ルイナールは世界最古のシャンパン。値段やブランドブラン・ロゼ一覧

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

ルイナールは世界最古のシャンパン。値段やブランドブラン・ロゼ一覧

PR: 2023/10/05
クリック数: 783

シャンパン買取はこちら
ルイナールは世界最古のシャンパン。値段やブランドブラン・ロゼ一覧
シャンパンにはさまざまな作り手(メゾン)があります。メゾンごとに作られるシャンパンに違いがあるので、好みのシャンパンを知るためにはどのような個性があるのかをぜひ知っておきましょう。

今回は芸術とも称されるルイナールのシャンパンについて解説します。ルイナールの歴史やシャンパンのラインナップにも触れているのでぜひ参考にしてください。
シャンパン買取はこちら
 

「シャンパーニュの宝石」と呼ばれるルイナール

「シャンパーニュの宝石」と呼ばれるルイナール

ルイナールは世界で最古のシャンパーニュメゾン

ルイナールはフランス・シャンパーニュ地方のランスで活躍するメゾンの一つです。メゾンの歴史は非常に長く、1729年にニコラ・ルイナールによって創設されたのが始まりです。公に販売を認められた初のシャンパンであり、「世界最古のシャンパン」と呼ばれることもあります。シャンパンの歴史を語る上では欠かせない存在と言えるでしょう。

当時、修道士であったドン・ティエリー・ルイナールは、泡立つワインの“シャンパン”に将来性を感じ研究を重ねます。そして甥であるニコラ・ルイナールに、シャンパン作りに対する強い意志を託します。
ニコラ・ルイナールはもともと繊維商として活躍していましたが、意志を次いでシャンパン造りに尽力することとなります。繊維商の顧客相手にシャンパンを配り、そこから本格的にシャンパン造りの道を歩んでいきました

ドン・ティエリーの時代から研究されていたルイナールのシャンパンは、瞬く間に人気を集め事業が成長していきます。メゾンの創設からわずか数年後には、シャンパン事業のみで大きな利益を得られるほどに育っていたといいます。
そんなルイナールのシャンパンは、とにかくエレガントで素晴らしい作りであることが特徴です。洗練されたブドウの個性を最大限に引き出したシャンパンで、現代でも多くの美食家・シャンパン愛好家の舌を唸らせています。
 

シャルドネの芸術を体現したシャンパン作り


ルイナールはシャルドネの洗練にこだわりを持つ、「シャルドネのエキスパート」です。ルイナールの生み出すシャンパンは、しばしばシャルドネの芸術とも称されています。シャルドネ種は白ワインの女王と呼ばれるブドウ品種であり、このブドウから作られるシャンパンはすっきりとしたエレガントな仕上がりになるのが特徴です。特にシャンパーニュ地方は冷涼な気候のエリアであり、スマートで上品な味わいのシャルドネが多く生み出されます。

なおルイナールのシャンパンに使われるシャルドネには、大きく分けて「コート・デ・ブラン」「モンターニュ・ド・ランス」と2つの地区のものがあります。
コート・デ・ブランはシャルドネの聖地と言われる場所で、石灰質の土壌からミネラルたっぷりのシャルドネが育ちます。シャンパンにすると非常に優雅な仕上がりになります。一方でモンターニュ・ド・ランスは、もともとピノ・ノワール種で有名な地区になります。ここで育つシャルドネは、骨格のはっきりとした芯のある仕上がりになるのがポイントです。

ルイナールでは異なる個性のシャルドネをアッサンブラージュ(ブレンド)することで、複雑で奥行きのあるシャンパンを作り出しています。シャルドネにこだわった「ブラン・ド・ブラン(シャルドネ100%)」のシャンパンもあるのでぜひチェックしてみましょう。
 

ランスの地下深くに広がる熟成用セラーを持つ


ルイナールはシャンパンの熟成にもこだわりを持ちます。ランス地区の地下にある「クレイエル」という貯蔵庫を使用しています。
クレイエルは2000年前、ガリアローマ時代に存在していた石切り場跡にあります。地下およそ30mの深さにある貯蔵庫で、温度や湿度がちょうどよく、シャンパンの熟成や保管に最適な環境だと言われています。

現在はクレイエルを貯蔵庫として使用するメゾンも増えてきています。2015年にはクレイエルがユネスコ世界遺産にも認定されています。
 

伝統を大切にしながらも新しい取り組みを多く行う

アーティストとのコラボレーション


まもなく300周年を迎えようとするルイナールですが、伝統を守りながらも革新的な取り組みに積極的にチャレンジしています。その代表とも言えるのが、著名なアーティストとのコラボレーションです。

ルイナールは毎年、国際的に活躍するアーティストをメゾンへ招き入れ、作品を制作するという“カルト・ブランシュ”を行っています。例えば2022年には、デンマーク出身のアーティストであるイェッペ・ハインとのコラボも行われました
またルイナールは世界で行われる年間30以上のアートフェアにも多くの協賛をしています。アートとルイナールのシャンパンは、切っても切れない関係性にあるのです。
 

セカンドスキンパッケージのリリース


2020年以降のルイナールは、「セカンドスキン」のパッケージもリリースしています。こちらはかつてのシャンパンのギフトボックスではなく、100%リサイクル紙から作られたパッケージの商品となります。
SDGsを目指すセカンドスキンのパッケージは、従来の箱よりも約6割二酸化炭素をカットして作られています。このように環境に配慮するというメゾンの姿勢も、世界から大きな注目を集めています。
 

ルイナールのラインナップと特徴・価格

ルイナールのシャンパンには4種類のラインナップがあります。ここからは、それぞれのボトルや価格について解説していきます。
 

ルイナール ブラン・ド・ブラン

created by Rinker
Ruinart(ルイナール)
¥11,374 (2024/04/13 20:15:15時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・品種:シャルドネ100%
  • ・価格:約15,000円(税込)

ルイナール ブラン・ド・ブランはシャルドネ100%で作られるシャンパンで、ブランドを代表する1本です。淡く美しい黄金色の見た目が印象的で、グラスに注ぐときめ細やかな泡が立ち上る様子を確認できます。
シャルドネならではの上品さ、すっきりとした酸味で非常に飲みやすい仕上がりです。柑橘類を思わせる爽やかでフルーティーな香りもします。万能なシャンパンでさまざまな料理に合わせることができますが、特に和食・海鮮とは相性が抜群に良いです。
 

ルイナール ロゼ

created by Rinker
Ruinart(ルイナール)
¥11,200 (2024/04/13 20:15:15時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・品種:シャルドネ45%、ピノ・ノワール55%
  • ・価格:約15,000円(税込)

ルイナールの作るロゼシャンパンがこちらです。ほんのりとオレンジがかった美しいピンク色の見た目で、みる人を虜にするような魅力を持ちます。もちろん味わいも最高で、チェリーやラズベリーのような赤い果実のニュアンス、そしてトロピカルフルーツとロゼならではの豊かさが広がっていきます。
白のシャンパンとはまた違った骨格のある味わいで、仔羊や仔牛などの料理によく合います。見た目がピンク色でキュートなので、女性への贈り物としても人気があります。
 

ドン・ルイナール ブラン・ド・ブラン

  • ・品種:シャルドネ100%
  • ・価格:約40,000円

ドン・ルイナール ブラン・ド・ブランは、メゾンの中でもトップキュヴェに当てはまるボトルです。初代ドン・ルイナールの名を冠した偉大なるシャンパンで、良質なブドウが取れた年にのみしか作られないヴィンテージものになります。熟成期間もノンヴィンテージより長く、9〜11年の期間をかけてじっくりと育てられていきます。
代表的なボトルには2010ヴィンテージや2007ヴィンテージがあります。ミネラル感と優雅さ、上品な酸味が際立つ1本で、熟したピーチのような果実味や長い余韻も感じ取ることができます。カルパッチョやシーフードに合わせて贅沢に堪能しましょう。
 

ドン・ルイナール ロゼ

created by Rinker
¥43,769 (2024/04/13 20:15:15時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・品種:シャルドネ80%、ピノ・ノワール20%
  • ・価格:約45,000円(税込)

トップキュヴェ、ドン・ルイナールのロゼバージョンになります。こちらも当たり年にだけ作られる特別なヴィンテージシャンパンで、2009ヴィンテージや2007ヴィンテージなどがリリースされています。
シャルドネをベースとした中にピノ・ノワールの赤ワインが加えられており、エキゾチックなアロマと芯のあるストラクチャーを体感できます。一般的に発売されているロゼシャンパンよりもシャルドネの比率が高いのが特徴で、シャルドネの芸術と言われるルイナールの個性を存分に感じることができます。
スパイシーなニュアンスもあるので、エスニックや中華料理のお供にもおすすめです。
 

ルイナールのシャンパンを美味しく飲む方法

飲み頃の温度を見極める

飲み頃の温度を見極める
ルイナールのような高級シャンパンには、飲み頃と言われる最適な温度があります。やや冷やしすぎないのがポイントで、できれば日頃からシャンパン用のセラーに入れておくのが好ましいとされています

温度はノンヴィンテージの「ルイナール ブラン・ド・ブラン」や「ルイナール ロゼ」の場合は5〜8℃ほどが目安になります。どうしてもセラーがなく冷蔵庫で冷やす場合は、飲む前に冷蔵庫外に出し、室温でやや馴染ませておくと良いでしょう。
ヴィンテージの「ドン・ルイナール」シリーズの場合は、熟成感を堪能できるよう10〜12℃とややぬるめにしておくのがポイントです。温度帯を少し上げることで、香りが膨らんでいくのを体感できるでしょう。
 

正しい保管方法で品質を保つ

正しい保管方法で品質を保つ
ルイナールはすぐに飲まない場合、どのように保管しておくかも重要になります。なぜならシャンパンは繊細な飲み物なので、正しく保管をしていないとすぐに劣化してしまうからです。

未開封の状態では、冷暗所で静かに保管しておくのが基本です。ルイナールのボトルはコルク栓になるので、ボトルを横向きに寝かせ、コルクが乾かないようにしておくのがコツです。この際、冷暗所で保管をしておくように努めましょう。特に直射日光の当たるような場所や、匂いの強いものがそばにある場所はNGなので覚えておきましょう。

開封後のシャンパンは、できるだけその日のうちに飲み切ってしまうのがベストです。なぜなら空気に触れることで炭酸がぬけ、酸味も増していくためです。どうしても次の日まで保管しておきたい場合は、シャンパンストッパーなどを活用し瓶内の空気を減らしてきちんと栓をしておきましょう。栓をした場合も、2〜3日中には飲み切るように努めましょう。
 

ルイナール300周年のカウントダウンプロジェクトとは?

この投稿をInstagramで見る

ambition(@ambition.winebar)がシェアした投稿


1729年に創業したルイナールは、2029年にメゾン設立から300周年を迎えます。この記念すべき節目を迎えるにあたり、ルイナールでは2019年よりカウントダウンプロジェクトをスタートしています
ルイナールのカウントダウンプロジェクトでは、アートとのコラボや革新的な取り組みなどさまざまなコンテンツが用意されています。前述した「セカンドパッケージ」というサステナブルな取り組みも、そのうちの1つと言っていいでしょう。
このほか全世界にて多くのイベントなども開催されています。2023年には、「ルグラン・フィーユ・エ・フィス東京」にてルイナールを五感で楽しめるテイスティングイベントも実施されました。

ここまでの精力的な活動を見ると、ルイナールの今後にはますますの期待ができます。これから2029年に向けて、もしかしたら記念ボトルのルイナールなどが発売されるかもしれません。おそらく限定のルイナールが発売された場合、非常に希少なボトルになることが予想されます。
 

ルイナールのシャンパンが余ったらお酒買取へ

ルイナールのシャンパンが余ったらお酒買取へ
「ルイナールのシャンパンが余ってしまっている」「コレクションの整理をしたい」
このように、ルイナールを手放すことをお考えの方もいらっしゃるかと思います。ルイナールのシャンパンをもし手放す場合は、そのまま無駄にしてしまうのではなくお得なお酒買取を利用してみましょう。

ルイナールのような質の良いシャンパンは、未開封で正しく保管をしていれば何年と日持ちします。昔に買ったボトルでも売れることがあり、中には古いからこそ価値がつくようなボトルも存在しています。

ルイナールをどこに売るべきかわからないという方は、ぜひお酒買取専門店リンクサスまで一度ご相談ください。リンクサスにはワインやシャンパンの買取に詳しいプロの査定員がいるので、安心して買取査定をご依頼いただけます。業界最高水準の価格とスピーディーな取引対応で、お客様の大切なシャンパンをお取引させていただきます。もちろん査定にかかる費用は0円なので、お気軽にご利用ください。
シャンパン買取はこちら
 

まとめ

シャルドネを使ったシャンパンで有名なルイナール。実は世界で初めて公に認められたシャンパンであり、その歴史はなんともうすぐ300年に差し掛かろうとしています。
ルイナールのシャンパンにはブラン・ド・ブランをはじめ4種類のボトルがあります。高額でレアなシャンパンですが、ぜひ手に取る機会があればチェックしてみてはいかがでしょうか。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:342,936
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:270,151
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:205,651
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.12更新
クリック数:150,887
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.12更新
クリック数:123,649
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«