ボジョレーヌーボー盛上りはなぜ日本だけ?解禁日とコピペとは

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

ボジョレーヌーボー盛上りはなぜ日本だけ?解禁日とコピペとは

PR: 2023/5/10
クリック数: 11,890

ワイン買取はこちら
ボジョレーヌーボー盛上りはなぜ日本だけ?解禁日とコピペとは
日本で最もワインが盛り上がる日といえば、間違いなくボジョレーヌーボーです。
11月の第3木曜日の解禁日当日、ご自宅や飲食店でボジョレーヌーボを楽しまれる方は多いことでしょう。
しかし、そもそもボジョレーヌーボーとはどういったイベントなのか、そしてどんなワインなのか知らないといった方もいるかもしれません。
本記事では、ボジョレーヌーボーについて解説しています。おすすめのボジョレーヌーボーも紹介するので、ぜひチェックしてみてください。
ワイン買取はこちら
 

ボジョレーヌーボーについて

ボジョレーヌーボーについて
ボジョレーヌーボーについて下記の内容にまとめました。

  • ボジョレーヌーボーとは?
  • ボジョレーヌーボーの歴史
  • ボジョレーヌーボーの特徴

それぞれ解説します。
 

ボジョレーヌーボーとは?

ボジョレーヌーボーとは、フランスのボジョレー地区で生産される新酒のことです。ボジョレーヌーボーは日本国内で毎年話題となり、あまりワインを知らない方の中にはお祭りの名前だと思っている方も多いようです。
ボジョレーヌーボーのヌーボーは、フランス語の「新酒」を意味しているため、ボジョレーヌーボーは日本語で、「ボジョレーの新酒」といった意味となります。
例えば、「山梨ヌーボー」といった言葉がありますが、これは山梨県産ワインの新酒を意味しており、ボジョレーヌーボーもそれと同じような意味合いのネーミングと理解すればわかりやすいのではないでしょうか。
 

ボジョレーヌーボーの歴史

ボジョレー地区
ボジョレーヌーボーは、上記でお伝えしているようにボジョレー地区の新酒を意味しているため、それ自体は古くから存在していたと考えることができます
収穫祭を意味するとかマーケティング目的など、ボジョレーヌーボーがお祭りになった理由は諸説あるため、その起源ははっきりとはわかっていません
ただし、1800年代にはすでにボジョレーヌーボーといった用語が利用されていたとも考えられているため、古代からの伝統といったわけではなさそうです。また、なぜ11月の第3木曜日に日時が設定されたかというと、その他の日時ではいろいろと問題が起こったため、1985年の政令によってこの日に定められたと言われています。
 

ボジョレーヌーボーの特徴


ボジョレーヌーボーは、赤ワインとロゼワインのみに認められています。また、ワインにおける新酒とはその年に収穫されたブドウをその年に仕込んだワインのことです。
本来、赤ワインは収穫された年の翌年や熟成を経た2年後などに瓶詰めされますが、ボジョレーヌーボー、つまり新酒は醸造後に長期熟成などを経ないまま瓶詰めされ出荷されるワインとなります。
そのため、ボジョレーヌーボーは総じて色合いが美しい淡い色となり、香りも風味もフレッシュでタンニンも穏やかです。
詳しくは後述しますが、醸造法によってはストロベリーやいちごといった甘酸っぱい印象の味わいになり、ワイン初心者でもタッチしやすいワインとなります。
 

ボジョレーヌーボーのブドウや醸造

ボジョレーヌーボーは、原産地呼称であるAOCのひとつです。フンラスワインにおける原産地呼称はワイン法によってさまざまな規定が定められており、それを守った上でその名を名乗ることができます。
上記でボジョレーヌーボーはボジョレー地区の新酒とお伝えしましたが、ワイン法によってブドウ品種をはじめ醸造法など細かい規定が定められているのです。
下記にて、ボジョレーヌーボーに使用されるブドウや醸造について解説します。
 

ボジョレーヌーボーのブドウ品種

ボジョレーヌーボーのブドウ品種
ボジョレーヌーボーは、フランス・ブルゴーニュ地方の南部に位置する産地です。ブルゴーニュといえば世界最高峰のワイン産地として知られており、赤ワインはピノ・ノワールと呼ばれる高級ブドウから生産されています。
しかし、ボジョレー地区は栽培環境から歴史的にガメイと呼ばれる黒ブドウ品種が主体に栽培されており、ボジョレーヌーボーは同ブドウ品種から造られていることが条件です。
ガメイはピノ・ノワールのように淡くストロベリーなどの小さな赤系果実、酸が豊富でタンニンはシルキーといった特徴を持つ品種ですが、やや格下に見られています
近年、品質の高いガメイ種のワインが注目され始めていますが、古くはあまり魅力的ではないブドウとされてきました
しかし、ボジョレー地区のガメイは魅力的な品質を持っており、中でもボジョレーヌーボーのような新酒にすると軽快で飲みやすく、万人受けするといった特徴があります
当然、複雑性のあるワインも仕上がりますが、ボジョレーヌーボーはガメイらしさを全面に押し出した、難しいことを考えずに楽しめるワインとして受け入れられているのです。
 

ボジョレーヌーボーの醸造

ボジョレーヌーボーは、マセラシオン・カルボニック(半炭酸ガス浸漬法)といった醸造法が用いられているワインです。
ボジョレーヌーボーには、AOCボジョレーとAOCボジョレー・ヴィラージュがあり、後者が格上とされています。
近年、これら醸造法を用いないしっかりとしたタイプのワインも見受けられますが、ボジョレーヌーボーを造る生産者は主にこの醸造法を取り入れている傾向です
マセラシオン・カルボニックとは、ブドウをタンクに入れたままで圧搾などせず、その自然の重みで潰してアルコール発酵させる手法になります。
果皮が破れ果汁が染み出すことで酵母がアルコール発酵をスタートさせ、それに伴って果皮由来のさまざまな香りが生まれます。
マセラシオン・カルボニックによってキャンディのような甘い香りが加えられるため、一般的な赤ワインにはない風味となるのです。
また、「ボジョレーヌーボーは、渋みが少ない」といったイメージを持たれる方も多いですが、ガメイ種が比較的タンニンが少ないこと、さらに抽出を強くすることを目的としていないためタンニンは軽快になります
 

ボジョレーヌーボーの豆知識

ボジョレーヌーボーの豆知識を下記の内容にまとめました。

  • ボジョレーヌーボーが日本で人気の理由
  • ボジョレーヌーボーのキャッチコピー
  • ボジョレーヌーボーの楽しみ方

それぞれ解説します。
 

ボジョレーヌーボーが日本で人気の理由

ボジョレーヌーボーが日本で人気の理由
冒頭でお伝えした通り、ボジョレーヌーボーは日本で最もワインが話題になるお祭りです。そのため、人によっては世界規模で盛り上がっているワインのお祭りと考えている方も多いでしょう。
当然、ボジョレーヌーボーは世界的にも話題になるワインのお祭りのひとつですが、実際盛り上がりを見せているのは現地の一部、そして日本だけと言われています。
そもそも、ボジョレーヌーボーの輸出量の1/4は日本国内と言われるほど、生産者にとっては超お得意様といった状況です。
なぜ、これほどまでにボジョレーヌーボーは日本に受け入れられているのか。そのひとつとして、時差の関係から、一番早く解禁日が訪れるのが日本だから、といった理由があります。
そして、それを知った日本のメーカーがそれをひとつのお祭りとして話題にあげた結果、新しいもの好きの日本人の性格やワインブームなども手伝って話題となったのです。
 

ボジョレーヌーボーのキャッチコピー

ボジョレーヌーボーのキャッチコピー
ボジョレーヌーボーと聞くと、「100年に1度の大傑作」などの大胆なキャッチコピーを想像する方も多いのではないでしょうか。
それを味わいの基準にするというよりは、風物詩として楽しんでいる方も多いかもしれませんが、一体これは誰がどう決めているのでしょうか。
まず、フランス食品振興会(SOPEXA)が発表する見解を日本語訳したもの、そしてそれをわかりやすくしたものをメーカーが決めていると考えられています。
しかし、一般的にはボジョレーワイン委員会がブドウを評価し、フランス食品振興会(SOPEXA)が発表したキャッチコピーが流通していることがほとんどです。
一部の誇大広告は、一体誰が決めているのかは定かではありません
お店側が勝手に伝えているのか、ワインを輸入するメーカーが決めているのか、そのあたりの使い方は自由なようです。
今までに使用されてきたボジョレーヌーボーのキャッチコピーの一部を下記にまとめました。

  • 2003年 「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
  • 2009年 「50年に1度の出来栄え」
  • 2015年 「今世紀で最高の出来」

キャッチコピーは自由ですが、基本的にはポジティブなものが多く、飲み手が手に取りたくなるようなものが利用されています。
そもそもボジョレーヌーボーは全て同じ味わいにまとまっているわけではありませんし、生産者によっても変わってくるでしょう。
もし、ボジョレーヌーボーの味わいを知りたい時は販売店の方やソムリエに聞くのが最も良い判断と言えるのではないでしょうか。
 

ボジョレーヌーボーの楽しみ方

ボジョレーヌーボーの楽しみ方
ボジョレーヌーボーは、主にフレッシュ&フルーティーな赤ワインです。酸が強くタンニンは控えめ、そして果実味がしっかりと感じられるため、冷やして飲んで美味しいワインとなります。
ワインのタイプとしては、「フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディ」の中のライトボディに当たるため、あまり温度をあげすぎると間の抜けた味わいとなってしまうでしょう。
アロマティックかつ軽快な味わいなので、脂っぽい食事よりも生ハムやチーズ、レーズンの盛り合わせや前菜など、軽めのお料理と合わせやすい傾向です
さらに、煮物などの和食との相性も良い傾向といわれています。
おすすめは、ベリーソースなどを使用したカルパッチョやローストビーフなどです。
ぜひ、今年のボジョレーヌーボーで試してみてください


 

おすすめのボジョレーヌーボーを紹介

現在購入することができる、おすすめのボジョレーヌーボーを紹介します。近年のボジョレーヌーボーは品質が高く、熟成も可能なものが増えている傾向です。
ボジョレーヌーボーの味わいに興味がある方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。
 

ルイ・テット ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2021


ランティニエ村の畑から収穫された健全なブドウからつくられる、ボジョレーヌーボーです。「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」といった格上のカテゴリであり、SO2無添加、無ろ過、無清澄といった自然な味わいを楽しめます
味わいはあくまでピュアであり、洗練さと滋味深さを楽しめるでしょう。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
シャサーニュガメイ2021フランス ボジョレー

 

サッポロ ラブレ・ロワ ボージョレ・ヌーボー 昇 SHO 2023


ヴィーガン対応ワインとして人気の1本。美容家・タレントとして大活躍を続けるIKKOさんコラボレーションデザインラベルシリーズであり注目されています。
バラやスミレ、シャクヤクやアイリスなど、フラワリーなアロマが魅力的な1本です。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ラブレ・ロワガメイ2023フランス ボジョレー

 

ジャン フルール ボージョレー ヌーヴォー 2022


難しいと言われていた2022年ヴィンテージであっても、最高の出来栄えとして話題となったジャン フルールのボジョレーヌーヴォー。
いちごやさくらんぼなど、赤いベリーが魅力的なアロマと爽やかな酸味、シルキーなタンニンが魅力です。ペットボトル対応でコストパフォーマンスを高めた、手に取りやすい1本となっています。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ジャン フルールガメイ2022フランス ボジョレー

 

ジョセフ・ドルーアン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ヴィエイユ・ヴィーニュ 2022


ブルゴーニュの名門ドメーヌ、ジョセフ・ドルーアンが手がけるボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー。ヴィエイユ・ヴィーニュとは古樹のことで、同ワインは凝縮された品質の高いガメイから仕上げられています。
他の追随を許さない、エレガントさとバランスの良さが際立つボジョレーヌーボーです。

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
ジョセフ・ドルーアンガメイ2022フランス ボジョレー

 

アンリ フェッシ ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォ ヴィエイユ ヴィーニュ 2018


毎年最高品質のボジョレヌーボーを生み出す生産者として知られている、アンリ フェッシ。2018年のボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォも出来栄えが素晴らしく、さらにヴィエイユ ヴィーニュということで凝縮感もあり、熟成も期待できる1本です。
味わいは濃厚で複雑味、力強さと上品さを兼ね備えた最高峰のボジョレヌーボーでしょう

ブランドブドウ品種ヴィンテージ生産国
アンリ フェッシガメイ2018フランス ボジョレー

 

ワインの買取について

ワインの買取について
お酒買取専門店リンクサスでは、ボジョレーヌーボーをはじめとしたワインを高価買取しています。ご自宅や店舗などに残っているワインの処分にお悩みのお客様は、ぜひリンクサスにご相談ください
下記に、リンクサスでワインを高価買取するコツをまとめました。

  • 早く売る
  • 正しく保存しておく
  • 付属品も一緒に売る
  • 当たり年は高価買取
  • 汚れをきれいにしておく

ボジョレーヌーボーをはじめとした多くのワインは、飲み頃が早く、それを過ぎることで劣化していきます。そのため、処分をご検討された時点でできるだけ早くお売りいただくことをおすすめしております
また、品質劣化を防ぐためにワインにとって理想的な条件で保存されていたこと、付属品などもご一緒にお持ち込みいただけますと高価買取が期待できるでしょう
その他、買取査定依頼前に汚れを落としていただく、当たり年のワインなども高価買取につながります。買取においてわからないことがあれば、何なりととリンクサスにご連絡ください。
ちなみに、リンクサスでは下記の買取方法をご用意しております

リンクサスでの買取において、お客様にご負担いただく費用はございませんのでご安心ください。また、無料でお客様のワインを査定いただける事前査定サービスなども用意しておりますので、なんなりとご相談くださいませ。
リンクサスでは、業者間取引にも力を入れております。業者様で大量のワインを処分したいといった場合でも、買取手数料などはいただいておりませんので、お気軽にご連絡いただけますと幸いです
ワイン買取はこちら
 

まとめ

日本人にとって、ボジョレーヌーボーは大切なワインのひとつです。毎年なんとなく飲んでいるという方は、ぜひ本記事を参考にボジョレーヌーボーの魅力を知った上で楽しまれてみてはいかがでしょうか。
また、リンクサスではボジョレーヌーボーをはじめとした世界各国のワインを高価買取しております。
ワイン買取をご検討のお客様は、ぜひリンクサスにご相談ください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:424,080
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:293,371
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:216,189
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.17更新
クリック数:159,291
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.06.17更新
クリック数:143,626
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«