カラフェとデキャンタの違いとは?使い方とおすすめワインカラフェ6選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

カラフェとデキャンタの違いとは?使い方とおすすめワインカラフェ6選

PR: 2023/7/29
クリック数: 4,502

ワイン買取はこちら
カラフェとデキャンタの違いとは?使い方とおすすめワインカラフェ
ワインライフを充実させるために、ワインに関連したグッズにこだわっている方も多いことでしょう。
ワイングッズというとワイングラスやワインオープナー、ワインセラーなどが代表的ですが、カラフェにもこだわってみてはいかがでしょうか。
カラフェはワインをより美味しく、さらに楽しくしてくれるワイン好き必携のアイテムです。本記事では、カラフェの基本情報や使い方、選び方などを解説していきます。
ワイン買取はこちら
 

カラフェとはどんなワイングッズなの?

created by Rinker
Bormioli Rocco (ボルミオリ ロッコ)
¥1,058 (2024/04/20 11:49:39時点 Amazon調べ-詳細)

ワインを飲む際、ワインボトルからグラスへ注ぐといった飲み方が一般的です。しかし、さまざまな理由からワインボトルではなく別の容器にワインを移し替え、そこからグラスに注ぐといった飲み方もあります。
カラフェはワインを移し替える容器のことで、ワインの味わいをよくしたり注ぎやすくしたり、食卓を華やかにするといった役割を持っています。
そもそもカラフェは、「水差し」を意味しているフランス語でワインだけでなく、さまざまな飲み物に利用されているところが特徴です。
レストランなど飲食店において、水が汲まれたくびれた透明のガラスボトルがやってきたことはないでしょうか。
カラフェがあるだけで、ぐっと気軽な気分でワインを楽しむことができます。ワイン好きであれば、一つは揃えておきたいグッズと言えるでしょう。
 

カラフェが利用される理由とは?

ワインはボトルからそのままグラスに注げるため、わざわざカラフェに移し替える理由がわからないといった方もいるでしょう。

カラフェが利用される理由について下記の内容にまとめました。

  • ワインを開かせる目的
  • 食卓を華やかにするため
  • 注ぎやすく使い勝手が良いから

それぞれ解説しましょう。
 

ワインを開かせる目的

ワインを開かせる目的
カラフェは、カラファージュと呼ばれる効果を狙って利用されることがあります。カラファージュとは、ワインをカラフェに移して空気に触れさせることを意味する用語です。
ワインはコルク、またスクリューキャップで栓をされていますが、酸素にほぼ触れていないため、抜栓してすぐの状態は香りが閉じたままであることが少なくありません。
またワインによっては長期間空気に触れていないことで、硫黄っぽい還元臭が発生することもあります。還元臭は酸素との接触で取り除けますが、カラフェであればそのスピードが速く、ワインが本来持っている香りも開きやすくなるのです。
 

食卓を華やかにするため

食卓を華やかにするため
カジュアルにワインを楽しみたい方は、食卓の見た目を良くするためにカラフェを利用することが多いようです。
カラフェは種類によっても違いますが、持ちやすいくびれた透明ガラスで作られており、デザイン性の高いキッチン家具としても知られています。
食卓の中身にカラフェが置かれているだけでも、どことなくおしゃれな雰囲気を醸し出せるところも人気の理由と言えるでしょう。
また、パックや濃い色のワインボトルの場合、中身の減り具合や色味がわからないといったデメリットがあります。
これらのワインをカラフェに注ぐことでワインの色がわかりやすくなり、どれだけ飲んでいるかも一目で把握できるといった機能的な側面も持ち合わせているのです。
 

注ぎやすく使い勝手が良いから

注ぎやすく使い勝手が良いから
複数人でワインを飲む場合、1本のワインをシェアすることも多いでしょう。その際、ワインボトルだと注ぎにくかったり、重いため手を滑らせたり、どの程度飲んでいるかわからなかったり、意外に使い勝手が悪いといった声を聞きます。
カラフェは軽量化されたものが多く、持ちやすく注ぎやすい構造です。さらに上記でもお伝えしているように、どれだけワインが減っているのかを一目でチェックすることができます。
ご夫婦やご家族、また知人や友人とのパーティーの際、カラフェにワインを移し替えるだけでスムーズにワインを注げるため利用されているのです。
また、口が広く洗いやすいといったメリットもあるでしょう。
 

カラファージュとデキャンタージュとは違うのか?


カラファージュは、ワインを酸素に触れさせて香りなどを開かせるとお伝えしました。じつはワインには、同じような意味合いの「デキャンタージュ」と呼ばれるものがあります。
デキャンタージュもデキャンタと呼ばれる容器にワインを移し替え、ワインを空気中の酸素に触れさせる目的で利用されています。そのため、カラファージュとデキャンタージュは全く一緒の意味と考えている方もいるようです。
ただし、厳密に言えばカラファージュとデキャンタージュは、その目的に違いがあります。カラファージュの場合、ヴィンテージが若いワインに多く利用されている方法であり、さらに見た目の華やかさや利便性を求めて利用されています
一方のデキャンタージュは、熟成を経た年代物のワインや高級ワインに使用されることが多く、「眠っている香りを開かせる」ことと「澱を取り除く」目的で使用されている傾向です。
長期熟成を経たワインをゆっくりと酸素に触れさせ、香りをより豊かに、口当たりをよりまろやかにするのがデキャンタージュの目的と言えるでしょう。
似たような意味合いですが、カラファージュは比較的カジュアルなワインをより美味しく、楽しく飲むための方法と理解しておくと良いでしょう。

 

カラフェでカラフェージュをする手順を紹介

カラフェでカラフェージュをする手順を紹介
カラファージュについて理解できたところで、カラフェの利用の仕方を見ていきましょう。下記にカラフェの使い方を順を追ってまとめました。

  1. 1.ワインを抜栓する
  2. 2.カラフェを水平なところに設置する
  3. 3.カラフェの首部分を持ち、静かにワインを注ぐ
  4. 4.カラフェを軽くスワリングする
  5. 5.ほど良く香りが出てきたらワイングラスに注ぐ

カラフェの使い方はとてもシンプルで、ワインをカラフェに注ぎ入れるだけです。
ただし、注意したいのがこぼれないように注ぐこと、カラフェの容量は500から600mlのものが多いため、1本丸ごと注ごうとしないことです
また、ワイングラスに分けやすいように3分の2程度のワインにとどめ、なみなみに注がないように注意してください。
カラフェはカジュアルなワインで利用されることが多いアイテムですので、酸素に触れる時間が長すぎるとワインの香りや風味がなくなってしまいます
カラフェを利用する際は、最悪2時間以内にはワインを飲み切るようにしたいところです。
 

カラフェージュに向いているワイン

カラフェージュに向いているワイン
ワインをカラフェに移し替えてすぐに飲んでしまうのであれば、長期熟成タイプの高級ワイン以外、どんなワインであっても差し支えないでしょう。
ただし、しっかりと酸素に触れさせたいといった場合、ワイン選びは慎重に行う必要があります
例えば、これらのブドウ品種を使用した若いヴィンテージのワインは、抜栓後にまだ香りが開いていないことが多いためカラフェージュに向きます。

  • カベルネ・ソーヴィニヨン
  • テンプラニーリョ
  • メルロー
  • シラー

ピノ・ノワールやマスカット・ベーリーA、ガメイなどで造られるライトボディな赤ワインは、カラフェージュするとすぐに香りがなくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。
若い白ワインはカラフェージュを目的とするよりも、注ぎやすく食卓を華やかにするといった目的ですぐに飲み切ってしまうのが理想的です。
ただし、熟成を経たシャルドネはカラフェージュするとより美味しくなる可能性があります。フレッシュ&フルーティーな白ワインは温度帯が上がると味わいがボヤけるため、速く飲んでしまうか、あまり温度が高くない部屋でカラフェを利用するようにしてください。
 

ワイン意外でカラフェを利用する方法

ワイン意外でカラフェを利用する方法
ワインのためにカラフェを購入された方であれば、基本的にワインだけにその容器を使用することでしょう。ただし、ワイン用のカラフェだからといってワインにしか利用できないわけではありません。
上記でもお伝えしているように、カラフェは「水差し」を意味しています。そのため、水やコーヒー、お茶、紅茶などどんな飲料水にも応用して利用することが可能です。
また、中にたっぷりとフルーツを入れた後にワインをたっぷりと入れてサングリア風にしても良いでしょう。
もちろん、カラフェを利用しなくなったら花瓶として応用するのもおすすめです。おしゃれなデザインが多いカラフェだけに、インテリアアイテムとして応用してみるのも良いでしょう。
 

おすすめのカラフェを6選紹介!

カラフェにはさまざまな種類があるため、どれを選べば良いか迷ってしまう方も多いはずです。ここからは、初心者からワイン通の方まで満足できる、魅力的なカラフェを複数紹介していきます。
お気に入りのカラフェがあった方は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。
 

Bormioli Rocco(ボルミオリ・ロッコ) ミズラ カラフェ

created by Rinker
ボルミオリ ロッコ(Bormioli Rocco)
¥1,058 (2024/04/20 11:49:39時点 Amazon調べ-詳細)

500mlのほど良いサイズ感のカラフェです。重量はわずか600gなので軽く、ガラスはやや厚みもあるので丈夫で機能的です。
イタリア製ならではの、おしゃれなデザインが食卓を華やかになるでしょう。
 

プラキラ(Plakira) ワインデカンタ カラフェ


樹脂「トライタン」を使用したカラフェです。持ち手がついた実用的な仕様と、250mlですのでお一人、またお二人でワインを楽しむ際にちょうど良い大きさです。
同商品の魅力は樹脂「トライタン」を使用しているところ。1000回落としても割れないと言われる、大変丈夫な素材なので安心して利用できます。
 

Georg Jensen ワインカラフェ ガラス&ステンレススチール


ガラス、ステンレススチール、ミラーポリッシュ、シリコンで作られているスタイリッシュなカラフェ。工業デザイナーと建築家Thomas Sandellが手がけたデザイン性の高いカラフェで、食卓がぐっとおしゃれな雰囲気へと変化します
コーヒーやジュース、レモネードなど幅広く応用させられるところも魅力です。
 

WUWEOT 50オンス ガラスカラフェ

created by Rinker
WUWEOT
¥4,548 (2024/04/20 11:49:42時点 Amazon調べ-詳細)

シリコントップ蓋付きホウケイ酸ガラス製のカラフェ。蓋がついているので、酸素に触れさせすぎずに長時間利用できるところがメリットです。
1500mlの大容量タイプなので、大勢でワインパーティーを開催する際には重宝します。果実をたっぷりと入れてサングリア風にしたい際などにもおすすめです。
 

山下工芸 ヴァンカラフェ


コストパフォーマンス抜群な、高いデザイン性が魅力のカラフェです。とても軽く片手で簡単にグラスにワインを注げる構造となっており、飲食店でも活用されているほどの人気アイテム。
スタイリッシュにくびれた細めのボディも目をひきます。
 

Bormioli Luig(ボルミオリルイジ) ロック・イート カラフェ

created by Rinker
Luigi Bormioli(ルイジ ボルミオリ)
¥1,907 (2024/04/20 11:49:43時点 Amazon調べ-詳細)

1000mlで使い勝手のよいカラフェです。厚みのあるガラス製なので安心して利用できるだけでなく、蓋が付いているので酸化スピードを遅め、ゆっくりとカラフェを使ってワインを楽しむことができます。
スタイリッシュなボトルデザインも食卓をおしゃれに彩ってくれるポイントです。
 

リンクサスはワインを高価買取いたします!

リンクサスはワインを高価買取いたします
リンクサスは世界中のお酒を高価買取する、お酒買取専門店です。ワインの買取にも力を入れておりますので、ご自宅にあるワインの処分にお悩みのお客様は、ぜひリンクサスのご利用をご検討くださいませ
リンクサスでワインを高価買取するポイントをいくつか下記にまとめました。

  • 査定前のお掃除で買取額アップ!
  • 付属品もワインと一緒に売る!
  • まとめ売りで査定額アップ!
  • ワインは早めに売るのがおすすめ!
  • 当たり年&希少なワインは高価買取!

リンクサスにワインを査定依頼する前に、簡単にボトルをお掃除いただくだけでも買取額アップが期待できます。ご自宅にて落とせない汚れ以外は、きれいにして査定にお出しください
また、化粧箱やノベルティなどの付属品があった場合、ワインとご一緒に査定にお出しいただけますと高価買取となります。
さらに、1本より複数本でお売りいただくこと、ワインを飲み頃の状態でお売りいただくために速く売ること、当たり年や希少価値の高い銘柄なども高価買取に繋がるポイントです。ワインを高価買取したいと考えているお客様は、これらポイントを押さえた上で査定にお出しいただけますと幸いです。
リンクサスのお酒買取
ちなみにリンクサスでは、下記の買取方法をご用意しております。

リンクサスでは、ワインを直接店舗にお持ち込みいただく店頭買取、お客様がご自宅からワインを送る宅配買取、お客様のご自宅までリンクサススタッフがお伺いする出張買取をご用意しております。
もちろん、査定から買取完了まで、お客様が費用を負担する必要はございませんのでご安心ください。また、LINEなどを利用した事前査定サービスも無料で行なっておりますので、今ご自身がお持ちのワインの査定額だけでも知りたいといった方でもご活用いただけます。
ワイン買取に関してわからない、不安なことがあるお客様はお気軽にリンクサスにご連絡いただけますと幸いです。
ワイン買取はこちら
 

まとめ

カラフェがあるだけで、ワインの楽しみ方がぐっと広がります。ワインを空気中の酸素に触れさせて香りを開かせるといったテクニカルな目的方法だけでなく、食卓を華やかにしたり注ぎやすくなったり、カラフェのメリットは無限大です。
ぜひ、本記事を参考にカラフェの購入、利用を検討してみてはいかがでしょうか。
また、お酒買取専門店リンクサスではワインを高価買取しております。業者間取引にも力を入れておりますので、個人・業者問わずお気軽にワイン買取についてリンクサスにご連絡いただけますと幸いです

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:350,875
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:272,587
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:206,907
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.19更新
クリック数:151,616
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.19更新
クリック数:125,212
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«