マッカラン1946はなぜ高い?空き瓶の値段も高く市場価格500万円?

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

マッカラン1946はなぜ高い?空き瓶の値段も高く市場価格500万円?

PR: 2023/12/18
クリック数: 474

ウイスキー買取はこちら
マッカラン1946はなぜ高い?空き瓶の値段も高く市場価格500万円?
高級スコッチとして世界的に高い知名度を誇るマッカラン。日本にもマッカラン12年など多くのボトルが流通していますが、実は定番品の他にも多くの限定ボトルがあることをご存知でしょうか。

今回はマッカランの限定ボトルの一つであるマッカラン1946について解説していきます。どうして希少だと言われるのか、値段はいくらなのかなどを説明します。
ウイスキー買取はこちら

マッカラン1946はどんなお酒?

スコットランド産のシングルモルトウイスキー

スコットランド産のシングルモルトウイスキー
マッカラン1946を知るには、まず「マッカラン」がどういったブランドであるのかを知っておく必要があります。

マッカランは“ザ・マッカラン”という正式名称のシングルモルトウイスキーです。スコットランドのマッカラン蒸溜所で作られる、いわゆるスコッチウイスキーの一種となります。

マッカランは数あるスコッチの中でも特に有名な銘柄で、日本にも多くのボトルが輸入されており高級品として扱われています。高いクオリティと人気ぶり、希少性の高さからマッカランは「シングルモルトのロールスロイス」と呼ばれることもあるほどです。
蒸溜所の創業は1824年と古く、およそ200年の歴史があります。禁酒法の時代や戦争による影響なども受けながらも、伝統を守り抜き、今まで上質なウイスキーを作り続けてきたという背景があります。

そんなマッカランの蒸溜所があるのは、スコットランドのスペイ川周辺エリアであるスペイサイドになります。スペイサイドエリアで作られるウイスキーは、スコッチの中でも上品で香りの高い味わいをしていることが特徴に挙げられます。
マッカランはスペイサイドを代表するブランドで、上品な甘みと贅沢に広がる華やかな香りが印象的です。これはシェリー樽原酒をベースにしていることで生まれる味わいであり、飲みやすさから幅広い世代に人気を集めています。

52年ものの原酒がつかわれたスペシャルなボトル

52年ものの原酒がつかわれたスペシャルなボトル
今回紹介するマッカラン1946は、マッカランからリリースされていた数量限定品です。定番ボトルではなく過去に限定発売されていたボトルであるため、今では公式ラインナップには並んでいません。

マッカラン1946には、名前から分かるように1946年に作られたモルト原酒が使われています。瓶詰めした時点で52年熟成を経たものであり、超長熟・希少なものであることがわかります。

なお日本国内にマッカラン1946が輸入されたのは2005年ごろでした。当時、輸入本数はおよそ100本に限られていたといいます。
もちろん流通したボトルの中にはすでに飲まれてしまったものもあるでしょう。そのため現在国内に流通するマッカラン1946は、多くても数十本となっており、高い希少価値が付けられています。

ピートが強めの個性派ボトル

ピートが強めの個性派ボトル
マッカラン1946が有名である理由は、単に長期熟成原酒が使われているリッチなウイスキーというだけではありません。マッカランから作られていた“1946年のモルト原酒”そのものが、他のマッカランにはない特別な個性を持っていることがポイントに挙げられます。

1946年といえば第二次世界大戦の直後です。戦争直後の時期に蒸留されたモルト原酒は、いつものマッカランとは違い蒸留の際にピート(泥炭)が多く使用されていたことがわかっています。当時は戦争の影響で石炭が足りておらず、その代替としてピートが採用されていたのでしょう。蒸留方法そのものが異なることから、味わいもいつものマッカランとはガラリと異なった雰囲気に仕上がっています。


ピートを使ったウイスキーといえば、同じスコットランドの「アイラモルト」が有名です。アイラの地で作られるウイスキーは“ピーティー”と表現されるような、独特のスモーキーさがあります。
1946年の原酒を使ったマッカラン1946も、まるでアイラモルトのようなピーティーさ、スモーキーさがあることが特徴です。マッカランブランドとしては非常に個性のある仕上がりであり、ウイスキーマニアたちから非常に大きな人気を集めるボトルとなっています。

マッカラン1946の値段!相場は500万円越え!?

この投稿をInstagramで見る

Eric Yee(@starvinggigolo)がシェアした投稿


高級ウイスキーはしばしば高騰化が話題に上がっていますが、当然のようにマッカラン1946も価格高騰しているウイスキーの一つとなっています。

発売時のマッカラン1946は、日本円でおよそ52万円でした。1本でこの値段は驚きですが、それでもすぐに売れてしまうほど人気でした。
すぐに希少価値がつけられ、価格も上がっていきました。販売から10年以上経つ今では、1本が500万円近い価格で取引されている状況となっています。

もちろん入手自体も困難で、そもそも販売店がほとんどないため見かけることすら難しいです。もし購入できるとすればプレ値のついたネット販売か、オークションなどの出品を探すことになるでしょう。
どうしても飲んでみたいという方は、ボトル購入のほかマッカラン1946を取り扱っているバーやレストランを探すという方法もあります。

マッカラン1946の値段が高騰している理由

1.マッカランがそもそも人気の高いブランドである

この投稿をInstagramで見る

Yoko Sasaki(@tairyokigan)がシェアした投稿


ウイスキーの価格は人気が高い商品であるほど高騰していきます。マッカラン1946にこれほどの価格がつけられているのも、マッカランというブランドそのものが人気であることが関係しています。

高級ウイスキーとしてシンボル的な扱いを受けているマッカランは、成功者のお酒として長く愛されてきました。日本でも銀座の街などを中心にマッカランがブームとなり、日本以外でも中国や香港、台湾などの諸外国でマッカランがたくさん取引されてきたのがわかっています。

味わいが美味しいから人気である、というのは大前提ですが、それ以上に「マッカランを飲んだことがある」「マッカランのボトルを所持している」ということ自体がステータスのように扱われています。そのためなかなか飲む機会のないマッカラン1946も、高値で取引されているのだといえます。

2.限定品であり希少価値が高い

限定品であり希少価値が高い
ウイスキーの中でも、定番品ではなく数量限定・期間限定発売の品は高値になりやすいです。なぜならそれだけ希少価値が高く、いわゆるプレミアがつけられた状態になっているためです。

ウイスキーのモルト原酒を作るのには長い時間と手間がかかります。熟成期間が長くなればなるほど、比例するように価値も上がっていきます。
数十年という熟成を経て生まれるウイスキーは、たとえ人気が出たとしても全く同じものを再生産して販売することはできません。マッカラン1946は日本でわずか100本ほどしか流通しておらず、とんでもないようなプレミア価格がつけられているのです。

3.飲み頃が半永久的に続くため古いボトルにも価値がある

飲み頃が半永久的に続くため古いボトルにも価値がある
お酒の中には飲み頃を早く迎えてしまうものもあれば、飲み頃が何十年と続くものもあります。これはお酒の製法や原料によって変わってきます。

ウイスキーは蒸留という工程を経て作られる「蒸留酒」に分類されます。日本酒やビールなどの「醸造酒」と言われるお酒が時間経過とともに変化していくのに対し、蒸留酒であるウイスキーは半永久的に保存ができます
もちろん劣悪な環境に置いたままでは傷んでしまいますが、保管方法さえきちんとしていれば何十年前という古いボトルでも美味しく飲むことができます

マッカラン1946は製造も販売も何十年前と古いお酒ではありますが、今でももちろん美味しく飲めるお酒です。長期保存ができることから、今すぐには飲まないけれどコレクションをしているという方も多く、人気に繋がっています。

4.シングルモルトウイスキーの流行と高騰

シングルモルトウイスキーの流行と高騰
もともと高級品・希少品として扱われていたマッカラン1946ですが、ここ最近の高騰具合はとにかくすごいです。これには世界的なシングルモルトウイスキーの流行が影響しています。

マッカランに限らず、人気ウイスキーは軒並み高騰化が進んでいます。中には10年前に比べ、10倍もの値段がつけられているというようなボトルもあります。
特に知名度の高いシングルモルトはその傾向が強く、マッカラン1946も数年前に比べ何倍もの価格がつけられているような状況です。今後さらに価格が上がっていく可能性も高いです。

5.投資家や転売ヤーによる購入も

投資家や転売ヤーによる購入も
マッカラン1946は、価格高騰していることからウイスキー投資家、転売ヤーからも注目されるアイテムになっています。もはや飲むためのお酒ではなく、「投資対象」として扱われているような状態です。

ウイスキー投資ウイスキー転売をしている人は国内だけでなく海外にもたくさんいます。買い手が多く世界中に需要があるということも、値段が釣り上がっている原因になっているのでしょう。

空き瓶にも値段がつくマッカラン1946


大人気であるマッカラン1946。実は空き瓶だけでも取引対象になるほどの価値が認められています。すでに飲んでしまったというマッカラン1946のボトルをお持ちの方も、買取査定に出せば現金化できるチャンスです。

マッカラン1946はボトルや箱のデザインでも人気を集めています。ボトルには大きく「1946」と書かれているのが目印で、その下にはシリアルナンバーも割り振られています。シリアルナンバーには同じボトルは存在せず、唯一無二であることが見て取れます。

また外箱は高級ウイスキーならではの特別な木箱になっています。このほか冊子や箱の鍵などもつけられていて、全て揃った状態なら空き瓶でも数十万円以上の価値がつくことがあります。
リンクサス空き瓶買取はコチラ

マッカラン1946を高額査定してもらうコツ

マッカラン1946を高額査定してもらうコツ

1.木箱や鍵など付属品を揃える

マッカラン1946を査定に出す場合は、必ず付属品を揃えた状態で依頼するようにしましょう。付属品の有無で、数万円単位で価格が変わる場合があります。

本体ボトルの他には木箱、外箱、冊子、鍵などが付属品として存在しています。全て揃った状態=完備品のマッカラン1946なら、何百万という査定額がつくこともあるでしょう。

一方付属品を紛失してしまった場合でも、減額にはなりますが買取査定の対象になります。付属品がない場合も自己判断せず、まずは査定員に相談してみることをおすすめします。

2.ウイスキーの適切な保管方法を守る

マッカラン1946は古いウイスキーなので、どのように保管されてきたかも査定に大きく影響します。「将来的に美味しく飲みたい」「買取査定で高額を狙いたい」という方は、正しい保管方法を覚えておきましょう。

ウイスキーは半永久的に日持ちのするお酒とお伝えしましたが、直射日光などに当ててしまうと未開封でも傷んでしまうことがあります。目減りしてしまった場合は減額対象になってしまうので、できるだけ冷暗所で静かに保管しておくことを心がけましょう

また査定時は見た目の綺麗さも重要になります。外箱が汚れていないか、埃がかぶっていないかなどをきちんと確認しておきましょう。
もし汚れていた場合は、さっと掃除してから査定に出したほうが高評価につながりやすいです。乾いた布で優しくボトルや箱を掃除してみてください。

一方空き瓶買取の場合は、綺麗にしたいからといってボトルの中まで洗剤で洗う必要はありません。なぜなら洗うことでラベルが傷んだり、ボトルの中に残っているマッカランの残り香が消えてしまったりする恐れがあるからです。
あくまでも軽く掃除する程度にとどめておき、そのまま査定に出すことをおすすめします。わからないことがある場合は一度相談してみると良いでしょう。

3.お酒の知識に詳しい査定業者を利用する

ウイスキーはどこに売るかも非常に重要です。なぜなら売る場所によって価格が大きく変わってくるためです。

金銭や商品の状態に関するトラブルを避けつつ高額査定を狙うなら、「お酒買取専門店」を利用することをおすすめします。お酒に特化した買取専門店を利用することで、マッカラン1946の正しい価値を認めてもらうことができるでしょう。

時間に余裕がある方は複数社に相見積もりを依頼し、高く売れる業者を探してみるのもありです。売るかどうか未だ迷っているという方も、一度相談してみることでヒントが得られるかもしれません。

マッカラン1946の買取査定はリンクサスへ

マッカラン1946の買取査定はリンクサスへ
マッカラン1946の買取査定は、お酒買取専門店リンクサスにぜひお任せください。リンクサスはお酒に強い買取専門店で、知識のある査定員がウイスキー査定を行います。

「マッカラン1946がなぜ高いのか」「どういった状態なのか」という点を踏まえた上で適切に査定いたします。査定に関する疑問や質問などにもお答えしますので、お酒に詳しくない方もどうぞ安心してご利用ください。

なおリンクサスの買取査定は、店頭買取・宅配買取・出張買取と3パターンに対応しています。どの方法をお選びいただいても手数料や利用料は0円なのでお気軽にご相談ください。
ウイスキー買取はこちら

まとめ

マッカラン1946は、52年もののピーテッド原酒が使われたユニークで特別なマッカランです。日本には100本ほどしか流通しておらず、今では500万円近い価格がつけられています。

昨今のウイスキー人気、そして希少性を考えると、この価格はさらに高騰していくでしょう。なかなかお目にかかれるボトルではありませんが、ウイスキー好きならぜひ知っておきたいボトルでもあります。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:310,268
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:257,881
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:200,284
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.03.04更新
クリック数:146,032
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.02.02更新
クリック数:116,550
日本酒買取はこちら 日本酒は腐りにくいと言われる飲み物です。そのためすぐに買って飲むこともあれば、しばらく未開封のまま保管しているケースもあるかと思います。しかし、保管したお酒をいざ飲もうとして、「本当に飲んでいいのか」 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«