高級ブランデーランキング7選。コニャック最上級ランク・銘柄一覧

宅配買取・法人買取・店舗買取受付時間:10:00~19:00(福岡店21:00)
0120-769-277
MENU

高級ブランデーランキング7選。コニャック最上級ランク・銘柄一覧

PR: 2023/8/10
クリック数: 10,954

ブランデー買取はこちら
高級ブランデーランキング7選。コニャック最上級ランク・銘柄一覧
ブランデーの中には高級と言われるものがたくさんあります。有名銘柄のレアなボトルには、なんと数千万以上の値段が付けられているようなボトルもあります。またレアボトル以外で市場に流通しているブランデーでも、数十万〜という値がつけられている品があります。

今回は高級なブランデーの代表格と言われるボトルを紹介します。また高級なブランデーの見極め方なども解説していきます。
ブランデー買取はこちら
 

世界最高額のブランデーは!?高級ランキングTOP7選

第1位:ヘンリーⅣ コニャック グランデ・シャンパン

  • ・ブランデーの種類:コニャック
  • 価格:約4億円
  • ・特徴:不老不死になれると噂される最高級コニャック

1本でなんと4億円というスペシャルな値段が付けられているこちらは、ヘンリー4世を讃えるために作られたコニャックです。24金と6,500個のダイヤが散りばめられたボトルが特徴的で、現存するコニャックの中でも最も高級だと言われています。
飲んだら不老不死になるという逸話まであり、ブレンドの中には万能薬が使われています。原酒の中には100年前からタルの中で大切に保管されていたものが使われています。
 

第2位:レミーマルタン ルイ13世 サルマナザール

  • ・ブランデーの種類:コニャック
  • 価格:約4,900万円
  • ・特徴:世界最大の9Lボトルに注目

レミーマルタンの最高級ブランド「ルイ13世」より登場した超巨大サイズのボトルです。ルイ13世シリーズは通常の700mlボトル以外にもマグナムサイズなど様々なサイズの商品を展開していますが、その中でもサルマナザールは最も巨大で容量は9Lあります。
2018年に発売したボトルで、発売当初の価格が4,900万円でした。希少価値の高いボトルなので、今後価格はさらに高まることが予想されています。
 

第3位:ヘネシー ボテ・ド・シエクル

  • ・ブランデーの種類:コニャック
  • 価格:約2,625万円
  • ・特徴:キリアン・ヘネシー生誕100周年を記念して生まれたボトル

こちらは高級コニャックとして名高いヘネシーの作る特別ボトルです。ヘネシー家6代目当主であるキリアン・ヘネシーの生誕100周年を記念して作られたボトルで、非常に華やかな見た目が特徴です。
ボタンを押すと装置が作動する仕組みで、中からコニャックのボトルと4客のグラスが登場します。中のブランデーももちろん特別なもので、約25万樽もの中から厳選された希少な原酒がブレンドされています。
 

第4位:1762 コニャック・ゴーティエ

  • ・ブランデーの種類:コニャック
  • 価格:約2,165万円
  • ・特徴:フランス革命以前より存在する、世界最古として認められたヴィンテージコニャック

1762年産という極めて希少な最古のコニャックです。世界にたった3本しかないと言われていて、天文学的な価値が付けられています。現行のブランドと値段を比較するのは簡単なことではありませんが、2020年のオークションでは約1,600万円の金額で落札されていて、現在では2,000万円以上の値が付けられていると言います。ヴィンテージ品として、ただのコニャックとはまた違った特別な価値が認められています。
 

第5位:レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール

  • ・ブランデーの種類:コニャック
  • 価格:約1,850万円
  • ・特徴:世界786本限定で価格が大幅に高騰

レミーマルタン ルイ13世の特別ボトル、“ブラックパール”と呼ばれるものです。クロムやシルバー、ブラックのように輝く特別なボトルで、中身のコニャックも通常のルイ13世とはまた違うものが詰められています
2007年に世界786本限定でリリースされたもので、当時は100万円という価格でした。今では激しく高騰化が進んでおり、1本に数百万〜数千万の値がつけられているような状況です。
 

第6位:1858 Croizet Cuvée Léonie Exclusive Cognac

  • ・ブランデーの種類:コニャック
  • 価格:約1,700万円
  • ・特徴:1858年という超年代ものコニャックでグランド・シャンパーニュのブドウを使用

こちらもかなり古いコニャックで、1858年産のものです。ただ古いというだけでなく、グランド・シャンパーニュのぶどうを使用した質の高いものであることがわかります。
価値は1,700万円近くあると言われていて、今後さらなる高騰化が見込まれています。コレクターからの注目度が非常に高い一品です。
 

第7位:ハーディ ペルフェクション

  • ・ブランデーの種類:コニャック
  • 価格:約864万円
  • ・特徴:世界1,200本限定の超高級コニャック

ハーディ ペルフェクションは世界1,200本限定の超高級コニャックです。もともとは250万円の価格でしたが、高騰化しネット価格では864万円の値がつけられています。歌舞伎町では4,000万円の価格でオーダーされたこともあり、価値が非常に高いことがわかります。このボトルも今後さらに価値が上がると予想されています。
 

高級ブランデーを代表するコニャック・アルマニャック

高級ブランデーを代表するコニャック・アルマニャック
ブランデーはブドウなどの果実を原料にして作られる蒸留酒のことを指します。世界各国で作られていますが、中でもフランスで作られる「コニャック」「アルマニャック」は格式が高く、高級なものとして知られています。
これら2つはフランスの原産地呼称法AOCにて厳しいルールが定められており、原料や製法など条件を満たしたものしかその名を名乗ることができません。高級なブランデーが飲みたいという方は、まずは“コニャック”もしくは“アルマニャック”に当てはまるものから探すことをおすすめします
 

コニャックとは

コニャック地方
コニャックはフランスにあるコニャック地方にて作られるブランデーです。数あるブランデーの中でも最も高級と言われており、有名な銘柄がいくつもあります。主にユニ・ブランというぶどうを原料にするのが特徴で、銅製のポットスチルを用いて2回の単式蒸留が行われます。
蒸留の後は熟成樽にて最低2年以上の熟成をしてから瓶詰めする必要があります。流通しているほとんどのボトルが2年よりもさらに長い熟成を経ているため、深い味わいと高い香りが堪能できるブランデーに仕上がっています。

そんなコニャックの中でも高級と言われるのが“5大コニャック”に数えられる「ヘネシー」「レミーマルタン」「マーテル」「クルボアジェ」「カミュ」という銘柄です。このほかにもビスキーやゴーティエ、ハーディー、ハインといった有名銘柄があります。


 

アルマニャックとは

created by Rinker
シャボー
¥6,480 (2024/05/30 13:04:18時点 Amazon調べ-詳細)

アルマニャックはフランス・アルマニャック地方にて作られるブランデーです。コニャックよりはやや値段の低いものが中心ですが、コニャックと並んで2大ブランデーに数えられています。アルマニャックは半連続式蒸留機にて1回の蒸留が行われるのが特徴で、コニャックよりもワイルドで野生味を感じられる味のものが多いです。

アルマニャックの中には「シャボー」や「バロン」、「クロワ・デュ・レイ」「ラフォンタン」「ジェラス」などがあります
 

ブランデーの品質に大きく影響する畑のランク

ブランデーの品質に大きく影響する畑のランク
ブランデーの価値は、使われている原料の質で大きく変わります。コニャックやアルマニャックの中から特に高級なボトルを探す際は、ぜひ畑の違いにも注目してみましょう。
 

コニャックブランデーの6つの生産域

ブランデーの中でも最も有名なコニャックは、ブドウが作られる畑の土壌で6つの地域に分かれます。6つの生産域があり、上のものほどランクが高くなり、取引額も上がります。

  1. 1.グランド・シャンパーニュ
  2. 2.プティット・シャンパーニュ
  3. 3.ボルドリ
  4. 4.ファン・ボア
  5. 5.ボン・ボア
  6. 6.ボア・ゾルディネール

例えば高級ブランデーとして名高いレミーマルタンは、上位畑である「グランド・シャンパーニュ」および「プティット・シャンパーニュ」のブドウしか使わないと徹底しています。さらに高級品のルイ13世は、原酒の全てがグランド・シャンパーニュのブドウを使って作られるというこだわりです。
グランド・シャンパーニュのブドウで有名なコニャックには、このほか「ポールジロー」などがあります
 

アルマニャックブランデーの3つの生産域

アルマニャックの生産域は土壌の質によって3つに分かれます。こちらも上に行くほどランクが高くなり、ブランデーの品質も高くなると言われています。

  1. 1.バ・アルマニャック
  2. 2.アルマニャック・テナレーズ
  3. 3.オー・アルマニャック

バ・アルマニャックのブドウを使って作られるブランデーは、アルマニャックの中でもフルーティーで香りの高いものに仕上がります。アルマニャックらしい力強さがありつつも、繊細さも兼ね備えた上質な味わいを堪能できます。
 

X.O.やナポレオンなど熟成年数によるブランデーの等級の違い

X.O.やナポレオンなど熟成年数によるブランデーの等級の違い
ブランデーの価値は熟成年数でも変わってきます。樽熟成の期間が長ければ長くなるほど、ブランデーの価値も上がります。熟成が長いと角が取れたようなまろやかな印象になり、味の複雑さも増します。
なおブランデーの等級はコニャックとアルマニャックで若干異なります。
 

コニャックのランク

  • スリースター:熟成年数2年以上
  • V.S.:熟成年数2年以上
  • V.S.O.P.:熟成年数4年以上
  • ナポレオン:熟成年数6年以上
  • X.O.:熟成年数10年以上
  • Hors d’âge、Extraなど:XOよりもさらにランクが上のもの

コニャックのランクは、コントという熟成年数の単位で数えられます。最低熟成年数が決まっていて、ブレンドされたすべての原酒が基準をクリアしていなければなりません。例えばX.O.のブランデーはコント10以上であることが必須ですが、これは原酒が10年熟成という意味ではありません。
あくまでも“最低熟成年数”が10年を超えている必要があるので、X.O.のコニャックブランデーの中には10年以上、何十年という熟成を経た原酒が含まれていることがほとんどです。
 

アルマニャックのランク

  • スリースター:熟成年数1年以上
  • V.S.:熟成年数1年以上
  • V.S.O.P.:熟成年数4年以上
  • X.O.:熟成年数10年以上
  • Hors d’âgeなど:XOよりもさらにランクが上のもの

アルマニャックはスリースターやV.S.の基準がコニャックとは異なります。コント1、最低熟成年数1年のものも存在しているのがポイントです。またアルマニャックのランクも“最低熟成年数”で決まるため、XO表記のボトルには10年に限らず20年、30年熟成という長期原酒が含まれます。

なおここで紹介しているのは、あくまでもコニャックやアルマニャックの基準となる点に注意です。コニャックやアルマニャック以外のブランデーにX.O.と書かれている場合、必ずしも最低熟成年数10年とは限らないので気をつけておきましょう
 

ブランデーは古いものでも飲める?旧ボトル・オールドボトルの価値とは

ブランデーは古いものでも飲める?旧ボトル・オールドボトルの価値とは
高級ブランデーのランキングをみてもわかる通り、ブランデーの中には100年以上昔に作られた非常に古いボトルが存在します。古いボトルのブランデーは“旧ボトル”や“オールドボトル”などと呼ばれ、コレクターを中心に人気を集めています。
古いボトルのブランデーはコレクション品としての需要が高いですが、今でも飲んで楽しめるものがきちんと存在します。なぜなら蒸留酒であるブランデーはアルコール度数が高く発酵も進んでいかないため、未開封であれば半永久的に日持ちすると言われているためです。実際にいま発売されているブランデーのボトルにも、賞味期限や消費期限などは書かれていません。

もちろん未開封のブランデーであっても、保存状態が悪いと中身が劣化してしまうこともあります。しかし冷暗所などで正しく丁寧に保管していたブランデーは、数年後、数十年後でも十分に飲むことができます。むしろ年数が経ったブランデーは、今では作れない味として高い人気を集めているものが多いです。プレ値で取引されるブランデーも多いので、旧ボトル・オールドボトルのブランデーを持っている方は非常にラッキーです。


 

高級ブランデーの高価買取ならお酒買取専門店リンクサスへ

   data-eio=
ここまで紹介したように、ブランデーには高級と呼ばれるボトルがいくつもあります。限定品のコニャックなどレアボトルの中には、発売当時よりもはるかに高い値段で取引されているボトルがあるほどです。もし高級なブランデーを未開封の状態でお持ちなら、無駄にしてしまうのではなく“お酒買取”の利用を検討してみてください

ブランデーをどこに売ればいいかわからないという方は、お酒買取専門店リンクサスへぜひ一度ご相談ください。リンクサスはお酒に特化した買取専門店で、高級なブランデーやレアなブランデーを正しい値段で査定することが可能です。
またリンクサスのお酒買取は店頭買取のほか、出張買取や宅配買取にも対応しています。店舗がお近くにない方でもお気軽にご利用いただけるので、ぜひブランデー買取に関して気になることがあればご連絡ください。
ブランデー買取はこちら
 

まとめ

ブランデーの高級品といえば、「コニャック」そして「アルマニャック」が有名です。特級畑のブランデーや熟成年数の長いブランデーには高い価値がつきやすく、限定発売品には数千万円越えのプレ値が付いているものもあります。
なかなかお目にかかれるお酒ではありませんが、お酒が好きなら知識として知っておきたいところです。バーやクラブなど一部店舗で高級ブランデーが提供されている場合もあるので、ぜひチェックしてみましょう。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:402,947
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:285,497
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:213,988
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.05.27更新
クリック数:156,127
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.05.24更新
クリック数:136,434
ウイスキー買取はこちら 高級ウイスキーの代表格であるサントリーの「山崎」。店頭では簡単に買うことができず、定価よりも何倍もの値段で売られていることも多いです。そんな山崎ですが、抽選販売を狙えば定価購入することも可能です。 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«