まずい訳ないジェムソンウイスキー。コールドブリュー等評価種類7選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

まずい訳ないジェムソンウイスキー。コールドブリュー等評価種類7選

PR: 2023/8/02
クリック数: 3,829

ウイスキー買取はこちら
まずい訳ないジェムソンウイスキー。コールドブリュー等評価種類7選
ジェムソンはアイリッシュウイスキーの人気ブランドで、日本だけでなく世界的な知名度を誇ります。流通量が多いので、名前を見かけたことがあるという方も多いかと思います。

今回はそんなジェムソンについて、スコッチなどのウイスキーと何が違うのか、どのような特徴があるのかをまとめてみました。ジェムソンに挑戦してみたい、ジェムソンのウイスキーが気になるという方は必見です。
ウイスキー買取はこちら
 

アイリッシュウイスキーの王道ブランド「ジェムソン」

ジェムソンは人気NO.1のアイリッシュウイスキー

ジェムソンは人気NO.1のアイリッシュウイスキー
ジェムソンはアイリッシュウイスキーの銘柄の一つです。日本にも正規輸入されているほどの有名なブランドで、アイリッシュウイスキーの中でも非常に高いシェア率を誇ります。コンビニやスーパー、量販店にも置いてあるお手軽なウイスキーであり、飲みやすい味わいから多くのファンを集めています。

そんなジェムソンは優しい口当たりと穏やかな酒質で、個性の強いウイスキーが苦手な方でも親しみやすいです。優しさの中にもしっかりとしたコクがあり、本格派の味わいを堪能できます。
 

そもそもアイリッシュウイスキーとは?

そもそもアイリッシュウイスキーとは?
ジェムソンがどのようなウイスキーかを知るには「アイリッシュウイスキー」について知っておく必要があります。
アイリッシュウイスキーはアイルランドで作られるウイスキーで、スコットランドのスコッチやアメリカンウイスキーなどと並び世界5大ウイスキーに数えられています。スコットランドのスモーキーなウイスキーとは対照的に、ノンピートの穏やかな酒質に特徴を持ちます。
アイリッシュウイスキーはほとんどの銘柄が「ノンピート麦芽」により作られるのが特徴で、スコッチによくある煙たい印象がなく非常に飲みやすいです。また蒸留回数が3回とスコッチに比べ多く、その分雑味が取り除かれたスムースな味わいに仕上がっています。


 

200年以上続くジェムソンの歴史


ジェムソンのはじまりは18世紀まで遡ります。当時のアイルランドはウイスキー造りが非常に盛んで、世界でもトップの生産量を誇っていました。有名な蒸留所のひとつにダブリンのボウ・ストリート蒸溜所があり、ジェムソンのブランドはそこで誕生しました。ボウ・ストリート蒸留所はダブリンのビック4と呼ばれ、地元からやがて世界へとその人気や知名度が広まっていきました。

ジェムソンのウイスキーは瞬く間に人気を博し、1880年代には蒸留所が何千壺というレベルにまで成長します。しかし常に順風満帆ではありませんでした。
なぜなら時代の移り変わりと共にアメリカの禁酒法やアイルランドの独立運動、第二次世界大戦の影響を受け、アイリッシュウイスキーそのものが停滞期に入ってしまったためです。ダブリンにある数多くの蒸留所は閉鎖を余儀なくされ、ボウ・ストリート蒸留所も閉鎖の一途を辿ることとなります。

このような状況でも「ジェムソン」というブランドはミドルトン蒸留所に受け継がれ、存続されることが決まります。そこから会社の合併や買収という変化を辿りながらも、ブランドは存続していくことになります。
現在は「ペルノ・リカール社」に買収された事で、資金調達が安定し大量生産ができるようになっています。そんなジェムソンのウイスキーは、アイリッシュウイスキーとしてのトップを誇るだけでなく、世界のウイスキー販売数量でも上位にランクインする程の盛り上がりを見せています。
 

ジェムソンウイスキーの製法と特徴

ミドルトン蒸留所にて作られるブレンデッドウイスキー

ミドルトン蒸留所にて作られるブレンデッドウイスキー
ジェムソンは現在、アイルランドにあるミドルトン蒸留所にて作られています。「ポットスチルウイスキー」および「グレーンウイスキー」を混ぜ合わせたブレンデッドウイスキーとして生産されています。
ポットスチルウイスキーの原料には蒸留所近くで採れる大麦が、グレーンウイスキーの原料にはフランス産のトウモロコシが使われます。仕込み水にはダンガーニー川のミネラル水が使われ、ジェムソンらしい味わいを生み出しています。
 

3回蒸留によるなめらかな質感が魅力

3回蒸留によるなめらかな質感が魅力
アイリッシュウイスキーであるジェムソンは、スコッチよりも蒸留回数の多い“3回蒸留”で作られるのが特徴です。ジェムソンのこだわりはポットスチルウイスキーだけでなく、グレーンウイスキーまで3回蒸留をおこなっているという点にあります。
大きなポットスチルでゆっくりと時間をかけて繰り返し蒸留することで、ジェムソンには独特のなめらかさが生まれています。
 

3年以上の熟成が生み出す豊かな味わい

3年以上の熟成が生み出す豊かな味わい
アイリッシュウイスキーは必ず3年以上の熟成をしてから瓶詰めされるルールが決まっています。ジェムソンも3年以上の樽熟成が加えられていて、熟成による豊かな味わいが生まれています。
熟成にはアメリカンオークのバーボン樽を中心に、さまざまな樽が選ばれ使用されています。近年はビールの製造に使った“ビール樽”なども使われることがあり、ラインナップによって多彩な味が楽しめるような工夫もなされています
 

ジェムソンの人気ラインナップ7選!イオン限定品にも注目

1.ジェムソン スタンダード

created by Rinker
JAMESON (ジェムソン)
¥2,214 (2024/04/20 10:24:30時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:40%
  • 価格:700ml 約2,200円(税込)

ジェムソン スタンダードは、ジェムソンの中でももっともメジャーな定番ボトルです。ノンピートのブレンデッドウイスキーで、青リンゴのようなフレッシュな味わいに定評があります。
シトラスのような爽快感もあり、水割りやハイボールで飲むのに向いています。コクのある味わいでありながら後味はスムーズで、ウイスキー初心者の方でも親しみやすい味わいです。
 

2.ジェムソン スタウトエディション(旧カスクメイツ)

created by Rinker
JAMESON (ジェムソン)
¥2,754 (2024/04/20 12:14:55時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:40%
  • 価格:700ml 約2,800円(税込)

ジェムソンのスタウトエディションは、もともと「カスクメイツ」という名称で発売されたシリーズです。2017年にはISC金賞も受賞したほど実力派の1本として知られています。
アイルランドで絶大な人気を誇るブルワリー「フランシスカン・ウェル」とのコラボで生まれたウイスキーで、ジェムソンを熟成した樽でスタウトビールを熟成し、その後またその樽でウイスキーを熟成させるという製法が採用されています。スタウトビール由来のカカオやコーヒーを思わせるほろ苦さが印象的です。
 

3.ジェムソン IPAエディション

  • アルコール度数:40%
  • 価格:700ml 約2,800円(税込)

ジェムソン IPAエディションは、アイリッシュペールエールという種類のビール樽が使われたウイスキーです。フローラルなホップの香り、そして香ばしいナッツのような印象を受ける味わいです。こちらは全国のリカーマウンテンで販売されています。ビール好きの方はぜひこちらもチェックしてみてください。
 

4.ジェムソン ブラック・バレル

created by Rinker
JAMESON (ジェムソン)
¥3,409 (2024/04/20 12:14:56時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:40%
  • 価格:700ml 約3,500円(税込)

ジェムソン ブラック・バレルは、内側を焦がした樽が熟成に使われます。バーボン樽に加えシェリー樽の原酒も加えられていて、スタンダードボトルよりもさらにコクや芳醇さが増した印象に仕上がっています。
レーズンのような熟成感、そしてそれを引き立てるブラックペッパーのスパイシーさが魅力的です。リッチな1本をお求めの方におすすめです。
 

5.ジェムソン ボウ・ストリート18年

  • アルコール度数:55.3%
  • 価格:700ml 約18,000円(税込)

こちらはジェムソンの中でも非常に高級なボトルです。18年間かけて丁寧に熟成された原酒をかつてボウ・ストリート蒸留所があった場所に移しフィニッシュさせているという特別な品で、2018年にリリースされました。
加水をせず瓶詰めを行うカスクストレングスによる製法で、力強く複雑な味わいが表現されています。オークとバニラの甘みの中に、レーズンやプラムのような芳醇さも感じられます。
 

6.ジェムソン コールドブリュー

  • アルコール度数:30%
  • 価格:700ml 約2,500円(税込)

ジェムソン コールドブリューは、ジェムソンにコーヒーのニュアンスをプラスして作った特別な味わいです。コーヒーエキスの入ったウイスキーで、ジェムソンのスムースな味わいの中にコーヒーの豊かな苦味がマッチしています。
30度とアルコール度数は低めで飲みやすさも抜群です。そのまま飲むだけでなく、カクテルアレンジにもおすすめしたい1本です。こちらは全国のイオンにて限定発売されています
 

7.ジェムソン ジャパンリミテッド 2022

  • アルコール度数:40%
  • 価格:700ml 約2,300円(税込)

ジェムソン ジャパンリミテッドは、日本限定で発売されるオリジナルラベルのジェムソンです。2022年のボトルはSIRUPがデザインを監修、アーティストKentaro Okawaraがラベルデザインを手がけています。
2022年9月より数量限定でリリースされたボトルであり、希少価値が高くコレクター人気も高いです。
 

ハイボールが人気!ジェムソンを美味しく飲む方法

ジェムソンはストレートそのままだけでなく、さまざまなアレンジで楽しめるウイスキーでもあります。ここからは特におすすめしたい「ハイボール」「オンザロック」そして「カクテル」の飲み方について、それぞれ解説していきます。
 

ハイボール

ハイボール
ジェムソンの爽やかな飲み心地は、炭酸ソーダと混ぜる「ハイボール」にぴったりです。
ハイボールを作る際はジェムソン:炭酸水=1:3~4程度の割合でつくるのがおすすめです。大きめのグラスを用意し、たくさんの氷をいれてから作りましょう。
お好みでミントやライムを添えるのも良いでしょう。また炭酸水ではなく、ジンジャエールなどのドリンクを使って作るのも人気です。


 

オン・ザ・ロック


オン・ザ・ロック
ジェムソンのまろやかな味わいを堪能したい方は、オン・ザ・ロックでぜひ味わってみましょう。オン・ザ・ロックは通称“ロック”と呼ばれる飲み方で、ロックグラスに大きめの氷を入れ、ジェムソンを注げば完成します。
ロックで飲むジェムソンは、よりスムースで飲みやすい印象です。ただしアルコール度数が高いので飲み過ぎには注意です。
 

カクテル


クセの少ないジェムソンの味わいは、カクテルに使うウイスキーにも向いています。ぜひさまざまなアレンジを加えて、自分らしい飲み方を探してみましょう。
たとえばウイスキーにアロマティックビダーズと少しの角砂糖を加えて作る「オールドファッションド」や、レモネードにジェムソンを加える「アイリッシュレモネード」などは非常にオススメです。単純にコーラなどのドリンクで割って飲むだけでも美味しいです。
 

ジェムソンの人気ボトルはお酒買取専門店リンクサスまで

ジェムソンの人気ボトルはお酒買取専門店リンクサスまで
ジェムソンは定番ボトルのスタンダート以外にも、スタウトやIPAのフレーバー、そしてハイエンドモデルのボウ・ストリート18年などさまざまなボトルがあります。限定発売のボトルもあり、世界各国から人気を集めています。

そんなジェムソンの人気ウイスキーはお酒買取でも安定の評価を得ています。高価買取になるボトルもあるので、未開封のジェムソンをお持ちであればぜひ買取査定の利用を検討してみましょう

お酒買取専門店リンクサスでは、ジェムソンをはじめとする人気ウイスキーの積極買取を行なっています。店頭買取宅配買取出張買取と3つの買取方法に対応しているので、ぜひお気軽にご利用ください。
 

<ジェムソン買取査定のポイント>

ジェムソン買取査定のポイント

  • 未開封ボトルのまま査定に出す
  • 箱や付属品は揃えて査定に出す
  • 見た目のコンディションを整えておく
  • まとめ売りで査定額がUPすることもある

買取査定の対象となるのは未開封のジェムソンのみです。未開封ボトルの中でも箱や付属品が揃った“完備品”が高額査定になりやすいです。例えば専用グラス付き商品などは、グラスも揃えた状態で査定に出すようにしましょう。
ジェムソンの査定時には見た目や中身が劣化していないことが重要なので、査定に出す前にはさっと掃除をし、コンディションを整えておくことをおすすめします。

なおジェムソンのようなお手頃ウイスキーは、1本だけで売るよりもなるべくまとめ売りをする方が評価額UPへと繋がりやすいです。ジェムソン以外のウイスキーや他の種類のお酒とのまとめ売りもOKなので、売りたいお酒がある方はお気軽にご連絡ください。
ウイスキー買取はこちら
 

まとめ

ジェムソンはアイリッシュウイスキーの代表格で、ノンピートで飲みやすいウイスキーです。スムースな口当たりとコクのある味わいが特徴的で、ハイボールやカクテルなどさまざまな飲み方で楽しむことができます。
なおジェムソンの中にはイオン限定やリカーマウンテンでの販売品、そして数量限定発売品などもあります。ぜひ豊富なラインナップの中から、お気に入りの一本を探してみてはいかがでしょうか。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:350,814
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:272,563
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:206,887
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.19更新
クリック数:151,604
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.04.19更新
クリック数:125,197
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«