ワインソムリエになるには?年収・仕事内容・資格と難易度とは

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

ワインソムリエになるには?年収・仕事内容・資格と難易度とは

2022/6/09
クリック数:264

ワイン買取はこちら
ワインソムリエになるには?年収・仕事内容・資格と難易度とは
高級レストランでワインを提供する「ソムリエ」。豊富な知識とハンサムな装いに、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?しかしソムリエという言葉の響きを知っていても、具体的にどのような仕事をするのか、どのようにしてソムリエになるのかをきちんと把握している方は意外と少ないものです。
そこで今回は、ワインソムリエについて仕事内容や資格の詳細を解説していきます。「ソムリエになるにはどうしたらいいの?」と気になっている方は必見です。
ワイン買取はこちら

ソムリエとは?仕事内容や年収について

ソムリエという職業について


ソムリエは、主にレストランなどでお客さまの要望に応え、ワインを選ぶ手助けをする人のことです。いわゆるワインに特化した専門の給仕人となります。
ワインについて解説しながらワインを注ぐといったイメージが強いかと思いますが、それ以外にもお店に揃えるワインの銘柄をリストアップしたり、コース料理にマリアージュするワインをセレクトしたりと仕事内容は多岐にわたります。ワインが傷まないように適切な状況で責任をもって管理したり、仕入れの手配を行ったりすることもあります。
ソムリエには資格があり、ソムリエを名乗るためには厳しい試験に合格しなければなりません。職業の“ソムリエ”自体は、広い定義ではアルコール飲料を提供する飲食サービス従事者になりますが、それでもやはり本物だと認められるのは資格を所持し、特別なソムリエバッジを胸につけられる人たちだけです。
特に高級レストランの場合、ソムリエの資格を持った人のみに対する求人が出されていることが多いです。ソムリエ資格があれば、レストランのほかバーやホテルなどでも活躍ができます。

ソムリエの年収は?1000万円も夢じゃない!?

ソムリエの年収は?1000万円も夢じゃない!?
ソムリエの年収は、一律ではありません。どのようなレストランで働くかによって、収入は変わってきます。ただし一般的な飲食店スタッフに比べると、ほとんどのケースでソムリエ資格がある方が収入面で有利になるようです。
平均的なソムリエの年収は300〜600万円ほどです。一方で有名なソムリエ・コンクールで入賞したり、メディアなどで知名度を上げた場合は1000万円以上の年収に到達することも不可能ではありません。スキルを磨けば磨くほどキャリアアップも目指せるのが、ソムリエの大きな魅力と言えます。

ソムリエになるには?2つの資格について

ソムリエになるには?2つの資格について

国によってソムリエになる方法が異なる

ソムリエは世界的に存在していますが、“ソムリエ”と呼ばれるための方法は国によって異なります。例えばワイン大国として有名なフランスやイタリアにおいては、ソムリエは国家資格となっています。
しかし日本にはソムリエの国家資格がないため、ソムリエになるには民間団体によるソムリエ資格を取得することになります。

日本では2つのソムリエ資格がある

日本でソムリエ資格を与える団体には日本ソムリエ協会(JSA)」と「全日本ソムリエ連盟(ANSA)があります。それぞれが独自の団体であり、ソムリエ受験資格や合格するための条件は変わってきます。
一般的にソムリエ資格として人気が高いのは日本ソムリエ協会(JSA)の資格です。なぜならJSAの方がANSAに比べて団体設立の歴史が古く、資格取得者も多いため知名度が高いからです。ソムリエの上位ランクに当たる“シニアソムリエ”を名乗れるのも、JSAの資格となります。
しかしJSAのソムリエ資格は、ワイン関連の職に通算3年以上従事した経験が求められるなど、応募条件が厳しく定められています。そのため条件を満たした方でないと、そもそも資格を受験することすらできません。一方でANSAのソムリエ資格なら年齢条件だけをクリアすればどなたでも応募ができるので、勤務経験が満たない方でもソムリエ資格にチャレンジできます。
それぞれの団体の詳細や詳しい条件については、以下の項目で解説していきます。

日本ソムリエ協会認定資格「ソムリエ」

日本ソムリエ協会とは


日本ソムリエ協会は、1969年に発足した一般社団法人です。「J.S.A.」の略称で呼ばれることもある団体で、1986年には国際ソムリエ協会にも加盟しています。
ソムリエ資格のほか、上位ランクである「シニアソムリエ」「マスターソムリエ」といった資格まで用意していて、有資格者になるとそれぞれの資格に合った規定デザインのバッヂを身につけることができるようになります
なお前述した通り、JSAのソムリエ資格を受験するためには一定期間ワインに関わるような仕事に携わっている必要があります。シニアソムリエなどキャリアアップを目指す場合は、さらにソムリエとして一定期間活躍しておかなければなりません。
なお日本ソムリエ協会は、ソムリエ資格のほか「ワインエキスパート」など経験不問のワイン資格も用意しています。またワインのほか、「SAKE DIPLOMA」という日本酒関連の資格もあります。

JSAソムリエ資格受験の条件

  • ・以下の職務を通算3年以上経験していること
    「アルコール飲料を提供する飲食サービス」「ワイン、酒類、飲料の仕入れや管理、輸出入、流通、販売、教育機関講師、酒類製造」「アルコール飲料を取り扱うコンサルタント業務」
  • ・一次試験の時点でも上記の職務に従事していること
  • ・満20歳以上の方

参考:一般社団法人日本ソムリエ協会

JSAのソムリエ資格は、飲食業に関わる職務経験が3年以上必要になります。さらに現役でも従事していないと、受験資格を得ることができません。ただしいわゆる“ソムリエ”をイメージするようなワインをサーブする仕事だけでなく、製造業やコンサル業での関わりも経験として認められるのがポイントです。
ソムリエを目指す多くの方は現場で経験を積みながらソムリエに関する勉強を並行し、時期が訪れてから受験をするといったケースが多いです。ソムリエ資格を得たいなら、まずは何かしらお酒に携わる仕事に挑戦することから始めましょう。
なお酒類に関わる仕事でありテイスティングなども必要であることから、満20歳以上の方しか受験ができないので注意です。

JSAのソムリエ資格を取得するまでの流れ

  1. 1.日本ソムリエ協会のホームページより出願(3月上旬〜7月中旬ごろ)
  2. 2.一次試験受験者の場合、会場を予約する(6月中旬〜7月下旬ごろ)
  3. 3.一次試験(7月下旬〜8月下旬ごろ、CBT方式
  4. 4.二次試験(10月中旬ごろ)
  5. 5.三次試験(11月下旬ごろ)

JSAのソムリエ資格試験は、三段階の試験で構成されています。
一次試験はCBT方式と呼ばれるコンピューターを使用した試験であり、産地や栽培・仕入れ・管理方法などワインやお酒に関する非常に幅広い知識を問われます。試験内容は「日本ソムリエ協会教本」というテキストの中から出題されます。一次試験だけでも通過者が5割を切るレベルであり、非常に難易度が高いため対策は必須です。
二次試験はテイスティングの試験で、ブラインドテイスティングにより特徴を解答するというものになります。ワインの銘柄だけでなく、ブドウの品種やヴィンテージについても詳しく問われます。テキストからの知識だけでなく、センスや経験まで必要になってくるのが二次試験のポイントです。
三次試験はサービス実技の試験であり、ワインを抜栓しデキャンタージュ、そこからゲストにサービスするまでの動作を実際に行います。すでに飲食店での経験がある方で、さらに試験日まできちんと対策をしておけば、三次試験そのものは決して難しい試験ではありません。


なおJSAソムリエ資格の合格率は年度によっても異なりますが、およそ全体の3〜4割程度です。受験者はワインに詳しいと自信を持って挑んだ人ばかりなので、いかにソムリエになるのが難しいかがわかるかと思います。一方で難易度が高いぶん、ワイン専門家としての信頼度は段違いです。
近年ではソムリエを目指す方に向けたスクールや専門学校も多く開校されており、難易度の高いソムリエ試験に向けて対策強化ができます。「ソムリエを目指したいけれど何から勉強すればいいかわからない・・・」という方は、スクールなどを活用するのもおすすめです。

全日本ソムリエ連盟認定資格「ソムリエ」

全日本ソムリエ連盟とは


全日本ソムリエ連盟はNPO法人料飲専門家団体連合会に属する組織です。ANSAの通称で呼ばれており、設立は1997年と日本ソムリエ協会に比べて歴史は浅めです。
ANSAのソムリエ資格は飲食店などの経験がなくても受験できるため、日本ソムリエ協会(JSA)認定のソムリエ受験資格がない方がANSAのソムリエ資格を受験するといったケースが多いです。
またANSAは資格取得のための講座を用意しているのも特徴です。通信教育やスクールなどを通じ勉強をしてから、試験にチャレンジすることもできます。ワインに関する実体験が少ないという方も、テイスティング力や接客力を磨きやすいのがポイントです。
なおANSAのソムリエ資格に合格した場合は、ソムリエのほか「ワインコーディネーター」を選んで名乗ることもできます。

ANSAソムリエ資格受験の条件

  • ・申込時に満20歳以上である方
  • ・各コースの申し込み内容全てに承諾できる方

参考:全日本ソムリエ連盟

ANSAのソムリエ資格は、満20歳以上であれば経験不問で申し込みができます。
なおANSAソムリエになるためには、定められたコースを受講したのち、認定試験に合格する必要があります。そのため自身が選んだコースの申し込み内容に同意することが条件となります。

ANSAのソムリエ資格を取得するまでの流れ

ANSAでソムリエまたはワインコーディネーターになるためのコースは5種類あります。それぞれ学習環境や期間が異なるので、自身の学びたい内容や希望に合わせて申し込みをするようにしましょう。各コースの内容は以下の通りです。

コース名
期間
特徴
eラーニングコース1.5ヶ月間
  • スマホやPCで学習・課題解答
  • 全課題クリアで合格
  • ・合格後に認定・入会手続き
通信コース3ヶ月間
  • 3ヶ月で課題を3回提出
  • ・全課題クリアで合格
  • ・合格後に認定・入会手続き
2日間集中コース2日間のみ
  • ・専用ワークノートで予習しておく
  • ・申込日に会場で2日間受講、受験
  • ・合格まで指導してもらえる
在宅コース自由/1日
  • ・自宅で自由に学習
  • ・受講後から1年以内に会場で受験
  • ・2週ほどで合否通知が届く
3日間特別コース3日間のみ
  • ・専用ワークノートで予習しておく
  • ・申込日に会場で3日間受講、受験

例えば他業種での仕事が忙しく、なかなかテイスティングを練習する時間が確保できないという方には、実際に会場で受講ができる「2日間集中コース」「3日間特別コース」が適しています。一方でワイン関連の仕事に従事しながら、並行して知識を深めていきたいという方は一定期間自宅でしっかりと学べる「通信コース」「eラーニングコース」などが適しているでしょう。すでに知識や経験にある程度自信がある方は、「在宅コース」を選び自宅で復習したのち、会場ですぐに受験する方法がスムーズです。
なおコースによって受講費用や申し込み可能な期間が異なる点には注意です。ANSAのソムリエ資格を受験してみたいという方は、必ず公式サイトなどで詳細を確認しておくようにしましょう。

ソムリエ以外にワインの資格はある?

ここまで「ソムリエ」という資格に関して説明してきました。しかしワインに関する資格には、ソムリエ以外にもさまざまなものがあります。
あくまでも仕事のためでなく自分でワインを楽しむという目的なら、「ワインエキスパート」や「ワイン検定」といった資格を目指してみるのもありです。

ワインエキスパート


ワインエキスパートは、ソムリエ資格を認定している一般社団法人日本ソムリエ協会(JSA)が1996年より認定している民間資格です。ソムリエがワインの専門家資格であるのに対し、ワインエキスパートはワイン愛好家向けの資格となります。
JSAのソムリエ資格と違いワインに直接関係ない仕事に就いている方でも受験が可能で、愛好家向けの資格の中では最も知名度が高いです。ただし求められるレベルはソムリエ資格の受験と同程度であるため、決して簡単ではありません。ソムリエ試験と使用するテキストが同じ、さらに一次試験・二次試験の内容もほぼ同じものになります。
つまりワインエキスパートは、ソムリエとはバックグラウンドの違いこそあるものの、ソムリエと同程度の格と認められる資格となります。ワイン好きで箔をつけたいという方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
J.S.A.ソムリエ・J.S.A.ワインエキスパート呼称資格認定試験

ワイン検定


ワイン検定はJSAの主催する検定試験です。ワインに興味を持っている方を対象とした、ワインの普及を目的としたものになります。ソムリエやワインエキスパートに比べるとあくまでもベーシックな内容になるため、プロほどの専門知識がない方でも勉強すれば十分に目指すことができます。
なおワイン検定にはブロンズクラス・シルバークラスの2段階があり、それぞれ難易度が変わります。家庭やレストランなどでよりワインを楽しめるよう知識をつけたいという方にピッタリの検定です。
一般社団法人日本ソムリエ協会 ワイン検定

まとめ

今回は「ソムリエ」という職業や資格にフォーカスを当て、仕事内容や資格取得の方法を解説しました。
ソムリエになるのは決して簡単な道のりではありませんが、もしソムリエ資格に合格し認められることができれば、一生ものの価値があると言えます。ワインの仕事に携わりたい、ソムリエに興味があるという方は、ぜひチェックしてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,615
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,127
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,627
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,956
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,180
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«