スペインワインカヴァ等の種類とおすすめ赤白スパークリング15選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

スペインワインカヴァ等の種類とおすすめ赤白スパークリング15選

2022/7/12
クリック数:228

ワイン買取はこちら
スペインワインカヴァ等の種類とおすすめ赤白スパークリング15選
世界中で造られているお酒といえば、ワイン。中でもフランスやイタリア、スペインはワイン生産量の中心的存在であり、今もなおワイン業界のトップを走り続けています。
今回、これらワイン生産国の中で日本でも馴染み深い、「スペインワイン」を解説していきましょう。
ぜひ、スペインワインについて知りたい方は参考にしてみてください。
ワイン買取はこちら

スペインワインの基本

スペインワインの基本について下記にまとめました。

  • スペインワインとは?
  • スペインワインの特徴
  • スペインワインの法律と分類

それぞれ解説していきましょう。

スペインワインとは?

ワイン生産量ランキング
スペインワインとは、その名の通りスペインで生産されているワインのことです。スペインは全土でワイン造りが盛んであるところが特徴であり、ワイン用ブドウの栽培面積は世界最大規模として知られています。
ワイン生産量は、毎年1、2位を争うフランスとイタリアに次いで3位で、カジュアルなワインを多く生産されているところが特徴でしょう。
スペインワインというと果実味溢れる赤ワインで知られていますが、白ワインの生産量が全体の半数を占めるなど、比較的白ワインの生産量が多いといったポイントがあります。
日本でもスペインワインは多く販売されており、とくにカジュアルな価格で手に入れられるスパークリングワイン「カバ」は飲食店で多く扱われている傾向です。

created by Rinker
Nuviana(ヌヴィアナ)
¥968 (2022/09/25 01:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

スペインは、高級ワインショップや通販サイトだけでなく、スーパー、コンビニでもよく見かける、日本にとって馴染み深いワイン生産国のひとつでしょう。

スペインワインの特徴

スペインワインの特徴のひとつが、ワインのスタイルに多様性があるといったところでしょう。スペインは、「太陽の沈まない国」などといわれるほど、気候が温暖な国です。
スペイン全土がワイン用ブドウの栽培に適した地中海性気候であり、東西南北各地でさまざまなスタイルのワインが造られています。
下記にスペインワインの主なスタイルと特徴についてまとめました。

スペインの赤ワインの特徴

スペインの赤ワインの特徴
スペインの赤ワインは、果実味溢れた丸みのあるボリューミーなものが多い印象です。また、長期熟成タイプのワインが多く、硬めの味わいというよりはまろやかな傾向にあります。
ただし、高級ワインになると5年から10年熟成されたモダンな味わいであり、エレガント寄りになるところもポイントです。
テンプラニーリョなど、土着品種が主に使用されていますが、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなど、国際品種をブレンドしたものも多く見受けられるなど、比較的自由なワイン造りが特徴でしょう。

スペインの白ワインの特徴

スペインの白ワインの特徴
スペインの白ワインは、温暖な気候らしいトロピカルフルーツや華やかなアロマを持つ、カジュアルなものが多い傾向です。ただし、酸味もしっかりと残していることから、バランスの取れたフレッシュ&フルーティーなタイプとなっています。
ただし、アイレンなど土着品種を使用したカジュアルものもあれば、シャルドネなど国際品種を使用したモダンなタイプ、産地でしか味わえないようなフレッシュでミネラル感溢れたものなど、白ワインのスタイルも多種多様です。
長期熟成タイプの白ワインも多く見かけます。

スパークリングワイン「カバ」

 

View this post on Instagram

 

Hiroyuki Konno(@hiroyuki6067)がシェアした投稿


スペインでは、スパークリングワインが多く生産されています。とくに、カタルーニャ州ペネデス周辺で造られている「カバ」は、日本にも多く輸入されている人気のスパークリングワインです。
カバは、地域名ではなく「D.O.名」のひとつであり、同国のワイン法で定められた製法で造られているスパークリングワインになります。
シャンパンと同様、手のかかる伝統的な「瓶内二次製法」で製造されているものの、カジュアルな価格帯といった部分で世界中で人気です。
酸味も穏やかで飲みやすく、日常的に使いやすい部分などメリットの多いスパークリングワインといえるでしょう。
ちなみに、カジュアルなだけではないといった意味で、近年カバの最高品質ランクとしての「Cava del Paraje Calificado」のカテゴリーが追加されました。
カジュアルからプレミアムまで、幅広く揃えられているところもカバの魅力でしょう。

シェリー


スペインワインといえば、「シェリー」が有名です。ただし、厳密にはシェリーは酒精強化ワインの分類であり、アルコール度数の強い酒精強化されたワインカテゴリになります。
シェリーは、ワインにアルコールなどを加えたり、あえて酸化させるなど特殊な造られ方が特徴のワインです。
へレスとその周辺で造られたものだけが、シェリーを名乗ることができ、その種類も豊富です。シェリーの種類の一部を下記にまとめました。

  • フィノ
  • マンサニーリャ
  • アモンティリャード
  • オロロソ
  • パロ・コルタド

それぞれアルコール度数や生産地、使用品種などが違うなど、同じシェリーであってもその味わいのスタイルはいろいろです。
また、シェリーは酒精強化されているため長期熟成が可能であり、長いものだと「30年熟成」させるVORSといったカテゴリも存在します。
一般的なワインだけでなく、ほかではなかなか見ることができない酒精強化が揃えられているところもスペインワインの特徴でしょう。

スペインワインの法律と分類

スペインワインの法律と分類
スペインワインは、フランスのAOC法のように、ワイン法や分類が存在しています。つまり、スペインワインと一口にいっても、それぞれ分類や格付けが存在しており、価格帯も変わってくることになるのです。
ここからは、スペインワインの法律と分類について解説していきます。

ワイン法について

スペインでは、シェリーが古くからイギリスと交易されていたことから、18世紀頃にはすでに立法が交付されていたといわれています。
一般的なワインは、1926年にリオハにてスペイン初となる原産地統制委員会が設立され、ワイン法が1932年に制定されました。
スペインにおける原産地呼称制度は、DO(Donominación de Origen(デノミナシオン・デ・オリヘン))を基に整備されています。

ワインの分類について

スペインワインは、大きく7つの品質分類で分けられています。それらについて下記にまとめました。

  • VPC
  • VP
  • DOca
  • DO
  • VCIG
  • Vino de la Tierra
  • Vino

最上位は、VPC(ビノ・デ・カリフィカード)とされており、DOcaに認定されている地域の中の特選単一畑高級ワインといったカテゴリです。
しかし、今だ認定されている場所はなく、基本的にはリオハとプリオラートといった二つのDOcaがスペイン最高位の産地といった形で認められています。
また、細かく規定が定められていますが、基本的にはDOに認定されている約70の地域がスペインワインを牽引しているといった形です。

スペインワインの熟成度

スペインワインの熟成度
スペインワインの場合、上記のような原産地呼称制度だけでなく、さまざまな品質の分類が存在しています。とくに、スペインワインで覚えておきたいのが熟成度による分類です。
スペインワインの熟成度とその分類について下記にまとめました。

  • ホーベン/シン・クリアンサ
  • クリアンサ
  • レセルバ
  • グラン・レセルバ

これらの中で最も熟成度が低いものはホーベン/シン・クリアンサで、樽熟成1年以下、さらに全く樽熟成を行わないワインとされています。
一方、もっとも熟成を経ているワインはグラン・レセルバとなり、赤であれば樽熟成2年以上の後、瓶熟成3年以上。白やロゼワインであれば、樽・瓶熟成4年以上、さらに樽熟成最低6カ月以上と規定されています。
スペインワインは熟成の文化があり、これら熟成の期間によってもランクが変わってきます。購入の際は、これらにも注目してみるとよいでしょう。

スペインワインの品種や産地

スペインワインを知る上で知っておくと便利な知識、「品種」と「産地」について下記にまとめました。

  • スペインワインの主な品種
  • スペインワインの主な産地

それぞれ解説していきましょう。

スペインワインの主な品種

スペインには、数多くの土着品種が存在しています。しかし、あまり耳慣れない土着品種のワインは現地で消費されている傾向であり、日本では滅多に見ることがありません。
ここからは、スペインワインの代表的な土着品種をまとめました。

スペインワインの主な黒ブドウ

スペインワインの主な黒ブドウ
スペインで知っておくべき黒ブドウ品種は、大きく分けて4つあります。

  • テンプラニーリョ
  • ボバル
  • ガルナッチャティンタ
  • メンシア

テンプラニーリョはスペインを代表する黒ブドウ品種で、フルボディタイプのワインを生み出す高級品種です。黒ブドウ栽培面積の4割を占めており、産地によってその呼び名が変化します。
ボバルはバレンシア州で主に栽培されており、カジュアルながらまろやかで果実味豊かなワインを生み出す品種です。
ガルナッチャティンタは、フランスでグルナッシュと呼ばれるまろやかなボディのワインを生み出す品種で、メンシアはビエルソで栽培されているエレガントなワインを生み出す注目品種です。

スペインワインの主な白ブドウ

 スペインワインの主な白ブドウ
スペインで知っておくべき白ブドウ品種は、大きく分けて5つあります。

  • アイレン
  • マカベオ
  • パロミノ・フィノ
  • ベルデホ
  • アルバニーニョ

スペイン最大規模の栽培面積を誇る白ブドウが、アイレンです。蒸留酒用の品種として有名ですが、カジュアルな白ワインから品質の高い白ワインまで、幅広いワインを生み出します。
マカベオはカバの伝統的な品種であり、パレリャーダとチャレッロとブレンドされることが多い品種です。
パロミノ・フィノはシェリーに使用可能な品種ですが、甘口タイプのシェリーはペドロ・ヒメネスといった品種が使用されます。
ベルデホはルエダの主要品種で、ハーブや柑橘などソーヴィニヨン・ブランを思わせるニュアンスを生み出す白ブドウ品種。そして、アルバニーニョは近年日本でも人気の高い品種で、雨の多いリアス・バイシャスにてミネラル豊富なワインを生み出すことで知られています。

スペインワインの主な産地

 スペインワインの主な産地
上記でもお伝えしたように、スペインは地中海性気候または降雨量の少ない大陸性気候といったワイン用ブドウの栽培に適したワイン産地です。
そのため、ほぼ全土でワインが生産されているといった特徴があります。
スペインワインの主な産地は主に26種類といわれていますが、その中でもとくに覚えておくべき産地を下記にまとめました。

1.リオハ

スペインきっての高級ワイン産地が、リオハです。スペイン北部に位置するワイン産地であり、標高300mから700mの場所でブドウが栽培されています。
リオハは、リオハ・アルタ、リオハ・アラベサ、リオハ・バハといった3つの地区に分けられており、主にリオハ・アルタが主要産地といわれています。
テンプラニーニョを主体に、素晴らしい赤ワインを生み出す世界的にも大変有名な産地です。

2.プリオラート

プリオラートは、スペインの地中海地方に位置するワイン産地です。ワイン栽培が難しいといわれる地形であったことから、近年ほぼ無名でしたが、そのポテンシャルに目をつけた4人組と呼ばれるワイン生産者が1980年代に開拓。
モダンなワインを生み出す素晴らしい産地として、リオハに次ぐ高級ワイン産地として今は認識されるようになりました。
スレートと呼ばれる粘板岩土壌が特徴であり、寒暖差が大きく優れたブドウを生み出します。

3.ペネデス

ペネデスは、古くフェニキア人などからブドウ栽培が伝えられたといわれている、歴史ある産地です。スティルワインも質の高いものが多く生産されていますが、主にスパークリングワイン「カバ」の銘醸地として知られています。
とくにカバの95%以上はこのペネデスで製造されていると言われるなど、スペインワインの中心的存在でもあるのです。

4.リベラ・デル・ドゥエロ

リベラ・デル・ドゥエロは、スペインきってのワイン銘醸地としても知られている産地です。同国の内陸部に位置しており、ワイン造りは2000年を超えるともいわれています。
ベガ・シシリアなど、スペインを代表する造り手たちを生み出した産地としても知られており、赤ワインとロゼワインのみがこの地を名乗ることができます。

5.ラ・マンチャ

ラ・マンチャは、世界最大規模のワイン産地であり、数多くのワインが生み出されています。アイレンを使用した蒸留酒や安価なワインを生産する産地でしたが、近年品質の高いスティルワインを生産する産地となり、世界的に注目されるようになりました。
オーガニックワインなども多く生産されています。

6.リアス・バイシャス

リアス・バイシャスは、スペインの大西洋地方に位置するワイン産地です。降雨量が多く、棚栽培を取り入れるなど、スペインの他産地とはスタイルの違う栽培方法が特徴の地域といわれています。
その中でも、アルバニーニョと呼ばれる土着品種は優れた白ワインを生み出すことで知られており、魚介類との相性がよいと世界的にも注目されています

7.シェリー&マンサニーリャ

シェリー&マンサニーリャは、シェリーの有名産地として知られている場所です。スペインの南部地方に位置しており、世界きっての酒精強化ワイン銘醸地としても知られています。

スペインワインの楽しみ方

スペインワインをより美味しく飲むための、楽しみ方を下記にまとめました。

  • 気負わずに飲む
  • カバを生活に取り入れる
  • 料理と合わせて楽しむ
  • ワインカクテルに使ってみる

それぞれ解説していきましょう。

気負わずに飲む

白ワイン
スペインワインを楽しむ際、大切なことは“気負わずに飲む”ことです。例えば、フランスワインというと身構えてしまう方が多かったり、週末に特別なディナーといったイメージを持つ方も多いでしょう。
もちろん、そういったワインの飲み方も魅力的ですが、ワインは日常に取り入れてこそ、その魅力を発揮します。
スペインワインは、1,000円前後で購入できる上に品質は格段に高いことから、手軽にワインを取り入れることができるでしょう。“今日はワインだから気合いを入れよう”と考えることなく、シンプルに楽しんでみることをおすすめします。

カバを生活に取り入れる


上記でもお伝えしたように、日本でスペインのスパークリングワイン「カバ」が人気です。人気の理由はさまざまありますが、やはりそのカジュアルな価格帯にあるといえるでしょう。
カバは、シャンパンと同じ瓶内二次発酵で製造されていながら、価格はシャンパンのほぼ半値以下。500円から1,000円台で最高品質のスパークリングワインが飲めてしまうのですから、人気の理由も頷けます。
スパークリングワインこそ、ハレの日の飲み物といったイメージですが、カバであればちょっと高級なビール気分で楽しむことができるでしょう。
上記でもお伝えしているように、スペインワインは日常に取り込んでみることで実力を発揮します。ぜひ、参考にしてみてください。

料理と合わせて楽しむ

料理と合わせて楽しむ
スペインワインは、料理との相性が抜群です。全体的に果実味が強く、酸味やタンニンが穏やかなので料理に合わせやすく、洋食だけでなく和食、エスニックにも使えます。
とくに海沿いの地域で生産されている白ワインは魚介類との相性が良かったり、内陸部は肉類や野菜との相性が良いなど、産地によって使い分けられるところも魅力です。
スペインワインだから絶対にスペイン料理と力まず、自由な発想でペアリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ワインカクテルに使ってみる

 ワインカクテルに使ってみる
日本では、スペイン産のバックインボックスと呼ばれる大容量タイプも多く市販されています。また、ペットボトル入りの大容量ワインもスペイン産が少なくありません。
こういったワインを日常的に取り入れるだけでなく、コーラと割ったり、フルーツを漬込んでサングリアを作るなど、ワインカクテルに挑戦してみるのもおすすめでしょう。
とくに、サングリアはスペイン生まれのワインカクテルであり、その相性は抜群です。
スペインワインは、高級なものも多くありますが、カジュアルなものでも十分に楽しめます。ぜひ、自由にスペインワインを楽しんでみましょう。

おすすめのスペインワイン15選

ここからは、おすすめのスペインワインを紹介していきます。ぜひ、スペインワインを購入してみたいと考えている方は、こちらを参考にしてみてください。

オノロ ベラ

created by Rinker
アテカ
¥1,565 (2022/09/25 01:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

スペインワインらしい、アートな雰囲気を醸し出すエチケットが特徴の赤ワイン。グルナッシュを主体とした赤い果実を思わせる、フルーティーさが特徴です。
少し甘い風味の果実とタンニンがあり、パワフル。フランスとアメリカのオーク樽を使用していながらも、ほどよく酸を残しているのでフレッシュな印象を与える赤ワインです。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
アテカグルナッシュNVスペイン カラタユード

 

トーレス ヴィーニャ・エスメラルダ

created by Rinker
Torres(トーレス)
¥1,649 (2022/09/25 01:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

ボトルの形状が美しい、「トーレス ヴィーニャ・エスメラルダ」。トーレスといえば、スペインワインを牽引する有名生産者であり、数多くの魅力的なワインを生み出すことで知られています。
こちらのワインはモスカトを使用し、エメラルドに輝く地中海をイメージした造りが特徴の1本。フレッシュながら果実の甘みもしっかりと感じさせる、スペインらしい白ワインです。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
Torres(トーレス)モスカトNVスペイン カタルーニャ

 

マルケス・デ・リスカル バロン・デ・チレル

created by Rinker
MarquesRiscal(マルケス・デ・リスカル)
¥10,535 (2022/09/25 01:14:20時点 Amazon調べ-詳細)

1858年にリスカル侯爵によって設立された、歴史あるワイナリーマルケス・デ・リスカルの「マルケス・デ・リスカル バロン・デ・チレル」。
なんと樹齢40年を超えるブドウのみを使用した上に、アメリカン・オーク樽にて約20ヶ月熟成させるという贅が詰め込まれた赤ワインです。
ラズベリーや煮詰めたジャム、ハーブ、スパイスの複雑な風味とミネラル感。さらに、タンニンもまろやかで、フルボディでありながらとても親しみやすい仕上がりとなっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
MarquesRiscal(マルケス・デ・リスカル)テンプラニーリョ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種2011スペイン

 

フレシネ ミーア

created by Rinker
Freixenet(フレシネ)
¥1,322 (2022/09/25 01:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

スペイン語で「私のもの」という意味を持つワイン、「フレシネ ミーア」。フレシネといえばカバで有名なブランドであり、日本でもその名は知れ渡っています。
そんなフレシネが放つスティルワインが、この「フレシネ ミーア」です。女性醸造家のグロリア・コレルが手掛けるこのワインは、プラムやチェリーなど濃厚な果実味が特徴の1本。
樽を入れずに仕上げたという、フレッシュな印象も与えてくれる赤ワインとなっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
Freixenet(フレシネ)テンプラニーリョNVスペイン

 

ネレマン オーガニック ビオニエ ベルディル

created by Rinker
Bodegas Neleman(ボデガス ネレマン)
¥1,485 (2022/09/25 01:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

オランダ人のDerrick Nelemanによってバレンシアに設立されたワイナリーの白ワイン。「ネレマン オーガニック ビオニエ ベルディル」の名からもわかるように、オーガニックワインにこだわる生産者として注目されている人物が手掛けます。
バレンシアの土着品種であるベルディルを使用したことで、独特な柑橘と酸味、フレッシュさを獲得。さらに、ヴィオニエの豊かで複雑なアロマが重なり合うことにより、オーガニックワインでありながら、非常に香り豊かな白ワインに仕上げられています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
Bodegas Neleman(ボデガス ネレマン)60% ベルディル 40% ビオニエNVスペイン バレンシア

 

ファン・ヒル ドス・メセス

created by Rinker
Juan Gil(ファン・ヒル)
¥3,022 (2022/09/25 01:14:22時点 Amazon調べ-詳細)

重厚感のあるボトルデザインが特徴の赤ワイン、「ファン・ヒル ドス・メセス」。樹齢50年以上の古樹から収穫されるモナストレルを使用したという、贅沢な1本です。
深みのある黒系果実の香りだけでなく、スパイシーでどこかオリエンタルな雰囲気も醸します。
樽由来のスモーキーさと熟した果実の複雑味、さらにミネラルと酸を感じられることから、ボリューミーなだけでなく引き締まった印象も与えます。
全体的にエレガントな作りとなっている、贅沢な仕上がです。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
Juan Gil(ファン・ヒル)モナストレル2019スペイン フミーリャ

 

マルケス・デ・リスカル ブランコ・レセルバ・リムザン

created by Rinker
MarquesRiscal(マルケス・デ・リスカル)
¥1,848 (2022/09/25 01:14:23時点 Amazon調べ-詳細)

スペイン王室御用達のワイナリーのひとつ、マルケス・デ・リスカル。そのマルケス・デ・リスカルが醸す、特別な白ワインが「マルケス・デ・リスカル ブランコ・レセルバ・リムザン」です。
白ワインでありながら、フランス産オーク樽で醸された特別な造りが特徴の1本。ヴェルデホはソーヴィニヨン・ブランにも似たハーブのニュアンスが楽しめる品種で、樽との相性も良いところが特徴的です。
樽由来のボリューム感がありながら、フレッシュかつフルーティーな印象も兼ね備えた大人の白ワインといえるでしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
MarquesRiscal(マルケス・デ・リスカル)ヴェルデホNVスペイン

 

パラ・ヒメネス カベルネ・ソーヴィニヨン樽熟成


スペイン最大規模のオーガニックブドウを栽培する、パラ・ヒメネス。そんなパラ・ヒメネスが生み出す、魅力溢れる赤ワインが「パラ・ヒメネス カベルネ・ソーヴィニヨン樽熟成」です。
カベルネ・ソーヴィニヨンらしい赤系果実の風味と繊細なオーク樽の風味、さらにスパイシーさも兼ね備える複雑性のある1本です。もちろんオーガニック認証を得たカベルネ・ソーヴィニヨンが使用されていなど、体にも嬉しい仕上がり。
タンニンもシルキーかつ繊細なので、フルボディでありながら初心者も飲みやすい仕上がりとなっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
パラ・ヒメネスカベルネ・ソーヴィニヨンNVスペイン ラマンチャ

 

エヴォディア


グルナッシュを100%使用した贅沢な赤ワイン、「エヴォディア」。最高樹齢100年という驚くべき古樹のブドウも使用されるなど、こだわり抜かれた特別な赤ワインです。
ワイルドチェリーを思わせる野性味の中にもチャーミングさを感じる仕上がりであり、スパイシーさとミネラル感も楽しめる複雑性溢れる1本となっています。
2008年ヴィンテージは、神の雫31巻にも取り上げられたり、有名ワイン評論家から高いポイントを獲得するなど、スペインワインを代表する1本といっても過言ではないでしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
Bodegas San AlejandroグルナッシュNVスペイン カラタユー

 

ヌヴィアナ・カヴァ

created by Rinker
Nuviana(ヌヴィアナ)
¥968 (2022/09/25 01:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

カジュアルな価格ながら、品質の高いワインを生み出すことで知られているスペインきっての人気ワイナリー、ヌヴィアナ。そんなヌヴィアナがシャンパンと同じ製法で造るスパークリングワインカバが、「ヌヴィアナ・カヴァ」です。
ブリュットという辛口の仕上がりなので、酸味もフレッシュで飲み心地のよい仕上がり。
豊かなアロマがあるだけでなく、どこかふくよかさを感じる複雑なニュアンスも特徴的です。カバの伝統的な品種、マカベオ種/チャレロ種/パレリャーダ種をバランスよくブレンドした、伝統も感じられる1本でしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
ヌヴィアナマカベオ種/チャレロ種/パレリャーダ種NVスペイン カタルーニャ

 

ゴンザレス ビアス ティオ ペペ

created by Rinker
ゴンザレス
¥1,899 (2022/09/25 01:14:25時点 Amazon調べ-詳細)

可愛らしいネーミングで人気の白ワイン、「ゴンザレス ビアス ティオ ペペ」。『ペペおじさん』の愛称で親しまれている『ティオ・ペペ』は、有名シェリーブランドとして知られています。そんなティオ・ペペが醸す1本は、色合いがとても美しく、さらに独特の香りとフレッシュな香りを放つ、魅惑的な仕上がり。
焼き魚など、さまざまな魚介類との相性がよいことから、食中酒や食前酒など、日常の食卓で使いやすい1本といえるでしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
ゴンザレスブレンドNVスペイン ヘレス

 

カンポ・ヴィエホ リオハ テンプラニーリョ


スペインを代表する銘醸地リオハで醸される、「カンポ・ヴィエホ リオハ テンプラニーリョ」。アメリカンオークとフレンチオークの樫樽で12ヶ月間熟成させた、手の込んだ仕上がりが特徴の1本です。
チェリーやブラックベリーをはじめ、さまざまなハーブのニュアンスを感じられる複雑性に富んだ仕上がり。さらに、樽由来のヴァニラやココナッツを思わせる独特の風味も味わいにアクセントを与えます。濃厚でありながら、繊細さも感じられる魅力的な赤ワインです。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
カンポ ヴィエホテンプラニーリョNVスペイン リオハ

 

エル・ピカロ

created by Rinker
ボデガス マツ
¥1,760 (2022/09/25 01:14:26時点 Amazon調べ-詳細)

ハンチングをかぶった男性のエチケットが特徴的な1本、「エル・ピカロ」。樹齢80年を超えたティンタ・デ・トロだけを使用するといった、複雑性と濃厚さが味わえる特別な味わいを楽しめる仕上がりとなっています。
また、「エル・ピカロ」を醸すのはボデガス マツ。日本語の「待つ、松」からわびさびをイメージして付けられた名であり、まさにその名の通り繊細かつエレガントな印象を与えるワインが生み出されています。
バリックで発酵し5ヶ月ほど樽熟成されながらも、ラベル通り若々しいイメージに仕上がっている、素晴らしい赤ワインとなっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
ボデガス マツティンタ・デ・トロNVスペイン リオハ

 

ビコーズ アイム モナストレル


気軽に楽しく味わいながら、ワインの知識を深めていくことができるシリーズ「ビコーズ」。そのシリーズから発売されているのが、「ビコーズ アイム モナストレル」です。
愛らしくも特別感のあるエチケットデザインのように、本格的ながら初心者でも楽しめる味わいに仕上げられた1本。
果実味あふれるチャーミングな甘み、さらにオレガノなどのスパイス、さらに黒オリーブ、ジビエといった独特な風味が全体を複雑に仕上げています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
Because(ビコーズ)モナストレル75%、シラー25%NVスペイン フミーリャ

 

コドルニウ・バルセロナ1872 ブリュット

created by Rinker
Codorniu(コドルニウ)
¥1,370 (2022/09/25 01:14:27時点 Amazon調べ-詳細)

1872年に初めてカバを造り上げたという、スペイン王室御用達のワイナリー「コドルニウ」。日本の販売元と一緒に造り上げたという特別な1本が「コドルニウ・バルセロナ1872 ブリュット」です。
マカベオ /チャレッロ /パレリャーダといった伝統品種に、国際品種であるシャルドネをブレンドしたという、ほかにないブレンド。
フレッシュで華やか、さらに奥行きもしっかりと感じられる、日本だからこそ楽しめる特別感溢れるカバに仕上がっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産地
Codorniu(コドルニウ)シャルドネ /マカベオ /チャレッロ /パレリャーダNVスペイン バルセロナ

 

ワインの買取について

ワインの買取について
お酒買取専門店リンクサスでは、スペインワインはもちろん、世界中のワインを高価買取しております。もらったけれど飲んでいないスペインワインや熟成させたけれど飲む機会がないワイン、またお店などで大量に余ってしまったワインなど、どんなワインでも買取の査定相談をさせて頂いております。
スペインワインをはじめ、ワイン買取をご検討のお客様は、ぜひリンクサスにご相談ください。
ちなみに、リンクサスではワインの高価買取のコツをお伝えしております。
簡単に下記にまとめましたので、ご一読ください。

  • 買取に出す前にワインをキレイにする
  • 保存状態を注意する
  • 付属品があれば一緒に売る
  • 早めに売る
  • 当たり年のワインは高価買取

ワインを買取に出す前に、瓶口や全体、ラベルなどのほこりや汚れをキレイにしていただくだけでも、買取額に差が出ます。また、ワインは大変繊細なお酒ですので、保存状態がよいものは高価買取に繋がる傾向です。
ほか、付属品もワインと一緒に買取に出していただいたり、当たり年と呼ばれるヴィンテージのものなど、ワインを高価買取するコツは多くございます。
ワイン買取についてご不明点があれば、何なりとリンクサスにご相談くださいませ。
また、リンクサスではこれら買取方法をご用意しております。

店頭買取のほか、お客様のご自宅から郵送でワインを送っていただく宅配買取。業者様や大量にワインを売りたい方向けの出張買取など、リンクサスではお客様のライフスタイルに合わせた買取方法をお選びいただけます。
また、おおよそのワイン査定額を知りたいといったお客様向けに、LINE事前査定などもご用意しておりますので、気兼ねなくご活用くださいませ。
もちろん、買取で発生する費用は一切ございませんのでご安心ください。
ワイン買取はこちら

まとめ

スペインは、日本のみならず世界中で人気を博すワイン産地です。伝統に培われた確かな品質がありながら、手に入れやすいカジュアルな価格帯で展開されている、魅力的な産地といえるでしょう。
ぜひ、本記事を参考にスペインワインの魅力を知り、ご自身でもいろいろなワインを体験してみてはいかがでしょうか。
また、リンクサスではワインを高価買取中でございます。スペインワインだけでなく、フランスやイタリア、チリなど、幅広いワインを高価買取しておりますので、ぜひお気軽にご相談いただければ幸いです。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,048
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:35,412
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:30,707
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,014
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,465
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«