現されています。蓋の裏には山崎蒸溜所の景色がロゴマークとともに描かれています。

そんな山崎35年は、空き瓶ですら取引対象になるほどです。すでに飲んでしまったという方も、取引できるチャンスがあります。
空き瓶買取情報はコチラ

5.投資目的や転売目的での購入も増えている

投資目的や転売目的での購入も増えている
ここ数年は、ウイスキーの価格高騰に目をつけた投資家や転売ヤーも増えています。単純にウイスキーファンという方だけでなく、投資目的や転売目的で高級ウイスキーを購入する方が増えている状況です。それだけ買い手も多くなっていて、ウイスキーの高騰化にさらなる拍車をかけています。

特に山崎35年のような数量限定・再販なしの希少品は取引対象にされやすいです。数年で価格が倍以上に膨らむというケースもあります。

山崎35年の買取価格と高額買取のコツ・ポイント

山崎35年の買取価格と高額買取のコツ・ポイント

買取価格は数百万円越え

山崎35年は流通価格が1,000万円以上と推定されているため、当然ながらお酒買取でも高額での査定になります。商品の状態によって価格は大きく変動しますが、定価以上の査定額がつくケースがほとんどです。
状態が良ければ数百万円以上の価格になることもあります。詳しい価格は査定してからになるので、まずは買取査定の窓口に問い合わせてみましょう。

なお山崎35年は、ここまで解説したようにかなり希少で特別なウイスキーになります。売却時はリサイクルショップに出すのではなく、お酒のプロによる査定をきちんと受けることをおすすめします。

付属品を揃えることで査定額UP

山崎35年は付属品の有無で大きく査定額が変動します。ボトルのみではなく、なるべく付属品を揃えた状態で査定に出すようにしましょう。付属品には専用の木箱、木箱を包む白い箱、ウイスキーの緩衝材となるスポンジ、冊子などがあります

ラベルやキャップフィルムが傷つかないように取り扱う

ウイスキー査定では、ボトルの見た目やウイスキーの内容量のほか、ラベルの状態やキャップフィルムの状態なども査定対象の項目になります。ラベルやフィルム部分に傷があると減額対象になることがあるので、日頃から丁寧に取り扱うことを心がけておきましょう。

特に付属の木箱に出し入れする際は、傷がつきやすいので注意しましょう。どこかにぶつけたり、引っ掛けたりしないように気をつけながら扱うようにしてください。

またコレクションなどで長時間飾っていたという場合は、箱やボトルに埃が付着している場合があります。埃や汚れなどがある場合は、取り除ける範囲で綺麗にしてから査定に出すようにしましょう。
山崎35年買取情報はコチラ

リンクサスのお酒買取で山崎35年を査定しよう

リンクサスのお酒買取で山崎35年を査定しよう
山崎35年の買取査定をお考えなら、ぜひお酒買取専門店リンクサスをご利用ください。リンクサスはお酒に特化した買取専門店で、ただいまウイスキーの買取を強化しています。お酒事情に詳しい査定員がお客様の大切にしてきたウイスキーを1本1本丁寧に査定いたします。買取に関してわからないことがある場合も、ぜひお気軽にお尋ねください。

山崎35年は未開封であれば、数百万円単位での査定になることが予想されます。また空き瓶の状態でも、査定の対象になる場合があります。
リンクサスの査定なら店頭のほか、宅配買取などで遠方からのご利用も可能です。手数料や送料、査定料などは一切発生しませんのでご安心ください。

またオンラインや電話、LINEを使った簡易査定にも対応しています。「買取利用を迷っている」「相見積もりがしたい」という方もお気軽にご連絡ください。山崎シリーズは山崎35年のほか、山崎NV山崎12年山崎18年山崎25年なども査定対象になります。
ウイスキー買取はこちら

まとめ

山崎35年は2006年にわずか200本だけ販売された超希少なモルトウイスキーです。当時の定価は50万円でしたが、今では高騰化が進み1,000万円以上の値段がつけられています。

国内だけに限らず海外からも需要があり、特にオークションでの落札価格が高騰しています。なかなかお目にかかれるウイスキーではありませんが、山崎が好き、日本のシングルモルトが好きという方はぜひチェックしてみましょう。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:418,277
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:292,267
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:215,615
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.07更新
クリック数:158,431
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.07更新
クリック数:141,465
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«