ロゼワインとは?作り方、合う料理・おつまみとおすすめロゼワイン9選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

ロゼワインとは?作り方、合う料理・おつまみとおすすめロゼワイン9選

PR: 2023/7/12
クリック数: 917

ワイン買取はこちら
ロゼワインとは?作り方、合う料理・おつまみとおすすめロゼワイン
ワインというと、赤ワインか白ワインを想像する方が多いかもしれません
しかし、ワインにはその中間色とでも言うべき美しいピンク色のロゼワインが存在しています。
ロゼワインは日本では馴染みが薄いワインだと思われていますが、フランスを中心に世界各国で近年ブームとなっており、ワイントレンドのひとつとなっています。
本記事では、そんなロゼワインについてまとめました。ロゼワインについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。
ワイン買取はこちら
 

これだけは知りたいロゼワインの基本

ロゼワインを知る上で、必ず知っておきたいポイントを下記の内容にまとめました。

  • ロゼワインとは何か?
  • ピンク色になる理由とは?
  • ロゼワインの味わいの特徴

それぞれ解説します。
 

ロゼワインとは何か?

ロゼワインとは何か?
ロゼワインとはピンク色をしたワインの総称です。フランス語で「バラ色」を意味するロゼワインだけに、美しいピンク色をしたワインがそう呼ばれています。
もちろんバラにもさまざまな色合いが存在するように、ロゼワインの色合いも幅広いところが特徴です。
赤ワインに近い濃いピンク色のものもあれば、とても淡いピンク色、鮮やかなサーモンピンクなど使用品種や製造方法によってその色合いも変わっていきます。
ロゼワインの製造方法や各国のワイン法によって規定がさまざま決められていますが、基本的にピンク色をしたワインがロゼワインと理解しておくと良いでしょう。
 

ピンク色になる理由とは?

ピンク色になる理由とは?
ロゼワインがピンク色になる理由は、その醸造方法に由来します。ピンク色のブドウ品種を使用しているとかピンクの着色料を使用しているとか、白ワインと赤ワインを混ぜてピンク色にしているとか、そういったイメージを持たれている方もいるでしょう。
白ワインと赤ワインを混ぜるといった方法は一部のワインや生産国で認められていますが、基本的には上記のような理由でロゼワインがピンク色になっているわけではありません
詳しくは後述しますが、ざっくりとお伝えするとすれば「黒ブドウを最初は赤ワイン、途中から白ワインのように醸す」からピンク色になるといった形です。
例えば、とある製造方法に「セニエ法」と呼ばれるものがありますが、この製造方法は黒ブドウを原料にアルコール発酵している途中で果汁だけを取り除き、その液体で最終的にアルコール発酵させるといった方法になります。
ワインに果皮由来の赤色の色素が完全に抽出される前に取り除くことで、ワインはうっすらとピンク色になるため、ロゼワインに仕上がるのです。
 

ロゼワインの味わいの特徴


ロゼワインの味わいは、一般的な赤ワインや白ワインと同様に多種多様です。ロゼワインと一口に言ってもブドウ品種や製造方法、熟成期間、さらに辛口から甘口まで種類も豊富
ただし、一般的にバラのような花の香りやグレープフルーツを思わせる柑橘のニュアンス、さらにトロピカルフルーツやハーブ、スパイスの香りが特徴になります。
口当たりも爽やかでほど良い酸味、赤ワインほどではありませんが渋みも少なからずあります
強い個性を持つワインではないものの、その一方で幅広い料理と合わせやすくなるため日常使いしやすいワインと言えるでしょう。
 

ロゼワインの製法を知ろう!

ロゼワインの製法を知ろう!
上記でお伝えしたように、ロゼワインにはさまざまな製法があります。使用されるブドウ品種は黒ブドウですが、白ブドウも同時に使用される製法もあります。
ロゼワインの製法の一部を下記にまとめました。

  • セニエ法
  • 直接圧搾法
  • 混醸法
  • 赤ワインと白ワインのブレンド

それぞれ解説しましょう。
 

セニエ法

上質なロゼワインを生み出す製法として知られているのが、セニエ法です。セニエとは、「血抜き」を意味する用語で、赤ワインを醸している途中に果汁だけを抜く行為が名前の由来と考えられています。
上記でもお伝えしたように、セニエ法は黒ブドウを原料にアルコール発酵を行いますが、果皮や種子などから色素や渋みの要素が抽出しきる前に一部の液体だけを抜き取ります
その後、白ブドウのようにアルコール発酵が行われ、ステンレスタンクまたは樽で熟成を経て瓶詰めされる方法です。
途中まで赤ワインと同じように醸されていることから、味わいも赤ワインに近いパワフルなものになることが多いようです。
 

直接圧搾法

直接圧搾法は、セニエ法と同様に黒ブドウを原料としながらも、アルコール発酵前に果皮と果汁を分けた上で白ワインのように発酵させる製法です
まず原料ブドウの果皮、種子、果汁を直接プレスしてマストを作ります。通常、赤ワインはこれを全てアルコール発酵させますが、直接圧搾法は果汁だけを取り出し、白ワインのように発酵させる流れです。
アルコール発酵前の段階でも果皮由来の色素成分が抽出されていることから、色合いは淡いピンク色になり、香りや味わいもセニエ法と比較すると控えめでエレガントになります。
渋みも穏やかで、どちらかというと白ワインに近い味わいに仕上がる傾向です。
 

混醸法

ロゼワインは一般的に黒ブドウが原料となりますが、混醸法は白ブドウも用いるところが特徴です。
「混醸」といった用語からも分かるように、混醸法は黒ブドウと白ブドウを混ぜた状態で漬け込む製法で、その後はセニエ法と同様の流れで作られます。
白ブドウ特有の華やかなアロマと淡い色合いが特徴で、飲みやすいフルーティーな味わいに仕上がるところが特徴です。
ドイツのロゼワインで多く使用されている製法としても知られています。
 

赤ワインと白ワインのブレンド

赤ワインと白ワインのブレンド
ロゼワインの製造方法は、主に上記の3種類です。しかし、一部の生産者やシャンパンなどでは赤ワインと白ワインを混ぜる、ブレンド法で造られているものもあります。
基本的にEU圏内のワイン産地では禁止されている製法ですが、シャンパンや一部の国では許可されているためブレンド法によってロゼワインが製造されているようです。
ブレンド法はその名の通り、仕上がった赤ワインと白ワインをブレンドしてロゼワインのように仕上げる製法であり、安定したロゼワインを造ることが可能になります。
 

ロゼワインはどう選べば良い!?

ロゼワインはどう選べば良い!?
ロゼワインはピンク色のワインですが、さまざまな種類が存在しています。そのためどんなロゼワインを選ぶべきか悩んでしまう方も多いでしょう。
ロゼワインの選び方を下記の内容にまとめました。

  • 淡い色合いで選んでみる
  • 濃く鮮やかな色合いで選んでみる
  • 甘辛度で選んでみる
  • 熟成年数で選んでみる

それぞれ解説します。
 

淡い色合いで選んでみる

淡い色合いで選んでみる
透明感のある美しいサーモンピンクをした淡いロゼワイン。飲みやすさを重視するのであれば、これら淡い色合いのロゼワインを選んでみましょう。
淡い色合いのロゼワインは直接圧搾法が用いられていることが多く、香りが爽やかかつフローラルです
白ワインに近い仕上がりであることからも、渋みが少なくすっきりしています。
気持ちよく晴れた日のランチタイムによく合うタイプのロゼワインです。
 

濃く鮮やかな色合いで選んでみる

濃く鮮やかな色合いで選んでみる
セニエ法をはじめ、色合いの濃い黒ブドウをしっかりと抽出する、濃く鮮やかなロゼワインもおすすめです。
濃い色合いということだけあって果皮と種子の要素がしっかりと抽出されていることから、チェリーやハーブ、スパイスといった赤ワインを思わせる香りが楽しめます。タンニンや酸味もしっかりと感じることができるため、ロゼワインの中ではフルボディタイプです。
ロゼワイン単体で満足度を高めたい方には、おすすめしたい1本になります。
 

甘辛度で選んでみる

甘辛度で選んでみる
世界でトレンドになっているロゼワインは、主にドライな辛口タイプです。しかし、一方で日本では、「ロゼワイン=甘口ワイン」と認識している方も未だに多いのではないでしょうか。
実際に世界にも中甘口、甘口のロゼワインは数多く存在していますが、糖分を添加したわけではない上質なものがほとんどなので、シーンに合わせて使い分けるといった方法が上級者の楽しみ方です。
中甘口のロゼワインは、エスニックやスパイシーな料理、カレーとの相性が良いため、一般的な赤ワインや白ワインとは難しい料理とペアリングが楽しめるでしょう。
甘口のロゼワインはスイーツと相性がよく、さらに寝る前の1杯として使うのもおすすめです。
 

熟成年数で選んでみる

熟成年数で選んでみる
ロゼワインの多くは熟成を目的としていない、若いうちから楽しめる造りになっています。上記でも軽く触れているように、ロゼワイン醸造の後半は白ワインのように醸されることから、フレッシュな状態で飲まれることが多い種類のワインです。
ただし、フランスのプロヴァンスをはじめ、長期熟成を目的とした熟成ロゼワインも生産されており、フレッシュなだけでない複雑性を楽しめるものも近年増えてきています。
熟成されたロゼワインは濃く抽出されているためタンニンが強めですが、熟成によって全体がまろやかになり、それでいてフレッシュさも残っているといった魅力的な味わいです。
熟成されたロゼワインを選ぶためにはやや知識も必要ですが、よりこだわりたい方にはおすすめの選び方でもあります。
 

ロゼワインを飲むならこんな楽しみ方がおすすめ!

ロゼワインをより美味しく飲みたいといった方に、おすすめの楽しみ方を紹介します。

  • 温度にこだわる
  • ユニークなペアリングで楽しむ

それぞれ解説していきましょう。
 

温度にこだわる

温度にこだわる
ロゼワインは赤ワインに近いイメージを持たれている方が多く、常温で飲まれている方も多いようです。
しかし、ロゼワインは赤ワインの要素もありつつ、比較的フレッシュな白ワインに近いテイストであることから、やや冷やした温度帯で楽しむことをおすすめします。もちろん、鮮やかで濃いロゼワインと淡く軽やかなロゼワインでは理想の温度帯は変わってきますが、6から10℃を目安に飲むとより美味しく飲めるでしょう。
またロゼワインは香りも爽やかなので大きめのワイングラスに注ぎ、少しずつ常温で温度を高めて香りを花開かせていくといった飲み方もおすすめです。
厳密にこだわり過ぎる必要はありませんが、ご自宅であれば飲む直前まで冷蔵庫で保存しておくと良いでしょう。
 

ユニークなペアリングで楽しむ

ユニークなペアリングで楽しむ
ロゼワインが世界中で人気を博している理由のひとつに、幅広い料理とペアリングしやすいといった特徴があります。
ロゼワインを赤ワインと白ワインの中間と評価する方もいますが、赤に合う料理、白に合う料理をカバーできるのがロゼワインなのであながち間違いとも言い切れません。
ロゼワインは、赤ワインのようなベリー系やスパイスの香りを持ちつつ、白ワインの柑橘や白い花、フレッシュハーブの香りも持ち合わせています。
さらにほど良く酸味もあり、タンニンも多少感じるなど、赤ワインと白ワインの良いところどりといった存在です。
そして、エスニック料理や中華料理、みりんや砂糖を使う和食にもマッチするところが特徴でしょう。
中でも酢豚やエビチリ、香辛料をたっぷりと使ったタイ料理、焼き鳥などとの相性は抜群です。
普段、なかなかワインに合わせないような料理でも難なくこなしてしまうのが、ロゼワインの魅力。
ぜひ、ロゼワインを楽しむのであれば、ユニークなペアリングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか


 

飲んでほしい!おすすめのロゼワイン9選!

ロゼワインと一口に言ってもその種類は膨大です。そのため、どれを選べば良いか悩んでしまう方も多いことでしょう。
ここからは、ワイン好きの方にぜひ飲んでほしいロゼワインをまとめました。気になるロゼワインがあった方は、ぜひチェックしてみてください。
 

マテウス ロゼ

created by Rinker
MATEUS(マテウス)
¥1,259 (2024/03/01 01:57:06時点 Amazon調べ-詳細)

一度見たら忘れられない丸いボトルがトレードマークのロゼワイン。1942年にポルトガルで誕生した本格派ロゼワインで、控えめな甘さと微発泡が人気の1本です。
世界のロゼワインブームの火付け役としても知られる、一度は必ず飲んでおきたいロゼワインです。

  • ・ブランド・・・MATEUS(マテウス)
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・バーガ、トゥリガ・ナショナル、ティンタ・ロリス
  • ・生産地・・・ポルトガル

 

レゾルム ド カンブラス ロゼ


ロゼワインの聖地とも称される南仏生まれのフルーティなロゼワイン。サンソー50%、シラー50%といったバランスの良いブレンドで仕上げられた逸品で、赤貝の握り寿司やたこの唐揚げなどと良く合う、日本食との相性が良い1本です。

  • ・ブランド・・・CASTEL(カステル)
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・シラー, サンソー
  • ・生産地・・・フランス

 

トーレス サングレ・デ・トロ ロゼ


スペインの名門ワイナリーのロゼワイン。鮮やかな色合いが目を引く上質な1本で、ラズベリーなどのフルーティな香りが特徴の辛口ロゼです。
140年以上にわたり家族経営でワインを造り続ける、伝統と革新を重んじるスペイン最高峰のワイナリーが手がけています。

  • ・ブランド・・・トーレス
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・ガルナッチャ、カリニャン
  • ・生産地・・・スペイン

 

ライマット クラモール オーガニック ロゼ


広大な自社畑を所有する名門ワイナリーが手がける、こだわりのロゼワイン。地域(コステルス・デル・セグレ)の特徴を表現したシリーズで、ラズベリーヨーグルトのクリーミーなアロマ、トロピカルフルーツを思わせる味わいが特徴のチャーミングなロゼワイン
タンニンもなめらかで、果実のうまさが口いっぱいに広がります。

  • ・ブランド・・・Raimat(ライマット)
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・カベルネ・ソーヴィニヨン テンプラニーリョ メルロー シラー
  • ・生産地・・・スペイン

 

アデカロゼサクラ

created by Rinker
アデカ
¥2,202 (2024/03/01 01:57:09時点 Amazon調べ-詳細)

春らしい雰囲気を醸し出す日本産のロゼワインです。桜のプリントラベルが和の雰囲気を醸し出す、パーティーにも使えそうなデザインが特徴的。
「さくらの花」が詰め込まれているなど、遊び心満載な1本です。

  • ・ブランド・・・アデカ
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・甲州、マスカット・ベリーA
  • ・生産地・・・日本

 

コドルニウ・バルセロナ1872 ロゼ ブリュット


1872年に初めてカバを造りあげた世界的名声の高いワイナリーが手がけるロゼカバ。
シャンパン製法で造られる贅沢なロゼスパークリングワインで、フレッシュでフルーティな味わいに加えクリーミーなニュアンスも感じられる、完璧なバランスで仕上げられた1本です。

  • ・ブランド・・・コドルニウ
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・ガルナッチャ、ピノ・ノワール、トレパット
  • ・生産地・・・スペイン

 

ボッテガ ヴィーノ ディ ポエーティ ロゼ


洗練されたボトルデザインが目を引くロゼワイン。香り成分の豊かな「アロマティック品種」であるグレーラを活用した複雑で爽やかなフルーツ香と心地よい酸味とのどごしが特徴の1本です。
「詩人のワイン」シリーズとして知られており、2012年 Le Mondial du Rosè ロゼワイン世界大会で銀賞を獲得しています。

  • ・ブランド・・・BOTTEGA ボッテガ
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・グレーラ
  • ・生産地・・・イタリア

 

ドメーヌ・シルレ ロゼ・タン・デ・フルール

created by Rinker
ファミーユ フェザス
¥2,189 (2024/03/01 01:57:10時点 Amazon調べ-詳細)

メルローとカベルネフランを50%ずつ使用した、シンプルながら複雑性に富んだロゼワイン。しっかりとした抽出が行われており、大変鮮やかで美しい外観に仕上げられています。
しっかりとした辛口なので幅広い料理と合わせやすく使い勝手が抜群です。

  • ・ブランド・・・ドメーヌ・シルレ
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・メルロー、カベルネフラン
  • ・生産地・・・フランス

 

アックエジー ピエモンテ スプマンテ ブリュット・ロゼ


イタリアのピエモンテ州のアックイ近郊に位置する名門ワイナリーが手がける、ロゼスパークリングワイン。
ボトルに描かれているアールヌーヴォー調は、ピエモンテ在住のアーティストが描いた特別なもの
ベリー系の果実味、ほど良い酸味と果実味とのバランスが素晴らしい仕上がりの1本です。

  • ・ブランド・・・アックエジー
  • ・内容量・・・750ml
  • ・ブドウ品種 ・・・ブレンド
  • ・生産地・・・イタリア

 

リンクサスはワインも高価買取!

リンクサスはワインも高価買取
お酒買取専門店リンクサスでは、世界中のさまざまなお酒を高価買取しております。ロゼワインをはじめ、ワインの買取にも力を入れておりますので、ワインの処分にお悩みのお客様はぜひリンクサスにご相談くださいませ。
リンクサスでワインを高価買取する際のポイントを下記にまとめました。

  • 売りたいと思った時が売り時
  • 保存状態に注意する
  • 限定品や希少価値が高いワインは高価買取
  • 付属品も一緒に売ると査定額アップ
  • まとめ売りがお得!

ワインには飲み頃があり、それを過ぎてしまうと本来そのワインが持っているポテンシャルが表現できなくなります。さらにワインは大変デリケートなお酒であることから、保存状態にも気を使わなければなりません
保存状態が良い状態で、できるだけ早くお売りいただくことで高価買取が狙えますのでご検討ください。
また、限定品や希少価値が高いワインも高価買取になりやすいため、おすすめです。
ワイン単体だけでなくノベルティなどの付属品、さらに1本より複数本をまとめてお売りいただくのも高価買取に繋がりますので、ぜひご検討ください。
ちなみにリンクサスでは下記買取方法をご用意しております。

お酒買取専門店リンクサスでは、店頭買取・出張買取・宅配買取といったお客様のご要望に合わせた買取方法をご用意しております。
買取手数料なども無料でご利用いただけますので、お気軽にご相談いただけますと幸いです
また、LINEなどを活用した事前無料査定サービスなどもリンクサスではご用意しておりますので、売却する前にぜひご活用くださいませ。
ワイン買取はこちら
 

まとめ

赤ワインや白ワインとは違った魅力を持つロゼワイン。美しいピンク色の外観だけでなく、味わいも華やかでフレッシュなのでどんなシーンでも使いやすいといった特徴があります。
本記事でロゼワインに興味を持たれた方は、ぜひ今日からロゼワインをご自宅で試してみてはいかがでしょうか。
また、お酒買取リンクサスではロゼワインをはじめとした世界各国のワインを高価買取しております。
個人のお客様だけでなく、業者様のご利用も大歓迎です
ワイン買取なら、リンクサスにお任せください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2023.04.04更新
クリック数:307,208
お酒買取はこちら お酒の飲み過ぎが原因で引き起こる「二日酔い」。お酒好きさんには、二日酔いに悩まされたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな二日酔いの症状を少しでも和らげてくれるようなおすすめドリンクを紹 […]
人気のお酒コラムTOP5
2023.06.04更新
クリック数:256,108
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.05.04更新
クリック数:199,605
ウイスキー買取はこちら ヘルシーで美味しいハイボールは、まだまだブームが継続中です。自宅でも美味しいハイボールが飲みたいと思った方は、ウイスキー選びにもこだわってみましょう。 選ぶウイスキーによって、ハイボールの味わいは […]
人気のお酒コラムTOP5
2024.03.01更新
クリック数:145,491
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.02.02更新
クリック数:115,916
日本酒買取はこちら 日本酒は腐りにくいと言われる飲み物です。そのためすぐに買って飲むこともあれば、しばらく未開封のまま保管しているケースもあるかと思います。しかし、保管したお酒をいざ飲もうとして、「本当に飲んでいいのか」 […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取

お酒買取店舗のご案内

お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
お酒買取専門店リンクサス福岡・天神店
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-1-7 GEST22ビル 1-BTEL:092-285-8022
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
お酒買取専門リンクサス・神奈川横浜店
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町2-20大和証券横浜ビル2FTEL:0120-769-277
詳しく見る
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
お酒買取専門リンクサス東京渋谷店
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-9渋谷第三KKビル1FTEL:03-6712-5523
詳しく見る
LINXAS酒の森大阪店
LINXAS酒の森大阪店
〒542-0066 大阪府大阪市中央区瓦屋町2丁目10-14TEL:06-7410-3921
詳しく見る
«