響12年なぜ高い?終売前は定価4000円。ウイスキーの価格推移

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

響12年なぜ高い?終売前は定価4000円。ウイスキーの価格推移

PR: 2023/11/19
クリック数: 7,207

ウイスキー買取はこちら
響12年なぜ高い?終売前は定価4000円。ウイスキーの価格推移
品薄や高騰化が話題となるジャパニーズウイスキー。中でもサントリーの響は、香り豊かで飲みやすいことから国内だけでなく世界から大きな注目を集めています。

今回はそんな響シリーズの中から、激レアボトルである「響12年」について紹介します。

響12年は滅多にお目にかかることのできないウイスキーであり、ウイスキーファンはもちろんコレクターや投資家の方からも人気です。いったいどこで買えるのか、価格はどれくらいなのかといったポイントについて解説していきます。
ウイスキー買取はこちら

響12年とは?日本を代表する最高峰のブレンデッドウイスキー

サントリーウイスキー「響」の12年ボトル

created by Rinker
¥78,000 (2024/04/13 21:12:01時点 Amazon調べ-詳細)

響12年は、名前の通りウイスキー響の12年ものになります。中には酒齢12年以上のウイスキー原酒だけが使われており、ノンヴィンテージウイスキーにはない豊かさ、複雑さを味わうことができます
製造はサントリーが日本国内で行っています。いわゆる純国産のウイスキーであり、「ジャパニーズウイスキー」の基準を満たした商品となっています。

サントリーはさまざまな銘柄のウイスキーを製造していますが、中でも「山崎」「白州」「響」の3ブランドは世界的に有名です。山崎と白州が単一の蒸溜所のモルトのみを使って作られるシングルモルトウイスキーであるのに対し、響は複数のモルトにグレーンを混ぜ合わせたブレンデッドウイスキーであるという点が個性にあげられます。

なお響のブレンドには、山崎蒸溜所モルト、白州蒸溜所モルト、そして知多蒸溜所のグレーン原酒が使われます。複数の原酒から最適なものだけを吟味してブレンドすることにより、シングルモルトにはないバランスの良さ、口当たりの良さ、そして飲みやすい味わいがうまく表現されています

2009年に海外展開を見据えて誕生した

2009年に海外展開を見据えて誕生した
響という銘柄が誕生したのは1989年のことです。最初に発売されたボトルは「響17年」でした。
1989年はサントリー創業90周年という節目でありました。節目を記念し、国産ブレンデッドウイスキーの最高峰という位置付けでリリースされたというのが響の歴史の始まりです。

やがて2000年を過ぎる頃には、ジャパニーズウイスキーが世界で流行することとなり、響にも大きな注目が集まります。そこで2009年に海外市場を意識した上で作られたのが「響12年」のウイスキーでした
当時は日本に先駆けヨーロッパで先行発売され、やがて日本でも展開されるようになっていきました。

響12年の売り上げは最初から順調で、2012年には前年対比で売り上げ2割り増しという実績も残しています。人気が高かったためさまざまなボトルが販売されるようになり、最初の700mlボトルのほか、500mlボトルや免税店限定の意匠ボトル<花鳥風月>といったボトルも展開されるようになります。

そんな響12年ですが、今では手に入りにくいプレミアムウイスキーとして扱われています。どのボトルも非常に希少価値が高いので、持っている方は非常にラッキーと言えるでしょう。

梅酒樽貯蔵モルトをはじめとする豊富な原酒が使われる

梅酒樽貯蔵モルトをはじめとする豊富な原酒が使われる
響はヴィンテージ・年数表記ごとに原酒のブレンド比率や味わいが変えられています。響12年の特徴としては、「梅酒樽貯蔵モルト」が使われていることが挙げられます。梅酒の樽を使って熟成させたモルト原酒が混ぜられることで、華やかな香りとマンゴーのようなフルーティーさが表現されています。ハチミツやカスタードクリームのような甘み、そしてスパイシーな余韻もあります。

また響12年の中には、12年の原酒にとどまらず超長熟モルトも加えられています。熟成期間が30年を超えるようなモルトも加えられており、12年表記のウイスキーとは思えない程の奥行きや厚みも生まれています。バニラのような香り、深い木のような香りと例えられることもあり、非常に飲みやすい味わいに仕上がっています。

響12年は美味しい?まずい?口コミ評価を調べてみた

とにかくバランスが良く美味しいと人気


響12年はどんな味わいなのか、口コミによる評価を調べてみました。響12年を飲んだ感想には「美味しい」という声が非常に多く、人気のウイスキーであることがわかります。
特に口当たりの良さ、飲みやすさに対する評価が高いことが見て取れます。バランスの良い味わいで、山崎などのシングルモルトとはまた違った魅力を感じることができます。

なお飲み方としては、ストレートが圧倒的に人気でした。響12年はアルコール度数43%とかなり濃いお酒に分類されますが、角のないまろやかな味わいであるため高い度数でも飲みやすいと評価されています。またウイスキー:水=1:1で割るトワイスアップの飲み方も人気のようでした。

終売前はコスパが良かったとの口コミも


また過去の口コミに遡ると、響12年はコストパフォーマンスに優れていたという声も多く上がっています。もともと響12年は何万円もするようなウイスキーではなく、ボトル1本が4,000円台で買えていたという報告がなされています。

しかし今では高騰し、昔のような価格では飲めなくなっているのが現状です。昔からのファンだという方には、高騰し手に入りにくくなったため残念だと感じている方もいらっしゃるようです。

created by Rinker
¥78,000 (2024/04/13 21:12:01時点 Amazon調べ-詳細)

世界的な賞の受賞歴も

  • SWSC2012 最優秀金賞「アザー・ウイスキー」受賞
  • ISC2010 金賞受賞
  • IWSC2010 金賞「ベスト・イン・クラス」受賞

響12年は国内の一般ユーザーだけでなく、海外のウイスキーのプロからも高い評価を受けています。ISC、IWSCなどで金賞を獲得した実績があり、2012年にはSWSCの最優秀金賞も獲得しています。

SWSCはサンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティションのことで、世界的に権威のあるウイスキーの品評会となります。SWSCはブラインドテイスティング(銘柄などを隠した状態で行われるテイスティング)で審査が行われるのが特徴で、ブランド力だけでなく響12年の味わいや香りそのものが純粋に評価されていることがわかります。

響12年は終売で高騰!定価と価格推移を調査

原酒不足により終売となった


評判の高い響12年ですが、残念ながら現在では終売となっています。復刻に関する情報もないので、見かけることすら難しい、レアウイスキーとなってしまっているのが現状です。

2009年にリリースされた響12年ですが、実際に販売されていたのはわずか7年間で、2015年には生産終了・終売が発表されています。終売となった理由は決して不人気からではなく、「原酒不足」によるものだということがわかっています。

2014年ごろから国産のウイスキーは世界的に需要が高まり、供給量が追いつかない状態となっていました。特に製造に時間を要する熟成ウイスキーは売れたからといって急に生産量を増やせるものではないため、常に品薄の状態が続いていました。
原酒不足から生産が難しくなった響12年は、ファンから惜しまれつつも販売が終了することとなりました。今ある響の定番ラインナップは「響ジャパニーズハーモニー」「響ブレンダーズチョイス」「響21年」「響30年」といったボトルのみで、響12年は生産されていません

響12年の定価と価格推移

定価6,000円(税抜)
2014年約4,000円
2015年約6,000円
2016年約12,000円
2017年約16,000円
2018年約30,000円
2019年約39,000円
2020年約45,000円
2021年約85,000円
2022年約88,000円
2023年約78,000円

created by Rinker
¥78,000 (2024/04/13 21:12:01時点 Amazon調べ-詳細)

響12年は終売以降、プレミアがつき価格が高騰しています。上表は響12年の価格推移について一覧にまとめたものです。

響12年はもともと700mlボトルが定価6,000円(税抜)でリリースされていました。終売前の2014年ごろまでは非常に手に入りやすく、お店によっては定価未満の4,000円ほどの価格で販売されていたようです。終売となる2015年までは、定価でも簡単に買えるウイスキーの一つでした。

しかし終売以降は価格が徐々に高騰し、数万円単位で取引されるようなウイスキーに変わっています。特に2018年以降の価格高騰は顕著です。
2018年には響12年だけでなく、響17年も生産中止(休売)となることが正式にアナウンスされました。響17年の休売情報を受け、響がよりレアなウイスキーとなると考えた層が、一気に購入に走ったことが価格高騰に繋がったのではないかと考えられています。

また2021年には8万超えと、急激な高騰を見せています。コロナ禍などの影響から世界の経済情勢が変わり、ウイスキーの投資や転売に注目した方が増えたため、価格がさらに上がったと考えられます。
なお今の段階で存在する響12年は全て新品ではなく古いボトルになるため、ボトルによっても価値は変わってきます。ネット上で取引されている響12年は6〜8万円前後の価格のものが多く、定価に対して10倍以上の値がつけられているような状況であることがわかります。

響12年は激レアで定価購入不可能!?どこで買える?

響12年が定価で買えたのは過去のこと

響12年が定価で買えたのは過去のこと
かつてはコスパの良いウイスキーと言われていた響12年ですが、現在定価で買うことはほぼ不可能です。なぜなら終売から10年近く経っていて、現存するボトルにはプレミアがついているためです。
響12年はそもそも購入すら困難な状況と言えるでしょう。新品ボトルを見つけるのには時間や手間がかかるということを覚えておきましょう。

響12年はネットやオークションで買えることがある

響12年はネットやオークションで買えることがある
どうしても響12年が欲しいという方は、プレ値での購入を検討してみましょう。酒屋に並んでいることはほぼありませんが、ネットショップやオークションなら未開封の中古ボトルを探すことができるかもしれません。

ただしネット上で取引する場合は、「傷んでいる商品でないか」「偽物でないか」といったポイントをよく確認しておく必要があります。信頼のできる相手やショップから購入するようにしましょう。

一口飲んでみたいという方はバーに行くのもあり

ウイスキー
響12年を飲んでみたいという方は、ボトルで探すのではなくショットで飲めるバーやレストランを探すのも一つの手です。ウイスキーに強いバーなどを探せば、響12年を飲めるお店が見つかるでしょう。
ただし現在の価格高騰を考えると、ショット1杯(30ml)で数千円〜する場合もあります。お店によって価格が大きく変わってきます。

響12年は高額買取対象に!買取査定はリンクサスにおまかせ

響12年は高額買取対象に!買取査定はリンクサスにおまかせ
数万円越えのプレ値がついている響12年は、お酒買取市場でも高額査定の対象となるアイテムです。コレクション等の整理をお考えの方は、ぜひお得なお酒買取を利用してみましょう
リンクサスのウイスキー買取なら、響12年を市場最高水準の価格で買取ができます。スピーディーかつ安心対応の査定を即日でご利用いただけますので、ぜひご相談ください。

響12年を高額査定してもらうためのコツ

響12年を高額査定してもらうためのコツ
今存在している響12年は、どのボトルも古いものになります。できるだけ状態の綺麗なものの方が、査定額は高くなりやすいです。コレクションを保管しておく際は、ウイスキーが傷まないように直射日光などを避け丁寧に管理しておくようにしましょう。飾っていて埃や汚れがついてしまった響12年を査定に出す場合は、さっと拭いて綺麗にしておくと、査定額が高くなりやすいです。

また外箱や冊子がある場合は、全て合わせて査定にお出しください。付属品まで揃った響12年は、「完備品」となり高額査定になります。

ウイスキーの価値は味わい・元値だけでなく、希少性によっても大きく変わります。響12年を売るなら、終売となっている今がチャンスです。
リンクサスは買取を検討中、まだ迷っているという方からの問い合わせも随時受け付けています。何か気になる点があればぜひお問い合わせください。

意匠ボトル<花鳥風月>などレア品も買取可能

この投稿をInstagramで見る

ACKS Ltd 🇹🇼(@youhuihouse)がシェアした投稿


響12年は700mlボトルのほか、500mlボトルや50mlのミニチュアボトルも査定対象になります。また意匠ボトル<花鳥風月>のようなレア品は、より一層高額で買取が可能です。
響12年 意匠ボトル<花鳥風月>は、かつて免税店限定で販売されていたボトルであり、国内では正規販売されていませんでした。そのため通常ボトルよりもさらに希少であり、高値での買取が期待できます。通常の響シリーズとは見た目が違い、外箱やボトルに特別な柄が施されているのが特徴です。
ウイスキー買取はこちら

まとめ

響12年は終売から年月が経つ希少なウイスキーです。今やノンエイジ品だけでなく、響17年や響21年といったボトルよりも珍しいかもしれません。定価での入手はほぼ不可能ですが、ネットショップやオークションなどでプレ値を払えば購入できる可能性があります。
そんな響12年は、今では6〜8万円の価値がついており、買取市場でも人気のアイテムです。簡単に見つかるボトルではありませんが、ウイスキーがお好きな方はぜひチェックしてみましょう。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:342,959
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:270,154
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:205,652
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.12更新
クリック数:150,887
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.12更新
クリック数:123,649
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«