おすすめウイスキーグラス5選。ストレート・ロック等かっこいいグラスはコレ

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

おすすめウイスキーグラス5選。ストレート・ロック等かっこいいグラスはコレ

2022/3/19
クリック数:565

ウイスキー買取はこちら
おすすめウイスキーグラス5選。ストレート・ロック等かっこいいグラスはコレ
スコッチやバーボン、そしてジャパニーズウイスキーなど、近年流行しているウイスキーたち。せっかく美味しく飲むなら、グラス選びにまでこだわってみませんか?
ウイスキーを飲むときには、グラス選びがとても大切です。グラスひとつでウイスキーの感じ方が変わり、味わいにも変化が生まれてくると言われています。ウイスキーのポテンシャルをしっかりと引き出せるグラス選びをするためには、まずウイスキーグラスの種類や特徴を把握しておきましょう。
この記事ではウイスキーのグラスにフォーカスを当て、種類や選び方のコツを紹介していきます。
ウイスキー買取はこちら

グラスの選び方でウイスキーの味が変わる

ウイスキーは大麦やとうもろこしなどの穀物を原料に作られる蒸留酒のことです。濃縮されたアルコールと深い味わいで、お酒好きの方から根強い支持を受けています。
芳醇な香りと味わいを楽しめるウイスキーは、どのようなグラスに注ぐのかによって味わいや印象に大きな変化が生まれます。特にヴィンテージものの高級ウイスキーなどは香り・味も濃いものが多いため、グラスによる違いが顕著に現れやすいです。
ウイスキーを美味しく飲むためには、いつものコップではなく専用のウイスキーグラスを使用することをおすすめします。ウイスキーグラスとはその名の通りウイスキーを飲むために作られているグラスのことで、香りや味を堪能しやすいような工夫がなされているのが特徴です。なおウイスキーグラスと一言でいっても、その種類にはさまざまなものがあります。

ウイスキーグラスの種類と特徴

1.ストレートグラス

ストレートグラスは、その名の通りウイスキーをストレートで飲むのに適したグラスのことです。香りを確かめるテイスティングに使われるものは、テイスティンググラスとも呼ばれます。
ストレートグラスの特徴は、チューリップのような形状をしていることです。丸い部分にウイスキーを溜めておくことで、香りが逃げないような工夫がなされています。一般的なワイングラスに比べてひと回り小さいのもポイントです。
また“ステム”と呼ばれる脚部分がついていることで、直接手でウイスキー部分に触れない作りとなっています。このような形状によって、手のひらの体温が伝わりにくく温度を変えずに飲むことができます。

2.ロックグラス

ロックグラスとは、オン・ザ・ロックで飲むためのグラスです。正式名称を「オールド・ファッションド・グラス」と言います。サイズの大きい氷が入れられるよう、どっしりとした太めの筒のようなデザインになっているのがポイントです。
ロックのウイスキーを飲むためには、細かい氷ではなく溶けにくい大きな氷を入れるのがポイント。通常のコップではなくロックグラスで飲むことにより、氷で薄まりにくくもしっかりと冷えたウイスキーを堪能できます。
なおロックグラスはデザインの種類も豊富で、円柱型の他にもコロンと丸いデザインのものなどがあります。切子グラスも多く、グラスを集めるコレクターも存在するほどです。

3.タンブラー

タンブラーは細長いタイプのグラスのことです。水割りやハイボールなど、ウイスキーを割って飲む際に使用されます。コークハイなどもタンブラーで作られることが多いです。
タンブラーにはさまざまな素材があります。ウイスキーの色を楽しみたいときにおすすめの「ガラスタンブラー」の他、保温性が高く冷えたハイボールにぴったりな「ステンレスタンブラー」も人気があります。

4.ショットグラス


ショットグラスは、小さなサイズ(ショットサイズ)のグラスのことです。ウイスキーだけでなく、テキーラやリキュール、日本酒などを飲む際にも使われます。
ショットグラスは小さいので、基本的に何も加えられずストレートの状態で飲むことになります。グイッと片手で飲めてしまうので、豪快さがあります。
ストレートグラスに比べ、繊細さは少なくその分勢いよく飲めるのがショットグラスの魅力です。濃い味のアメリカンウイスキーやシャープな味わいのウイスキーなど、刺激をしっかりと味わいながら飲みたいときに適しているグラスです。また乾杯にもおすすめです。

ウイスキーグラスの各部の名称

ウイスキーグラスは部分によって名称が決まっています。ストレートグラスなどを比較する際には、ウイスキーグラスの専門用語について知っておくと便利です。ここからはリム・ボウル・ステム・プレートといった部分ごとの名称を解説していきます。
ウイスキーグラスの各部の名称

【リム】唇に触れるフチの部分

リムは、グラスの飲み口の部分を指します。
リムは直接唇に触れるので、ウイスキーの口当たりに直接影響します。材質のほか、薄さや形状が重要視されます。

【ボウル】グラスの膨らんでいる部分

ボウルとは、グラスの膨らんでいる場所、つまりウイスキーが注がれる部分です。香りを閉じこめ、充満させておく役割があります。
琥珀色が見える部分でもあるため、ボウル部分にデザインがあるとウイスキーを注いだ時の色変化を楽しめます。

【ステム】持ち手・脚の部分

ステムとは、ボウルの下の持ち手を指します。
同じウイスキーのストレートグラスの中にも、いろいろなステムのタイプがあります。ワイングラスのように細くて長いものもあれば、脚部分が短いタイプもあります。ステムがあることで、手の体温がウイスキーに伝わりにくくなり味が保たれます。

【プレート】土台の部分

プレートは、グラスの下部分の土台のことです。土台の直径が大きいと、グラスが安定しやすくなります。プロがテイスティングを行う際は、プレート部分を持って行うことが多いです。

ウイスキーグラスの選び方

1.飲み方で選ぶ

ウイスキー
上記で紹介したように、ウイスキーグラスには様々な形状があります。ウイスキーを飲む場合は、まず飲み方に合わせて形を選ぶようにしましょう。
「ウイスキーグラス」としてよく売られているものは、ロックグラスが多いです。しかしストレートで飲む場合は、香りの逃げにくいストレートグラスの方がベターです。またウイスキー:水=1:1で割るトワイスアップの場合も、ストレートグラスが適しています。
一方でオン・ザ・ロックでウイスキーを楽しむ場合は、ロックグラスが定番です。ロックグラスはサイズが多彩なので、飲みたい量や濃さに合わせて好みのものを選ぶと良いでしょう。ロックグラスの中には、トワイスアップに氷を加えた「ハーフロック」に適したハーフロックグラスもあります。
ハイボールや水割りの場合は、必然と量が多くなるのでグラスも大きめのタンブラーを選ぶことになります。なお水ではなくお湯割りにする場合は、耐熱性のグラスを選ぶようにしましょう。

2.グラスの形状で選ぶ

グラスの形状で選ぶ

リムは薄いものがおすすめ

グラスのリムが薄いほど、ウイスキーの口当たりは良くなります。フラットな状態でウイスキーを口まで運べるため、ウイスキーの味や旨味を舌の上で感じ取りやすくなります。グラス選びに迷ったら、まずはリムの薄いものを選ぶと安心です。
ただしリムが薄いと、それだけ分厚いものに比べて耐久が下がる点に気をつけましょう。高級でリムの薄いクリスタル製のグラスは、食洗機にかけられないなどのデメリットもあります。

ボウルがくびれていると香りが逃げにくい

ボウル部分が丸く飲み口に向かってくびれていると、香りが逃げにくいです。そのままリムの口径まで狭いグラスは、アルコールの刺激を感じにくくまろやかに飲めるという特徴もあります。
またボウル部分が大きいグラスは、単純に容量が入るだけでなく空気に触れる面が大きくなります。そのため独特のアロマを高める効果が期待できます。

ステムが長いと温度変化を防ぎやすい

ここ最近のトレンドは、ステムの長いグラスです。ステムが長いことで手の熱の影響を受けにくくなり、適切な温度で飲みやすくなるためです。
またステムが長いと、グラスを回しやすくなります。グラスを回すことで、空気に触れ香りが引き立つようになります。

3.ウイスキーの種類で選ぶ

ウイスキーの種類で選ぶ
ウイスキーは世界各国で作られていて、ウイスキーの種類によって味わいが変わってきます。グラス選びの際には、どんなウイスキーを飲むのかも考慮してみましょう。代表的なウイスキーには以下のものがあります。

  • スコッチウイスキー・・・スコットランドのウイスキーで、モルトやブレンデッドなどがある。スモーキーな味わいが魅力。
  • アメリカンウイスキー・・・アメリカのウイスキーで、バーボンが特に有名。トウモロコシを使ったものが多く、独特の甘みと強めの刺激が特徴。
  • アイリッシュウイスキー・・・アイルランドのウイスキーで、基本的にノンピート。そのためスッキリしていて飲みやすい傾向にある。
  • カナディアンウイスキー・・・カナダのウイスキーで、スムーズでライトな酒質。ライ麦を使った個性的な香りも楽しめる。
  • ジャパニーズウイスキー・・・日本のウイスキーで、ほんのり控えめなスモーキーさがある。香り高く上品な味わい。

例えばスコッチウイスキーやジャパニーズウイスキーの中で人気の高い、ピート香のあるシングルモルトウイスキーは、香りが滞留しやすい膨らみのあるストレートグラスがおすすめです。シングルモルトウイスキー専用のグラスもあるほどで、飲み口が反り返ったものが定番となっています。シングルモルトはじっくりと味わうように飲むのが理想であり、ショットグラスで勢いよく飲んでしまうのは少しもったいないと言えます。
反対にバーボンなどを勢いよく飲みたい時には、ショットグラスで飲むと刺激が強くなり、ストレートグラスにはない味わいを楽しめます。
このように、ウイスキーの特徴に合わせてグラスを選ぶことで、ウイスキーごとの魅力をさらに引き出せるでしょう。

4.デザイン・ブランドで選ぶ

ウイスキーグラスの中には、美しいカットが魅力のデザイングラスが豊富にあります。見た目のデザインやブランドでお気に入りグラスを選ぶと、よりリッチで楽しい時間を過ごせるのでおすすめです。

おすすめのウイスキーグラス5選

1.ゲレンケアン ブレンダーズモルトグラス

created by Rinker
グレンケアン
¥1,480 (2022/10/02 14:55:24時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・香りを楽しめるモルト用グラス
  • ・世界中に流通していて入手がしやすい
  • ・背が低くボリュームがあり手に馴染みやすい
  • ・サイズ:口径4.5(最大径6.7)cm・高さ11.5cm
  • ・容量:190ml
  • ・素材:無鉛クリスタル製

世界各地のウイスキーフェスティバルで採用されている、スタンダートなストレート用のグラスです。
手に馴染みやすい無駄のないデザインで、トワイスアップやロックなども楽しめるようになっています。ボウル部分の膨らみとくびれで、香りを逃さない設計です。

2.ツヴィーゼル バースペシャル ウイスキーグラス

  • ・ストレート向き
  • ・高い耐久性で食洗機もOK
  • ・長いステムで持ちやすく温まりにくい
  • ・サイズ:口径6.6cm・高さ17.5cm
  • ・容量:218ml
  • ・素材:トリタンクリスタル

ツヴィーゼルはドイツのガラス工房です。トタンクリスタルという特許を取得したガラスのウイスキーグラスで、ステムが長いのにも関わらず耐久性があります。食洗機も可能で扱いやすいのが魅力です。
透明度も高いグラスなので、中のウイスキーの色が綺麗に見えます。

3.バカラ ティアラ タンブラー

created by Rinker
バカラ(Baccart)
¥22,500 (2022/10/02 14:55:25時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・オン・ザ・ロックにおすすめ
  • ・王道の「バカラグラス」でギフトにも人気
  • ・重厚感がありリッチなウイスキーにぴったり
  • ・サイズ:口径9.5cm・高さ8.5cm
  • ・容量:200ml
  • ・素材:クリスタルガラス

クリスタルブランド「バカラ」のグラスは、高級なウイスキーグラスとして人気が高いです。バカラグラスの愛称で親しまれていて、贈り物・プレゼントに選ばれることも多いです。
ティアラタンブラーシリーズは、光に煌めくカットがグラスを囲むように施されているのが特徴です。口が大きく開いたデザインは、大きめの氷を入れるオン・ザ・ロックにぴったりです。

4.リーデル ドリンク・スペシフィック・グラスウェア ハイボールグラス

  • ・水割りやハイボールにぴったり
  • ・メジャーなしで60mlを注げる機能的デザイン
  • ・グラスを傾けても氷が鼻に当たらないデザイン
  • ・サイズ:口径6.5cm・高さ15.4cm
  • ・容量:310ml
  • ・素材:クリスタルガラス

リーデルは、ワイングラスで有名なオーストリアのメーカーです。ワイングラス以外の硝子製品も多数展開していて、そのひとつにハイボール向けのグラスがあります。
リーデルのハイボールグラスは、メジャーがなくても約60mlが量れるデザイン設計になっているのでハイボールを簡単に作れます。2客セットの商品があり、プレゼントにも適しています。

5.サントリー白州 うすづくりタンブラー

created by Rinker
サントリー(Suntory)
¥1,300 (2022/10/02 14:55:26時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・人気ウイスキー「白州」オリジナルのタンブラー
  • ・厚みを抑えたグラスで口当たり良好
  • ・爽やかなミント色が魅力
  • ・サイズ:口径7.3cm・高さ12.8cm
  • ・容量:340ml
  • ・素材:ソーダガラス

ジャパニーズウイスキーで人気のサントリーはオリジナルのタンブラー・ウイスキーグラスを展開しています。サントリー白州うすづくりタンブラーは、白州で作る「森薫るハイボール」にぴったりな設計のグラスです。
従来のメーカー品の7割以下の厚みに抑えていることで、口当たりが軽快でハイボールが飲みやすくなります。ほんのりとしたミントカラーは、白州の森をイメージしておりミントを添えて楽しむハイボールにおすすめです。

飲まないウイスキーは買取専門店へ

飲まないウイスキーは買取専門店へ
お気に入りグラスがあれば、自宅での晩酌がいっそう楽しくなります。ウイスキー専用のグラスを手に入れれば、ウイスキーをボトルで沢山購入し集めたくなることでしょう。
そんな中、買いすぎてしまった場合や頂き物で好みではない味のものなど、ウイスキーが余ってしまうこともきっとあるでしょう。未開封で今後も飲む予定のないウイスキーボトルは、「お酒買取専門店」の買取査定に出すことをおすすめします。
お酒買取専門店リンクサスなら、飲まないウイスキーをお得に現金化できます。ウイスキーの中には何万円~何十万円といった価値のつくボトルもあるので、ぜひ1度お問い合わせ下さい。
ウイスキー買取はこちら

まとめ

ウイスキーグラスには、ストレートやロックなどさまざまな種類があります。ウイスキーを飲む際には、ぜひ専用のグラスを用意してみてください。ウイスキーグラスで飲むことにより、ウイスキー本来の味わいや香りが一層引き立つようになるでしょう。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,604
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,124
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,619
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,954
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,175
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«