度数は高い?チャミスルの種類とおすすめ韓国焼酎計11選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

度数は高い?チャミスルの種類とおすすめ韓国焼酎計11選

2022/3/19
クリック数:1,918

焼酎買取はこちら
度数は高い?チャミスルの種類とおすすめ韓国焼酎計11選
若い世代の女性を中心に、今もなお続いている韓国ブーム。ファッションやメイクだけでなく、「韓国焼酎」も人気があります。韓国焼酎の代表銘柄といえばチャミスルで、韓国ドラマで俳優・女優が口にしているシーンもよく見かけます。
今回はそんな韓国焼酎について、詳しく調査をしてみました。日本の焼酎との違いは何なのか、飲みやすいと言われる理由はどのような点にあるのかなどをまとめています。チャミスルのラインナップやそのほか人気の韓国焼酎も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
焼酎買取はこちら

韓国焼酎とは?日本の焼酎と何が違う?

韓国焼酎とは

韓国焼酎とは、その名の通り韓国で作られる焼酎のことを指します。正式名称は「ソジュ」といい、朝鮮半島で伝統的に作られてきた蒸留酒となります。
伝統的な蒸留酒ではありますが、特にここ数年あまりで日本での人気が爆発的に高まりました。国内のコンビニでも購入できるところが多く、緑のボトルが目印となり売られていることが多いです。
韓国焼酎がブームとなったのは、飲みやすく多彩な味を楽しめるからです。従来の日本の焼酎には苦手意識があった方にも親しみやすいお酒であることが魅力です。

日本の焼酎との違い

韓国焼酎

<原料の使い方が違う>

日本焼酎と韓国焼酎は、同じ蒸留酒であっても原料そのものが異なります。
日本の焼酎は米焼酎・麦焼酎・芋焼酎などがメジャーで、単一の穀物から作られる焼酎となります。それに対し韓国焼酎は、米・麦・さつまいも・とうもろこし・タピオカなど複数の原料を混ぜて作られています。
元々は韓国でも米焼酎がメインだったようですが、第二次世界大戦や朝鮮戦争の影響で米だけで生産するのが難しくなり、そのほかの原料が使われるようになったという背景があります。複数の原料が混ぜられることで、個性の強い日本焼酎に比べバランスの取れた、まとまった味わいになるのが韓国焼酎のポイントです。

<希釈式の焼酎がメイン>

日本焼酎と韓国焼酎は製造方法にも違いがあります。
日本の焼酎は乙類焼酎・甲類焼酎の2種類に分類され、現在では「乙類焼酎」がメジャーとされています。乙類焼酎は芋や米などの原料を単式蒸留器で蒸留しているため、原料特有の風味・味わいが出やすいです。
それに比べ韓国焼酎は連続式蒸留にて製造したものを希釈しているものがほとんどです。連続式蒸留器を用いてまず純度の高いアルコールを作り上げ、その後水で薄めてアルコール度を調節し商品化されていきます。この方法により、日本の乙類焼酎に比べてスッキリとした味わいのものが多いのが韓国焼酎です。大量生産も可能であるため、コストパフォーマンスに優れています。

<アルコール度が低い>

アルコール度
希釈式の韓国焼酎は、アルコール度が調節しやすいです。現在流通している韓国焼酎のアルコール度数は15〜20度がメインです。日本の焼酎はアルコール度数25度のものがメインで中には40度越えの銘柄もあるため、比較すると韓国焼酎はアルコール度が低いことがわかります。
アルコール度が低いということは、すなわち酔いにくいということになります。そのため韓国ではストレートで焼酎が飲まれることも多いです。

韓国焼酎の味わいは?フレーバーが豊富

韓国焼酎の味わいは?フレーバーが豊富
希釈式で作られる韓国焼酎は、とにかくすっきりした味わいです。日本の焼酎は芋や米のコク・香りが強めですが、韓国焼酎にはほとんどクセがありません。澄み切った味わいで、濃い味の韓国料理にも合わせやすいように工夫されています。雑味がないので、炭酸やソフトドリンクで割る酎ハイのベースにも使いやすいです。
また韓国焼酎の中には、フルーツ焼酎(クァイルソジュ)と呼ばれるフレーバータイプの焼酎も多く存在します。これはフルーツのフレーバーや甘味が加えられた焼酎で、グレープフルーツやマスカット、ゆず、オレンジなどさまざまな味わいがあります。ちなみにフレーバータイプの韓国焼酎は、日本の酒税法上では「リキュール」の分類で販売されています。

「チャミスル」が大ブームに

チャミスルとは


韓国焼酎の中でも大人気の銘柄といえばやはり「チャミスル」は外せません。日本で最も有名な韓国焼酎の銘柄で、日本ではJINROなどで知られる酒造メーカー眞露が販売しています。
チャミスルはテレビドラマのワンシーンにも採用されたり、コンビニにも置いてあったりととても身近なお酒です。本場韓国でも希釈式焼酎のNO.1の販売数を誇る銘柄であり、なんと1998年の発売から2017年8月までに累計272億本が販売されるほど人気を集めています。
チャミスルは希釈工程で竹炭を使って4回の濾過作業が行われているのがポイントです。濾過を繰り返すことで雑味が減り、すっきりとした味わいが生み出されています。ベーシックなボトルのほか、アルコール度13度の飲みやすいフレーバータイプもラインナップされています。

チャミスル人気の種類・シリーズ

1.チャミスルフレッシュ

created by Rinker
JINRO
¥4,900 (2022/10/02 03:34:09時点 Amazon調べ-詳細)

本場韓国のチャミスルの定番ボトルです。アルコール度17.2%の飲みやすさが魅力で、とにかくすっきりとした口当たりです。ストレートのほか、ロックでも美味しく飲めます。食中酒としても人気があり、韓国料理だけでなく和洋中どのようなおつまみとも相性抜群です。

2.チャミスルオリジナル


日本人向けに作られたチャミスルで、まろやかな原酒の中に乙類焼酎をブレンドしているのがポイントです。アルコール度数も20.1%とチャミスルフレッシュより高めで、甘味が抑えられているのが特徴です。

3.チャミスルマスカット

created by Rinker
JINRO
¥341 (2022/10/02 03:34:10時点 Amazon調べ-詳細)

まるでジュースのような味わいのチャミスルフレーバーシリーズ。マスカット味は柔らかな風味が魅力で、アルコール度も13%と控えめで飲みやすいです。フレーバータイプのチャミスルの中でも特に人気が高く、甘味・さっぱり感のバランスに優れています。よく冷やしてストレートで飲むのがおすすめです。

4.チャミスルグレープフルーツ

created by Rinker
JINRO
¥5,798 (2022/10/02 03:34:11時点 Amazon調べ-詳細)

グレープフルーツ味のチャミスルは、フレーバーシリーズの中でも爽やかさがあり甘いだけのお酒が苦手な人にもおすすめです。程よい酸味がありますが、グレープフルーツ独特の苦味はほとんどなく飲みやすいです。

5.チャミスルすもも

created by Rinker
ジンロ
¥6,000 (2022/10/02 03:34:11時点 Amazon調べ-詳細)

フルーティーなすもも味のチャミスルです。まろやかな酸味と甘味のバランスで焼酎感が少ないので、初めて韓国焼酎にチャレンジする方におすすめです。本場でも人気のフレーバーとなります。

6.チャミスルストロベリー

created by Rinker
チャミスル
¥718 (2022/10/02 03:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

いちごの甘味と香りを楽しめる、キュートな印象のチャミスルです。ジュースのような感覚で飲めてしまうので、甘いカクテルが好きな方に人気です。ストレートでも飲みやすく、また元々が甘味のあるお酒なのでジュースで割るのも相性がいいです。

韓国焼酎のカロリーや糖質は?

フレーバータイプが人気の韓国焼酎は、日本の焼酎に比べ飲みやすくついグイグイと飲み進めてしまいがちです。しかしたくさん飲んでしまうと、カロリーや糖質も気になってくるかと思います。
韓国焼酎のカロリーは、銘柄による差はありますが100mlあたり135kcalほどとなっています。日本の焼酎のカロリーは100mlあたり150〜200kcalであるため、日本の焼酎に比べるとややカロリーが低めに作られています。
また韓国焼酎のような蒸留酒は、基本的に糖質が含まれていません。そのため糖質が豊富に含まれる日本酒やワインなどのお酒に比べて太りにくいとされています。
したがって韓国焼酎は、ダイエット中でも楽しみやすいお酒であると言えます。日頃ビールや日本酒ばかりを飲んでいて体型などが気になってきたという方は、韓国焼酎にシフトしてみるのもありかもしれません。

韓国焼酎のおすすめの飲み方

1.ストレート

韓国焼酎
日本では水割りやお湯割りで飲まれることの多い焼酎ですが、韓国焼酎はストレートが人気です。アルコール度が低く刺激が少ないため、ストレートでもスイスイと美味しく飲めるのが韓国焼酎の魅力です。
ただし韓国焼酎はアルコール度が低いといっても、15度ほどはあるためビール・ワインに比べて強いお酒です。そのため飲みすぎてしまうと一気に酔いが回ることがあるので注意しましょう。
ストレートで韓国焼酎を飲む場合は、よく冷やしてショットグラスなど小さめのグラスに注いで飲むのがおすすめです。また必ずチェイサー(水)もあわせて用意しておきましょう。

2.オイソジュ


オイソジュは韓国で定番とされる飲み方です。ストレートの焼酎の中に千切りにしたきゅうりを入れて飲む方法のことを指します。
きゅうりを入れることで、まろやかでさっぱりとした味わいになるのがポイントです。きゅうりはカロリーが低いため、ダイエットを気にされる方にもおすすめの飲み方となります。

3.ソーダ割り


ソーダ割りは日本の焼酎でも定番とされている飲み方で、氷を入れたグラスに焼酎とソーダを注ぐ方法です。炭酸が混ざることで、いわゆる「酎ハイ」になります。
炭酸で割るぶんアルコールも薄まるので、強いお酒が苦手な方におすすめです。

4.爆弾酒(ポッタンジュ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

UI Akihiro(@akihiroui)がシェアした投稿


爆弾酒は韓国の飲み会でよく親しまれている飲み方です。グラスの中にビールを注ぎ、ショットの韓国焼酎を混ぜて飲む方法になります。
刺激が強いので爆弾と呼ばれます。2種類のお酒が混ざることで酔いが回りやすくなるので、飲み過ぎには注意しましょう。

おすすめの韓国焼酎5選

韓国焼酎の人気銘柄はチャミスルだけではありません。ここからは、チャミスルの他に人気を集める銘柄を5つピックアップしてご紹介します。

1.JINRO

created by Rinker
眞露ジャパン
¥3,864 (2022/10/02 03:34:13時点 Amazon調べ-詳細)

JINROはチャミスルと同じ会社が製造する韓国焼酎です。日本でも流通量が多く、スーパーなどでも購入できる定番銘柄です。アルコール度数は25%と韓国焼酎にしてはやや高めで、カクテルベースとして人気があります。

2.チョウムチョロム

created by Rinker
鏡月
¥5,694 (2022/10/02 03:34:13時点 Amazon調べ-詳細)

チャミスルの次に流行している韓国焼酎です。ロッテが発売する銘柄で、韓国では有名人が起用されるCMで有名であり、チャミスルに並ぶブランドとされています。アルコール度数は20%で、ゆず味など多くのフルーツフレーバーのラインナップがあります。

3.ジョウンデー

created by Rinker
ジョウンデイ
¥3,999 (2022/10/02 03:34:14時点 Amazon調べ-詳細)

ジョウンデーはチャミスルのようなグリーンボトルで見た目が似ていますが、実は異なるブランドの韓国焼酎です。製造元はハク酒造となります。ジョウンデーはマンゴー味やメロン味など、チャミスルにはないフレーバーもありバリエーションが豊富です。アルコール度数は13.5%とチャミスルのフレーバーシリーズと同程度で、非常に飲みやすいです。

4.鏡月

created by Rinker
¥2,598 (2022/10/02 18:06:44時点 Amazon調べ-詳細)

鏡月はロッテが手がける韓国焼酎の銘柄です。ベーシックな鏡月のほか、「鏡月クリア」「ふんわり鏡月」など種類が豊富でラインナップも多くあります。
鏡月は大容量のボトルもあり、飲み会やホームパーティーなどのシーンで人気があります。鏡月で作る酎ハイは飲み会の定番で、カラオケボックスなどでも取り扱っている場所が多くあります。

5.ビダン

created by Rinker
緋緞(ビダン)
¥748 (2022/10/02 03:34:15時点 Amazon調べ-詳細)

韓国焼酎の中では非常に珍しい、麦のみから作られる焼酎となります。麦由来の軽やかな口当たりが魅力で、アルコール度は20%ながらも飲みやすいです。緑色のボトルに黄色のラベルが目印です。

古い韓国焼酎は飲める?賞味期限は?

古い韓国焼酎は飲める?賞味期限は?

韓国焼酎に賞味期限はない

360mlボトルなど手頃なサイズが多く、コンビニやスーパーでも気軽に購入できる韓国焼酎。「ついついたくさん購入してしまったけれど、飲みきれずに余ってしまった・・・」ということもあるでしょう。数ヶ月前、1年以上前に購入した韓国焼酎は、いつまで飲めるのか気になるのではないでしょうか。
実は韓国焼酎には賞味期限はありません。なぜなら豊富にアルコールが含まれているので、時間経過による品質変化が少ないとされているからです。さらに韓国焼酎は“蒸留”の手間が加えられている蒸留酒であるため、日本酒やビールのような醸造酒に比べて劣化が進みにくいです。
ただし直射日光や温度変化には弱く、保存環境が悪いと風味が変わってしまうことがあるので注意です。保存の際はできるだけ日光の当たらない戸棚などに置いておくのがおすすめです。

色変化や沈殿物がないかチェックしよう

昔の韓国焼酎が出てきた際は、色変化や沈殿物に注目してみましょう。直射日光を浴び劣化した焼酎は、色が極端に変色していたり、沈殿物が現れることがあります。グラスに注ぎ明らかに見た目が異なっている場合は、飲むのを避けた方が安心です。
また度開封してしまった韓国焼酎は、未開封の場合とは違い長期間の保存はできません。半年以内を目安に早く飲んでしまうようにしましょう。

韓国焼酎の売り方は?

高額買取査定

余った韓国焼酎はお酒買取専門店へ

ホームパーティーや晩酌用に購入し余ってしまった韓国焼酎は、お酒買取専門店に売ることができます。前述の通り韓国焼酎には賞味期限がないので、昔購入したボトルでも売れる可能性が高いです。ただし買取専門店によっては対応してくれない場合もあるので、お酒の知識に詳しく韓国焼酎の買取に力を入れている業者を選ぶようにしましょう。
お酒買取店リンクサスでは、チャミスルをはじめとした韓国焼酎の査定に対応しています。買取希望の方、話を聞いてみたい方はぜひ一度お問合せください。

まとめ売りがおすすめ

韓国焼酎はコスパの良さが魅力です。そのため1本あたりの価格は安めであり、ワインやウイスキーのような高額買取にはなりにくいのが現状です。
ですが「まとめ売り」をすれば、買取にかかる諸費用を減らせるため買取価格が高くなりやすいです。韓国焼酎を売る場合は、できるだけまとめ売りを心がけましょう。なおまとめ売りは、日本酒やワインなど韓国焼酎以外のお酒との組み合わせでもOKです。
焼酎買取はこちら

まとめ

今回は韓国焼酎について解説しました。
韓国焼酎は、日本の焼酎よりも飲みやすく色々なフレーバーのものがリリースされています。今まで焼酎を敬遠されていた方も、ぜひ挑戦してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,589
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,121
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,605
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,946
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,173
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«