ナチュールワインとは。オーガニックの違い特徴や通販おすすめ10選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

ナチュールワインとは。オーガニックの違い特徴や通販おすすめ10選

2022/11/11
クリック数:247

ワイン買取はこちら
ナチュールワインとは。オーガニックの違い特徴や通販おすすめ10選
今、ワインカテゴリの中で人気を博しているのがナチュールワインです。
ナチュールは、ナチュラルを意味する言葉であり、簡単にいえば「ナチュラルなつくりのワイン」といったカテゴリと考えるとわかりやすいかもしれません。
本記事では、ナチュールワインの基礎知識から豆知識、おすすめのナチュールワインを紹介していきます。
ワイン買取はこちら

ナチュールワインについて

ナチュールワインの基本情報を下記の内容にまとめました。

  • ナチュールワインとは?
  • ナチュールワインの定義は?
  • ナチュールワインと無添加ワインは違う?

それぞれ解説していきます。
 

ナチュールワインとは?

ワイナリー
ナチュールワインとは、冒頭でもお伝えしているように「ナチュラルなつくりのワイン」のことです。
フランス語で、こういったワインを「ヴァン(ワイン)・ナチュール(ナチュラル)」と読んでいることから、これらをシンプルに表現したのがナチュールワインということになります。
詳しくは後述しますが、ナチュールワインは自然派ワインのひとつであり、その定義はやや曖昧です。「自然派ワイン」というと、“無農薬栽培を経たブドウを原料に、一切の添加物などを加えず、自然のまま発酵、瓶詰めされているワイン”と思われていますが、実際は違います。
ワイン市場で自然派といった言葉が一人歩きしていることから、ワイン業界でも自然派ワインの定義がわかりにくくなってしまっているといった問題が起こっているのです。
今回の主題であるナチュールワインは、“自然派ワインの中でも、もっともピュアなつくりのワイン”といえます。
自然の力をリスペクトする生産者の想いが込められたワインであることから、今世界的にも話題になっているのです。
 

ナチュールワインの定義は?


ナチュールワインとは、どんなワインなのでしょうか。基本的に、ナチュールワインには絶対的な定義はありません。
例えば、法律でナチュールワインの定義が定められていない国の生産者が、“ナチュールワインだ”といって売り出していた場合、それはナチュールワインとなります。
“それは違う”と業界団体が伝えても、定義が曖昧な以上、消費者が理解できず玉石混淆といった状態が現状です。
ただし、近年フランスのINAO(フランス原産地名呼称委員会)がヴァン・ナチュール(ナチュールワイン)における公式な定義を認可し、ある程度の定義を出しました。
INAOが定義するナチュールワインの定義を簡単に下記にまとめました。

    • 野生酵母のみの醸造
    • 逆浸透膜、補糖など人的介入不可
    • 亜硫酸量は規定以上の使用は不可

あくまで上記の定義はINAOによるものであり、世界のナチュールワイン生産者がこれに賛成しているわけではありません。

仮にナチュールワインを全体的に俯瞰した上で定義を伝えるとしたら、“自然環境に配慮した無農薬ブドウを原料に、天然酵母で、できるだけ人的介入を無くしたワイン”といったところになるのではないでしょうか。
 

ナチュールワインと無添加ワインは違う?


日本でも、“無添加ワイン”と呼ばれるワインが多く販売されており、ナチュールワインと混合している消費者も少なくありません。
とくに食の安全性に強い関心を持つ日本人の場合、“無添加=余計なことを一切していない”といったイメージを持っているため、そういった発想になりやすくなるのはわかります。
しかし、根本的にナチュールワインと無添加ワインは別物と考えるべきでしょう。ナチュールワインは、上記でお伝えしたように無農薬ブドウを原料に、できるだけ人的介入を無くした天然酵母のみで発酵されているワインです。
一方の無添加ワインは、亜硫酸などの保存料を使っていないワインのことで、原料ブドウや醸造における工程などに定義はありません。
例えば、細菌混入などは別として、ワインの天敵は「酸化」といわれています。その理由は、空気中の酸素に多くワインが触れてしまうと、ワインが早く劣化してしまう恐れがあるからです。
無添加ワインというのは、保存料を使わないようにするためにワイン中の酸化で反応する物質を取り除いたり加熱処理などをしたワインで、味わいの良さではなく酸化防止に力を入れたものと考えるとわかりやすいでしょう。
ナチュールワインは、亜硫酸ゼロといったものも多いですが、微量のみを使用しているものもあります。それは、生きたワインを健全に瓶詰めするための行為であり、消費者がワインを飲む頃にはほとんど亜硫酸は無くなっているため(ほか成分と反応して別の物質になる)、人体に影響があるとはいえません。
ナチュールワインと無添加ワインは同一視されやすいワインですが、似て非なるものと考えておくべきではないでしょうか。
 

ナチュールワインと自然派ワイン

上記で、ナチュールワインは自然派ワインのひとつとお伝えしました。そのため、ナチュールワインを理解するためには、自然派ワインについて理解しておく必要もあるでしょう。
ここからは、ナチュールワインを理解する上で重要な自然派ワインについて考えていきます。
 

自然派ワインとは?


ワインショップなどで、「自然派ワインコーナー」といった文言を見かけたことはないでしょうか。自然派ワインというと、やはり健康だったりピュアなつくり、人的介入がほぼないナチュラルなワインといったイメージを抱くため、日本国内でも人気があります。
しかし、じつは自然派ワインにはさまざまな種類が存在しており、それぞれ定義などが全く違っているのです。
ただし、どの種類の自然派ワインも、ある一定の定義だけは同一です。それが、「有機農法で栽培されたブドウを原料にしたワイン」というところです。
上記でナチュールワインと無添加ワインの違いをお伝えしていますが、この二つの決定的な違いは、「原料ブドウが有機農法で栽培されていることが明確か否か」といったところになります。
無添加ワインでも、有機農法栽培のブドウが原料とされている場合もありますが、「無添加」を名乗る上でそこは言及されません。
つまり、無添加ワインは自然なイメージではあるものの、自然派ワインのカテゴリに入るワインではないということになります。
ちなみに、自然派ワインはナチュールワイン以外にこれらの種類が存在しています。

  • オーガニックワイン
  • ビオディナミワイン
  • 特定の呼称のないワイン

「特定の呼称のないワイン」というと不安になるかもしれません。しかし、これらは減農薬栽培やサスティナブル農法など、有機農法ほどではないものの、自然環境に配慮したブドウを原料として使ってつくられているワインです。
各カテゴリには、ワイン法で定められた定義や認証団体が定めた定義などが存在しており、比較的厳しく統制されています。
 

もっとも厳格な自然派ワインがナチュールワイン

もっとも厳格な自然派ワインがナチュールワイン
上記で紹介した自然派ワインの一部に、ナチュールワインがあります。未だ定義は曖昧ではありますが、原料ブドウ、酵母の使い方、醸造における工程、亜硫酸量の使用量など、全てが自然派ワインの中でも厳格に定められているところが特徴です。
基本的にナチュールワインをつくる生産者たちは、自然の恵みであるブドウを極力手を加えずにワインにしたいと考えている人たちです。
世界では、その考え方を持つ生産者たちが生産者団体を構成するなどして、「ナチュールワイン」を名乗るための厳しい基準を設けています。
結果的に、最も自然に配慮した厳しい規定の自然派ワイン、「ナチュールワイン」といったカテゴリが誕生とした考えられるのではないでしょうか。
 

ナチュールワインの特徴とペアリング

ナチュールワインの特徴
ここからは、ナチュールワインの特徴とペアリングについて考えていきます。ワインの特徴、そしてペアリングの仕方をそれぞれ解説していきましょう。
 

ナチュールワインの特徴

ナチュールワインの特徴は、全体的に「アロマが複雑」であり「繊細な味わい」であるところと、「色味が淡い(赤ワインやロゼ)」といったところにあります。
ナチュールワインは、人的介入がほとんどないことから、酸化による影響や発酵中の酵母の影響、樽由来の何らかの悪き酵母の混入の影響を受けやすいワインです。
さらに天然酵母で醸造することからコントロールが難しく、結果的にオフフレイバーと呼ばれるワインにとってマイナスなアロマを出してしまうものが少なくありません。
しかし、本来は欠陥と捉えられるその香りがプラスに働くことがあり、一般的なワインとは違う、独特で複雑性のある香りを楽しむことができるのです。
また、ナチュールワインはあまりブドウの成分を抽出しないなど、醸造の工程上、赤ワインやロゼは色味が淡く仕上る傾向となります。
また、補糖なども行わないため酵母がアルコールを生成させる量も限られることから、アルコール度数が低く、味わいが全体的に繊細に仕上るといった特徴があるのです。
良い評価とすれば、「体の隅々まで行き渡るようなピュアな味わい」。ただし、どっしりとしたフルボディの赤ワインや樽の効いた白ワインが好きな人からは、やや繊細過ぎるワインと捉えられているといった特徴があるようです。
ナチュールワインは好みが分かれるワインですので、自分で選ぶ際はその特徴をよく理解した上で購入するようにしましょう。
 

ナチュールワインのペアリング

ナチュールワインのペアリング
ナチュールワインは、ペアリングが非常に面白いワインとして知られています。その理由としては、上記でお伝えしたように、「味わいが繊細でアロマが複雑」だからです。
例えば、うにの寿司などとワインを合わせる場合、一般的なワインだと生臭さが際立ってしまい、厳しい相性となります。
一方、ナチュールワインはクセのある風味と料理を邪魔しない繊細な味わいであることから、こういった料理と喧嘩することなく、そっと寄り添うペアリングを楽しむことができるでしょう。


その他、漬け物やあんこなどを使用した和風スイーツ、エスニック系でも問題なく合わせることができます。
もちろん、一般的にワインと会うといわれている肉料理や魚料理との相性もよいですが、あまりボリューム感のある味わいのものと合わせると、力負けしてしまう恐れがあります。仮に、こういった料理に合わせる場合、スパイスなど複雑な風味に仕立てるとペアリングがうまくいくでしょう。
 

ナチュールワインの選び方と注意点

ナチュールワインに興味を持たれた方も多いかもしれません。しかし、ナチュールワインは一般的なワインとは違い、選び方が非常に難しいワインです。
その理由は、「生産者によって品質が全く違う」といったところと、「ヴィンテージの影響を受ける」からでしょう。
ここからは、ナチュールワインの選び方と注意点を解説していきたいと思います。
 

ナチュールワインの選び方

ナチュールワインと無添加ワインは違う?
ナチュールワインは、できるだけ自然な環境で育てられたブドウを原料につくられた、人的介入がほとんどないワインです。
ここだけ切り取ると、「とてもピュアで素敵なワイン」といったイメージを抱くかもしれませんが、ワインづくりは簡単なものではありません。
そもそも、ほとんど手を加えずに美味しく健全なブドウが栽培できるのであれば、世界中のブドウ農家は農薬を使用していないでしょう。つまり、農薬を使用するということは、それだけ健全に育てることが難しい果物だという証拠なのです。
また、ワインはその醸造中に酸化や細菌混入など、数多くのリスクに苛まれます。そもそも、天然酵母で発酵を完璧にスタートさせ、終わらせるのは運に近いものがあるでしょう。
ナチュールワインは、健康だけでなくファッション性の高いワインとも認識されているため、経験と知識の浅い生産者がマーケティング目的で手がけている場合も多いのが現状です。(自然と調和したいといった想いもある)
ナチュールワインを選ぶ際、必ずチェックすべきは生産者の情報です。どれだけワインづくりに携わってきたのか、テクニックはあるか、どういった哲学でワインをつくっているのか。ナチュールワインは、自然と正面からぶつかりながらつくられるワインであり、それ相応の覚悟が生産者には求められます。
美味しいナチュールワインを手に入れたいといった方は、必ず生産者を確認した上で購入するようにしましょう。
 

ナチュールワインの注意点

ナチュールワインは、上記でお伝えしたように生産者をしっかりと確認してから購入しましょう。自然な栽培だから安全といいながら、カビなどの病気におかされているブドウが使用されていたら本末転倒です。
また、醸造においてオフフレイバーが出やすい傾向にあるほか、経験が浅い生産者の場合はワインに味がまったく乗ってこないなど、“品質に難があるワイン”ができあがることも珍しくありません。
また、亜硫酸無添加だったり人的介入をしていないナチュールワインですので、保存にも注意したいところです。
空気中の酸素に触れると酸化スピードが一般的なワインより早かったり、温度、光の当たり具合によっても劣化しやすくなります。
ナチュールワインカテゴリのスパークリングワインの場合、ワイン中に酵母がまだ生き残っている場合もあり、再発酵による瓶爆発の可能性もゼロとはいえません。
ナチュールワインを取扱う際は、品質重視で購入し、できるだけ低温・暗所で保存するように心がけましょう。
 

通販でも買えるおすすめのナチュールワイン10選

ここからは、おすすめのナチュールワインを紹介していきます。気になったナチュールワインがあった方は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。
 

ハンキードリー ソーヴィニヨン ブラン

created by Rinker
ハンキー・ドリー
¥2,504 (2022/12/05 01:58:21時点 Amazon調べ-詳細)

ニュージーランド産のヴァン・ナチュール。3つの畑の異なるタイプのソーヴィニヨン・ブランを使用した、こだわりが詰め込まれた白ワインです。
ワイナリーのハンキードリーは、環境団体よりサステイナブル認定やカーボンゼロ認定、オーガニック認定などを受ける信頼の生産者。
ソーヴィニヨン・ブランの魅力をたっぷりと詰め込んだこだわりの1本です。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ハンキー・ドリーソーヴィニヨン・ブランNVニュージーランド

 

ファットリアアルフィオーレ かもしかわいん

created by Rinker
ファットリアアルフィオーレ
¥3,300 (2022/12/05 01:58:22時点 Amazon調べ-詳細)

日本ワインにも意外に多い、ナチュールワイン。「かもしかわいん」は、その年に収穫された良質なワインをブレンドしてつくられるシリーズで、その年にしか出会えない味わいが魅力です。
日本ワインのナチュールワインらしい、シソや赤い小さなベリー、さわやかな酸味が特徴。ワイン初心者でも飲みやすい、うまみを感じる魅力的な1本となっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ファットリアアルフィオーレマスカット・ベイリーA / メルロー / ネオマスカット / スチューベン /甲州2020日本

 

パット ルー シャブリ


ブルゴーニュの名醸地シャブリのナチュールワイン。シャルドネは極力収量を抑えており、柑橘のシャープなアロマではなく非常にまりやかな香り高い仕上がりです。
主にステンレスタンクにて自然酵母で発酵・熟成させるなど、こだわりが詰め込まれた贅沢な1本となっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
Le・Luxeシャルドネ2018フランス

 

ミソノ・ヴィンヤード デラウェア2021

created by Rinker
酒のキンコー
¥3,202 (2022/12/05 05:01:10時点 Amazon調べ-詳細)

有機農法で栽培された自家農園の古木のデラウエアを100%使用した、北海道産のナチュールワイン。微発泡ワインを意味するペティアンで仕上げており、甘酸っぱいアロマとやわらかく心地酔い口当たり、後味の爽やかな酸味が特徴的です。
野生酵母・亜硫酸無添加で10日間にわたり皮と種と一緒に醸している、近年人気の高いオレンジワイン
奥行きのある風味や、強いうまみをしっかりと感じられる1本です。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ミソノ・ヴィンヤードデラウェア2021日本

 

ドメーヌ・レ・グランド・ヴィーニュ ビュル・ナチュール オーガニック


1626年からブドウ栽培・ワイン醸造を続ける伝統的なドメーヌのナチュールワイン。ビオディナミ農法でブドウ栽培を手がける、正真正銘の自然派ワイナリーです。
シャルドネを中心としたブレンドで、柑橘や洋梨、リンゴなど、果実の甘やかな香りを楽しめます。天然酵母らしいピュアな味わい。一度飲んだらクセになるワインに仕上げられているのではないでしょうか。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ドメーヌ・レ・グランド・ヴィーニュシャルドネ, シュナン・ブランNVフランス

 

レ グランド アテ アレクサンドル バン


プイィ フュメを名乗ることができる名醸地でつくられる、VIN DE FRANCE。土質、砂質、石灰質といった複雑な土壌組成から生み出されるブドウは、凝縮度の高い品質のよいもの。
自然酵母によって発酵させた後、500Lの大樽にて熟成させ、人的介入をほぼせずに瓶詰めされるナチュールワインです。繊細さの中に厚みも感じられる、ハイクオリティな1本です。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
アレクサンドル・バンソーヴィニヨン・ブラン2018フランス

 

カベルネ ブルトン レ グランド ヴィーニュ


フランスきってのナチュールワイン産地、ロワール・ブルトン産の赤ワイン。砂利の多い砂岩土壌にて、平均樹齢60年を超えるカベルネ・フランを贅沢に使用しています。
48時間マセレーション、古樽に移しマロラクティック発酵、5ヶ月間熟成後瓶詰など、こだわりが詰め込まれた仕上がり。
瓶詰め時の亜硫酸は無添加といった、こだわりのナチュールワインです。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
レ グランド・ヴィーニュカベルネ・フラン2019フランス

 

ルー デュモン ジュヴレ シャンベルタン キュヴェ ナチュール ビオ 2017

created by Rinker
ルー・デュモン【Lou Dumont】
¥9,958 (2022/12/05 01:58:24時点 Amazon調べ-詳細)

ワイン醸造家 ルー・デュモンの仲田晃司氏の醸す、ナチュールワイン。世界きっての赤ワイン銘醸地ジュヴレ シャンベルタンから生まれた、極上の1本。
「オー・コルヴェ」と「ラ・ジュスティス」の2区画で収穫されたピノ・ノワールを天然酵母で醸す、贅沢な仕上がりとなっています。
凝縮感、果実と酸、コクなど、生産者も絶賛する最高のヴィンテージです。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ルー デュモンピノ・ノワール2017フランス

 

プリマ ナチュール シャルドネ 2021 ジェラール ベルトラン


ナチュールワインのメッカでもある、フランス・ラングドック・ルーションのナチュールワイン。亜硫酸塩無添加でつくられるワインシリーズとなっており、熟した果実の美味しさをダイレクトに感じられる仕上がりが魅力です。
ブドウが健全に育つ土地柄、ナチュールワインとは想像できない、厚みとコクを楽しむことができるところも特徴でしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ジェラール ベルトランシャルドネ2021フランス

 

GRAPE REPUBLIC Rosso 2019


ニュージーランドの名ワイナリーで修業した藤巻一臣氏率いる、話題のワイナリーGRAPE REPUBLIC。有機栽培のブドウを原料としていることはもちろん、極力自然の状態で醸される、正真正銘のナチュールワインです。
香りをナイアガラ、スパイシーをヤマソーヴィニヨン、甘酸っぱさをスチューベンが補完する、全体的にバランスの取れた仕上がりが特徴。
日本を代表するナチュールワインといっても過言ではないでしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
GRAPE REPUBLICINCスチュ-ベン、ヤマソ-ヴィニヨン、ナイアガラNV日本

 

ワインの買取について

ワインの買取について
お酒買取専門店リンクサスでは、ナチュールワインをはじめ、世界各国のワインを高価買取しております。
ナチュールワインをもらったけれど飲む機会がない、もう飲むことのない未開封のナチュールワインを処分したいお客様は、ぜひリンクサスにご相談ください。
ナチュールワインをはじめ、リンクサスでワインを高価買取するコツを下記にまとめました。

  • 品質維持に努める
  • できるだけ早く売る
  • 付属品も一緒に売る
  • 買取前にキレイにしておく
  • 当たり年のワインは高価買取

ナチュールワインは、非常に繊細なワインです。そのため、品質がよい状態で保存されている場合には、高価買取に繋がります。また、ワインには賞味期限はございませんが、飲み頃を過ぎると劣化スピードが早くなる恐れがございます。
“ワインを買取してもらいたい”と思われたお客様は、できるだけ早めにお売りいただくことをおすすめいたします。
その他、売る前にワインボトルをキレイにしておく、ワイン購入時に付いてきた化粧箱などの付属品を一緒にお売りいただくこと、当たり年のワインなども高価買取となりますので、ぜひご検討くださいませ。
ちなみに、リンクサスではこれら3つの買取方法をご用意しております。

「店頭買取・出張買取・宅配買取」など、お客様のライフスタイルに合わせた買取方法をお選びいただけます。また、リンクサスでは電話やオンラインLINEなどで、ワインの事前査定が可能です。
LINEであれば、ワインのお写真を送っていただくだけで、ある程度の査定額をお伝えすることができるので、ぜひご活用いただけますと幸いです。
もちろん、リンクサスでは事前査定から買取で発生する手数料は一切ございません。
ナチュールワインを売りたいといったお客様は、ぜひリンクサスにご一報ください。
ワイン買取はこちら
 

まとめ

ナチュールワインは、「自然なワイン」といったイメージから、近年大注目されているワインカテゴリとなりました。
しかし、本当に美味しいナチュールワインを手に入れるためには、その基本をしっかりと押さえた上で選ぶ必要があります。
ぜひ、美味しいナチュールワインを手に入れたいといった方は、本記事の情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また、ナチュールワインを売りたい方、ワインを売りたいといった方は、ぜひリンクサスをご利用ください。ワインの知識や買取経験が豊富なプロバイヤーが、誠心誠意、心を込めてお客様のワインを査定いたします。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2022.11.16更新
クリック数:59,518
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:56,132
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:45,149
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:38,892
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:38,029
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«