馬キャップで有名バーボンウイスキーブラントンのレアな種類と終売で値上る価格

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

馬キャップで有名バーボンウイスキーブラントンのレアな種類と終売で値上る価格

2022/12/12
クリック数:1,578

ウイスキー買取はこちら
馬キャップで有名バーボンウイスキーブラントンのレアな種類と終売で値上る価格
アメリカ・ケンタッキー州で作られるバーボン。家庭向けやデイリー向けの銘柄の流通が多い中で、特別な存在として君臨しているのが「ブラントン」のバーボンです。ブラントンのバーボンは唯一無二と言われるほどの個性があり、バーボン好きの方から高い評価を集めています。

今回はそんなブラントンについて解説していきます。ボトルデザインや人気の理由、そしてラインナップごとの特徴にも触れているのでぜひ目を通してみてください。
ウイスキー買取はこちら
 

ブラントンはこだわりのシングルバレルバーボン

「ブラントン」はどんなウイスキー?


ブラントンはアメリカ合衆国のケンタッキー州で作られるバーボンウイスキーの銘柄です。製造はケンタッキー州にあるバッファロートレース蒸留所にて行われます。
バーボンウイスキーは原料にとうもろこしなどの穀物を使うのが特徴で、インパクトのある甘い味わいをしています。特にブラントンはバーボンの中でも珍しいシングルバレルバーボンで、他のバーボンに比べて個性が強いです。
通常バーボンウイスキーは、幾つもの樽の原酒が組み合わせて作られます。しかしブラントンは原酒を混ぜることなく、1つの樽で作られたバーボンだけをボトル詰めしているという特徴があります。そんなブラントンはオイリーな口当たりが特徴で、とろみがあり、香ばしさも感じられます。
リッチな味わいのバーボンで、数あるバーボンの中でも高級品として扱われることが多いです。ウイスキー好き、バーボン好きの方には強く推したい銘柄の1つと言えます。
 

フランクフォート市制200年記念で誕生


ブラントンのバーボンは、1984年のフランクフォートの市制200年を記念して作られました。なおフランクフォートは、バーボンの産地であるケンタッキー州の州都です。ブラントンは誕生からはまだ50年も経っていないので、バーボンの中では比較的新しい銘柄となっています。それでもバーボン好きの中では「ブラントン」の名を知らない人はいないほど、高い知名度のある銘柄です
誕生のきっかけがそもそもが記念品ということもあり、ブラントンのバーボンは高級志向で製造されています。アパラチア山脈の天然水を使い丁寧に仕込まれたあと、しっかりと時間をかけて熟成が進められていきます。
なお銘柄の誕生は近年のことですが、蒸留所そのものには長い歴史があります。バッファロートレース蒸留所は1773年創業であり、今あるアメリカのウイスキー蒸留所としては最も古い歴史を持つと言われています。
 

馬と騎手のボトルキャップで有名


ブラントンといえば、独特な八角形のボトルのデザインでも知られています。特に馬と騎手をモチーフにしたオリジナルのボトルキャップは、ブラントンの個性としてファンに愛されるポイントとなっています。


このキャップはケンタッキーダービーのサラブレッドをモチーフにしていて、実はよく見ると8種類のキャップがあります。それぞれ馬・騎手の動きが異なっており、コレクターの中には全てをコンプリートしている方もいます。並べると競馬のスタートからゴールまでの様子が再現されたようになります。
 

ブラントンが唯一無二のウイスキーと言われる理由

ブラントンが唯一無二のウイスキーと言われる理由
バーボンには数々の銘柄がありますが、ブラントンのウイスキーはバーボンの中でも“唯一無二”と言われます。ここからはブラントンが唯一無二と言われる理由を解説していきます。
 

1.何人もの官能検査員が品質をチェック

ブラントンのウイスキーになる原酒は、夏を4回越すまでに官能検査員によって品質がチェックされます。蒸留所のウイスキーの中でも検査員たちが“ブラントンにふさわしい”と認めた原酒だけが、ブラントンとして熟成されていきます。このチェックには、少なくとも3人以上の官能検査員が携わっています。複数のプロたちの厳しいチェックが、ブラントンの価値を守っているのです。
そして選ばれた原酒は、製造元のウェアハウスにある「H倉庫」にて熟成が進められます。ちなみにAからZまである倉庫の中からH倉庫だけが選ばれるのには、“H倉庫で熟成されたウイスキーは上質なものに仕上がる”というジンクスがあるからです。
そんなブラントンの熟成は、およそ8年をかけてじっくり行われます。熟成が進められる中で、ブラントンらしい個性がより一層高められていきます。
 

2.シングルバレルの個性がある


ブラントンは先ほども述べた通り、シングルバレルのバーボンウイスキーです。他の原酒と混ぜられることなく、そのままボトル詰めされるのが特徴です。そのため同じ“ブラントン”の名がついていても、ボトリングされる時期や樽によって味わいが異なっています。
ブラントンの1つの樽から生まれるウイスキーはおよそ250本に限られています。つまり同じ性質を持つブラントンのボトルは非常に少なく、これが“唯一無二”と言われる所以でもあります。原酒はボトリングされる際にマイナス1度まで冷却され、16枚のフィルターで丁寧に濾過され、より一層ピュアな印象になります。
 

3.手書きラベルには日付や樽ナンバーも

手書きラベルには日付や樽ナンバーも
ブラントンのラベルは、1枚1枚手書きで作られます。ラベルには蔵出しの日付や樽ナンバー、そしてボトルナンバーが丁寧に記載されます。そしてラベルを貼る作業まで、手作業で行われます。
ラベルが丁寧に作られていることからも、ブラントンがいかに心を込めて作られたウイスキーなのかが理解できるでしょう。
 

ブラントンのラインナップと特徴について

ブラントンの名を冠したウイスキーには、いくつかのラインナップがあります。ここからはそれぞれのボトルについて解説していきます。
 

ブラントン オリジナル

created by Rinker
宝酒造
¥11,800 (2023/01/30 20:14:42時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:46.5%
  • ・価格:750ml 約11,000円

ブラントン オリジナルは、ブラントンシリーズの中でも最もスタンダードなボトルです。厳格なテイスティングののちにボトリングされたシングルバレルのウイスキーは、どのボトルも非常に高いクオリティを誇っています。
味わいはボトルごとに異なりますが、どのボトルも複雑で香ばしく、スパイシーなニュアンスも感じ取ることができます。
手の届きやすい価格帯が多いバーボンの中で、ブラントンは1本1万円〜と高額になっています。高級バーボンのパイオニア的な1本でもあり、ギフトや贈り物にも最適なウイスキーです。
 

ブラントン ブラック

created by Rinker
ブラントン ブラック 750M
¥10,192 (2023/01/30 20:14:42時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:40%
  • ・価格:750ml 約9,000円

ブラントン ブラックのボトルは、オリジナルのブラントンの製法を引き継ぎながら、仕上げをマイルドにしたという商品です。通常のブラントンがアルコール度数46.5%であるのに対し、ブラントン ブラックのボトルはアルコール度数40%とやや低めになっています。
そんなブラントン ブラックは、繊細で深い味わいになっています。バニラやカスタードといったリッチでバーボンらしいニュアンスの中に、フルーツのような酸味、シナモンのようなスパイスを感じ取ることができます。
 

ブラントン ゴールド

created by Rinker
宝酒造
¥22,850 (2023/01/30 20:14:43時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・アルコール度数:51.5%
  • ・価格:750ml 約20,000円

ブラントンゴールドはアルコール度数51.5%と、樽出しに近い状態でボトリングされています。原酒の中でも最高と言われるレベルのものだけが厳選され、少なめの加水で仕上げられるのが特徴です。
そんなブラントン ゴールドは、とにかくハイクオリティで、高い香りと深い味わいをしています。ボトル1本で約2万円〜と高級品であり、間違いなくバーボンの中でも最高峰レベルと言えます。
 

ブラントン シルバー

  • ・アルコール度数:49%
  • ・価格:750ml 約160,000円

ブラントン シルバーはかつて販売されていたボトルで、現在は終売となっています。もともと免税店限定だったボトルであり、さらに現在は売られていないため希少価値が非常に高いです。Amazonなどのネットショップでも出回ることはほとんどなく、購入したい場合は中古品を探す必要があります。ちなみにヤフオクなどを見ると、1本16万円〜の価格で取引されているケースが多いです。
シルバーボトルのアルコール度数は約49%程度で、オリジナルのブラントンとブラントンゴールドの中間程度の存在です。現存するボトルは当然古いものばかりであり、コレクターからの人気もあります。
 

ブラントン・ストレート・フロム・ザ・バレル

  • ・アルコール度数:66%
  • ・価格:750ml 約33,000円

ブラントン・ストレート・フロム・ザ・バレルは、樽だしのブラントンをそのままボトリングした究極のプレミアムバーボンです。濾過をせずにそのまま瓶詰めされているため、ブラントンの味をダイレクトに楽しむことができます。
このボトルはアルコール度数が66%と非常に高く、インパクトは抜群です。濃厚で個性豊かであり、他のバーボンとは違った存在感があります。
 

ブラントン終売や値上げの噂は本当?簡単に手に入らない?

ブラントン終売や値上げの噂は本当?簡単に手に入らない?
ブラントンは非常にレアなウイスキーであり、たびたび終売が噂されています。実際のところ完全に終売してしまったわけではありませんが、人気のあまりに手に入らないことがあるのは事実のようです。特にコロナ禍で世界情勢が傾いた際には、ブラントンがそもそも手に入らない時期があったとのことです。
今では状況が落ち着き、ブラントン オリジナルやブラントン ブラックなどの定番ボトルは購入できる状況まで戻ってきています。しかし2020年より正式に値上げがされていて、かつての値段よりも1,000円〜3,000円程度高額になっているので気を付けておきたいところです。

またブラントンの中でも「ブラントン シルバー」は終売になっていて価格もプレミア化しています。またかつて販売されていた30周年記念ラベルのボトルも、現在ではほぼ入手不可能な状況になっています。このようにブラントンの中には入手そのものが困難なボトルもあります。
価格高騰の激しいブラントンのウイスキーは、できるだけ見かけたタイミングで手に入れておくことをおすすめします。近年のウイスキー事情を鑑みると、ブラントンは高級スコッチやジャパニーズウイスキーのように高騰化する恐れもあるので覚えておきましょう。


 

ブラントンを美味しく飲む方法!まずはストレートが一番

ウイスキー
ブラントンは非常に珍しいシングルバレルのバーボンウイスキーです。そのため最初に飲む際は、無駄なアレンジをせずできるだけそのまま飲むことをおすすめします。まずはストレートのまま、香りや味わいの違いを堪能してみましょう。この際は常温で、温めたり冷やしたりしすぎないことがポイントとなります。
また香りのニュアンスを感じたい方は、ブラントン:水=1:1のトワイスアップで飲むのもおすすめです。ブラントンは高いアルコール数なので、トワイスアップにすると口当たりがさらに良くなり、また香りも開きやすくなります。

ストレートやトワイスアップで味や香りを確かめた後は、ロックやハイボールなど好みの方法で工夫してみるのも良いでしょう。ブラントンで作るハイボールは、非常にビターで樽感が強めの味わいとなります。
 

余ったブラントンはお酒買取がおすすめ

余ったブラントンはお酒買取がおすすめ
ブラントンはプレミアムなバーボンで、どのボトルも数万円の価格で取引されています。そんなブラントンは、高級品で買い手も多いためお酒買取市場でも高額取引の対象になります。もし未開封で飲まないブラントンが余っているなら、無駄にしてしまう前にお酒買取専門店の利用も検討してみましょう。
なおブラントンを売る際は、バーボンやウイスキーの買取に強い専門店に依頼するようにしましょう。「お酒買取専門店リンクサス」なら、ウイスキーに精通した専門のスタッフが在籍しておりブラントンを高値で買取ができます。
ブラントンはコレクション目的で購入する方も多いので、買取に出す場合はボトルの見た目をきれいにしておくようにしましょう。付属の箱などもきちんと揃えて買取に出すと、査定額がUPしやすくなります。
ブラントンは販売の時期や樽ナンバーなどでもボトルの価値が変わってくるので、正確な相場を知るのが難しいウイスキーでもあります。買取査定に関して気になることがある場合は、まずは買取専門店に問い合わせてみましょう。
ウイスキー買取はこちら
 

まとめ

ブラントンはプロたちがこだわって作り上げた、最高級クラスのバーボンです。シングルバレルのバーボンであり、ボトルごとに異なる個性があります。馬のキャップも印象的で、おしゃれなボトルはコレクター心もくすぐる存在です。
そんなブラントンはボトルの種類や時期によっては購入できない場合があり、希少価値も高いです。見かけた際にはぜひチェックしておくようにしましょう。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:80,614
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.01.25更新
クリック数:75,508
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:49,865
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:49,638
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:48,075
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«