高級酒レミーマルタン ルイ13世。ブランデーの種類と定価・値段

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

高級酒レミーマルタン ルイ13世。ブランデーの種類と定価・値段

PR: 2023/8/10
クリック数: 6,686

ブランデー買取はこちら
高級酒レミーマルタン ルイ13世。ブランデーの種類と定価・値段
高級酒の代表格である「ルイ13世」。飲んで美味しいお酒であるのはもちろんのこと、オリジナルのデザインボトルでコレクター人気も高い品として知られています。近年はホストクラブなど夜の街でも話題になっていて、価値は年々高まり続けている状況です。

今回はそんなルイ13世について、どんなお酒なのか、どのような種類があるのかを紹介します。気になる値段や買取価格もご案内するので、ぜひ参考にしてみてください。
ブランデー買取はこちら
 

ブランデーの「ルイ13世」はどんなお酒?

created by Rinker
レミーマルタン
¥394,922 (2024/03/01 19:13:16時点 Amazon調べ-詳細)

レミーマルタンが作った最高級コニャック

「ルイ13世」は、レミーマルタン社が作るコニャックブランデーの一種です。レミーマルタンはさまざまなラインナップのブランデーを展開していますが、ルイ13世はその中でも最も高級で特別なコニャックになります。

もともとはレミーマルタン創業150周年を記念して1874年に生まれたのがはじまりで、そこから現在まで150年近く高級酒として愛され続けています。王室に献上されたこともあるほど特別なコニャックであり、安いものでも数十万、レアボトルになると数百万〜の価値がつくようなボトルも存在しています。
 

レミーマルタンの特徴

ルイ13世を知る上で理解しておきたいのが「レミーマルタン」についてです。レミーマルタンは1724年創業の老舗コニャックメーカーです。

コニャックは原産地呼称制度(AOC)で厳しいルールが定められている高級なお酒であり、特別な製法を満たしたものしかその名を名乗ることができません。レミーマルタンはそんなコニャックの中でも、ヘネシーと並び“2大巨塔”に君臨するほどの存在です。家族経営を続けている非常に珍しいブランドであり、特別なレシピのもとで等級の高い上質なコニャックだけを製造しているのが特徴です。

レミーマルタンは、数あるコニャックの中でも香り高くふくよかな味わいをしているのが個性にあげられます。レミーマルタンの最高級ブランドであるルイ13世は、通常のレミーマルタンよりもさらに上質なブドウを使い、何年もの長期熟成を経た上で作り上げられています。
 

ルイ13世のこだわりポイント!バカラボトルにも注目

ルイ13世のこだわりポイント!バカラボトルにも注目

グランド・シャンパーニュ地区のぶどうを100%使用

コニャックの品質を決める上で重要なポイントとなるのが原料のブドウです。ルイ13世の製造には、「グランド・シャンパーニュ」のブドウのみが使われます。これは6つあるコニャックのランクの中でも最高級のものであり、出来上がるコニャックの品質が非常に高いことを意味しています。

上質なブドウから作られる原酒を1,200種ほどブレンドしているのがルイ13世で、複雑な香りが折り重なるのを堪能できます。フローラルな花の香りや果実の香り、そしてナッツやペッパーのようなスパイシーなニュアンスも中から感じ取ることができます。
 

樹齢100年以上のオーク樽を選び熟成をしている

ルイ13世は原料となるブドウだけでなく熟成樽にもこだわりを持っています。使われるのはフランス・リムーザン地方にて育まれた樹齢100年越えのオーク樽で、原酒は樽の中で何十年と熟成されてからブレンドされます。熟成された原酒の中には100年越えのものもあり、ルイ13世にしかない味わいを堪能できるのが魅力です。

丁寧な熟成を経てから生まれるルイ13世は、長持ちすると言われるブランデーの中でも特に高いポテンシャルを発揮します。今飲んでももちろん美味しいですが、大切に保管することで何年、何十年先でも楽しむことができると言われています。
 

バカラ社製のクリスタルボトルで人気

バカラ社製のクリスタルボトルで人気
ルイ13世といえば、独特な丸いシルエットのボトルも特徴です。バカラ社製のクリスタルボトルであり、ボトル自体にも高い価値が付けられています。
なおレミーマルタンの中には、特別なボトルや古い時代のボトルも存在しています。レアなボトルは現行品よりもさらに価値が高く、ボトルだけでも高価買取の対象となることがあります。
 

レミーマルタン ルイ13世のラインナップと定価・値段

レミーマルタン ルイ13世

created by Rinker
LOUIS XIII (ルイ13世)
¥440,807 (2024/03/01 02:56:54時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ルイ13世の定番ボトル
  • ・観音開きのゴージャスな箱が人気
  • ・シリアルナンバー入り

ルイ13世の定番品は700mlボトルでアルコール40%のコニャックブランデーです。こちらは限定品ではないので、比較的多く流通していて値段さえ出せば手に入りやすいです。価格は20〜30万円ほどで、ホストクラブなどで頼んだ場合は60〜200万円かかると言われています。

なおルイ13世には様々な時代のボトルがありますが、現行ボトルは四角形の赤い箱に入っており、中は観音開きの仕様になっているのが目印です。瓶と替え栓、冊子それぞれにシリアルナンバーが入っているのがポイントで、同じナンバーのものは存在しません。
また現行品ではなく少し古い時代のものになると、金キャップ・四角形の箱入りになります。製造時期によって違いがあるので、ぜひ比較してみましょう。
 

レミーマルタン ルイ13世 マグナム

created by Rinker
¥1,210,000 (2024/03/01 02:56:54時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・ルイ13世のマグナムサイズ(1,500ml)
  • ・中身は定番ルイ13世と同じ

レミーマルタン ルイ13世 マグナムは、通常の2倍以上の量が入るビッグサイズのボトルです。中身は通常のルイ13世と同じものですが、ボトルが特殊なので価値が高いです。
ルイ13世は一般的なものに比べ巨大サイズのコニャックを展開しているのが特徴で、マグナムよりもさらに大きなサイズのボトルも限定品としてリリースされています。これはルイ13世が特別なコニャックで、スペシャルなパーティーなどに選ばれるお酒であることが関係しているのでしょう。
 

レミーマルタン ルイ13世 ザ・ジェロボアム

この投稿をInstagramで見る

Keiichi(@kk.kekeke)がシェアした投稿

  • ・マグナムよりもさらに大きな3,000mlボトル
  • ・2011年発売、毎年限定受注生産品

ザ・ジェロボアムはマグナムの2倍量、3,000mlのボトルです。2011年より発売が開始したボトルであり、受注生産でしか作られていません。
ちなみにジェロボアムはデキャンタの大きさを表す言葉です。コニャック以外にも、シャンパンのボトルなどにも使われるワードです。
 

レミーマルタン ルイ13世 ザ・マチュザレム

  • ・ジェロボアムよりさらに大きな6,000mlボトル
  • ・2016年発売、当時の価格は1,000万円

ザ・マチュザレムはジェロボアムの2倍量、6,000mlのコニャックが詰められたボトルです。20人を超える職人が集まり、一つ一つ手作業で作られている特別な品になります。またボトルにはデキャンタからコニャックを抜き出すためのピペット、そしてクリスタル製のグラスや専用トレイなどが備え付けられています。もちろんシリアルナンバーも入っています。
丸の内のバカラショップに期間限定で展示されるなど、ブランドを象徴する一本となっています。価格は日本円で税抜1,000万円と価格も超スペシャルな点に注目です。
 

レミーマルタン ルイ13世 サルマナザール

  • ・マチュザレムよりさらに大きな9,000mlボトル
  • ・2018年発売、当時の価格は約4,900万円

2018年に限定発売したサルマナザールは、マチュザレムよりもさらに大きな9Lボトルです。総重量15kgとなっており、日本円にすると約4,900万円の値段がつけられているほどの特別な一本です。
現存するレミーマルタンの中でも最も巨大なボトルです。
 

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド

  • ・70年代以前に流通したルイ13世
  • ・100年以上前の原酒が含まれたものもある

ベリーオールド(VERY OLD)と書かれたルイ13世は、70年代以前に流通したボトルです。時代によって様々なボトルがあり、八角形のパッケージやクリアなパッケージのものが存在しています。また通常はバカラ社製ボトルで知られているルイ13製ですが、中にはSaint Loiuis製のボトルもあります。古い原酒が使われたレアなボトルで、希少価値から高い値段がつけられています。
 

レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール

  • ・シルバーカラーの特別ボトルで中身も特別
  • ・2007年発売、当時の価格は100万円
  • ・世界786本限定

ブラックパールのルイ13世は、レミーコアントローの会長職についていたHeriard Dubreuil氏のプライベートストックをブレンドして作られた特別なコニャックです。2007年に世界786本限定で作られた商品で、日本には60本ほど流通しています。
シルバー色のボトルは光の角度で黒やクロムのように色が違って見えるのがポイントです。コレクター人気が高いルイ13世のボトルの一つです。
 

レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール マグナム

  • ・ブラックパールのマグナムサイズ(1,500ml)版
  • ・2008年発売、当時の価格は400万円
  • ・世界358本限定

こちらはブラックパールのマグナムサイズボトルです。2008年に世界358本限定でリリースされました。黒真珠色のクリスタル素材が印象的で、一つ一つ職人によって手作業で作られています。
非常にレアなボトルということもあり、なかなかお目にかかることはできません。
 

レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール AHD

  • ・ブラックパールのハーフサイズ(350ml)版
  • ・2019年発売、当時の価格は約140万円
  • ・世界1,498本限定

ブラックパール AHDは通常ブラックパールのハーフサイズのボトルです。2019年に1,498本限定でリリースされました。限定品ということで、少量にも関わらず通常サイズよりも高い約140万円の価格で発売されているのが特徴です。
発売からまだ数年、そして他の限定ボトルよりも発売本数が多いということもあり、夜の街など日本でも多く見かけることができます。ただし今後、希少価値が高まっていくことは確実でしょう。
 

レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール アニバーサリーエディション

  • ・ルイ13世の140周年を記念し生まれた限定品
  • ・2014年発売、価格は580万円
  • ・世界775本限定

ルイ13世が生まれて140周年の2014年には、限定品のルイ13世 ブラックパール アニバーサリーエディションが発売されました。このコニャックにはレミーマルタンのファミリー用リザーブの一つである容量572Lの特別な「ティエルソン(リザーブ樽)」からボトリングされたものが入っています。
ブラックパールのコルクに“アニバーサリーエディション”の文字も入っていて、特別な一本であることがわかります。
 

レミーマルタン ルイ13世 レアカスク 43.8

  • ・2004年に発見された特別な原酒が含まれる
  • ・2009年発売、当時の価格は約140万円
  • ・世界786本限定
  • ・アルコール度数は43.8%

こちらはルイ13世のレアカスクシリーズと呼ばれるものです。このボトルにはレミーマルタンのセラーマスターであったピエレット・トリシェ氏が2004年に発見した特別な樽による原酒が含まれています。アルコール度数も43.8%と通常のルイ13世よりも高く、芳醇で豊かな味わいのコニャックが詰められています
 

レミーマルタン ルイ13世 レアカスク 42.6

  • ・レアカスクシリーズの第2弾
  • ・2013年発売、当時の価格は約240万円
  • ・世界738本限定
  • ・アルコール度数は42.6%

こちらはレアカスクシリーズの第2弾で、2013年に限定発売されました。このコニャックの中にはピエレット・トリシェ氏が2009年に全ての樽をテイスティングした上で決定した原酒がブレンドされているとのことで、“最高傑作”と名高い一品です。アルコール度数は42.6%に設定されており、こちらも芳醇な味であることが期待できます。2009年にリリースされたレアカスク第1弾よりも価格が高く設定されていて、ルイ13世の高騰化が進んでいることもわかります。
 

レミーマルタン ルイ13世 タイムコレクション ジ・オリジン-1874

  • ・発売当初のボトルをイメージして作られたデザイン
  • ・2017年発売、当時の価格は55万円
  • ・Saint-Louis製のクリスタルボトル

こちらは1874年に初めてリリースされたルイ13世のボトルをイメージして作られた限定品です。2017年に発売されました。
バカラ社製ではなくSaint-Louisのクリスタルボトルが採用されていて、コレクター人気も高いです。
 

レミーマルタン ルイ13世 タイムコレクション2 光の都 パリ-1900

  • ・1900年のパリに敬意を表して作られたデザイン
  • ・2020年発売、当時の価格は76.5万円
  • ・Saint-Louis製のクリスタルボトル

こちらはタイムコレクションのシリーズ第2弾として発売されたもので、こちらもSaint-Louis製のクリスタルボトルとなります。1900年は万国博覧会にてルイ13世が最高賞を受賞した年であり、当時のパリの街に敬意を表して作られました。
デキャンタの形や栓の形も通常ボトルとは違い、特別な1本であることが一目でわかります。
 

2024年ルイ13世にはなにが起こるのか?

2024年ルイ13世にはなにが起こるのか?
ここまでたくさんの種類のルイ13世を紹介しましたが、2024年には更なる特別なボトルがリリースされるとファンの間で噂されています。なぜなら2024年はレミーマルタンにとって300周年という節目の年であり、さらにルイ13世の初リリースから150周年の年でもあるためです。
ルイ13世が節目を大事にしながら限定品を多くリリースしてきた歴史を踏まえると、2024年にはこれまでの中でも最もスペシャルなルイ13世のボトルが限定発売されるのではないかと予想できます。もしかしたらブラックパールのさらに特別な品や、これまで以上に大きなサイズの特別なデキャンタが発表されるかもしれません。ルイ13世が気になるという方は、ぜひリリースに関するニュースをチェックしておきましょう。

ちなみにルイ13世の作り手であるレミーマルタンは、現在レミーコアントローが保有するブランドとなっています。レミーコアントローには日本法人もあり、レミーコアントロージャパン株式会社が酒類の輸入販売を正規で行なっています。レミーマルタンやルイ13世に関する詳しい情報も、おそらく同社から発表されると考えられます。
 

ルイ13世の高価買取はリンクサスにおまかせ

ルイ13世の高価買取はリンクサスにおまかせ
高級コニャックとして名高いルイ13世は、お酒買取シーンでも人気を集めるボトルの一つです。ボトル一つ一つに価値があるため、高額での買取が期待できます。状態が良ければ10万円以上の価値がつけられるのは基本で、限定品になると更なる高値での買取が期待できます。もし自宅に余っているルイ13世のボトルがあるなら、ぜひお酒買取の査定に出してみましょう。

なおルイ13世のような人気コニャックは、ブランデー買取やコニャック買取を得意とするお酒の買取専門店に査定依頼をすることをおすすめします。お酒買取専門店リンクサスでは現在ルイ13世の買取を強化しているので、ぜひお気軽にご相談ください。
 

<ルイ13世買取相場の例>

ルイ13世買取相場の例

  • ・レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール 観音開き・・・1,500,000円〜
  • ・レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド・・・140,000円〜
  • ・レミーマルタン ルイ13世 金キャップ・・・120,000円〜

レミーマルタンの中でも高価買取になりやすいのは、現行品ではないレアボトルと呼ばれるものです。例えばベリーオールドと書かれたものや金キャップのボトルは高値がつきやすいです。また通常ボトルではなくブラックパールのルイ13世は、高値で売れやすいです。ボトルの違いがわからないという方も、まずはリンクサスにぜひお問い合わせください

なお査定時は、ボトルだけでなく箱や外箱、替え栓、冊子などの付属品を合わせてお持ちいただくのが高価買取のコツです。全てシリアルナンバーが揃った状態のものは“完備品”と呼ばれ、査定額が一気にUPします。
ブランデー買取はこちら
 

まとめ

今回はルイ13世について、どのようなラインナップがあるのかを紹介しました。なおここで紹介したのは一部のボトルであり、ルイ13世にはこれ以外の限定品も存在しています。
いずれも高級なコニャックブランデーであり、お酒としてはもちろんコレクションアイテムとしての高い価値がつけられています。これからさらに高騰することも予想されているので、ルイ13世が気になるという方はぜひ今のうちにチェックしておきましょう。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:307,218
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:256,135
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:199,618
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.03.01更新
クリック数:145,497
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.02.02更新
クリック数:115,934
日本酒買取はこちら 日本酒は腐りにくいと言われる飲み物です。そのためすぐに買って飲むこともあれば、しばらく未開封のまま保管しているケースもあるかと思います。しかし、保管したお酒をいざ飲もうとして、「本当に飲んでいいのか」 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«