ワインストッパーおしゃれな栓~定番のバキュバンまでおすすめ14選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

ワインストッパーおしゃれな栓~定番のバキュバンまでおすすめ14選

2022/7/01
クリック数:263

ワイン買取はこちら
ワインストッパーおしゃれな栓~定番のバキュバンまでおすすめ14選
ワインを飲み残してしまった時、多くの方はコルクを入れ直したりスクリューキャップを閉め直すのではないでしょうか。
そのワインを当日に飲みきってしまうのであればよいですが、それでもワインはどんどん酸化し、品質が低下してしまいます。
ここでは、ワインを保存する際におすすめのワインストッパーについてお伝えしていきましょう。
ぜひ、ワインストッパーについて知りたい方は参考にしてください。
ワイン買取はこちら

ワインストッパーについて

ワインストッパーについて、基本情報を下記にまとめました。

  • ・ワインストッパーとは?
  • ・ワインストッパーのメリット
  • ・ワインストッパーをしない場合

それぞれ解説していきましょう。

ワインストッパーとは?

ワインストッパーとは?
ワインストッパーとは、抜栓したワインの栓代わりになるアイテムです。一般的なワインはコルクかスクリューキャップなどでボトル口が塞がれていますが、一度抜栓するとどうしても完璧な状態で栓をし直すことができません。
ワインストッパーは、これらコルクやスクリューキャップを閉め直す以上に密閉力が高く、ワインを酸化から守ってくれるアイテムです。
ワインストッパーと一口にいってもその種類は多く、今ではさまざまな種類が市販されています。
保存性を重視するか利便性を重視するか、またデザイン性を重視するかなど、ご自身の目的に合致したワインストッパーを活用することが必要になってくるでしょう。

ワインストッパーのメリット

 ワインストッパーのメリット
ワインストッパーのメリットは、上記でもお伝えしたようにコルクなどを閉め直すより、密閉性が高い部分にあります。例えばコルクの場合、微量ながら酸素を透過するようになっています。
またスクリューキャップも一度開けてしまうと、元のような完璧な状態に閉め直すことは困難で、微量ながら酸素を透過してしまう恐れがあるでしょう。
ワインストッパーはワインを適切に保存するために開発されたアイテムであり、高い密閉力を持つワインファン必携のアイテムといえるのです。
また、ワインストッパーの中にはボトルの中に入った酸素を抜いてくれるアイテムなどもあり、よりワインの保存性を高めることが可能になります。
見た目もおしゃれなものが多いため、ワイン会などでも映えるといったメリットもあるでしょう。

ワインストッパーをしない場合

ワインストッパーをしない場合
ワインストッパーをしなかったとしても、ワインが急激に劣化するわけではありません。むしろ、多くの方はワインストッパーを活用せず、ワインを楽しんでいるのではないでしょうか。
ただし、抜栓したワインを1週間かけて飲むとか高温な場所に置いておく、冷蔵庫の中で数日保存するなど、すぐに飲みきらない場合はワインストッパーを活用した方がよいといわれています。その理由はシンプルで、ワインが酸化してしまうからです。
詳しくは後述しますが、ワイン最大の敵は空気中の酸素であり、酸素が多くワイン中に流入してしまった場合、ワインの品質が下がる恐れがあります。
コルクやスクリューキャップなど、上記でもお伝えしているようにこれらを元の状態のように完璧に閉め直すことは難しいでしょう。
そのため、抜栓していない状態の頃に比べて酸素が多く流入してしまい、1日後であっても初日に飲んだワインの美味しい味わいが無くなっていることがあるのです。
一方、ワインストッパーをしっかりとしていれば、100%とは言えませんが酸素の流入を防ぐことができ、結果的に飲みかけのワインを長持ちさせることができます。

ワインの酸化について

ワインストッパーをしないと、ワインが酸化しやすくなるとお伝えしました。ワインの酸化について簡単に下記にまとめています。

  • ・ワインの酸化とは?
  • ・ワインの酸化による変化
  • ・酸化のメリットはある?

それぞれ解説していきましょう。

ワインの酸化とは

ワインの酸化とは
ワインの酸化とは、ワインに空気中の酸素が接触することにより起こる、さまざまな化学反応のことです。ワインだけでなく、食品なども酸化によって色が変化したり、風味が変化します。簡単な例でいえば、リンゴを切った後に放置しておき、茶褐色になるのも酸化反応の一種です。
ワインには多くの成分が含まれているため、酸素がそれらに触れるとひとつの変化がまた変化を呼び起こし、さらにその変化によって複数の変化が起こるといった、連鎖反応のようなことが起こってしまいます。
ワインの酸化はよい方向に働くこともありますが、往々にしてワインに悪い結果を与えてしまいます。

ワインの酸化による変化

ワインが酸化すると、どのような変化が起こるのでしょうか。まず、ワインの酸化に関連しているのがワインに含まれるポリフェノールだといわれています。
これらが酸化によって化学反応を連鎖的に起こし、茶褐色にさせたり焦げたような香りを出すなど、ワインが持っていたポテンシャルを失わせてしまうことがあるのです。
また、一説によるとエステルなどワインにとって好ましいフルーティーな香りを分解するといった話もあります。
とくに白ワインが酸化されると香りが無くなり、ツンとした焦げたような風味になりやすい傾向です。
フレッシュな味わいを楽しむワインであればあるほど、酸化には注意しないとならないといえるでしょう。

酸化のメリットはある?

酸化のメリットはある?
ワインストッパーは、ワインの酸化を防ぐための役割を持っています。しかし、ひとつ注意したいのが、ワインにとって酸化は絶対悪ではないということです。
ワインが樽熟成したり、瓶熟成するのは微量な酸化のおかげといわれています。ワインが少しずつ酸化していくことで味わいがまろやかになり、風味もよい方向へ進むため、ワインは長期熟成させられることが多いのです。
さらに、長期熟成させた高級ワインなどは抜栓後、還元と呼ばれる硫黄のニュアンスが残っていることから、少し空気中の酸素と触れさせて香りや風味を復活させるデキャンタージュが用いられます。これも、酸化のメリットといえるでしょう。
また、シェリーなど一部のワインは酸化させることが重要な工程とされているなど、ワインによってはあえて酸化させているものもあります。
一部の大量消費用ワインの中には、一度思い切り酸化させた後に不純物を取り除き、あらためて発酵させるといったものもあります。
ただし、市販されているワインのほとんどは抜栓後、酸化させると悪い結果が起こります。あくまで、製造工程や一部のワインだけは酸素がメリットと捉えられているといった形で覚えておくとよいでしょう。

ワインを保存する際に知っておきたいこと

一度抜栓したワインにワインストッパーをすれば、どうやって保存しようが安心と考える方もいるでしょう。しかし、ワインには適した保存方法があるため、できるだけワインのことを考えた場所で保存することをおすすめします。
ここでは、ワインストッパーを利用した上で、なおかつ気をつけたい保存方法について解説していきましょう。

ワインの保存で注意したいポイント

ワインの保存で注意したいポイントが、「温度・光・湿度」です。これらを踏まえた上で、どのように保存すればよいか解説していきます。

温度

ワインの保存温度
ワインは温度によってその品質が左右されるお酒です。例えば、ワインの保存で適している温度は13〜15度が適温といわれています。
温度が高い場所に保存しておいた場合、ワインは熟成が早くなってしまい飲み頃のピークがあっという間に通り過ぎてしまうことがあるのです。
さらにワインストッパーでなく、コルクなどであれば酸化もプラスして、すぐにワインが劣化します。
すぐに飲むのであれば冷蔵庫、また温度帯が夏場も変わりにくい納戸や新聞紙で巻いた上での野菜室などがおすすめです。

ワインを保存する際、光にも注意
光もワインを劣化させる要因のひとつです。ワインストッパーはワインを酸化から守りますが、紫外線などから守るといった機能はありません。
とくに透明ボトルのワインは紫外線を受けやすかったり、光によって硫黄のような香りが出てきてしまう化学反応が起こりやすい傾向です。
ワインストッパーをしたら、光が当たらない暗所で保存するように心がけましょう。

湿度

湿度もワインの品質に関係してきます。とくに、天然コルクで抜栓してあるワインは乾燥によって収縮したり、湿度が高過ぎてカビることがあるので要注意です。
もちろんワインストッパーは乾燥で収縮することはありませんが、逆に湿度が高過ぎる場合は素材によってはカビたり、周囲のカビからの何らかの影響を受ける可能性もあるでしょう。
本来、ワインセラーで保存したいところですが、セラーがない方はワインを暗所かつ湿度、温度の変動が少ない場所を選んで保存するように心がけましょう。

ワインストッパーの選び方

ワインストッパーの選び方を下記にまとめました。

  • ・タイプで選ぶ
  • ・素材で選ぶ
  • ・密閉力で選ぶ
  • ・保存性で選ぶ
  • ・デザイン性で選ぶ

それぞれ解説していきましょう。

タイプで選ぶ


ワインストッパーには、いくつかのタイプが存在します。例えば、そのままワインの口だけを塞ぐことができるタイプ、ワイン内から空気を抜くことができる真空ポンプ付きのタイプ、装着しながらワインを注げるポアラー付きタイプなど、多種多様です。
また、スパークリングワインの場合、それ専用のワインストッパーが売られています。
一般的なワインストッパーでも代用できますが、専用のものは炭酸抜けを徹底して防いでくれるため安心です。

素材で選ぶ


ワインストッパーは、さまざまな素材で製造されています。あまり気にならないといった方もいるかもしれません、それぞれに個性があるため重視したいポイントのひとつです。
まず、密閉性が高いと言われているシリコン製、サビに強い耐久性のあるステンレス製、おしゃれな雰囲気を醸し出したいならガラス製など、素材を重視したワインストッパー選びも一興でしょう。

密閉力で選ぶ


ワインストッパーを選ぶ際、密閉力の違いで選ぶことをおすすめします。当然、コルクやスクリューキャップを閉め直す以上の密閉力がなければ、ワインストッパーを活用する意味がありません。
ただし、密閉力の高いワインストッパーは高価であることから、二の足を踏んでしまう方も多いでしょう。
まず、密閉力でワインストッパーを選ぶ場合、自分がワインをどれだけの期間保存したいのか考えることが重要です。
ぜひ、参考にしてみてください。

保存性で選ぶ


密閉力の高さもワインストッパーにとって重要ですが、保存性の高さも重要になります。上記でもお伝えしたように、ワインを一度抜栓すると必ずヘッドスペースに空気中の酸素が入り込むことになるでしょう。
そのため、ワインストッパーをしてもその酸素はワインボトルのヘッドスペースに残っており、結果的にワインの液中に溶け込んでいってしまうわけです。
ワインストッパーの中には、窒素を入れたり、ヘッドスペースの酸素を抜いてくれる機能を持つものも少なくありません。
徹底してワインを酸化から守りたいといった方は、保存性にも優れたワインストッパーを活用する必要があるでしょう。

デザイン性で選ぶ


機能性は重要ですが、やはり見た目にもこだわりたいといった方も多いでしょう。例えば、SNSで写真をアップしたいとか、自宅でのワインパーティーに使いたいなど、機能云々より見た目重視といったポイントも重要です。
今はおしゃれなワインストッパーも数多く登場しており、“映え”を意識したアイテムも見受けられます。
もちろん、密閉力や保存性も兼ね備えたワインストッパーもあるため、こだわって選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめのワインストッパー14選

ここからは、おすすめのワインストッパーを14選紹介していきます。ワインストッパー選びに悩んでいる方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

バキュバン ストッパーV-15 (ブリスターパック)

created by Rinker
【正規輸入品】vacu vin
¥1,460 (2022/11/27 01:39:52時点 Amazon調べ-詳細)

ワインストッパーの有名メーカーの人気商品、「バキュバン ストッパーV-15 (ブリスターパック)」。ワインのヘッドスペースの空気を抜いてくれるため、保存性に優れたアイテムとして知られています。
ワインだけでなく、瓶入りの日本酒、醤油、生ジュースなどにも応用できるところもポイント。コスパ抜群の魅力的なアイテムです。

メーカー素材サイズ商品重量
vacu vinポンプ:ABS樹脂、ストッパー:TPE40×40×128mm0.19 ポンド

 

JOY SPACE バキュームポンプ JS03


スタイリッシュなデザインと手軽さ、機能性で人気を博しているのが、「JOY SPACE バキュームポンプ JS03」です。ボトル内の空気を抜いてくれるので保存性が高く、最良の状態で約7日間の鮮度を保つ優れもの。
革新的な2層シール設計にボトル内の真空度は常に0.038mpaといった、ハイクオリティなワインストッパーとなっています。

メーカー素材サイズ商品重量
JOY SPACEシリコーン4.16×4.16×5.75cm60g

 

パール金属 ドメーヌ・ルティ シャンパンストッパー

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥501 (2022/11/27 01:39:54時点 Amazon調べ-詳細)

とにかくシンプルなワインストッパーが欲しいといった方におすすめなのが、「パール金属 ドメーヌ・ルティ シャンパンストッパー」です。
シャンパンはもちろん、スパークリングワインなど発泡性ワインの炭酸抜けを防いでくれるコスパ抜群のアイテムとなっています。
シリコーンゴムがしっかり密着する、密閉力の高さもポイントです。

メーカー素材サイズ商品重量
パール金属ステンレス鋼21.7 x 8 x 4.5 cm; 50 g0.05 キログラム

 

ル・クルーゼ(Le Creuset) ワイン ポンプ ・WA137

created by Rinker
ル・クルーゼ(Le Creuset)
¥2,661 (2022/11/27 01:39:54時点 Amazon調べ-詳細)

優れたキッチンアイテムを生み出すことで知られるルクルーゼの、「ル・クルーゼ(Le Creuset) ワイン ポンプ ・WA137」。シンプルながらスタイリッシュなデザインが大人っぽい印象を与えるアイテムです。
ワインボトルのヘッドスペースから酸素を抜くことができるため、新鮮なままの風味を保つことができます。
また、ストッパーが3個セットになっているので、同時に3本のワインに使用できるところも人気の秘密でしょう。

メーカー素材サイズ商品重量
ル・クルーゼ(Le Creuset)ABS17.2 x 11.2 x 4.3 cm0.14 キログラム

 

Lazysong ワインストッパー

created by Rinker
Lazysong
¥1,399 (2022/11/27 01:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

ワインの鮮度を徹底的に守ってくれる人気のワインストッパー、「Lazysong ワインストッパー」。
酸素を抜き出した上に0.038Mpaの真空度で保存するため、最良の状態で約7日間ワインの鮮度をキープさせることができます。
また、日付スケールが付いているので、いつ活用したかわかって便利です。自宅にひとつあると便利なアイテムでしょう。

メーカー素材サイズ商品重量
Lazysongステンレス製4.7 x 4.7 x 7 cm; 100 g0.1 キログラム

 

CIRCLE JOY ワインストッパー

created by Rinker
CIRCLE JOY
¥2,330 (2022/11/27 01:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

ホワイト×レッドのポップなカラーリングが目を引く、「CIRCLE JOY ワインストッパー」。本体の上下にポンプが搭載されているため、しっかりとワインボトルのヘッドスペースから酸素を抜き取ることができます。
圧力リリーフポートや日付記録など、見た目によらず機能性に優れているおすすめの1本です。

メーカー素材サイズ商品重量
CIRCLE JOYステンレス鋼21 x 9.3 x 5.6 cm0.19 キログラム

 

VACUVIN ストッパー

created by Rinker
VACUVIN (バキュバン)
¥829 (2022/11/27 01:39:56時点 Amazon調べ-詳細)

どんな場所にも持ち運びしやすい高性能ワインストッパー、「VACUVIN ストッパー」。簡単にワインのボトル口に設定できるだけでなく、ヴァキュヴァンならではの技術力で密閉力にも期待が持てます。
デザインもシンプルで軽量なので、屋外でワインを楽しんだり、お店でBYOをされる際などにおすすめです。

メーカー素材サイズ商品重量
VACUVINTPE30×30×37mm0.02 ポンド

 

FRUNEP ワインキャップ


ワインセラーで飲みかけのワインを保存したい方におすすめなのが、「FRUNEP ワインキャップ」です。見た目はとてもシンプルでありながら、ボトル口の密着力に優れており、ワインを横に寝かしても液漏れすることがありません。
さらに、ヘッドスペースの空気もしっかりと抜くことから、ワインの鮮度を長持ちさせることができます。
持ち運びにも便利なアイテムです。

メーカー素材サイズ商品重量
FRUNEPシリコーン6.1cm、4.2cm、16.5mm〜20.5mm20g

 

アンチ・オックス TEX092BK

created by Rinker
Pulltex (プルテックス)
¥2,080 (2022/11/27 01:39:57時点 Amazon調べ-詳細)

業務用としても幅広く使用されている信頼のワインストッパー、「アンチ・オックス TEX092BK」。徹底した密閉力を誇り、ワインが残り半分であっても最大10日間鮮度を保つという驚きの設計になっています。
また、日付も確認することができるので便利。本国スペインでも数多くの賞を受賞している、プロクオリティのワインストッパーとなっています。

メーカー素材サイズ商品重量
Pulltex (プルテックス)シリコン、カーボンフィルター3.81 x 3.81 x 4.7 cm; 37 g0.08 キログラム

 

YOUTALLY ワインストッパー

created by Rinker
YOUTALLY
¥1,699 (2022/11/27 01:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

酸化、湿気からワインを守ってくれる注目のワインストッパー、「YOUTALLY ワインストッパー」。手動で簡単にワインボトル内の空気を抜いて真空の状態にできることから、使い慣れていない方にもおすすめ。
また、日付シールが使えるほか、手洗いで簡単にお手入れできるところなど、利便性に富んだ設計が特徴です。
ワインの品質を最良の状態で約7日間キープさせることができます。

メーカー素材サイズ商品重量
YOUTALLYシリコン、ABS18.5 x 11 x 5.5 cm; 250 g0.25 キログラム

 

Mocoluz ワインストッパー

created by Rinker
Mocoluz
¥2,080 (2022/11/27 01:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

スタイリッシュな食卓を演出したい方におすすめなのが、「Mocoluz ワインストッパー」。クラシカルな雰囲気のビジュアルと保存した日付を表示できるシステム、確かな密閉性でワインファンの心を掴んでいます。
利用方法もとてもシンプルなので、普段ワインストッパーを活用していない方でも手軽に利用することができます。

メーカー素材サイズ商品重量
MocoluzABS、シリコン9.6 x 7.6 x 5 cm120g

 

OXO (オクソー) ワイン ストッパー&ポワラー

created by Rinker
OXO (オクソー)
¥2,020 (2022/11/27 01:39:59時点 Amazon調べ-詳細)

ポワラータイプの便利なワインストッパーが、「OXO (オクソー) ワイン ストッパー&ポワラー」。メタリックな見た目がスタイリッシュのほか、シンプルなデザインもプロ仕様な雰囲気を醸します。
徹底した密閉製があるためワインが酸化から守られ、長期間新鮮な味わいを楽しむことが可能。装着したままでワインを注げるため、ワイン会などで数多くワインを提供される方にはおすすめです。

メーカー素材サイズ商品重量
OXO(オクソー)シリコーン4.5 x 4.5 x 7.5 cm; 59 g0.14 ポンド

 

WXVOVXW ワインストッパー


ハイテクな雰囲気を醸す、スタイリッシュなワインストッパー「WXVOVXW ワインストッパー」。革新的な二層シリカゲルデザインで、ワインを酸化から守ってくれます。
回転式の密閉式収納タイプのワインストッパーなので、密閉力が高く安心です。
さらに、ワインボトルのヘッドスペースの空気も抜いて真空状態にしてくれるので、最大7日まで鮮度を保つことが可能です。
ワインだけでなく、日本酒などいろいろな酒類に使えます。

メーカー素材サイズ商品重量
WXVOVXWシリコーン4.5 x 4.3 x 4.3 cm; 29 g29 グラム

 

INNIFER シャンパンストッパー


スパークリングワイン好きなら一つは持っておきたいワインストッパー、「INNIFER シャンパンストッパー」。ワインボトルの口にパチッと栓をするだけで装着させることができるため、力が要らず女性にもおすすめです。
シリコンで出来たプラグ部、内臓の可動バネの固さが堅いことから密閉力が高く、炭酸を逃がしません。また、2個セットなのも嬉しいところ。
スパークリングワインだけでなく、一般的なスティルワインにも対応しているのでおすすめです。

メーカー素材サイズ商品重量
INNIFERシリコーン8 x 7 x 4 cm0.1 キログラム

 

ワインストッパーの代用品になるものはある?


何らかの理由でワインストッパーがその場にないといった時、代用品になるものはあるのでしょうか。基本的には、ワインストッパーがなければコルクやスクリューキャップを閉め直すしかありません。
しかし、炭酸系のペットボトルがあった場合、それらに移し替えることでコルクやスクリューキャップ以上の密閉力を期待することができます。
炭酸用のペットボトルのキャップはかなり密閉力があるため、長期間の保存でなければ意外な効果を発揮してくれるでしょう。
一方、スパークリングワインなどはラップを二重にし、口部分を輪ゴムなどでしっかりと巻けば翌日程度であれば泡が残っている可能性があります。
あくまでその場凌ぎな方法ではありますが、ワインストッパーがない場合の緊急対処法として覚えておきましょう。

ワインの買取について

ワインの買取について
リンクサスでは、世界中のワインを高価買取しております。飲むことがなかったワインやパーティーで残ったワイン、知人などから貰った高級ワインなどが自宅にございましたら、ぜひリンクサスにご相談ください。
また、リンクサスでは業者間取引にも力を入れております。飲食店のお客様で処分に困っている大量のワインがあれば、ぜひご相談くださいませ。
また、リンクサスではワインを高価買取するコツをご紹介しておます。その一部を下記にまとめました。

  • ・付属品も一緒に売る
  • ・保存状態が良いと高価買取
  • ・当たり年は高価買取
  • ・早めに売る
  • ・買取前にワインをキレイにしておく

ワインによっては、購入時に化粧箱やノベルティなどが付属していることがあります。そのため、これら付属品もご一緒にお売りいただけますと高価買取が期待できます。
また、ワインは繊細なお酒ですので、保存状態が良いことも高価買取のポイントとなるのでご注意ください。
また、当たり年のワインは高価買取になりやすいほか、お持ち込みいただく前にワインをキレイにしていただくだけでも高価買取が期待できます。
ぜひ、これらを参考にリンクサスにワイン買取をご依頼ください。
ちなみに、リンクサスでは下記方法でワインを買取しております。

リンクサスでは、店頭買取はもちろん、ワインをお送りいただくだけの宅配買取、業者様や大量のワインを売りたいといった方向けの出張買取など、お客様のスタイルに合わせた買取方法をご用意しております。
また、ワインの買取価格が事前にわかるラインなどでの事前査定、ラインビデオ査定など、多種多様なサービスを展開しておりますのでご相談ください。
“ワインを高価買取してもらいたい”といったお客様のお力になれるよう、リンクサスはスタッフ一同日々勉強しております。
ぜひ、ワイン買取はリンクサスにお任せください。
ワイン買取はこちら

まとめ

ワインを美味しく保存するためには、ワインストッパーが重要な役割を担います。ワインストッパーを利用することで、抜栓後のあの美味しい味わいを長期間保持できるため、ワインストッパーはワインファン必携のアイテムでしょう。
ぜひ、本記事を参考にお気に入りのワインストッパーを見つけてみてください。
また、リンクサスではワインを高価買取中でございます。
ぜひ、ワインを売りたいといったお客様は、リンクサスにお気軽にご相談いただけますと幸いです。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2022.11.16更新
クリック数:53,927
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:50,823
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:43,809
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:37,056
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:35,098
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«