偽物注意!高騰のウイスキー白州18年価格推移。定価購入は抽選販売か

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

偽物注意!高騰のウイスキー白州18年価格推移。定価購入は抽選販売か

2022/10/04
クリック数:165

ウイスキー買取はこちら
偽物注意!高騰のウイスキー白州18年価格推移。定価購入は抽選販売か
「白州18年の味や特徴は?」
「白州18年の定価や価格が気になる」
ウイスキー好きの方には、白州18年に関して上記のように感じている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな白州18年にフィーチャーしていきます。魅力や価格高騰の噂定価で買う方法評価についても触れていくので、ウイスキー選びの参考にしてみてください。
ウイスキー買取はこちら
 

キレ味とコクを併せ持つ白州18年の魅力

白州18年はどんなウイスキー?


白州18年はサントリーが手がけるシングルモルトウイスキーです。“森香る蒸留所”の愛称で知られる「白州蒸留所」で生まれたモルト原酒から作られるウイスキーで、白州ブランドらしいキレ味とほんのりとしたスモーキーさが印象的な1本です。使われている原酒は全て酒齢18年以上のモルトであり、爽やかなだけでなく熟成による複雑さ・コクも併せ持つ味に仕上がっています。山崎18年や響21年と並んで、高級な熟成タイプのウイスキーの代表格として親しまれています。
白州18年といえば、他のウイスキーにはない独特の樽香が特徴です。香りはメロンやマンゴーに喩えられていて、そこにスモーキーさも加わっています。口に含むと蜂蜜のような甘さがあり、そこから甘酸っぱさやミントのようなフレーバーも広がっていきます。個性のあるシングルモルトですが見事にバランスよく調和していて、完成度が非常に高い味わいをしています。

白州18年はサントリーウイスキーの中でも特に人気が高く、いわゆるプレミアウイスキーのような位置付けです。特にここ10年はジャパニーズウイスキーブームの影響もあり、国内外問わず需要があるため入手困難なウイスキーとなっています。
 

シングルモルトウイスキー白州18年の商品情報

created by Rinker
白州
¥91,476 (2022/12/04 13:40:30時点 Amazon調べ-詳細)
  • ・原材料:モルト
  • ・熟成年数:18年
  • ・アルコール度数:43%
  • 定価:32,000円(税別)
  • ・特徴:酒齢18年以上の長期熟成モルトがもたらす爽快で深い香り。熟した果実にほのかなスモーキーさがあり、複雑なコクと甘み、豊かな樽香が見事に調和。

 
白州18年は熟成タイプのウイスキーで、アルコール度数は43%と日本のウイスキーにしては高めです。しかし高いアルコールではあるものの、非常にクリアで飲みやすいです。これは仕込み水に軟水である南アルプスの天然水が使用されていることが関係しています。透き通るような口当たりで、スイスイ飲めてしまうのが白州の魅力です。
なお白州シリーズには18年ものの他にもNV(ノンヴィンテージ)白州12年などがありますが、白州18年はこれらのボトルよりも熟成が長いため、アルコールの角が取れた円やかな味に仕上がっています。いわゆるアルコールのツンとした刺激が殆どなく、ウイスキーに苦手意識のある方にもおすすめしやすい味です。
 

白州18年の輝かしい受賞歴と口コミ評価

コンペティションの最優秀賞を複数回に渡り獲得

  • ・2017年 ISC金賞受賞
  • ・2016年 ISC金賞受賞
  • 2016年 SWSC最優秀金賞受賞
  • 2015年 SWSC最優秀金賞受賞
  • ・2014年 ISC金賞受賞
  • ・2013年 ISC金賞受賞
  • 2010年 IWSC金賞「ベスト・イン・クラス」受賞
  • 2010年 IWSC最高賞「トロフィー」受賞
  • ・2009年 ISC金賞受賞
  • 2007年 IWSC金賞「ベスト・イン・クラス」受賞
  • ・2006年 ISC金賞受賞

白州18年は国内だけでなく、世界にも認められているウイスキーです。特にジャパニーズウイスキーが世界で流行した2000年代以降には、何度も名誉ある賞を獲得しています。上のリストを見てもわかるように、受賞歴の中にはIWSCの最高賞やSWSCの最優秀金賞なども含まれています。この受賞歴から、白州18年の味が世界のプロにも認められていることがわかります。
白州18年のキレのあるうまさは、海外料理などとも相性が良く万人受けしやすいです。世代や年代、そして国を超えても愛されるウイスキーなので、自宅用としてはもちろんお土産やギフトにもよく選ばれています。免税店には、白州18年の特別ボトル(リミテッドエディション)もあります。
 

一般ユーザーの口コミ評価も高い


白州18年は人気のウイスキーというだけあり、TwitterなどSNSには多くの口コミ評価が投稿されています。飲んだ人からの感想はとにかく良いものばかりで、「美味しい」「飲みやすい」といった声が多く見受けられています。中には山崎や響と言った他の高級ウイスキーと飲み比べた上で、「白州18年が一番好き」と述べる方もいるほどの高い評価です。同じシングルモルトの山崎に比べて極端な甘味は抑えられていて、そのぶんキレや余韻を堪能できるのが白州のポイントと言えます。

ただしその一方で「白州18年は値段が高い」「そもそも売ってない」と言ったややネガティブな声も見受けられています。白州18年はここ数年で入手困難かつ超高級ウイスキーの位置付けになってしまい、気軽に親しめるウイスキーでは無くなってきているので注意しましょう。あくまでもデイリー向けのお酒ではなく、高級酒という立ち位置であることを忘れてはいけません。これから開栓して飲もうと考えている方は、ぜひタイミングやシチュエーションにもこだわった上で大事に飲むようにしましょう。
 

白州18年を美味しく飲む方法!ハイボールもあり

まずはストレートでそのままの味を堪能してみて

まずはストレートでそのままの味を堪能してみて
白州18年はプレミアムウイスキーで非常に完成度が高いです。せっかく飲むのであれば、まずはストレートで飲むのがおすすめです。ストレートのままの白州18年は、熟成酒らしいコクや果実感があり、さらに白州らしいクリアなキレも楽しむことができます。
なおストレートで飲む際は、グラスの種類や温度帯にもこだわってみましょう。できるだけ香りをとどめておけるような形状のグラスを選び、ウイスキーの温度を冷やしすぎないのが美味しく飲むコツです。また飲むときには必ずチェイサーも用意するのを忘れないでください。
 

ロックにすると甘さ控えめ・スモーキーな味わいに

ロックにすると甘さ控えめ・スモーキーな味わいに
白州18年はロックにすると味の雰囲気が変わります。ストレートに比べ果実のような甘さが控えめになり、そのぶんスモーキーさを感じやすくなります。白州18年の味・香りの変化まで楽しみたい方は、ぜひロックでも飲んでみてください。
ちなみにロックにする場合は、大きめの氷を選ぶのがポイントです。グラスも“ロックグラス”と呼ばれる、口が広めのタイプを選ぶようにしましょう。時間をかけてゆっくり飲むと、徐々に氷が溶けて加水されていく様子も楽しめます。ストレートに比べアルコールもほんのり薄まるので、すぐに酔ってしまうという方には特におすすめです。
 

白州18年で作るハイボールは至高の味わい

白州18年で作るハイボールは至高の味わい
18年ものの高級シングルモルトは、なかなかハイボールにして飲むという方は少ないかもしれません。しかし白州はブランド自体がハイボールをおすすめの飲み方として紹介するほどで、「白州18年」もハイボールと相性が抜群です。
白州18年に炭酸を加えるハイボールの飲み方は、ミントのような爽やかなニュアンスが強調されるのがポイントです。ハイボールにすることで、白州の特徴である森のようなニュアンスの香りを感じやすくなります。
ちなみにハイボールを作る際は、しっかりと冷やすことが重要になります。できるだけ氷をぎっしり詰めた上で、ウイスキーと炭酸水を注ぐようにしてみてください。せっかくなら炭酸水の種類にまでこだわって、丁寧にハイボールを作るようにしましょう。


 

白州18年の定価と価格推移は?値上げや高騰化の噂も

白州18年の定価と価格推移は?値上げや高騰化の噂も

2022年より白州18年の定価が値上げに

従来の定価2022年4月〜値上げ率
25,000円(税別)32,000円(税別)28%

白州18年の定価は2022年10月時点で32,000円(税別)です。定価でも3万円超えのウイスキーであり、ワンショット(約30ml)だけでも価格は1,000円を超えている計算となります。
ちなみに白州18年は、2022年4月より価格改定で残念ながら値上げとなっています。従来は25,000円(税抜)で購入できていたものの、現在は28%の値上げで3万円超えの価格に変わっています。

白州18年が値上げとなった理由には、昨今のウイスキー人気が関係しています。サントリーは人気ウイスキーの供給を間に合わせるため設備投資を行うことを発表していて、そのぶんウイスキーの値段も上がっています。白州18年以外にも他の白州や他の銘柄まで値上げになっています。白州含めサントリーウイスキーのボトルが気になっていたという方は、定価の値上げに気を付けておく必要があります。


 

市場価格は10万円超え

created by Rinker
白州
¥91,476 (2022/12/04 13:40:30時点 Amazon調べ-詳細)
白州18年Amazonの価格相場推移
2015年約28,000円
2016年約27,000円
2017年約31,000円
2018年約50,000円
2019年約52,000円
2020年約65,000円
2021年約90,000円
2022年約105,000円

定価は3万円台の白州18年ですが、流通価格は高騰化が進んでいます。2022年現在のAmazon価格は約105,000円であり、酒販店でも10万円超えの価格で取引されているケースが多いです。
なお白州18年は初めから高額だったわけではなく、元々は定価相当の2万円台で買えるボトルでした。しかし2015年より、世界的なジャパニーズウイスキーブームの影響を受け徐々に価格高騰が進んでいます。最近は飲む目的ではなくコレクション目的・転売目的での購入も増加していて、これから白州18年の価格高騰にますます拍車がかかることも予想されています。


 

品薄の白州18年を定価で買う方法は?

白州18年は品薄で購入そのものが困難な状態

白州18年は品薄で購入そのものが困難な状態
白州18年はサントリーの公式ページにも掲載されている、白州の定番ボトルの1つです。ただし定番ボトルといっても常にリリースされているわけではなく、年間本数が限られているので注意です。一般的なお酒のように、酒屋の店頭にそのまま並ぶケースは殆どありません。見つけられたらラッキーで、入手そのものが困難なお酒となっています。
店頭で取り扱いがある場合も、プレ値が付けられていることがほとんどです。定価購入を狙いたい方は、きちんと値段までチェックしてから買うようにしましょう。
 

抽選販売や福袋イベントを狙ってみよう


白州を定価やそれに近いお得な価格で買いたいなら、フリー在庫を狙うのではなく抽選販売を狙ってみましょう。百貨店ややまや、ビッグカメラなどで定期的に白州18年の抽選が開催されているのでチェックしてみましょう。なお抽選応募は1人一本まで・カード会員限定など応募条件が定められていることがほとんどです。販売店によって応募できる条件が変わるので、まずは調べてみましょう。
また福袋の目玉商品として白州18年が当たるような商品もあります。福袋の場合は何が当たるか分からないため“賭け”にはなるものの、場合によっては定価未満の価格で買えるような時もあります。ウイスキーが好きならトライしてみても良いでしょう。福袋はリカマンなどのお店から定期的に発売されています。


 

蒸留所の試飲なら定価で気軽にトライできる

 蒸留所の試飲なら定価で気軽にトライできる
白州18年は定価で買えたとしても32,000円(税別)と値段が高めです。700mlボトルに手が出ないと感じる方は、量り売りや試飲で少しだけ試してみるのもおすすめです。なおサントリーの白州蒸留所なら、有料試飲で白州18年を定価で飲むことができます。響や山崎との飲み比べもできるのでウイスキー好きの方は必見です。
なお白州蒸留所は山梨県北杜市にあります。世界でも稀な森の囲まれた蒸留所として有名なので、ぜひ機会があれば蒸留所見学もしてみてください。
白州蒸留所:山梨県北杜市白州町鳥原2913-1
 

プレミアムウイスキー白州18年は高額買取対象に

プレミアムウイスキー白州18年は高額買取対象に
価格高騰中の白州18年はお酒買取市場でも人気のアイテムです。白州18年のようなウイスキーはワインや日本酒など他のお酒に比べ自宅保管でも劣化しにくいという特徴があり、正しく保管ができていれば高額査定・高額買取の対象となることがほとんどです。
白州18年を売るなら今がチャンスです。今はまだ売るかどうか迷っているという方も、まずは買取の査定で白州18年の価値をチェックしてみてください。お酒買取専門店リンクサスでも白州18年の買取査定を受け付けているので、気になることがあればお気軽にご相談ください。
 

<白州18年高額買取のコツ>

  • ・できるだけ見た目のコンディションを整えておこう
  • ・付属の箱があれば合わせて査定に出そう
  • ・他に売りたいお酒がある場合は合わせて査定依頼しよう
  • ・相見積もりでお得に売れる業者を探そう
  • ・日頃から直射日光を避けて正しく保管しよう
  • ・メルカリやヤフオクよりも安全に取引できる買取専門店に依頼しよう

白州18年買取はこちら
 

まとめ

白州18年は国内外に認められているウイスキーで、プロからの評価も高めです。値段は張るものの、それだけの価値があるので、スモーキーなウイスキーやキレ味の良いウイスキーが好きなら飲んでみることをおすすめします。なおボトルごと購入する場合は、値段に注意しましょう。一般的な相場は10万円超えで高騰しているので、できるだけ抽選販売などを狙ってみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2022.11.16更新
クリック数:59,528
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:56,136
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:45,151
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:38,894
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:38,029
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«