ワイルドターキーはうまい?値段や13年終売価格情報。8年等おすすめ10選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

ワイルドターキーはうまい?値段や13年終売価格情報。8年等おすすめ10選

2022/7/11
クリック数:1,949

ウイスキー買取はこちら
ワイルドターキーはうまい?値段や13年終売価格情報。8年等おすすめ10選
七面鳥の描かれたラベルで知られるウイスキー「ワイルドターキー」。お酒に詳しくない方でも、名前を聞いたことがあると感じる方が多いのではないでしょうか?それもそのはず、ワイルドターキーは国内流通の多い銘柄で、バーボンといえばワイルドターキーと言われるほどの知名度があります。
今回はそんなワイルドターキーにフォーカスを当て解説していきます。ウイスキー好きの方はもちろん、これからトライしてみたいと考えている方も必見です。
ウイスキー買取はこちら

大統領も愛したウイスキー「ワイルドターキー」

ワイルドターキーとは?七面鳥のラベルが目印のウイスキー


ワイルドターキーはアメリカ・ケンタッキー州で作られるバーボンウイスキーの銘柄です。とうもろこしを主な原料とし、さらに大麦麦芽とライ麦も使用することで、重厚かつ香り高い味が表現されているのが特徴です。
ワイルドターキーといえば、七面鳥の描かれた独特なボトルデザインが有名です。これはブランドが誕生した当時、オーナーであったトーマス・マッカーシーの趣味である七面鳥狩りの際にお酒が振る舞われたことを由来としています。
そんなワイルドターキーは、アイゼンハワー氏、ルーズヴェルト氏、クーリッジ氏など数々のアメリカ大統領が愛したバーボンとしても知られています。世界的な知名度が非常に高く、日本にも非常に多くのラインナップが輸入されています。

そもそもバーボンとは


ワイルドターキーを理解するためには、そもそもバーボンがどのようなお酒なのかを知っておきましょう。
バーボンは穀物を原料とする蒸留酒・ウイスキーの一種です。世界に数あるウイスキーの中でも、アメリカ・ケンタッキー州を中心に作られているものであり、原料の半数以上がとうもろこしで作られているのが特徴です。具体的には以下のような定義が定められています。

  • ・原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含む
  • ・80%以下のアルコールで蒸留する
  • ・内面を焦がしたホワイトオークの新樽で、アルコール度数62.5%以下で熟成する

ちなみにウイスキーで有名なものには他にスコッチなどがあります。スコッチは大麦麦芽(モルト)を中心に作られたものが多く、長期熟成による円やかで豊かな香りが個性となります。それに対しバーボンはとうもろこしが含まれているため、インパクトのある甘さをダイレクトに感じ取ることができます。ワイルドターキー以外の銘柄では、「ジムビーム」や「メーカーズマーク」などがよく知られています。

ワイルドターキー蒸留所の歴史や特徴


ワイルドターキーの蒸留所は、もともと1869年にケンタッキー州・ローレンズバーグに建てられたリピー蒸留所を起源としています。
リピー蒸留所は歴史の中で何度もオーナーが入れ替わっていますが、1905年に創業者・トーマスの息子であった“リピー兄弟”が再び蒸留所を買い取っています。そこからは順調な経営が続き、1940年にウイスキー「ワイルドターキー」が誕生しています。ローレンスバーグの石灰石地質で磨かれた上質な水源は、カルシウムが豊富でバーボン造りに適していると言われています。ワイルドターキーも、この水を作って作られています。
その後の1954年には、3代目のディスティラーとなるジミー・ラッセルが入社しバーボン造りを牽引していきます。そして1970年になると、ワインや蒸留酒の製造・販売を手掛けていたオースティン・ニコルズ社がワイルドターキー蒸留所を買収しています。なお現在はイタリアのメーカーであるカンパリ・グループがワイルドターキーを買収しブランド運営を行なっています。

このようにたびたび経営権が移り変わっているワイルドターキーですが、「妥協しない、変わらない。」をブランドポリシーとしており、60年以上の歴史で培われてきた味はきちんと守られています。ワイルドターキーにはどのようなこだわりがあるのか、製法や味わいを次の項目で紹介していきます。

ワイルドターキーの製法と味わい

ワイルドターキー

自家製酵母使用と徹底検査によるこだわりの品質

ワイルドターキーでは、味わいを守るために自家製酵母が使用されています。原料のトウモロコシや大麦麦芽、ライ麦に関しても年4回の品質検査を実施していて、検査合格したものしか使われていません。ちなみにトウモロコシはケンタッキー州インディアナ平野のもの、大麦麦芽はモンタナ州のもの、ライ麦はドイツ産のものがそれぞれ選ばれています。
ワイルドターキーの検査では品質が安全という大前提はもちろん、成熟度や水分含有率までチェックがなされている点にこだわりを感じます。自社で厳しい基準を設けることで確かなクオリティをキープしており、「キング・オブ・バーボン」と呼ばれる理由にもつながっています

低いアルコール度数での蒸留・熟成が特徴

ウイスキー
ワイルドターキー最大の特徴は、アルコール度数を抑えたオリジナルの製法にあります。バーボン造りでは蒸留時のアルコール度数が80%以下というルールが定められていますが、ワイルドターキーではこれよりも大きく下回る60〜65%という度数で蒸留を行います。さらに樽熟成に関しても、一般的な62.5%以下ではなく54〜55%という度数まで抑えているのがポイントです。
ウイスキー蒸留で高いアルコール度数になり過ぎてしまうと、原料が持つ豊かな風味が削ぎ落とされてしまう原因になります。ワイルドターキーは原材料由来の豊かな香りをしっかりとキープするために、低アルコールでの蒸留や熟成を徹底しているのです。
そして蒸留時・熟成時のアルコール度数が低いことで、ボトリングする際の加水量を減らすことができます。加水があまりされないことで、味や香りが薄まりにくく、素材本来の風味を堪能できるようになるのです。
こうして生まれたワイルドターキーの味わいは、とにかくガツンとしたバーボンらしい刺激に魅力があります。いわゆる辛口バーボンの部類に入り、ウイスキーらしい刺激と飲みごたえを求める人にピッタリな銘柄となっています。

ワイルドターキー8年などおすすめラインナップを紹介

1.ワイルドターキー 8年

created by Rinker
WILD TURKEY (ワイルドターキー)
¥3,605 (2022/09/24 13:05:00時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:50%
  • ・定価:200ml 1,430円(税込)700ml 4,070円(税込)、1,000ml 4,620円(税込)

ワイルドターキー8年はブランドのフラッグシップボトルとして長く愛される1本です。50%とウイスキーにしては高いアルコールであるものの、想像以上の繊細な味わいを堪能できます。重厚でパワフル感のあるフルボディの中に、心地よい甘味とコクを感じ取ることができます。

2.ワイルドターキー 13年 ディスティラーズリザーブ

  • ・アルコール度数:45%
  • ・定価:700ml 8,800円(税込)

ワイルドターキー13年 ディスティラーズリザーブは、13年以上の熟成原酒を使用したプレミアム・バーボンです。熟成期間が長くなることで荒々しさが抑えられ、より円やかな風味がうまれています。洋梨やバニラのような甘さとフルーティーさがあり、非常に飲み心地が良いです。

3.ワイルドターキー スタンダード

created by Rinker
WILD TURKEY (ワイルドターキー)
¥2,947 (2022/09/24 13:05:01時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・定価:700ml 2,860円(税込)、1,000ml 3,696円(税込)

ワイルドターキー スタンダードは、年数表記のない定番ボトルです。中には6年・7年・8年熟成の原酒がバランスよくブレンドされています。アルコール度数も40%に抑えられており、高い完成度で非常に飲みやすいです。
バーボンらしいバニラ香の中に鼻抜けする華やかさ、そしてスパイシーなキレがあります。

4.ワイルドターキー レアブリード

created by Rinker
WILD TURKEY (ワイルドターキー)
¥5,565 (2022/09/24 13:05:01時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:58.4%
  • ・定価:700ml 6,600円(税込)

ワイルドターキー レアブリードのボトルは、カスクストレングス=加水なしボトリングのウイスキーです。加水をしないため、アルコール度数が58.4%と高くなっており、素材本来の味と香りもより濃厚になっています。
中には6年・8年・12年の熟成原酒がそれぞれブレンドされていて、高アルコールながらも刺激は強すぎず複雑な旨味を感じ取ることができます。

5.ワイルドターキー ライ

created by Rinker
WILD TURKEY (ワイルドターキー)
¥3,488 (2022/09/24 13:05:02時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・定価:700ml 4,400円(税込)

こちらはバーボンではなく、原料にライ麦を51%以上含むライウイスキーです。トウモロコシの甘味が強い通常のワイルドターキーに比べ、甘さ控えめのスパイシーでドライな味わいをしています。
ドライな中にも骨太な印象は消えておらず、キレ味とコクを堪能できます。そのままウイスキーとして飲むだけでなく、カクテルベースとしても人気があります。

6.ワイルドターキー ケンタッキースピリット

created by Rinker
WILD TURKEY (ワイルドターキー)
¥8,702 (2022/09/24 13:05:03時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:50.5%
  • ・定価:750ml 11,000円(税込)

ワイルドターキー ケンタッキースピリットは、1つの樽・シングルバレルによるプレミアムバーボンです。マスターディスティラーであるラッセル親子が、8年以上熟成した貴重な原酒樽の中から厳選しています。
樽からボトリングされた日付や貯蔵所、樽番号まで記載されるというこだわりで、ブレンドやヴァッティングを行わない世界に1樽だけの特別な味を堪能できます。

7.ワイルドターキー マスターズキープ リバイバル

created by Rinker
WILD TURKEY (ワイルドターキー)
¥24,980 (2022/09/24 13:05:03時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:50.5%
  • ・定価:700ml 22,000円(税込)

ワイルドターキー マスターズキープ リバイバルは、12〜15年熟成のワイルドターキーをオロロソシェリー樽で追熟したボトルとなります。
シェリー樽のフルーティーさに特徴があり、非常にリッチな味わいを堪能できます。価格もワイルドターキーシリーズの中では比較的高額となっています。

8.ワイルドターキー マスターズキープ コーナーストーン

created by Rinker
WILD TURKEY (ワイルドターキー)
¥22,800 (2022/09/24 13:05:04時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:54.5%
  • ・定価:750ml 22,000円(税込)

ワイルドターキー マスターズキープ コーナーストーンは、9〜11年もの長期熟成を経た秘蔵の原酒樽を、エディーラッセル氏が自ら厳選し仕上げたという特別なボトルです。“最も熟成期間の長く重厚感のあるライウイスキー”と紹介されており、ライウイスキーのドライさに滑らかさ、熟成感が加わっています。

9.ワイルドターキー 101

created by Rinker
ワイルドターキー
¥3,445 (2022/09/24 13:05:05時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:50.5%
  • ・価格:700ml 約2,500円

ワイルドターキー101はワイルドターキーの8年もののボトルです。101は“101プルーフ”のことであり、アルコール度数50.5%であることを意味しています
基本的に日本で発売されているワイルドターキー8年と同じものになりますが、海外ボトルには8年の表記がなく101と書かれています。細かな原酒の内容が異なるという噂もあるので、ワイルドターキーファンの方は8年ボトルと飲み比べてみても面白いかもしれません。

10.ワイルドターキー アメリカンハニー

created by Rinker
オースティン・ニコルス社
¥2,999 (2022/09/24 13:05:05時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:35%
  • ・定価:700ml 2,981円(税込)

ワイルドターキー アメリカンハニーは、アルコール度数35%であり厳密にいえばウイスキーではなくリキュールになります。純粋な蜂蜜とワイルドターキーをブレンドすることによって生まれています。
蜂蜜の甘味とカラメル・オレンジのようなニュアンスが特徴で、ワイルドターキーの新たな一面を見つけることができます。ストレートのほかソーダ割りなども人気があるリキュールです。

ワイルドターキー終売の噂は本当!?値段に影響はある?


人気ウイスキーのワイルドターキーですが、終売の噂もちらほらと確認されています。近年話題となっているのが「ワイルドターキー13年」の終売です。
こちらは元々2013年に、ワイルドターキー12年の終売を受けて日本でリリースされたボトルでした。しかし今度はこちらのワイルドターキー13年が、米国で生産終了となることが発表されています。すでに6月には生産終了しているとのことで、今後手に入れたい場合は現存する在庫を買い求めることになります
終売の影響もあり、今後はワイルドターキー13年を定価で買えなくなる可能性が高まっています。すでにAmazonや楽天市場の価格を見ると、定価8,800円に対し1万円以上の価格が付けられているのも確認できます。


ワイルドターキー13年は、これから時間が経つほどさらに価格が上がる可能性も高いです。ファンだったという方は、できるだけ今のうちに入手しておくのが良さそうです。

ワイルドターキーはお酒買取でも安定の人気品

ワイルドターキーはお酒買取でも安定の人気品
人気ブランドであるバーボン・ワイルドターキーは、終売ボトルなども存在しており、お酒買取市場でも安定した評価がつきやすいです。そのため未開封で飲まないワイルドターキーをお持ちなら、無駄にしてしまう前にお酒買取専門店を利用するのもおすすめです。
お酒買取専門店リンクサスは世界各国のお酒の買い取りに対応しており、特にバーボンなどウイスキーの買取に強みを持っています。業界最高水準の評価額を提示できるので、ワイルドターキーの買取査定を検討中の方はぜひ一度ご相談ください。
ワイルドターキーの買取はこちら

まとめ

今回はバーボンの中でも特に人気が高い「ワイルドターキー」を紹介しました。
ワイルドターキーにもさまざまなボトルがあり、熟成期間の長いリッチなもの、加水されていない刺激の強いものなど味の違いを比較し楽しむことができます。ワイルドターキーはネットショップや酒販店でも見かけることの多い銘柄なので、ぜひ気になる方は一度手に取ってみることをおすすめします。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,047
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:35,408
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:30,700
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,011
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,460
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«