アップルワイン。シードルの違い。飲み方とニッカ等おすすめりんごワイン

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

アップルワイン。シードルの違い。飲み方とニッカ等おすすめりんごワイン

PR: 2023/10/13
クリック数: 3,046

ワイン買取はこちら
アップルワイン。シードルの違い。飲み方とニッカ等おすすめりんごワイン
一般的にワインの原料といえば、ブドウです。
しかし、世界にはフルーツワインと呼ばれるさまざまな果実を利用したワインも造られており、ワインとはまた違った味わいを楽しむことができます。
本記事では、そんな数あるワインの中でも人気を博している、「アップルワイン」についてまとめました。アップルワインの基本知識や豆知識、さらにおすすめのアップルワインも紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。
ワイン買取はこちら

アップルワインの基礎知識を学ぼう!

アップルワインの基礎知識を学ぼう!
アップルワインの基礎知識を下記の内容にまとめました。

  • ・アップルワインとは?
  • ・各国でアップルワインの呼び名が違う
  • ・アップルワインは甘口から辛口まである

それぞれ解説します。

アップルワインとは?

アップルワインとは、その名の通りアップル(りんご)を原料としたお酒です。ブドウから造られるワインのように、原料となるりんごは破砕されたのち、搾汁とアルコール発酵を経て瓶詰めされます。アップルワインに使用されるりんごは食用とは少し違い、熟成させた後で仕込まれるところが特徴です。
ブドウから造られるワインとは違い、全体的にアルコール度数が低く、初心者でも飲みやすいカジュアルな味わいに仕上がります。
アップルワインと一口に言ってもその種類は豊富で、甘口から辛口、さらに発泡性と発泡していないタイプなどがあるところも特徴です。

各国でアップルワインの呼び名が違う

アップルワインと聞くと、「シードル」をイメージされる方も多いでしょう。シードルはりんごを原料とした醸造酒で、アップルワインと同じお酒です。
さらに、アップルワインは国によってその呼び名に違いがあり、楽しまれている文化背景も違います。下記にて、アップルワインと各国の呼び方について簡単に解説しましょう。

フランスのアップルワインは、シードル

フランスのアップルワインは、シードル
ブドウを原料としたワインで有名なフランスですが、アップルワインにおいても世界的に有名です。ノルマンディー地方を中心に、ブルゴーニュ地方やブルターニュ地方などで造られるアップルワインは、その品質の高さから世界的にも注目されています。フランスでは、アップルワインのことをシードルと呼んでおり、その文化は今もなお続いています。
古くから水よりお酒の方が安全だといった歴史がフランスにはあるなど、ワインと同様にアップルワインも重宝されていたと言われています。同国にとって、アップルワインは非常に歴史ある重要なお酒と言えるでしょう。

イギリスのアップルワインは、サイダー

イギリスのアップルワインは、サイダー
イギリスでは、アップルワインのことをサイダーと呼んでいます。サイダーと聞くと、透明な甘いジュースをイメージするのですが、イギリスではアップルワインといった認識となるため注意が必要です。
イギリスで栽培されているリンゴの半数はアップルワインとして加工されると言われているほど、同国ではメジャーなお酒だといいます。
ちなみにイギリスのアップルワインは発泡性のスパークリングタイプが多く、低価格で飲めることから若い世代にも人気のお酒です。

スペインのアップルワインは、シードラ


スペインでは、アップルワインのことをシードラと呼んでいます。スペインもワイン大国として有名ですが、アップルワインにも定評があります。
中でも、スペイン北部のアストリアス地方やバスク地方で造られるアップルワインの品質が高く、辛口のシャープな味わいのものが多く見られる傾向です。
一部の地域では高い位置からアップルワインをグラスに注ぐ伝統があり、その注ぎ方で発生した泡が消えないうちにすぐに飲み干さなければならないとされています。

日本のアップルワインも、シードル

created by Rinker
ニッカシードル
¥1,051 (2024/05/19 19:23:10時点 Amazon調べ-詳細)

日本では、アップルワインではなくフランス同様にシードルといった呼び名が定着しています
理由はさまざまありますが、基本的に日本のアップルワインはシードルの製造方法をベースに造られていることなどから、シードルと広く呼ばれていると考えられているようです。
さて、詳しくは後述しますが、じつは日本には「アップルワイン」と呼ばれる商品が存在します。ニッカウヰスキー創業者である竹鶴政孝が考案したもので、リキュール扱いとなるため厳密には醸造酒であるアップルワインとは違うものです。
日本は世界とは違った酒税法が定められている部分があり、アップルワインの名であってもリキュールに分類されるような商品が存在するのです。

ニッカのアップルワインとは?

created by Rinker
アップルワイン
¥1,145 (2024/05/19 19:23:11時点 Amazon調べ-詳細)

日本では、アップルワインのことをシードルと呼んでいます。その一方で、日本にはアップルワインと呼ばれる商品が存在していることを上記でご紹介しました。
それが、アサヒビールから販売されている、「ニッカ アップルワイン」です。
「ニッカ アップルワイン」は、ニッカウヰスキーの前身となる「大日本果汁株式会社」が設立された1934年から、4年後の1938年に誕生したリキュールです
「ニッカ アップルワイン」の製造方法は、通常のアップルワインを醸造した後、そこにりんごのブランデー「カルヴァドス」を加え、ブランデー樽で熟成させた原酒から造られます。りんごの甘さと熟成による深み、さらにリキュールなのでロックからハイボール、温めたり幅広い飲み方を楽しむことができるところが特徴です。
「ニッカ アップルワイン」が初めて市場に登場した1938年以来、今もなお多くのファンから愛飲されている日本独自のアップルワインです。

アップルワインは甘口から辛口まである

アップルワインは甘口から辛口まである
アップルワインには、さまざまな種類があります。アップルワインを製造するメーカーによる違いもありますが、大きく分けて「甘口」と「辛口」、「発泡しているもの」と「発泡していないもの」といった違いがあるため覚えておきましょう。
アップルワインの甘口と辛口は、ブドウから造られるワインと同様にアルコール発酵の工程の違いが関連します。
例えば、原料となるりんご果汁の発酵時間が短くなることで果汁の糖分が残り、結果的に自然の甘みが残った甘口のアップルワインができがあります。
一方、果汁の糖分を使い切ったワインはアルコール度数がやや高くなり、甘みの少ないドライな辛口となる流れです。
また、アップルワインには甘口と中甘口、中辛口、辛口といった残糖分による細かな違いもあるため、商品を選ぶ上の指針にしてみると良いでしょう。
発泡に関しても、ワインと同様にガス注入や発泡を残して瓶詰めされたり、瓶内二次発酵製法によって造られるなどさまざまです。
もちろん熟成を経たアップルワインがあるなど、アップルワインと一口に言ってもその種類は本当にさまざまなのです。

知っておきたいアップルワインの豆知識

知っておきたいアップルワインの豆知識
アップルワインの知っておきたいマニアックな豆知識を下記の内容にまとめました。

  • ・アップルワインの歴史
  • ・アップルワインの製造工程
  • ・アップルワインと料理のペアリング

それぞれ解説します。

アップルワインの歴史

アップルワインは、すでに紀元前から造られていたと言われてる歴史あるお酒です。その起源は定かではありませんが、4世紀頃にはローマでアップルワインを意味するような単語が使用されていたことから、品質の高いお酒と存在が定着していたと考えることができるでしょう。
ちなみにアップルワインと言うとフランスをイメージするかもしれませんが、9世紀頃にスペインで製造方法が確立されたと考えられており、フランスのブルターニュ地方にその製法が伝えられたのはそれよりも先の11世紀だったと言われています。
そしてその後、アップルワインの製法がイギリスやアメリカ、日本などに広がったことで世界的にメジャーなお酒になっていったのです。
1938年、竹鶴政孝氏のニッカウヰスキーにより、「アップルワイン」の製造が行われ、日本におけるアップルワインの歴史が始まりました。
また1953年に青森県弘前市の吉井酒造社長の欧米視察をきっかけに日本でのシードルワインの製造のきっかけとなりました。
日本におけるワイン造りは100年以上の歴史があると言われていますが、アップルワインも半世紀以上の歴史を持つ、重要なお酒だと考えるべきでしょう。

アップルワインの製造工程


アップルワインの製造方法は、上記でもお伝えしたようにブドウから造られるワインと似ています。まず原料となるりんごは糖度が高いものが使用され、収穫後は外気で熟成させるといった工程を経ます。
本場のアップルワイン製造では、シードル専用のさまざまなりんごを栽培し、収穫後にイメージする味わいを生み出すために、数十種のリンゴがブレンドされて仕上げられるのが特徴です。
収穫されたりんごは破砕され、「油圧プレス」や「遠心分離式」といった方法で搾汁が行われ、その後にアルコール発酵へと進められます。
シードルのユニークなところは、発酵期間が3ヶ月以上かかるものがあったり、あえて2回発酵させるなど、さまざまな手法が取られるところです。
原料のりんごの違いやブレンドの違い、そして製造工程の違いなど、同じ「アップルワイン」であっても味わいの幅は無限大。これこそ、アップルワインの魅力と言えるでしょう。

アップルワインと料理のペアリング

アップルワインには、甘口や辛口などさまざまなスタイルがあります。ただし、全体的にアルコール度数が低くりんごの甘く爽やかな香り、心地の良い飲み口と果実の風味、ちょっとだけ後味に苦味が残るといった部分は共通項です。
ワインのように個性が強すぎない繊細な味わいであることから、幅広い料理との合わせやすい特徴を持ちます。
アップルワインと料理のペアリングについて下記で解説していきましょう。

野菜とアップルワインのペアリング

野菜とアップルワインのペアリング
アップルワインは、ポテトサラダをはじめ、ドレッシングの風味が強すぎないシンプルなサラダとの相性が良いお酒です。グリルするにしても野菜の甘味と美味しさをシンプルに出すようなものが、アップルワインとよく合います。
またハーブやパクチーなどの香菜、柑橘の果皮など華やかな香りを持つような食材とも合わせやすいため、和洋中さまざまな野菜料理とペアリングを楽しむことができるでしょう

魚介料理&肉料理とアップルワインのペアリング

魚介料理&肉料理とアップルワインのペアリング
アップルワインと魚介料理と肉料理を合わせるのであれば、少し熱を通したものがよく合います。軽く炙ったサーモンや白身魚、トロなども美味しくいただけますし、肉料理であればローストポークなどとの相性が抜群です。
さらにお酢で締めた青魚とアップルワインの甘酸っぱい風味はよく合うため、シメサバの押し寿司などと相性が抜群でしょう。肉料理は、牛肉・豚肉・鶏肉全般に合わせやすいですが、ウサギや鴨、猪といったジビエにも合わせやすいためどんな料理でも対応できます。
りんごを使った甘めのソースで仕立てたステーキは、とくにアップルワインと最高の相性を示すので試してみてはいかがでしょうか。

スイーツとアップルワインのペアリング

スイーツとアップルワインのペアリング
甘口のシードルであれば、スイーツとペアリングを楽しんでみるのも良いでしょう。アップルパイやりんごを使ったスイーツであれば、どんなものでも間違いなく合わせることができます。また、柑橘系のタルトや生クリームを使ったケーキ、ほんのりと甘いバームクーヘンなど、大人の3時のおやつといった組み合わせも楽しめます。
辛口のシードルは濃い味わいのチーズケーキと合わせやすいなど、アップルワインの種類によってもさまざまな楽しみ方ができるので試してみてください。

おすすめのアップルワインを紹介!

上記でお伝えしたように、アップルワインと言ってもその種類はさまざまです。一体、どんなアップルワインを選べば良いかわからないといった方のために、おすすめのアップルワインを下記にまとめました。
気になるアップルワインがあれば、ぜひチェックしてみてください。

アデカ スパークリングワイン マディ アップルドライ


長野県安曇野地区に位置するワイナリーが醸す、日本産のアップルワインです。シャンパンと同様の製法である瓶内二次発酵で造られたこだわりの1本で、繊細な泡と口当たり、爽やかな風味を楽しめる魅力的な仕上がりになっています。
2017年フジシードルチャレンジ銅賞を獲得している、実力派のアップルワインです。

カフェ・ド・パリ グリーンアップル


フランスで造られる人気の低アルコールアップルワインです。甘口の優しい味わいで仕上げられているため、本格的なお酒が苦手な初心者でも楽しめる1本になっています。
青リンゴならではの爽やかな酸味を感じる、みずみずしい味わいが特徴です。

SASSY

created by Rinker
アルディス
¥2,500 (2024/05/19 19:23:13時点 Amazon調べ-詳細)

品質にこだわるユーザーに選ばれているアップルワインの銘醸地、フランスノルマンディー産の1本です。
りんごを22種類ブレンドして造る精巧な造りは、爽やかで甘さを感じるだけではなく、奥深い複雑性を楽しむことができます。ベタベタとした甘さはなくドライに仕上がっている、本格派におすすめのアップルワインです。

ヴァル・ド・ランス プレスティージュ シードル ギルヴィック


フランス・ブルターニュ地方の名門シードル醸造所が手がける、青りんごを使用したアップルワインです。
ほど良い酸味と甘味が特徴で、炭酸は柔らかめなので洗練されている印象。新鮮なフルーツのアロマと中辛口な味わいは、幅広い料理とのペアリングを実現します

ヴァル・ド・ランス シードル オーガニック


有機栽培されたフランスのブルターニュ産のりんごを使用した、こだわりが詰め込まれたアップルワイン。
りんごの一番搾り果汁に砂糖や水など何も加えず、自然発酵させたナチュラルな造り。りんごのピュアな味わいをダイレクトに楽しむことができます。
40種類の甘・酸・苦・渋みのあるりんごをブレンドしたプレミアムな1本になっています。

ワインの買取ならリンクサスへ!

ワインの買取ならリンクサスへ
お酒買取専門店リンクサスでは、世界各国のワインを高価買取しております。
ワインを購入したものの飲む機会がない、ワインを贈答品としてもらったものの飲まずに飾っているだけといったお客様の中には、ワインの処分に悩まれている方もおられるでしょう。
リンクサスではお酒の知識を豊富に持つプロバイヤーがおり、お客様のワインを、丁寧、そして正確に査定いたします。
ワインはもちろん、日本酒、焼酎、ウイスキーなど多種多様なお酒の買取に対応しておりますので、お酒の売却をご検討のお客様はお気軽にご相談ください。
リンクサスでワインを高価買取するコツを下記にまとめました。

  • ・保存状態が良いと高価買取!
  • ・できるだけ早くお売りください!
  • ・お酒だけでなく付属品もお売りください!
  • ・ほかのお酒とまとめ売りがお得!
  • ・査定前にボトルをきれいにすると買取額アップ!

ワインなど、お酒は正しく保存ができていないと劣化してしまいます。できる限り良い保存状態にて査定にお出しいただけますと幸いです。さらにデリケートなお酒は、お早めに売っていただけますと高価買取に繋がります
お酒だけでなく化粧箱などの付属品、他のお酒を1本ずつではなくまとめ売りしていただく、査定前のちょっとしたボトルの掃除も高価買取のコツです。
ワイン買取のコツについて詳しく知りたいお客様は、ぜひリンクサスへ何なりとご相談ください。
ちなみに、リンクサスでは下記の3つの方法で買取をすることができます。

お酒買取リンクサスでは、お客様のライフスタイルに合わせるかたちで、「店頭買取出張買取宅配買取」といった3つの買取方法をご用意しております。
買取で発生する手数料やキャンセル料などは一切いただいておりませんので、安心してリンクサスでのお酒買取をご利用ください。
また、リンクサスではお酒を取扱う業者様との、「業者間取引」にも力を入れております。閉店やリニューアルなどの影響でお酒が大量に余ってしまうといったお酒の処分にお悩みの事業者様は、ぜひリンクサスにご相談ください。
ワイン買取はこちら

まとめ

アップルワインは、日本はもちろんこれから世界でも注目されるお酒のカテゴリへと成長していくと言われています。アップルワインはその名の通り、りんごを使っているだけあって飲みやすく、さらにペアリングの幅も広い万能なお酒です。
今までアップルワインについて詳しく知らなかったといった方は、ぜひ本記事をきっかけにして深く調べてみてはいかがでしょうか。
また、お酒買取専門店リンクサスではワインを高価買取しております。ワインの処分にお悩みのお客様は、お気軽にリンクサスにご相談くださいませ。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:392,238
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:282,411
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:212,627
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.29更新
クリック数:154,999
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.05.17更新
クリック数:133,389
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«