白州100周年記念ボトル定価や箱・中身の違い。買取価格情報有

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

白州100周年記念ボトル定価や箱・中身の違い。買取価格情報有

PR: 2023/12/21
クリック数: 4,241

ウイスキー買取はこちら
白州100周年記念ボトル定価や箱・中身の違い。買取価格情報有
サントリーウイスキーは2023年にめでたく100周年を迎えました。100周年を記念して、大人気のシングルモルトである「白州」より記念デザインのボトルがリリースされています。

今回はそんな白州100周年記念ボトルにフィーチャーしていきます。通常ボトルとの違いや流通価格など気になっている方は必見です。
ウイスキー買取はこちら

白州100周年記念ボトルとは?通常ボトルと何が違うの?

100周年を記念し特別ラベルの白州が発売された

この投稿をInstagramで見る

ishikoro(@ishikoro0928)がシェアした投稿


白州100周年記念ボトルとは、2023年にリリースされた白州の限定デザインボトルになります。2023年4月以降リリース分の白州より、デザインが変更となり販売されています。

2023年はサントリーウイスキーが100周年を迎えた大きな節目のタイミングです。サントリーからは100周年を祝う記念の商品がいくつもリリースされていて、白州100周年記念ボトルはそのうちの一つになります。

記念にふさわしい特別なラベルデザインが施されているのが特徴で、ラベルには白州蒸溜所の全景が描かれています。“森の蒸溜所”と呼ばれる世界的にも珍しい蒸溜所で、豊かな森に囲まれた環境下では素晴らしいモルトウイスキーが生まれます。
ミネラルを適度に含む軟水から生まれる白州のウイスキーは、爽やかな香味と軽快な飲み口が印象的です。特に日本人の味覚に合う作りとなっていて、ストレートはもちろんハイボールで飲むのにも人気があります。

ちなみに100周年記念ラベルとして、白州のほかシングルモルト山崎の限定ラベル品も登場しています。サントリーのモルトウイスキーが好きな方は、ぜひこちらも合わせてチェックしてみましょう。

通常ボトルと中身は変わらない

通常ボトルと中身は変わらない
限定ラベルデザインでリリースされた白州100周年記念ボトルですが、実は中身に関しては通常の白州と変わりありません。限定品には「白州NV」と「白州12年」の2つがあり、どちらも安定した品質を誇っています。

通常ボトルとの違いはラベルのデザインのみなので、入手難易度も実はそこまで高くありません。とはいえ白州そのものが希少価値の高いレアウイスキーなので、見かけることができた方は非常にラッキーと言えるでしょう。

ボトルには“100th ANNIVERSARY”の文字も書かれており、特別な記念の品であることが一目でわかります。思わず棚に並べてコレクションしておきたくなる、そんなウイスキーとなっています。

サントリーウイスキーの歩みと歴史

サントリーウイスキーの歩みと歴史
今でこそ世界的に有名な日本のウイスキーですが、実はその歴史が始まったのはわずか100年のことです。スコッチやバーボンに比べ歴史は浅く、短期間で大きな成長を遂げてきたことがわかります。

その立役者となったのがまさにサントリーウイスキーで、創業者である鳥井信治郎氏の夢から歴史はスタートしました。100年以上前、日本には専用のモルト工場などは存在していませんでしたが、「日本で美味しいウイスキーを作りたい」と考え山崎の土地に日本初のモルトウイスキー蒸溜所を建設し始めたところから日本のウイスキーの歴史が幕を開けたのです。

サントリー山崎蒸留所サントリー 山崎蒸溜所

とはいえ最初から全てが順風満帆だったわけではありません。初めて日本初の本格ウイスキーとして1929年にリリースされた「白札」は、お世辞にも好調と言える売り上げではありませんでした。“焦げ臭い”といった評価がついてまわり、仕込みが停止になることもあったほどだと言います。この時代の苦労と試行錯誤が、今のサントリーウイスキーの品質につながっているのかもしれません。
角瓶
そんなサントリーウイスキーが好転の兆しを見せたのは1937年の「角瓶」の登場がきっかけでした。スコッチを真似るのではなく日本の独自性を追求し、日本人の味覚に合うウイスキーとして作られた味わいは、美味しいと評価をされるようになりました。
ちょうどこの頃には悪評だったかつてのウイスキー原酒も熟成によって成長し、おいしさのもとになっていたのです。ここからサントリーの快進撃は始まります。

第二次世界大戦の際にも山崎蒸溜所は被災を免れ、蒸溜所には原酒が残りました。そこから1946年には「トリスウイスキー」、1950年には「オールド」、1960年には「ローヤル」というウイスキーが発売されていき、サントリーウイスキーは日本の高級ウイスキーの定番としてその地位を確かなものにしていきます。
1970年代には山崎以外の蒸溜所も増えていき、ウイスキーの幅も広がっていきました。


白州蒸溜所」の竣工も1973年に行われ、ウイスキーの魅力をさらに広げていくきっかけとなっていきました

やがて80年代〜90年代になると、「シングルモルトウイスキー」が製品化されていきます。1984年には山崎が発売開始、そして1994年には白州の発売も開始されています。
平成の時代はウイスキーブームが去り長い間ダウントレンドになっていましたが、国内のハイボールブームと世界的なウイスキーブームをきっかけにサントリーのウイスキーは再び人気が向上していきます
ウイスキー
特に2014年以降のジャパニーズウイスキーの快進撃は凄まじく、山崎や白州を筆頭に品薄・価格高騰が大きく話題になるほどにまで成長することとなりました。

今まさに熱狂の時代を迎えているサントリーウイスキーは、2023年に大きな節目である100周年を迎えています。記念品の発売、そして蒸溜所の大改修と、さらなる成長への歩みもスタートしています。
「白州100周年記念ボトル」は、サントリーウイスキーのこれまでの歴史と魅力を感じられる至極の1本でもあるでしょう。ウイスキーファンであればぜひチェックしておきたいところです。

100周年記念ボトルは全2種類!特徴や定価を調査してみた

シングルモルトウイスキー白州NV

この投稿をInstagramで見る

yuki nomura(@nomu_yuki0809)がシェアした投稿

  • ・商品名:サントリーシングルモルトウイスキー白州
  • ・原材料:モルト
  • ・アルコール度数:43%
  • ・容量:700ml
  • ・定価:4,950円(税込)

100周年記念のデザインでリリースされた商品は合計で2種類です。そのうちの1本が、スタンダードボトルである白州NVになります。

森の蒸溜所と呼ばれる蒸溜所にて仕込まれたモルトウイスキーは、ほんのりとしたスモーキーさと柔らかな甘さが漂います。フルーティーな中に確かなキレもあり、非常に飲みやすいのが特徴です。「白州ハイボール」として飲むのも人気で、デイリーからお祝いシーンにまで幅広くマッチしてくれます。

なお100周年記念ボトルはあくまでもスタンダード品がデザイン切り替えで販売されているに過ぎないので、定価も通常ボトルと変わらず4,950円(税込)となっています。

シングルモルトウイスキー白州12年

この投稿をInstagramで見る

Yasushi Rabaraba(@rabarabayasushi)がシェアした投稿

  • ・商品名:サントリーシングルモルトウイスキー山崎12年
  • ・原材料:モルト
  • ・アルコール度数:43%
  • ・容量:700ml
  • ・定価:11,000円(税込)

白州の長期熟成ボトルである白州12年にも、100周年記念ボトルの限定品が登場しています。酒齢12年以上のモルト原酒を使って作られる白州で、フルーティーなコクと後味のキレの良さが印象的です。

白州12年といえば一時期、原酒不足で休売となっていたこともあるほどの人気品です。今では休売が解除されリリースされていますが、おそらく販売本数は少なく希少品であると考えられます。

そんな白州12年の100周年記念ボトルは、定価11,000円(税込)での販売となります。ただし定価で店頭に並ぶことは少なく、流通価格は大きく高騰しています。

created by Rinker
白州
¥38,988 (2024/03/05 00:10:52時点 Amazon調べ-詳細)

白州100周年記念ボトルはどこで買える?

予約不要で通常ボトルと同じように買える


白州100周年記念ボトルはあくまでもデザイン切り替えの扱いなので、リミテッドエディションのような公式サイトでの予約や抽選は行われていません。売っているお店さえ見つけることができれば、いつでも購入することができます。

しかし白州はそもそも店頭に並ぶことがほぼないので、見つけること自体が困難かもしれません。ウイスキーの取り扱いに強いお店を探し、粘り強く購入チャンスを狙うことが大事です。

実際に白州100周年記念ボトルを購入したという方の口コミ投稿を見ると、「やまや」や「ビックカメラ」、「業務スーパー」などで見かけたという報告があります。酒屋などでも購入できることがあるのでぜひ立ち寄った際はウイスキーコーナーを確認してみましょう。

百貨店などの抽選販売が狙い目


店頭で探すのが難しい白州100周年記念ボトルも、抽選販売を狙えば購入の確率がUPします。抽選販売とは、応募し当選することで白州の購入権を得られるという仕組みのことです

やまや、ビックカメラなどの大手が行っているほか、百貨店なども頻繁にウイスキー抽選を行っているのでぜひ応募してみましょう。ただし応募にはカード会員のみなど、いくつか条件が設定されている場合があります。

なお抽選販売の場合は、申込の際に「100周年記念ボトル」なのかどうかをきちんと確認してから応募しましょう。また百貨店によって応募期間や購入期間が異なっているので、詳しくは詳細を確認するようにしましょう。

白州100周年記念ボトルの流通価格はどのくらい?

ネットショップでの流通価格は15,000円越え

ネットショップでの流通価格は15,000円越え
白州100周年記念ボトルは、インターネットの通販などでも購入可能です。ただしプレ値が付けられている状況で、白州NVの相場は15,000円を超えている状態です


およそ3倍の価格なので、購入時は定価と比べながら慎重に検討しましょう。また信頼のおけるネットショップで購入することも大切です。

なお白州12年になると、流通価格は3万円越えになってきます。こちらも3倍近い価格まで高騰しています。

created by Rinker
白州
¥38,988 (2024/03/05 00:10:52時点 Amazon調べ-詳細)

一方で抽選販売を実施するショップなど、一部定価で買えるようなお店もまだまだ残っています。ごく稀に店頭に定価で並んでいる場合もあるのでこまめにチェックしてみてください。

2024年4月には定価そのものが値上げに

2024年4月には定価そのものが値上げに
サントリーは2024年4月より国産ウイスキーを大幅値上げすることを発表しています。白州NVは4,950円(税込)→7,700円(税込)に、白州12年は11,000円(税込)→16,500円(税込)にそれぞれ切り替わります。

2024年4月リリースのボトルはすでに100周年記念ボトルではなく通常ボトルである可能性も高いですが、定価そのものが上がることで、現在リリース済みである白州100周年記念ボトルの価値もさらに高まることが予想されています。今後流通価格が2万円、3万円と膨らんでいく可能性もゼロではありません。

白州を含めたサントリーウイスキー、そしてジャパニーズウイスキーの価格高騰はかなり激しく、今後も価格が急上昇する可能性が高いと考えられています。白州100周年記念ボトルが欲しいという方やすでにお持ちの方は、これからの価格変動にもぜひ注目してみてください。

白州100周年記念ボトルはお酒買取でも人気

白州100周年記念ボトルはお酒買取でも人気
限定リリースで希少価値の高い白州100周年記念ボトルは、お酒買取の市場でも人気があります。すでに定価の3倍近い価格が付けられている状態なので、買取査定でも定価以上の査定額になることがあります。

そんな白州100周年記念ボトルの買取査定でお悩みなら、お酒買取専門店リンクサスまでぜひご相談ください。リンクサスはプロの査定員による丁寧なウイスキー査定を行なっていますので、買取利用が初めての方やお酒に詳しくない方でも安心してご利用いただけます

なお白州100周年記念ボトルの中には、箱付きの商品も存在します。査定にお出しいただく際、箱があればぜひ一緒にお持ちください。
もちろん箱無しの商品の場合はそのままで構いません。店頭のほか出張買取宅配買取のサービスも案内中なので、遠方にお住まいの方やお忙しい方もぜひお気軽にお問い合わせください。
白州買取情報はコチラ

まとめ

2023年、サントリーウイスキー100周年という大きな節目のタイミングで白州の100周年記念ボトルがリリースされました。山崎の100周年記念ボトルと同時に流通したレアなウイスキーは、今後さらに価値が上がる可能性が高いと大きな注目を集めています。

流通量が少なく価格高騰しているというレアなウイスキーですが、抽選販売などを狙えば定価購入できるチャンスもあります。ぜひ白州の魅力やいつもと違ったボトルデザイン、そして価格変動に注目しながらチェックしてみてください。
ウイスキー買取はこちら

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:310,252
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:257,869
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:200,280
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.03.04更新
クリック数:146,026
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.02.02更新
クリック数:116,547
日本酒買取はこちら 日本酒は腐りにくいと言われる飲み物です。そのためすぐに買って飲むこともあれば、しばらく未開封のまま保管しているケースもあるかと思います。しかし、保管したお酒をいざ飲もうとして、「本当に飲んでいいのか」 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«