シャトームートンロートシルト価格当たり年ラベルとエールダルジャンの解説

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

シャトームートンロートシルト価格当たり年ラベルとエールダルジャンの解説

PR: 2023/10/02
クリック数: 1,240

ワイン買取はこちら
シャトームートンロートシルト価格当たり年ラベルとエールダルジャンの解説
今回は、ボルドーワインでも非常に有名な「シャトー・ムートン・ロートシルト」について解説していきます。どのようなスタイルのワインなのか、なぜ人気なのかをぜひチェックしてみてください。

記事の中ではル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルトやエール・ダルジャンといったワインについても触れています。
ワイン買取はこちら
 

並外れた実力を持つシャトームートンロートシルト

フランス・ボルドーで活躍する赤ワイン生産者の一つ

シャトー・ムートン・ロートシルトは、フランスのボルドー地区で活躍するシャトー(生産者)の一つです。シャトー・ムートン・ロスチャイルドなどと呼ばれることもあります。もともとユダヤ系の大富豪であったロスシルド男爵が、1853年にシャトーを購入した時から歴史が始まります。
ボルドー地区といえば、ブルゴーニュと並んでフランスワインの2大銘醸地に数えられています。ブルゴーニュワインがエレガントで薄い色合いのものが多いのに対し、ボルドー地区のワインは濃い色合いで力強く重厚な味わいをしているのが特徴に挙げられます

そんなボルドー地区の中でも、特に有名と言われる5大シャトーがあります。シャトー・ムートン・ロートシルトは5大シャトーの一つで、世界的にも高い知名度を誇ります。5大シャトーの中でも最も派手な印象を持つワインで、タンニンが強く豊かな渋みと強さがあります。ムートンのワインはふくよかで肉付きの良い味わいと言われており、10年以上瓶の中で熟成させるとさらに魅惑的になると評価されています。


 

メドックの格付けを覆したことで知られる


シャトー・ムートン・ロートシルトは、もともとシャトー購入時から上質な畑を持っていました。しかし購入後の2年後に行われたメドック格付けでは、なんと1級ではなく2級という位置付けに甘んじることとなります。そこからムートンは、1級を目指しワイン作りを見直すこととなります。様々な改革を経て、シャトーは成長をしていきます。

中でも大きな功績を上げたのが、1922年にシャトーを引き継いだフィリップ・ド・ロスシルド男爵です。大胆不敵な性格で“カリスマ”と呼ばれた彼は、多くのシャトーが樽でワインを出荷するなか「瓶詰めしてワインを出荷する」ということを行います。今では当たり前である瓶詰めワインの出荷を、初めて行ったのがフィリップ氏であったと言われています。また彼はワインの保管場所として、「グランシェ」と呼ばれるセラーも建設します。
ビジネス面やワインの文化の普及にも尽力していたフィリップ氏は、ネゴシアンを買収しワイン生産販売を行ったり、のちにワイン博物館をオープンさせたりといった取り組みを行います。このような努力が認められ、1973年にはシャトー・ムートン・ロートシルトが2級ではなく1級シャトーへと認められることになりました。

メドックの格付けは1855年から100年以上覆ったことがなく、シャトー・ムートン・ロートシルトが1級と認められたのは前代未聞の出来事であったといいます。このことは、今でもシャトーが伝説的だと言われる理由の一つとなっています。
なお昇格前のムートンのラベルには「第1級たり得ず、第2級を肯んぜず、そはムートンなり」といった意味の言葉が書かれていましたが、昇格後には「今第1級なり、過去第2級なりき、されどムートンは不変なり」と書かれるように変わっています。
 

芸術家たちが手がけるラベルで人気を博す


シャトー・ムートン・ロートシルトといえば、芸術的なラベルデザインでも話題となっています。こちらはもともと1945年に、フランス開放を祝うためワインのラベルデザインで祝うという取り組みから始まりました。
今では毎年異なるアーティスト・有名画家がラベルを手掛けており、斬新なデザインが高い評価へとつながっています。1970年の「マルク・シャガール」、1973年の「パブロ・ピカソ」、1975年の「アンディ・ウォーホル」、1979年「堂本尚郎」、1988年「キース・ヘリング」、1990年「フランシス・ベーコン」、1993年「バルテュス」など、いずれも著名で素晴らしいものです。

通常ワインは飲みごろや当たり年で価格が変動しますが、ボトルデザインが毎年異なるシャトー・ムートン・ロートシルトはラベルの人気でも価格が変わってきます。古く収集困難なボトル、そして人気の画家が手がけたラベルのボトルには高い価値がつけられる傾向にあります。
 

シャトームートンロートシルトのワインづくり

リュット・レゾネによる自然派のブドウ栽培

この投稿をInstagramで見る

Château Mouton Rothschild(@chateaumoutonrothschild_)がシェアした投稿


シャトー・ムートン・ロートシルトでは、ブドウの栽培において「リュット・レゾネ」という方法を採用しています。これは減農薬栽培のことで、極力農薬を減らし、必要な時にしか使わないという考えです。自然の持つ力をそのままワインに仕上げることで、豊かな味わいを生み出しています。

なおムートンの畑はメドック地区のやや高地、オー・メドックのポイヤック村というところに位置しています。畑は標高27メートルの場所にあり、上質な土壌を持つと言われています。広さは90ヘクタールにも及び、とにかく広大です。砂利質をしているのが特徴で、水はけが良いことから「カベルネ・ソーヴィヨン」が特によく育ちます。

そして広大な畑におけるブドウ収穫では、なんと300人という大人数での収穫が行われます。大人数で一気に収穫することにより、自然災害などの被害を避けブドウの品質を守っているのです。当然ブドウは手摘みであり、選果をしながら収穫されます。醸造所に運ばれた後も選果が何度も繰り返され、健全なブドウだけがタンクに入れられることになります。
 

フレンチオークの樽にて熟成

フレンチオークの樽にて熟成
発酵タンクに入れられたブドウは、低温マセラシオンで濃い色が保つように処理されます。温度管理や工程管理をしっかりと守りながら、ワインへと仕上げられていきます。3週間の果皮浸漬やマロラクティック発酵を経て香りや色合いが深くなったワインは、フレンチオークの新樽にて熟成が進められていきます。熟成樽はなんと12社ものバリエーションがあり、多彩な味わいを生み出す要素の一つとなっています。
 

ムートンが手がけるワインのラインナップは?

シャトー・ムートン・ロートシルト 2013


シャトー・ムートン・ロートシルトの代表的なワインがこちらです。カベルネ・ソーヴィニヨンというブドウが主体になっている、色鮮やかな赤ワインです。ブラックチェリーなど赤い果実の香りが感じられるのが特徴で、味わいもしっかりとしています。タンニン強めで熟成に耐えうるポテンシャルがあり、若いうちはやや渋みが強く、熟成させることにより豊かさ・スパイス感がより一層増した印象になります。

なお先ほども述べたように、ヴィンテージによってラベルデザインが変わるのがシャトー・ムートン・ロートシルトの個性ともいえます。こちらの2013ラベルは韓国に生まれ、現在は日本を中心に活動している美術家リ・ウーファンが手がけたものになります。
2013年は当たり年と言われており、非常に人気のあるボトルです。2013年以外では2014年や2000年、1982年あたりのボトルが当たり年として評価されています。
 

ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト

created by Rinker
シャトー・ムートン・ロスチャイルド
¥36,300 (2024/05/19 21:27:45時点 Amazon調べ-詳細)

ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルトは、シャトー・ムートン・ロートシルトのセカンドラベルにあたるボトルです。セカンドラベルの出荷は1994年よりスタートしています。
セカンドラベルといっても手を抜かずに作られているのがこのワインの長所です。カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にメルローなどの品種をブレンドして作られており、ムートンらしい強いタンニンと濃縮した果実の味を感じるフルボディタイプに仕上がっています。
一説によるとファーストよりも入手困難だと言われていて希少価値が高いです。
 

エール・ダルジャン ムートン・ロートシルト


エール・ダルジャンは、シャトー・ムートン・ロートシルトが手がける白ワインです。1990年代に入るまで長い間白ワインは作られていませんでしたが、1991年におよそ35年ぶりに復活しました。ボルドー地区の白ワインとしては非常に有名であり、シャトー・マルゴーと並び双璧を成すとまで言われています。
セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデルといった品種から生まれる辛口の白ワインで、芳醇かつ複雑で非常に気品に溢れています。白桃やトロピカルフルーツを感じさせるアロマの中に、ピリリとした酸味や余韻に現れる苦味のニュアンスがバランス良好です。
 

シャトームートンロートシルトの価格はどれくらい?

シャトームートンロートシルトの価格はどれくらい?
シャトー・ムートン・ロートシルトの価格は年々高騰を続けています。以前は6〜7万円で買えるボトルがありましたが、今では1本に10万円近い値がつけられているような状況です。人気のヴィンテージや古く希少なものの場合、これ以上の価格で取引されることも珍しくありません。
セカンドラインに当たるル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルトは、年代にもよりますが3〜5万円前後の価格になります。希少価値が高いため、セカンドでも高額になるのが大きなポイントと言えるでしょう。

ちなみに白ワインであるエール・ダルジャンは、2〜3万円で販売されています。ただしこちらも、当然ですがヴィンテージによって価格は変わってきます。近年のワインを取り巻く環境や世界情勢を鑑みると、今後シャトー・ムートン・ロートシルトの価格は高騰していく可能性が高いです。おそらくセカンドラインや白ワインに関しても、現在より値段が上がっていくのではないかと考えられます。
 

シャトームートンロートシルトを美味しく飲む方法

ボルドー型のワイングラスで飲む

ボルドー型のワイングラスで飲む
シャトー・ムートン・ロートシルトはボルドー地区のワインになります。凝縮された果実感と強いタンニンが印象的なワインなので、香りや旨みがしっかりと引き出される「ボルドー型グラス」を使用して飲むのがおすすめです。
ボルドー型グラスは通常のワイングラスよりもやや大きめに作られているのがポイントで、チューリップのような形をしています。リムが少し狭くなっていて、香りが広がりやすくなるように設計されています。
このグラスを使ってシャトー・ムートン・ロートシルトを飲むことで、特徴であるほんのりとした渋みや酸味が口の中でバランスよくまとまった印象になります。強いタンニンや酸味もまろやかになり、口当たりが良くなるでしょう。
 

力強い味を引き立てる肉料理に合わせて

力強い味を引き立てる肉料理に合わせて
力強く濃厚なシャトー・ムートン・ロートシルトの赤ワインは、旨みをより一層引き立たせるガツンとした肉料理と好相性です。もともと赤ワインは肉料理に合うと言われていますが、シャトー・ムートン・ロートシルトは特にフルボディなので濃厚でリッチな味わいのものによく合います
例えば牛フィレ肉のステーキやローストビーフを合わせると良いでしょう。また子羊のローストや、きのこのホイル焼きのような料理に合わせてみるのも良いかもしれません。メインディッシュに添えることで、特別なシーンの料理がより一層華やかになります。約10万円という高級ワインなので、ぜひスペシャルな日の1本としてセレクトしてみると良いでしょう。


 

シャトームートンロートシルトの買取査定はリンクサスまで

シャトームートンロートシルトの買取査定はリンクサスまで
5大シャトーの一つであるシャトー・ムートン・ロートシルトのワインは、いずれのヴィンテージも高額取引の対象となります。セカンドであるル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルトや、白ワインであるエール・ダルジャンも同様です。
当然買取査定の市場でも高値がつくので、未開封ボトルをお持ちの方はぜひ査定の利用を検討してみましょう。飲む予定のないシャトー・ムートン・ロートシルトがある場合も、買取査定を利用すればお得に現金化できます。

お酒買取専門店リンクサスでは、ただいまシャトー・ムートン・ロートシルトのようなボルドーワインを買取強化しています。専門知識を持ったスタッフが丁寧に査定対応するのでぜひお任せください。なおリンクサスは店頭買取出張買取宅配買取と3種類の買取方法をご用意しています。ワインは1本から、法人や業者の方からの大量買取依頼も受け付けているのでお気軽にご相談ください。
ワイン買取はこちら
 

まとめ

シャトー・ムートン・ロートシルトのワインは、有名なボルドー5大シャトーの中でも最も豪華で派手なスタイルです。濃厚な味わいで、熟成するとさらに深みが増し完成度が上がります。
そんなシャトー・ムートン・ロートシルトのワインは、ラベルデザインの華やかさも相まってコレクター人気が高いアイテムとなっています。買取査定をご希望の方はリンクサスまでぜひお問い合わせください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:392,234
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:282,411
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:212,627
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.29更新
クリック数:154,999
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.05.17更新
クリック数:133,387
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«