〆張鶴、雪月花の特徴・違いとは。口コミ評判とおすすめ酒10選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

〆張鶴、雪月花の特徴・違いとは。口コミ評判とおすすめ酒10選

2022/10/14
クリック数:734

日本酒買取はこちら
〆張鶴、雪月花の特徴・違いとは。口コミ評判とおすすめ酒10選
日本全国で作られている日本酒。甘口から辛口、そして淡麗タイプから濃厚なものまでさまざまなバリエーションがあります。あまりにたくさんの銘柄があるので、「どれを選べばいいかわからない・・・」と感じている方も多いのではないでしょうか。
飲みやすく飽きがこない日本酒をお探しなら、新潟県の淡麗旨口酒「〆張鶴(しめはりつる)」がおすすめです。今回は〆張鶴の特徴や、雪月花などのラインナップについて紹介していきます。
日本酒買取はこちら
 

新潟が誇る伝統の日本酒「〆張鶴」

〆張鶴(しめはりつる)とは

〆張鶴は新潟県で作られる日本酒銘柄です。製造は新潟県北部の村上市に蔵を構える宮尾酒造が行っています。
宮尾酒造があるエリアは、新潟県の中でも有数の米どころとして有名です。食用だけでなく酒造好適米の生産も有名で、特に五百万石という酒米で高い知名度を誇ります。
そんな宮尾酒造で作られる〆張鶴は、新潟県らしい淡麗旨口の味わいが魅力です。凛々しさを感じるお酒であり、特に鮭など新潟の魚介類に合わせたくなるような味わいをしています。すっきりとした旨味に控えめな香り、そしてキレの良い後味なので何杯飲んでも飲み飽きしにくいのがポイントです。
 

200年を超える歴史を持つお酒


宮尾酒造は1819年創業という200年以上の歴史を誇る老舗です。創業当時は「大関屋」と屋号を掲げていました。なお創業当初は「若鶴」という銘柄で日本酒製造を行っていましたが、やがてお酒にしめ縄を張る文化から名前をとり“〆張鶴”というブランドを作るようになったと言います。
そんな宮尾酒造は、江戸末期には廻船問屋も営んでいたことで知られています。宮尾酒造の蔵には、当時の航海図や古文書が残されているとのことです。
地元村上を中心に愛されてきた〆張鶴は、地元の水やお米を活かしたお酒作りが得意です。仕込み水に使用するのは三面川の伏流水である地下水で、この水は山々から雪解け水として流れてきたものです。きめ細かな甘さが特徴の軟水で、〆張鶴の上品な旨味を引き出す役割をしています。また仕込み水だけでなく、お米の洗い水などにもこの水を使っているほどのこだわりです。
 

メインの酒米は五百万石

メインの酒米は五百万石
〆張鶴には複数のラインナップがあり、酒米はシリーズによって異なります。多くのボトルに使用されるメインの酒米は、新潟県内で製造される酒造好適米「五百万石」です。五百万石は東の横綱と呼ばれる存在で、このお米を使って作られるお酒はすっきりとしたキレ味を持つのが特徴です。宮尾酒造は五百万石の中でも、特に良質とされる岩船地区産のものを採用しています。
また五百万石以外にも、コシヒカリや越淡麗など村上産の酒米を多く採用しています。新潟・村上だからこそ出来上がる味の〆張鶴は、お土産やギフトとしても人気がある地酒となっています。
 

〆張鶴のおすすめラインナップ10選!特徴・価格や雪月花の違いは?

〆張鶴には醸し方や精米歩合などの違いで複数のラインナップが存在します。一升瓶が1,000円台で買えてしまうようなお手頃なお酒から、1本5万円越えの超高級酒などその幅は広いです。
ここからは〆張鶴のラインナップと特徴を紹介していきます。ぜひ比較検討の参考にしてみてください。
 

1.〆張鶴 雪

created by Rinker
〆張鶴
¥3,351 (2022/12/05 05:01:19時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特定名称:特別本醸造酒
  • ・精米歩合:55%
  • ・アルコール度数:15%
  • ・日本酒度:+4
  • ・定価:1800ml ¥2,530、720ml ¥1,155、300ml ¥539

〆張鶴 雪は酒米と醸造アルコールを組み合わせて作られる特別本醸造酒です。日本酒度+4と淡麗辛口な味わいで、爽やかな飲み口のため非常に飲みやすいです。
冷やはもちろんぬる燗でも美味しいバランスなので、飲み飽きせず毎日のように楽しめます。一升瓶のほか4合瓶や300mlボトルなどサイズがいろいろあるので、お酒の強さや飲むペースに合わせてサイズを選んで購入できます。
 

2.〆張鶴 月

created by Rinker
〆張鶴
¥2,880 (2022/12/05 05:01:20時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特定名称:本醸造酒
  • ・精米歩合:麹55%、掛米60%
  • ・アルコール度数:15%
  • ・日本酒度:+4
  • ・定価:1800ml ¥2,178、720ml ¥958、300ml ¥446、180ml ¥282

〆張鶴 月は親しみやすい本醸造酒で、雪月花シリーズでは中間ランクに当たる1本です。〆張鶴らしいすっきりした味わいでありながら、口当たりはなめらかです。
〆張鶴 月は熱燗でも美味しく1年中楽しめるボトルです。
 

3.〆張鶴 花

created by Rinker
〆張鶴
¥2,880 (2022/12/05 08:04:24時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特定名称:普通酒
  • ・精米歩合:60%
  • ・アルコール度数:15%
  • ・日本酒度:+4
  • ・定価:1800ml ¥1,980、720ml ¥814、300ml ¥387、180ml ¥252

〆張鶴 花はデイリーに飲みやすい普通酒です。雪月花シリーズの中でもっともお手頃で、一升瓶でも2,000円未満での購入ができます。一升瓶のほか4号瓶、300ml、180mlとあります。ツルカップと呼ばれるワンカップのお酒(180ml)もあります。
お手頃価格で飲み飽きしないので毎日の晩酌におすすめです。
 

4.〆張鶴 しぼりたて原酒

  • ・精米歩合:60%
  • ・アルコール度数:19〜20%
  • ・定価:1800ml ¥2,630
  • ・限定品※冬限定

宮尾酒造より冬場限定でリリースされるボトルで、普通酒である「〆張鶴 花」の原酒となっています。加水せずそのままボトリングされているため、アルコール度数19〜20%と非常に濃醇です。
新酒の華やかさ、そしてとろりとした感覚のある甘口を堪能できるお酒です。熱殺菌しない完全生酒なので、しっかりと冷やして出来るだけ早めに飲むのがおすすめです。
 

5.〆張鶴 吟撰

  • ・特定名称:吟醸酒
  • ・原料米:山田錦
  • ・精米歩合:50%
  • ・アルコール度数:16%
  • ・日本酒度:+4.5
  • ・定価:1800ml ¥3,740、720ml ¥1,870

〆張鶴 吟撰は、銘柄を代表する定番吟醸酒です。クセのない吟醸酒であり、華やかでフルーティーな香りとまろやかな口当たり、そしてキレの良さという〆張鶴らしい特徴を堪能できます。
上品な辛口なので、飲みやすい吟醸酒をお探しの方におすすめです。冷やして飲むと吟醸香をより一層堪能できます。
 

6.〆張鶴 純

created by Rinker
〆張鶴
¥4,480 (2022/12/05 05:01:21時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・特定名称:純米吟醸酒
  • ・原料米:五百万石
  • ・精米歩合:50%
  • ・アルコール度数:15%
  • ・日本酒度:+2
  • ・定価:1800ml ¥3,300、720ml ¥1,650、300ml ¥737

〆張鶴シリーズの中でも、特に人気の高い純米吟醸のお酒です。純米ならではのまろやかな味わいが印象的で、スッキリ目の飽きがこないボトルです。
冷やすと優雅な香りが広がり、ぬる燗にすることで旨味が膨らみます。ちょっとリッチに楽しみたい日の1本としておすすめです。
 

7.〆張鶴 純米大吟醸 PLATINUM LABEL 袋取り雫酒

  • ・特定名称:純米大吟醸酒
  • ・原料米:山田錦(兵庫県産 特等)
  • ・精米歩合:30%(自家製米)
  • ・アルコール度数:16%
  • ・定価:1800ml ¥50,600、720ml ¥25,300
  • ・限定品

一升瓶ボトル1つで5万円超えの〆張鶴の中でももっともランクの高い日本酒です。純米大吟醸のお酒で、兵庫県産 特等の山田錦を70時間かけて30%まで精米して作られています。袋取りの日本酒で1回のみの火入れであるため、素材のうまさがそのまま閉じ込められています。
穏やかで上品な香りと柔らかく綺麗な味わいのお酒で、余韻がじっくりと長く続いていきます。受注生産のスペシャリティなボトルであり、お祝いや贈答品としても人気が高いです。
 

8.〆張鶴 純米大吟醸 BLUE LABEL 袋取り雫酒

  • ・特定名称:純米大吟醸酒
  • ・原料米:山田錦(兵庫県産 特等)
  • ・精米歩合:35%(自家製米)
  • ・アルコール度数:16%
  • ・定価:1800ml ¥28,600、720ml ¥14,300
  • ・限定品

朝日連峰の上質な伏流水を使用し、さらに高品質な山田錦を65時間かけて35%まで精米し作られる特別な1本です。洗米や吸水作業、そして麹作りや醪の発酵まで細かく手を込めて行っているのが特徴です。醪を絞る作業も「袋取り」であり、生産量が少なく非常に貴重な日本酒となっています。
最上級ボトルで30%精米であるPLATINUM LABELに比べ、キレ味が強めの仕上がりになっています。華やかな香味はそのまま閉じ込められていて、1本での完成度が高いです。
 

9.〆張鶴 大吟醸 金ラベル

  • ・特定名称:大吟醸酒
  • ・精米歩合:35%
  • ・アルコール度数:16%
  • ・日本酒度:+5
  • ・定価:1800ml ¥9,460、720ml ¥4,246
  • ・限定品※11月蔵出し

年に1回、11月にのみ出荷される〆張鶴の大吟醸ボトルです。酒米の王様と言われる山田錦を35%まで磨き上げ醸されています。
大吟醸酒ならではの柔らかい果実香、そして膨らみのある味わいが印象的です。まろやか・芳醇でありながらも〆張鶴らしくキレ味もよく仕上がっています。
 

10.〆張鶴 梅酒

created by Rinker
¥1,362 (2022/12/05 05:01:21時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・酒質:梅酒
  • ・アルコール度数:12%
  • ・定価:500ml ¥1,530

日本酒ベースに作られる〆張鶴の梅酒です。ほのかな甘味とコクが印象的で、日本酒が苦手な方でも親しみやすい1本です。なお〆張鶴の梅酒は以前よりリリースされていましたが、2022年9月中旬にボトルがリニューアルとなっています。
美味しい味わいはもちろんキュートなラベルもポイントで、ちょっとした手土産などにも喜ばれやすいです。
 

金賞受賞歴もある〆張鶴の評価!実際の口コミは?

全日本日本酒鑑評会などで多数の受賞歴

  • IWC2019大吟醸部門 銅賞・・・〆張鶴 大吟醸 金ラベル
  • IWC2018大吟醸部門 銀賞・・・ 〆張鶴 大吟醸 金ラベル
  • IWC2017純米吟醸部門 銀賞・・・ 〆張鶴 純
  • IWC2017本醸造部門 銀賞・・・ 〆張鶴 雪
  • 全国新酒鑑評会2019 金賞
  • 全国新酒鑑評会2018 入賞
  • 全国新酒鑑評会2017 金賞
  • 全米日本酒歓評会ジョイオブサケ2019 大吟醸A(精米歩合40%以下) 金賞 など

〆張鶴は新潟村上の地酒ですが、地元だけに留まらず全国的な知名度があります。なぜなら「全米日本酒鑑評会」や「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)」などで受賞経験があり、プロにも認められている銘柄であるからです。なお上記の受賞歴はあくまでも一部であり、他にもたくさんの受賞歴があります
特に「〆張鶴 大吟醸 金ラベル」や「〆張鶴 純」は受賞歴が多く日本酒ファンからの評価が高いです。〆張鶴が気になるという方は、これらのボトルから挑戦してみると良いでしょう。
 

〆張鶴の口コミ評価を調べてみた


〆張鶴の一般的な評価はどうなのか、Twitterの口コミを調べてみました。口コミを見ると多くの方が、〆張鶴を「飲みやすい」と評価しているのがわかります。〆張鶴は日本酒初心者の方からの評価も高く、万人受けするお酒と言えます。
なおTwitterを見ると、お刺身などの魚介類と合わせている方が特に多く見受けられました。酒造のある村上の名産おつまみである村上のおつまみ「鮭の酒びたし」との組み合わせも人気の様子です。魚介のほかでは天ぷらとの組み合わせも高評価の様子です。〆張鶴を飲む際にはぜひ合わせてみてください。
 

〆張鶴の入手方法は?限定品は予約が必須!

〆張鶴の入手方法は?限定品は予約が必須!
〆張鶴はどの酒屋でも取り扱っている銘柄というわけではありません。確実に入手がしたいなら、特約店と呼ばれるお店を選んで購入するようにしましょう。〆張鶴が買えるお店は全国にあり、宮尾酒造の公式ページで紹介されています。
ちなみにAmazonなどのネット通販でも〆張鶴は売られていますが、ボトルによっては定価よりも高額な場合があるので注意です。例えば「〆張鶴 純」は720mlボトルの定価が¥1,650ですが、Amazonで買おうとすると¥2,640かかります。

created by Rinker
〆張鶴 純
¥2,640 (2022/12/05 05:01:21時点 Amazon調べ-詳細)

〆張鶴を買う場合は交通費や送料なども踏まえた上で、どのお店で買うべきなのかをじっくりと考慮してみましょう。
なお期間限定品や数量限定品の〆張鶴は、特に数が少なく購入難易度が高めです。PLATINUM LABELなど予約だけで完売してしまうボトルもあるので、狙いたいボトルがある方は予約から申し込むようにしましょう。
 

〆張鶴は買取可能?お酒買取専門店に相談してみよう

〆張鶴は買取可能?お酒買取専門店に相談してみよう
日本酒・〆張鶴は、人気銘柄というだけあり需要が高いです。中には受注予約だけで完売してしまうようなボトルもあり、人気ボトルはファンの間で争奪戦の状況です。そのため未開封ボトルを査定に出せば、高額買取してもらえる可能性が大です。もし飲まない〆張鶴のボトルをお持ちなら、無駄にしてしまう前にお酒買取専門店に相談してみましょう。
なお〆張鶴のような日本酒は、買取可能なお店とそうでないところがあるので注意です。買取査定に出す場合は、きちんと日本酒買取に対応している専門店を選ぶようにしてください
お酒買取専門店リンクサスなら、〆張鶴の高額買取が可能です。特に「PLATINUM LABEL」や「BLUE LABEL」、そして「大吟醸 金ラベル」などの限定ボトルは高値がつきやすいです。店頭買取のほか出張買取宅配買取にも対応していて、査定や買取は完全無料の0円で対応が可能です。〆張鶴の買取査定に興味をお持ちの方はぜひご相談ください。
〆張鶴の買取はこちら
 

まとめ

今回は新潟県村上の人気銘柄「〆張鶴」を紹介しました。
200年以上の老舗である宮尾酒造が手がける〆張鶴の日本酒は、上品な淡麗旨口のお酒で万人受けしやすく初心者の方にもおすすめです。デイリーに楽しみやすい雪月花シリーズのほか、高級ボトルであるPLATINUM LABELなどラインナップもさまざまです。
〆張鶴は冷ややぬる燗が人気で、特に魚介系とのマリアージュを楽しめます。ぜひトライしてみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2022.11.16更新
クリック数:59,564
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:56,186
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:45,169
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:38,914
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:38,051
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«