値上げで終売の噂ラガヴーリン16年。評価とおすすめ定価購入方法とは

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

値上げで終売の噂ラガヴーリン16年。評価とおすすめ定価購入方法とは

2022/9/06
クリック数:1,243

ウイスキー買取はこちら
値上げで終売の噂のラガヴーリン16年。評価とおすすめラガブーリン
今回はアイラの巨人と言われる「ラガヴーリン」について解説していきます。
ラガヴーリンは地元の島民に昔から愛されているウイスキーで、日本人気も高い銘柄となっています。分厚い骨格を持つ個性派ウイスキーであり、一度飲んだら忘れられないインパクトがあります。
この記事ではそんなラガヴーリンについて、ラインナップや特徴を説明していきます。終売や品薄の噂についても迫っていくのでぜひ目を通してみてください。
ウイスキー買取はこちら
 

スモーキーで個性派のウイスキー「ラガヴーリン」

シングルモルト・ラガヴーリンとは


ラガヴーリンはスコットランドで作られるシングルモルトウイスキーの一つです。スコットランドの中でもアイラ島というエリアで作られているスコッチであり、ヘビーで分厚い骨格を持つのが特徴です。同じアイラ島にある「アードベッグ」や「ラフロイグ」と並んで、“キルダントン3兄弟”と呼ばれ愛されています。

アイラ島のシングルモルトは、独特の地層と海に近い環境が生み出すスモーキーさ、ピーティーさに特徴があります。また潮のようなニュアンスを感じるのもポイントで、数あるウイスキーの中でも個性派な味の銘柄が多いです。ラガヴーリンもアイラらしい個性を持つウイスキーであり、万人受けの味ではないものの熱狂的なファンに愛されている存在となっています。
またラガヴーリンは強めのインパクトがありつつも、ただのスモーキーなだけではなく風味の中にほのかな甘みや滑らかさがあるのが特徴です。強めの個性を甘みがバランスよくまとめ上げているので、スモーキーなアイラモルトの中では比較的飲みやすい存在となっています。そのためアイラモルトの入口としてラガヴーリンを選んでみるのもアリかもしれません。淡麗なウイスキーでは物足りないという方やスモーキーな味わいが好きな方には特におすすめの銘柄です。
 

ラガヴーリン蒸留所の歴史・特徴

ラガヴーリン蒸留所の歴史・特徴
ラガヴーリンの歴史がスタートしたのは1816年のことです。現在までに200年以上の歴史がある、非常に由緒あるウイスキーとも言えます。アイラ島の中でもボウモア・アードベッグ・ラフロイグに続く4番目に古い蒸留所となります。なお蒸留所はアイラ島南部の玄関口であるポートエレン港から東へ4kmほど進んだ位置にあります。
もともとこの場所では、1700年代から蒸留所が点在していたという記録も残されています。蒸留所のあるところは湿地帯エリアであり、ソラン湖からの湧水に恵まれているのがポイントです。湧水はアイラの分厚いピート地層をくぐり抜け、ピートなニュアンスをウイスキーにもたらします。この水を使って作られるラガヴーリンも、ピーティーでスモーキという独特な個性を持ち合わせています。

そんなラガヴーリンのウイスキーと切っても切れない存在なのがブレンデッドウイスキー「ホワイトホース」の存在です。

created by Rinker
WHITE HORSE(ホワイトホース)
¥1,306 (2022/09/24 19:19:16時点 Amazon調べ-詳細)

ホワイトホースはラガヴーリン蒸留所でウイスキー作りを学んだピーター・マッキー氏が、独立後にラガヴーリンの原酒をキーモルトにし生み出した「伝説」と言われるウイスキーです。このようにラガヴーリンはシングルモルトとしてはもちろん、人気なブレンデッドウイスキーの原酒としても使われ深く愛されていくようになります。
なおラガヴーリンがスコットランド国内だけでなく世界的に愛されるようになったのは1988年のことです。このタイミングでディアジオ社(旧ED社)のクラシックモルト6種にラガヴーリンが選出され、アイラ島の代表モルトとして世界的にマーケティング展開が進められていきました。ここからは世界の評論家もラガヴーリンを「アイラの巨人」と高く評価し、それがきっかけとなり爆発的な人気を誇るように進化していきました。この頃にはアイラ島で一番飲まれている人気ウイスキーにもなっていました。

現在ではラフロイグボウモアといった人気のアイラモルトが他にも台頭してきたため、ラガヴーリンの売上は残念ながらこれら2つのブランドには負けてしまっています。しかしそれでも生産量をいたずらに増やすわけではなく、きちんと熟成酒にこだわり丁寧なウイスキー造りを行なっているのが特徴です。ラフロイグは10年もの、ボウモアは12年ものがスタンダードボトルですが、ラガヴーリンのスタンダードボトルは「ラガヴーリン16年」と熟成期間が長めであるというところもポイントとなっています。
 

ラガヴーリンの種類と味は?おすすめラインナップ5選

ラガヴーリン 16年

created by Rinker
Lagavulin(ラガヴーリン)
¥18,500 (2022/09/24 14:11:23時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・熟成年数:16年
  • ・アルコール度数:43%
  • ・価格:10,200円(税込)

ラガヴーリン16年は、ラガヴーリンシリーズの中でもスタンダードな位置付けのボトルです。スタンダードボトルが16年熟成というのは珍しく、完成度の高さからシングルモルトファンの中でも評価が非常に高い1本となっています。
味わいはドライでスモーキーというアイラらしい個性がありながら、それでいて飲みやすいのが特徴です。ヨード香や潮のニュアンスがあり、それをシェリーの甘みとフルーティーさが上手くまとめ上げている印象です。正露丸にも例えられるような香りに後からバニラのような香りが広がっていき、飲み進めるたびに味の変化を感じ取ることができます。
 

ラガヴーリン 8年

created by Rinker
¥12,800 (2022/09/24 14:11:23時点 楽天市場調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・熟成年数:8年
  • ・アルコール度数:48%
  • ・価格:6,400円(税込)

ラガヴーリン8年は、もともと2016年にラガヴーリン蒸留所創立200周年記念として限定リリースされていたボトルとなります。限定リリースボトルが世界的に好評だったため、2018年より装いを新たにして定番商品化されたという背景があります。
ラガヴーリン8年にはしっかりとしたスモーキー・ピーティーさがあり、その中にオレンジやドライアプリコットなど柑橘系のニュアンスも感じ取ることができます。スタンダードボトルに比べ若い原酒であるためフレッシュさが目立ちますが、アルコールの刺激が強すぎるわけではなくとろみ・厚みのある味わいになっています。
スタンダードのラガヴーリン16年に比べると甘さが若干控えめなので、スモーキーな個性を楽しみたい方におすすめです。ボトル1本1万円以下なので、手軽にラガヴーリンブランドを試してみたいという方にも適しています。
 

ラガヴーリン 10年

created by Rinker
ラガヴーリン
¥11,500 (2022/09/24 14:11:24時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・熟成年数:10年
  • ・アルコール度数:43%
  • ・価格:約10,000円(税込)

ラガヴーリン10年は2019年発売の、免税店向けにリリースされた商品です。名前の通り10年熟成の原酒が使われたシングルモルトで、「リフィルカスク」「バーボンカスク」「ニューリー・チャード・リジュベネーテッドカスク」という3種類の樽のモルト原酒を組み合わせて作られています。
酒質は軽く滑らかであり、甘くソルティな味わいを感じ取ることができます。そこからのフィニッシュはスパイシーで、飲みながら味の変化とワクワク感を楽しめるようなボトルとなっています。
 

ラガヴーリン12年 カスクストレングス

  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・熟成年数:12年
  • ・アルコール度数:2018年・・・57.8%※年数表記によって異なる
  • ・価格:約20,000円〜

ラガヴーリン12年 カスクストレングスは限定品としてリリースされているボトルです。いわゆる“リミテッドエディション”であり、2002年からシリーズがスタートしています。このシリーズはカスクストレングス=樽だしそのままでボトリングがなされているという仕様で、約55〜60%と高いアルコール度数を誇ります。なお発売される年数により、正確なアルコール度数はそれぞれ異なっています。
加水されないそのままのアイラモルトの味わいはとにかくダイナミックで、ラガヴーリンのもつ個性を余すことなく堪能できます。濃いめのウイスキーなので自身で加水しつつ、味わいの変化を楽しむのがおすすめです。
そんなラガヴーリン12年 カスクストレングスは限定品ということもあり、流通価格が2万円越えとスタンダード品よりも値段が高くなっています。発売時期が昔のボトルになるほど希少性が高くなり、そのぶん価格も3万超えと高級になっていきます。
 

ラガヴーリン ダブルマチュアード

created by Rinker
Lagavulin(ラガヴーリン)
¥18,500 (2022/09/24 14:11:25時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・ウイスキーの種類:シングルモルトウイスキー
  • ・熟成年数:16年
  • ・アルコール度数:43%
  • ・価格:約17,000円〜

ラガヴーリン ダブルマチュアードは「ディスティラリーエディション」としてリリースされている人気品です。通常のバーボン樽で熟成させたのちにペドロヒメネスのシェリー樽で追熟しているのが特徴で、ラガヴーリンらしい海藻のようなニュアンスの中に極甘口シェリー由来のフルーティーな甘みがアクセントになっています。レーズンやドライプラムなどの濃厚な甘味があるので、スモーキーなだけのウイスキーは苦手という方にも好まれています。
いわゆるフルーティー系のアイラモルトになり、スタンダードなラガヴーリンとはまた違った味を楽しめます。ラガヴーリンの魅力に触れた方は、定番ボトルと飲み比べてみるのも面白いかもしれません。
 

ラガヴーリンの定価が値上げした?終売や品薄の噂は本当?

ラガヴーリンの定価が値上げした?終売や品薄の噂は本当?

2022年よりラガヴーリン定番ボトルが値上げに

価格改定前価格改定後
ラガヴーリン 16年8,800円(税込)10,200円(税込)
ラガヴーリン 8年6,100円(税込)6,400円(税込)

ラガヴーリンの定番ラインナップである「ラガヴーリン16年」「ラガヴーリン8年」は、熟成タイプのシングルモルトでありながら手頃な価格で購入できるのが魅力の一つでした。しかし2022年4月より、残念ながら定価の値上げが発表されています
ラガヴーリンの値上げの主な理由はウイスキーの原酒不足によるものです。ここ数年でシングルモルトウイスキーはどのブランドも軒並み原酒不足となっていて、ラガヴーリンも例外ではなく原酒が不足し、その影響を受け価格が上がっていますウイスキー転売ウイスキー投資など飲む以外の目的でウイスキーを集める方が増えたことも、原酒不足の一因となっています。
ラガヴーリンをこれから手に入れようと考えている方は、こうしたウイスキーの動向についてもきちんと覚えておかなければなりません。今後さらに定価が値上がりする可能性もあるということを踏まえておいてください。
 

ラガヴーリン16年は終売が噂になり品薄状態


価格改定で定価が値上がりしたラガヴーリンですが、実は市場の流通価格はそれ以上に高騰化しています。例えば「ラガヴーリン16年」は、Amazon価格が約16,000円にまで跳ね上がっています。

created by Rinker
Lagavulin(ラガヴーリン)
¥18,500 (2022/09/24 14:11:23時点 Amazon調べ-詳細)

ラガヴーリンがここまで値上がりしているのは、口コミやSNS上で終売が噂になったためです。終売でもう買えなくなる、と不安に感じた方がこぞってラガヴーリン16年を購入したため、品薄に拍車がかかり市場価格も急激に高まっている状態です。
しかし実際のところ、価格改定はあったもののラガヴーリン16年が終売したという確実な情報はありません。終売はあくまでも噂レベルの話であるため、ラガヴーリン16年が今後買えなくなるというわけでもなさそうです。終売したと感じ何万円もかけてボトルを購入すると、今後損をしてしまう可能性があります。
ただしラガヴーリンもボトルによっては限定リリース品があり、すでに発売が終わってしまったものもあるので注意しましょう。ラガヴーリンにはさまざまなボトルがあり、ものによって希少性や流通価格が変わってきます。中には定価で買えないもの、流通価格が3万円を超えているものもあります。購入の際にはきちんとシリーズ名や年数表記まで調べるようにしましょう。
 

きちんと探せば定価購入も不可能ではない


高騰化が話題になったラガヴーリン16年のボトルですが、酒屋によっては在庫があり定価購入できるお店もあるようです。流通価格と定価では倍に近い価格差があるので、ラガヴーリンが気になっているという方は値段に注意しておきましょう。
なお基本的にラガヴーリンはネット購入しようとすると相場が高めなので、安く入手したいのであればできるだけウイスキーに強い酒屋・酒販店を探したり抽選販売にチャレンジしてみることがポイントです。近くに酒販店がない方は、交通費や送料まで考えた上でネット購入も検討してみると良いでしょう。


 

ラガヴーリンを美味しく飲む方法

人気で品薄のラガヴーリンを手に入れることができたなら、せっかくなので飲み方にもこだわりたいところです。ここからはラガヴーリンをより美味しく飲むための方法やコツについて解説していきます。
 

食事の後半にゆっくり楽しむのがおすすめ

ラガヴーリンの強烈な個性は、味が強めの食事と合わせると喧嘩してしまう場合があります。独特のスモーキーさには舌をピリピリさせるようなインパクトがあるので、どちらかというと食中酒としてガブガブと飲むよりも食事の後半や食後にかけてゆっくり堪能する方が飲み方としては適しています。ちょっとリッチな晩酌がしたい時やゆっくりと特別な時間を楽しみたい時にラガヴーリンを選ぶようにしましょう。
 

ストレートはチェイサーを必ず用意して

ストレートはチェイサーを必ず用意して
ラガヴーリンの個性を余すことなく堪能するなら、薄めずにそのままストレートで飲んでみましょう。加水せずに飲むことで、スモーキーでピーティーな中に広がる芳醇な甘みをより強く堪能できます。
ただしストレートは刺激が強くアルコール度数も高めなので注意です。飲む際は必ずチェイサーも用意し、ウイスキー・水を交互に飲むようにしましょう。交互に飲むことで口の中がリフレッシュされ、悪酔いしてしまうのも防ぐことができます。
 

香りを楽しみたいならトワイスアップ

ウイスキー
ラガヴーリンは香りも非常に素晴らしいウイスキーです。ウイスキー:水=1:1になるように加水するトワイスアップなら、より一層香りが華開くような印象になります。
トワイスアップにはテイスティング用のグラスがあるとベストです。ただしお持ちでない場合は、赤ワイン用のグラスなどを採用しても構いません。
 

ロックで変化を楽しむのもあり

ロックで変化を楽しむのもあり
ラガヴーリンの個性はロックの飲み方とも非常に相性がいいです。氷を浮かべて飲むことで、ストレートとはまた違った味の変化を楽しむことができます。
なおラガヴーリンでロックを作る際には大きめの氷を用意するのがコツです。グラスも大きめの氷がしっかりと入るようなロック専用のグラスを用意しましょう。
 

ラガヴーリンの余ったボトルはお酒買取専門店リンクサスにおまかせ

ラガヴーリンの余ったボトルはお酒買取専門店リンクサスにおまかせ
ラガヴーリンは終売・品薄の噂も多く、市場価格が高騰しているウイスキーです。そんなラガヴーリンを未開封ボトルで余らせているならお酒買取専門店の利用がおすすめです。
お酒買取専門店なら飲まないラガヴーリンをお得に売ることができます。特に品薄ボトルや限定リリース物は今なら高額買取となりやすいので、相談してみましょう。
お酒買取専門店リンクサスでも、ただいまラガヴーリンの買取を強化しています。「ラガヴーリン16年」「ラガヴーリン12年 カスクストレングス」といったボトルに高い査定額をお付けできる自信があるので、まずは一度ご連絡ください。
ラガヴーリンの買取はこちら
 

まとめ

ラガヴーリンはアイラ島らしい個性を発揮する、スモーキーでピーティーなウイスキーです。また強烈な個性がありつつも、甘やかさもあり比較的飲みやすいです。
ラガヴーリンは今特に注目度が高く、値上げの影響もあり市場価格が高騰化しています。しかし根気よく探せば定価購入できることもあるので、気になっていた方はぜひこの機会にチェックしてみましょう。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:39,047
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.09.15更新
クリック数:35,409
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:30,701
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:29,011
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:22,461
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«