お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

世界から認められるイチローズモルト。評価や人気、高価買取の理由

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~20:00

世界から認められるイチローズモルト。評価や人気、高価買取の理由

2021/9/11

イチローズモルト。評価や人気、高価買取の理由

近年のウイスキーの大ブームを受け、『イチローズモルト』にも大きな注目が集まっています。イチローズモルトは埼玉県の秩父で製造されているウイスキーの銘柄で、国内・国外どちらからも評価が高いのが特徴です。
イチローズモルトは比較的歴史が浅く新しい銘柄であるにもかかわらず、なぜこれほどまでに人気を集めているのでしょうか?その秘密に迫っていきたいと思います。

イチローズモルトとは?

イチローズモルトとは、株式会社ベンチャーウイスキーの秩父蒸留所で造られているウイスキーの銘柄です。ベンチャーウイスキーを立ち上げた肥土伊知郎(あくと いちろう)氏の名前をそのままウイスキーに名付けています。
イチローズモルトは、2007年より生産が開始されたという比較的新しい銘柄です。それだけ新しいにもかかわらず、海外の素晴らしい賞を受賞するなど、国内だけでなく国外からも愛されているのが大きな特徴です。

そもそもなぜイチローズモルトが生まれたのか、それは肥土氏のウイスキーへのただならぬ情熱がきっかけとなっています。
もともと肥土氏は、祖父が設立した東亜酒造を引き継いでいました。東亜酒造はかつて羽生蒸溜所を運営しており、そこでウイスキー造りを行っていました。しかし次第に経営が悪化してしまい、東亜酒造は他社へと譲渡されることが決まってしまいます。その際に、造られていた400樽のウイスキー原酒も廃棄を命じられてしまいました。
しかし肥土氏は熟成されたウイスキーを見捨てることができず、原酒の引取先がいないかと奔走します。そして福島県にある「笹の川酒造」の援助を取り付け、ウイスキー樽の貯蔵をしてもらうことが決定しました。
その後、その原酒を活かして新たなウイスキーを製造・販売することを目指し、2004年に株式会社ベンチャーウイスキーを設立します。そこから2007年に秩父蒸留所が完成、2008年2月にはウイスキーの製造免許を取得しウイスキー造りを稼働させていくことになりました。

このようにして生まれた『イチローズモルト』、資金繰りこそ大変であったものの、肥土氏が信じるウイスキーの力は確かなものでした。販売がスタートしてからはすぐさま海外で優秀な賞を取るなど、多方面から評価をされていくことになります。今では日本のウイスキーの人気の高さも相まって、入手困難な銘柄の一つに数えられるほど急成長を遂げています。

ベンチャーウイスキーについて

蒸留所

株式会社ベンチャーウイスキーは、先ほどもお伝えした通り『イチローズモルト』の製造・販売のために設立された会社です。創業は2004年で、歴史はまだまだ浅いです。
ベンチャーウイスキーの本社工場およびイチローズモルトを造る蒸留所は、埼玉県の秩父市にあります。場所は市街地から30分以上離れた小高い丘の上にあり、夏は高温多湿で冬は氷点下ともなる激しい気温差が特徴です。このような厳しい環境のおかげで、短い期間でも熟成が早く進み、非常にフルーティーかつバランスの良いウイスキーが仕上がるようになっています。
なおベンチャーウイスキーは、ウイスキーの製造だけ行っていることもあり、その力の入れ具合は他を寄せ付けません。秩父の蒸留所は本場スコットランドさながらの雰囲気で、ポッドスチル(蒸留器)もスコットランド製のものを直接輸入して使用しています。さらにウイスキーの原材料を発酵させる発酵槽には「ミズナラ」を採用、ミズナラは日本古来の木材でありオリエンタルな香りを生み出す役割を果たしています。
ウイスキーの本場であるスコットランドの良い部分を取り入れつつも、決して真似ごとで終わらせるのではなく日本らしいオリジナリティを加えることで、世界でも類を見ない特徴的な味わいとなっているのがイチローズモルトの大きなアドバンテージと言えるでしょう。

イチローズモルトの特徴

ウイスキー

イチローズモルトは大手の工場が手がけているウイスキーではなく、あくまでも中規模の蒸留所で丁寧に造られているのが特徴です。しかし蒸留所の規模に対し、非常にラインナップが多く、さまざまな味わいを楽しむことができます。
生産性や効率性を度外視し、あくまでも味わいと香りにこだわりを持って作られたイチローズモルトは、非常に香り豊かで飲みやすいのが特徴です。空調設備のある無機質なコンクリート床ではなく、木材のレールで樽を積み上げるという原始的な保管方法を選ぶことで、深い香りと味わいのウイスキーが生まれています。一口飲んでファンになったという声も多く、特にウイスキーファンやウイスキーマニア、専門家からの高い評価を受けています。

イチローズモルトの評価と受賞歴について

イチローズモルトは非常に評価の高いお酒です。もちろん口コミ評価も高いですが、それだけにとどまらず、実際に有名な賞を数多く受賞しています。特に海外からの評価が高く、世界的な賞の受賞歴も多いです。どのような賞を獲得しているのか、一部を紹介していきます。

<イチローズモルトの受賞歴>

【ウイスキー専門誌『ウイスキーマガジン』ジャパニーズモルト特集】

・2006年 ゴールドメダルを受賞

【ワールドウイスキーアワード】

  • ・2007〜2013年:ジャパニーズ部門にて世界最優秀賞を受賞
  • ・2017年:「イチローズモルト秩父ウイスキー祭2017」がシングルカスクシングルモルトウイスキー部門にて世界最高賞を受賞
  • ・2018〜2021年:「イチローズモルト&グレーンリミテッドエディションワールドブレンデッドウイスキー」がワールドベスト・ブレンデッドウイスキー・リミテッドリリース部門にて世界最高賞を受賞

イチローズモルトは特に「ワールドウイスキーアワード」での受賞歴が多いです。この品評会は毎年イギリスで行われていて、なんと1,000銘柄以上ものエントリーがなされるほどの規模となっています。イチローズモルトはモルト&グレーンのリミテッドエディションが2018年から4年続けて最高賞に選ばれていて、国際的に非常に高い評価を得ていることがわかります。

イチローズモルトが人気の理由!カードシリーズは購入不可!?

オークション

イチローズモルトがこれほどまでに人気を集めた理由としては、まず味と香りの質の良さが挙げられます。もともと無名であり歴史もまだまだ浅いイチローズモルトが高い評価を得たのは、海外の方からも愛されるほど飲みやすく、それでいてしっかりと香りを楽しめるというバランスの良さが大きな理由となっています。イチローズモルトの味はいわゆる万人ウケしやすいウイスキーであり、ウイスキーファンならずとも一口のめば虜になってしまうほどです。
さらに生産本数が少なく「希少価値」が高いことも人気に拍車をかけました。特に有名なのがイチローズモルトの中でも「カードシリーズ」と呼ばれるもので、トランプの絵柄が描かれた計54本セットの希少なボトルは、なんとオークションで1億円に近い価格で落札されたこともあります。
このようにイチローズモルトは非常に希少価値が高く、そのことがウイスキーファンだけでなくコレクターの心も掴み、結果として値段が跳ね上がっています。そして近年ではオークション結果や品評会の結果から「イチローズモルト」というブランドそのものに大きな注目が集まっており、カードシリーズ以外のボトルについても値段が高騰してきています。

イチローズモルトの値段は?定価購入はできる?

イチローズモルトは人気の高さに対し、大量生産されることがないためどのボトルも希少価値が高いです。そのため入手がしづらく、なかなか定価で購入することはできません。
代表的なボトルの定価は以下のようになっていますが、実際に購入するとなるともう少し高い値段を支払う必要があります。

  • ・イチローズモルト&グレーンワールドブレンデッドホワイトラベル:3,850円
  • ・イチローズモルトダブルディスティラリーズ:6,000円(200ml:2,750円)
  • ・イチローズモルトワインウッドリザーブ:6,600円(200ml:2,750円)
  • ・イチローズモルトミズナラウッドリザーブ:6,600円(200ml:2,750円)
  • ・イチローズモルトリミテッドエディションワールドブレンテッドウイスキー:9,900円

ちなみにイチローズモルトを手に入れたい場合は、秩父の酒屋であれば入手がしやすいです。そのほか定価よりも値段は上がりますが、Amazonや楽天などの通販サイトで購入できるケースがあります。

イチローズモルトの代表シリーズ。味わいや評価を紹介

ここからはイチローズモルトの代表的なシリーズについて、どのような味わいがするのか、どのような特徴があるのかを紹介していきます。

イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ

イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ

ミズナラ樽で熟成したシリーズで、カラメルやカカオのような渋く濃いあまみを感じられます。さらにドライフルーツのような甘さと、甘さの後に続くピート感やウッドの香りを楽しめます。
鼻を抜けるような香りが非常に美しく、余韻まで含めて満足感の高い1本となっています。

 

イチローズモルト ワインウッドリザーブ

イチローズモルト ワインウッドリザーブ

赤ワインの熟成に使用していた樽を使い、ウイスキーを後熟成させたものです。フレンチオークのワイン樽由来の複雑な余韻があり、爽やかさ・ビターさ・コクのバランスを楽しむことができます。
見た目は赤い葉のデザインのボトルとなっています。
created by Rinker
イチローズモルト
¥14,570 (2021/09/22 16:20:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル

イチローズモルトの中では比較的入手がしやすいボトルです。レモンやオレンジ、ピールのような爽やかなフルーツの中に、モルトのコクとオークの余韻が続きます。
若々しい印象のウイスキーで、比較的飲みやすいです。定番商品のほかリミテッドエディションのボトルもあります。

 

イチローズモルト ダブルディスティラリーズ

イチローズモルト ダブルディスティラリーズ

イチローズモルトの定番商品で、緑の葉っぱのラベルが特徴的なボトルです。ベンチャーウイスキーの秩父蒸留所で造られる原酒に、もともと東亜酒造の羽生蒸留所で造られていたモルト原酒をブレンドしたものとなっています。
蜂蜜のような赤みの中に、ジンジャーや黒胡椒といったスパイシーな風味を僅かに感じられる味わいです。なお今はまだ定番商品ですが、今後羽生蒸留所の原酒がなくなると飲めなくなってしまうため、価値が上がる可能性のあるボトルの一つです。
created by Rinker
イチローズモルト
¥13,150 (2021/09/22 17:36:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

イチローズモルト&グレーン ワールドブレンデッドウイスキー リミテッドエディション

イチローズモルト&グレーン ワールドブレンデッドウイスキー リミテッドエディション

先ほど紹介した「イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル」の上位互換商品で、限定発売されたものです。レーズンやプラム、アプリコットのようなアロマの中に青みのある草花の香りも感じられます。
創業時から熟成させた原酒の中から、ブレンドにした際に力を発揮するモルトおよびグレーンをバランスよく組み合わせています。余韻は長くまろやかで、穀物の香ばしさを感じられます。

 

イチローズモルト カードシリーズ

イチローズモルト カードシリーズ

2005年から発売された、イチローズモルトの限定シリーズです。ダイヤ・ハート・スペード・クラブで13種類ずつ、さらにジョーカー2種類の54種類のボトルがあります。
イチローズモルトが有名になったきっかけのシリーズで、非常に入手困難なことで知られています。オークションでも高額落札がされています。

 

イチローズモルト ジョーカー

イチローズモルト ジョーカー

イチローズモルトのカードシリーズのうちの1本で、シリーズ最終章として人気があります。羽生蒸留所の原酒が使用されていて、ハイトーンな余韻を堪能できます。
ラベルはカラータイプとモノクロタイプのボトルがあります。もともとは1万円以下の定価で売られていたにもかかわらず、今では数十万を超えるような値段で取引されています。
コレクター需要も高く、空瓶であっても値段が付きます。

 

イチローズモルト 秩父エディション2020

イチローズモルト 秩父エディション2020

秩父地域限定発売のボトルで、秩父銘仙を着た女性や秩父盆地が描かれたラベルが特徴的です。秩父エディションは年度によって味わいが変わり、2020年はインペリアルスタウトウトカスクフィニッシュとなっています。限定品なので、年月とともに価値がさらに上がることが予想されています。
created by Rinker
¥250,000 (2021/09/22 16:20:08時点 楽天市場調べ-詳細)

 

イチローズモルト 秩父ウイスキー祭

イチローズモルト 秩父ウイスキー祭

秩父で開催される「秩父ウイスキー祭」の記念ボトルです。この祭は毎年2月に行われていますが、前売りチケットだけで完売し当日券は売られないほどの人気となっています。
祭に参加した上で、さらに抽選に当たらないと購入できないというレアなボトルです。年度によって様々なシリーズがあり、中身が変化します。

 

イチローズモルト&グレーン505

イチローズモルト&グレーン505

イチローズモルトの中でも飲食店限定に作られたボトルです。コロナウイルスの影響によって苦境に立たされている飲食店を応援するためにボトリングされた限定品です。ややスモーキーな印象の味わいで、酸味やソルティーな辛味も楽しめます。

 

イチローズモルトの美味しい飲み方

ウイスキー

イチローズモルトは非常に香りの良いウイスキーです。そのためハイボールや水割りにしてしまう前に、まずはぜひ「ストレート」で堪能してみるのがおすすめです。ストレートで飲むことで、樽による味の違いや余韻を存分に楽しむことができるでしょう。
ストレートで味を確かめた後は、自分の好きな濃さで割って楽しんでもOKです。自分にとって一番美味しく飲めるバランスを探してみると良いでしょう。
おつまみには風味を邪魔しないミックスナッツ、スモークチーズなどの他、牡蠣やお刺身など魚介類を合わせて見るのもおすすめです。炭酸で割ってハイボールにする場合は、ジューシーな唐揚げやソーセージなどもおすすめです。

イチローズモルトは高額買取の対象になる

ジャパニーズウイスキー

ジャパニーズウイスキーは驚きのスピードで高騰化しています。数年前に比べ10倍くらいの値段になっているボトルも多く、買取店での査定額も一気に上がっています
イチローズモルトはまさに高額買取対象に挙げられている銘柄であり、想像以上の値段がつきやすいことで知られています。もし未開封のボトルがあれば、ぜひ買取の査定に出してみると良いでしょう。特に「保存していたけれどこれから飲む予定が無い」という方や、「引っ越しなどで自宅を整理していたらいらないイチローズモルトが出てきた」という方には買取査定を強くおすすめします。
なおイチローズモルトは市場価値の高いお酒なので、ただのリサイクルショップのようなお店に買取に出すことはおすすめしません。査定に出す場合はきちんとお酒に詳しいスタッフがいる、お酒買取の専門店に依頼するようにしましょう。リンクサスももちろん経験豊富な専門スタッフが自信を持ってイチローズモルトを高価買取を致しますのでお酒を売りたい方はお気軽にご相談下さい。
リンクサスイチローズモルト買取詳細ページはコチラ

まとめ

イチローズモルトは埼玉県秩父市にある株式会社ベンチャーウイスキーの造るウイスキー銘柄です。2000年代以降に誕生したブランドにもかかわらず、世界的に人気を集める有名なウイスキーとなっています。手をこめて丁寧に作られているのが特徴で、非常にバランスの良い味と香りに仕上がっています。
イチローズモルトは世界的な評価が高く、そのぶん人気が爆発し現在ではやや手に入れるのが困難な銘柄ともなっています。定価購入することはなかなか難しく、シリーズによってはほぼ手に入らないようなボトルもあります。
そんなイチローズモルトは、買取専門店での評価も高いです。もし不要なイチローズモルトが自宅にあるという方は、ぜひ専門店の査定に出してみることをおすすめします。

買取強化商品

買取強化商品
山崎
買取強化商品
買取強化商品
白州
買取強化商品
竹鶴
買取強化商品
余市
買取強化商品
軽井沢
買取強化商品
イチローズモルト
買取強化商品
マッカラン
買取強化商品
ボウモア
買取強化商品
十四代
買取強化商品
森伊蔵
買取強化商品
レミーマルタン
買取強化商品
ヘネシー
買取強化商品
カミュー
買取強化商品
ロマネコンティ
買取強化商品
ドンペリ
買取強化商品
アルマンド
買取強化商品
アードベッグ
買取強化商品
スプリングバンク
買取強化商品
マーテル
買取強化商品
サロン
買取強化商品
ルイロデレール
買取強化商品
クリュッグ
«