イチローズモルトクラシカルエディション価格と評価。定価購入は可能か

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

イチローズモルトクラシカルエディション価格と評価。定価購入は可能か

2022/9/05
クリック数:199

ウイスキー買取はこちら
イチローズモルトクラシカルエディション価格と評価。定価購入は可能か
国産ウイスキーの中でもコアなファンが多い“イチローズモルト”。定番商品から限定品まで多くのラインナップがありますが、中でも今話題になっているのがクラシカルエディションと呼ばれるボトルになります。
今回はそんなイチローズモルト クラシカルエディションについて解説をしていきます。「定価や流通価格はどのくらい?」「味や評価が知りたい」という方はぜひ参考にしてみてください。
ウイスキー買取はこちら
 

イチローズモルト&グレーン クラシカルエディションを解説!

イチローズモルトの新定番商品


イチローズモルト&グレーン クラシカルエディションは、株式会社ベンチャーウイスキーの人気シリーズ“イチローズモルト”より2021年に新たに登場した新定番シリーズとなります。
イチローズモルトには複数のボトルがありますが、クラシカルエディションは定番ボトルの中では定価が7,700円(税込)と既存品のシリーズに比べても価格が高めになっています。いわゆる定番ボトルの中でも上位ランクに当たるプレミアムウイスキーであり、リッチな味わいに定評があります。
ウイスキーの種類としては「イチローズモルト ホワイトラベル」の上位互換に該当し、ワールドブレンデッドウイスキーにカテゴライズされています。原酒にはジャパニーズウイスキーのほかスコッチやアメリカンウイスキーなど世界5大ウイスキーが選定されていて、それが秩父にある蒸留所でブレンド・熟成されています。上位ボトルというだけあり、ホワイトラベルに比べてモルト原酒の比率が高めに設定されています。
モルト多めでバランスよくブレンドされた味わいは、熟成により深みが増しており飲みごたえ抜群です。麦芽の味わいとフルーティーな甘味が印象的で、深いフィニッシュと複雑な余韻を堪能できるボトルとなっています。
 

ブラックのラベルに金色の文字が目印

この投稿をInstagramで見る

スーパーのお酒担当(@hide0936)がシェアした投稿

イチローズモルト クラシカルエディションは、黒いラベルにゴールドの見た目をしています。外見からもプレミアムウイスキーであることが見て取れます。外箱も凹凸感のある特別仕様になっていて、他のリーフシリーズとは一線を画す存在であるのが分かります。
ちなみにラベルの裏側にはバッチナンバーも記載されています。これは従来のリーフシリーズと同じ仕様です。
黒ラベルのイチローズモルト クラシカルエディションは見た目からもわかるリッチな印象で、自宅用としてはもちろん贈答品やプレゼントにも適しています。贈り物のウイスキーを探されている方も、ぜひ候補に入れてみてください。
 

イチローズモルト クラシカルエディションの商品情報

  • 発売日・・・2021年10月23日(定番商品)
  • ・ウイスキーの種類・・・ブレンデッドウイスキー
  • ・内容量・・・700ml
  • ・定価・・・7,700円(税込)
  • ・アルコール度数・・・48%

 

そもそもイチローズモルトとは?どんなウイスキーがあるの?

ベンチャーウイスキーの手がけるウイスキーブランド

イチローズモルトを作っているのは埼玉県秩父にある株式会社ベンチャーウイスキーです。埼玉県秩父にある「秩父蒸留所」にて、2007年よりウイスキーの生産や熟成を手掛けています。
そんな株式会社ベンチャーウイスキーの創業者は肥土伊知郎(あくといちろう)氏です。もともと肥土氏の実家は古くから続く老舗の酒造であり、酒造りの一環としてウイスキーも手掛けていました。しかし経営不振からウイスキーの事業の撤退を余儀なくされ、一度はウイスキーを破棄することまで命じられていたほどです。その中でもウイスキーへの情熱を捨てきれなかった肥土氏は福島県の「笹の川酒造」に原酒の預かりを依頼、そして自身で株式会社ベンチャーウイスキーを設立し、新たにウイスキーの販売や製造を手掛けていくことになったという背景があります。
肥土氏は本場スコットランドにも視察にいくなど、ウイスキーに対して情熱を掲げていました。そして土地や施設にもこだわった上で新しい蒸留所を設立、高級品質にこだわったウイスキーを作っていくことになります。こうして生まれたウイスキー「イチローズモルト」は、世界的なウイスキーブームの後押しもあり瞬く間に人気が上昇します。今では国内を代表する人気銘柄にまで成長し、入手困難なプレミアムウイスキーの位置付けになっています。


 

カードシリーズを筆頭にコレクター人気が高い


イチローズモルトといえば、味わいもさることながら希少価値の高さでコレクターが多いことでも有名です。特に話題となったのが、限定品としてリリースされていた「カードシリーズ」です。
こちらのシリーズはトランプのカードをイメージしたラベルが特徴的で、54種類のボトルが限定品として過去にリリースされていました。今では入手が困難な希少品となっていて、なんとオークションでは54本セットに約1億円の値段がついたこともあるほどです。
このようにイチローズモルトは、ブランドとしても世界的な知名度があります。カードシリーズ以外にも「秩父 ザ・ピーテッド」などの限定品があり、いずれのボトルも人気があります。
限定品は入手しづらい・手が届かないという方も、クラシカルエディションなどの定番ボトルならイチローズモルトにチャレンジがしやすいのでおすすめです。これまで気になっていたという方は、ぜひこの機会にチェックしてみましょう。
 

イチローズモルトの人気ラインナップを紹介

イチローズモルトには新たにリリースされたクラシカルエディション以外にも、いくつかの定番ボトルがあります。人気ボトルを紹介していくので、ぜひクラシカルエディションと比較しつつ参考にしてみてください。
 

<イチローズモルト モルト&グレーン ホワイトラベル>

  • ・ウイスキーの種類・・・ブレンデッドウイスキー
  • ・内容量・・・700ml
  • ・定価・・・3,850円(税込)
  • ・アルコール度数・・・46%

イチローズモルトの中でもホワイトラベルと呼ばれる商品です。世界5大ウイスキーをブレンドし、秩父蒸留所で熟成を進めたワールドブレンデッドウイスキーです。いわゆるクラシカルエディションの下位ボトルであり、比較的入手がしやすく初挑戦の方におすすめです。ほんのりとしたピートのある味わいで、若々しい原酒も使われているためクラシカルエディションに比べスパイシーでパンチがあります。
 

<イチローズモルト ダブルディスティラリーズ>

created by Rinker
イチローズモルト
¥14,600 (2022/10/01 22:54:10時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類・・・ピュアモルトウイスキー
  • ・内容量・・・700ml
  • ・定価・・・8,800円(税込)※6,600円より値上げ済
  • ・アルコール度数・・・46%

イチローズモルト ダブルディスティラリーズは羽生蒸留所・秩父蒸留所という2つの蒸留所の原酒を組み合わせたピュアモルトウイスキーです。グリーン色の葉っぱのラベルが目印となっています。
中のウイスキーは秩父蒸留所のミズナラ樽原酒によるオリエンタルな味わいがベースになっていて、柑橘系のほのかな酸味やブラックペッパーなどのスパイシーさも感じられます。
 

<イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ>

  • ・ウイスキーの種類・・・ピュアモルトウイスキー
  • ・内容量・・・700ml
  • ・定価・・・8,800円(税込)※6,600円より値上げ済
  • ・アルコール度数・・・46%

イチローズモルト ミズナラウッドリザーブは羽生蒸留所の原酒をキーモルトとし、複数の蒸留所のモルトを組み合わせたピュアモルトウイスキーになります。
ブレンド後にミズナラ樽にて再熟成させているのが特徴で、香りの高さが印象的です。原酒にはピート強めのものを選んでおり、個性豊かな味わいとなっています。ピート系のウイスキーが好みの方に特におすすめです。
 

<イチローズモルト ワインウッドリザーブ>

created by Rinker
イチローズモルト
¥14,000 (2022/10/01 22:54:11時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類・・・ピュアモルトウイスキー
  • ・内容量・・・700ml
  • ・定価・・・8,800円(税込)※6,600円より値上げ済
  • ・アルコール度数・・・46%

イチローズモルト ワインウッドリザーブは、赤い葉っぱのラベルが目印です。こちらもピュアモルトウイスキーですが、熟成には赤ワイン熟成樽を使用しているのがポイントです。
ワイン樽熟成による芳醇さが特徴的で、ビターチョコやオレンジピールのような味わいが広がります。複雑さ・奥行きの深さに定評があるボトルです。
 

イチローズモルト クラシカルエディションの評価・口コミを調べてみた


イチローズモルト クラシカルエディションは2021年リリースの比較的新しい商品ですが、人気が高いため口コミも多く投稿されていました。口コミを見ると「美味しい」との投稿が多数で、非常に評判が良いことがわかります。
特に“定番シリーズの中でも頭ひとつ抜けている”といった報告や“ホワイトラベルよりも甘くマイルドで飲みやすい”といった口コミが目立っている印象でした。ブレンデッドのためクセも少なく、ほんのりとしたスモーキーさが良いアクセントになっているとのことです。いわゆる飲みやすいウイスキーであり、万人受けしやすい味であることがわかります。
 

ストレートでもロックでも飲めるバランスの良さ


イチローズモルト クラシカルエディションは、どんな飲み方でも楽しめるのも魅力です。グラスにそのまま注いで楽しむストレートはもちろん、トワイスアップやロック、そしてハイボールなど割って飲んでもバランスが崩れにくいです。
優しい甘さでありながらもアルコール度数が48%と高めで芯のしっかりとした味があるため、割り負けしにくいです。イチローズモルト クラシカルエディションをボトルでGETできた方は、いろいろな飲み方で比べてみるのも面白いでしょう。
なお初めにチャレンジする際は、やはりストレートで飲むのがおすすめです。まずはそのままの味わいを確かめた上で、徐々に加水をしながら香りの変化を楽しんでみてください。
 

イチローズモルト クラシカルエディションは定価購入できる?

市場価格は1万円越えまで高騰化している

市場価格は1万円越えまで高騰化している
イチローズモルト クラシカルエディションは定価7,700円ですが、Amazonや楽天市場などネット価格は軒並み1万円超えと高騰化しています。酒屋の店頭でも定価以上の値段で売られていることがあるため、購入の際は価格に注意しておきましょう。
高騰化の理由には「イチローズモルトそのものが人気であること」に加え、「新商品で話題となっていること」「味わいの評判がよくリピーター率も高いこと」などが挙げられます。人気は今後も続くと予想されているため、定番商品ではあれど市場価格がこれ以上高くなることも考えられます。
現状では安売りしているような状況ではないので、定価で購入ができればラッキーと言えるでしょう。もし定価など安値で販売されているクラシカルエディションのボトルを見かけた際には、ぜひ手に入れておきたいところです。
 

抽選販売で定価購入を狙ってみよう


市場価格が高くなっているイチローズモルト クラシカルエディションですが、決して定価で買えないというわけではありません。ただし人気商品で品薄のため通常購入は難しくなるので、ゲットしたい方は「抽選販売」を狙ってみましょう。
酒販店が定期的に開催する抽選販売で当選すれば、イチローズモルト クラシカルエディションを定価で購入できます。まずはウイスキーの取り扱いに強い酒販店を探してみましょう。


 

余ったイチローズモルト クラシカルエディションはお酒買取へ

余ったイチローズモルト クラシカルエディションはお酒買取へ
イチローズモルト クラシカルエディションは高騰化している人気品なので、お酒買取でも高額買取が期待できます。もし未開封ボトルをお持ちで今後も飲む予定がないのであれば、無駄にしてしまう前にお酒買取の利用を検討してみてください
高額買取のコツは「箱付きの綺麗な状態で査定に出すこと」、そして「ウイスキーに詳しい買取専門店を利用すること」です。査定で価格を比較しながら、できるだけお得に売れる買取専門店を探してみましょう。
お酒買取専門店リンクサスでは、ただいまウイスキー買取を強化しています。「イチローズモルト クラシカルエディション」の買取査定も受け付けているので、ボトルをお持ちの方はぜひご相談ください。リンクサスなら店頭買取宅配買取出張買取の中から利用しやすい買取方法をお選びいただけます。
イチローズモルトの買取はこちら
 

まとめ

2021年にリリースされたイチローズモルト クラシカルエディションは、ブレンドのバランスが非常に良い飲みやすいタイプのウイスキーです。優しい甘さとイチローズモルトらしい鼻に抜けるような香りで、リッチな気分を味わいたい時にぴったりです。
そんなイチローズモルト クラシカルエディションは、人気商品のためいつでも簡単に購入できるというわけではないものの、抽選販売などを狙えば酒屋で定価購入できることもあります。ただしこれまでのイチローズモルトシリーズの人気を考えると、ここから市場価格が高騰していくことも十分にあり得ます。この記事を読んで飲んでみたい・購入してみたいと感じた方は、ぜひ早めにチェックしてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,613
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:37,126
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:32,625
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,955
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:23,180
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«