日本酒の平均アルコール度数とは?20度以上や澪等低アルコール酒10選

お酒買取専門店リンクサス

宅配買取・法人買取・店舗買取 受付時間:10:00~19:00(一部の店舗20:00)

日本酒の平均アルコール度数とは?20度以上や澪等低アルコール酒10選

2022/5/18
クリック数:167

日本酒買取はこちら
日本酒の平均アルコール度数とは?20度以上や澪等低アルコール酒10選
日本酒はビールに比べて“強いお酒”と言われます。お酒における強いという表現は、一般的にはアルコール度数のことを指します。つまり強いお酒である日本酒は、それだけ酔いやすいということになります。
では実際に、日本酒のアルコール度数はどのくらいなのでしょうか?この記事では、気になる日本酒のアルコール度数や焼酎・ワインなど他のお酒との比較を解説していきます。
低アルコールで飲みやすい日本酒や、玄人向けのアルコール度数高めのおすすめ銘柄についても解説しているのでぜひ目を通してみてください。
日本酒買取はこちら
 

日本酒のアルコール度数は高い?低い?

日本酒のアルコール度数は平均15〜16%

日本酒
日本酒はお米を原料に作られる醸造酒です。アルコール度数はものによって異なりますが、平均すると15〜16%ほどのものが多くなっています。
なお日本酒は、酒税法によって定義が細かく定められています。酒税法では清酒はアルコール度数が22%未満というルールがあるため、日本酒の中には22%以上のアルコール分をもつものは存在しません
ただし日本酒と同じ製法で22%以上のアルコールを含むお酒を作ることは可能です。酒税法のルールでは雑酒やリキュールなどに分類されてしまいますが、実際に商品化され販売されている銘柄も存在しています。
 

他のお酒とアルコール度数を比較

アルコール度

お酒の種類
アルコール度数の目安
日本酒15〜16%前後
ビール5%前後
ワイン12%前後
焼酎25%前後
ウイスキー・ブランデー40〜43%前後

アルコール度数15〜16%ほどと言われても、どれくらいの濃さなのかなかなかピンとこない方というもいらっしゃるかと思います。そこで、日本酒のアルコール度数を他の一般的なアルコールと比較してみました。

表を見て分かる通り、日本酒のアルコール度数はビールに比べておよそ3倍ほどあります。ワインも12%ほどなので、比べてみると日本酒のアルコール度数が高いことがわかります。醸造酒に分類されるお酒の中では、もっともアルコール度数が高いお酒と言えるでしょう。
なお焼酎やウイスキー・ブランデーなどと比べると、日本酒のアルコール度数は低くなります。これは焼酎・ウイスキー・ブランデーが蒸留酒であることが関係しています。蒸留酒は醸したお酒に対し、さらに蒸留という工程を加えることでアルコール成分を凝縮しているのが特徴です。そのため日本酒のような醸造酒よりも必然とアルコール度数が高いお酒になります。
 

日本酒のアルコール度数が高いと言われる理由

糖化と発酵が同時に行われるから

糖化と発酵が同時に行われるから
日本酒のアルコール度数が高くなるのには明確な理由があります。その理由は、日本酒の製造の過程で並行複発酵という手法が用いられるためです。
醸造酒を作る工程では、糖分を酵母が食べることによりアルコールが発生します。例えばワイン作りでは、ブドウの糖分を酵母が食べ、アルコールが作られていくといった具合です。
しかし日本酒の原料となるお米には、最初から糖分が含まれているわけではありません。日本酒づくりではお米に麹菌をふりかけることにより、米に含まれているデンプン質を糖分に変えていきます。このプロセスのことを糖化と呼びます。

日本酒製造で用いられる並行複発酵とは、糖化とアルコール発酵を一つのタンク内で同時に行うことを指します。タンク内ではまず糖化により糖分が発生、それをすぐその場でアルコール発酵していくことになります。そのためアルコール生成の効率が良く、ビールやワインなどの他の醸造酒よりもアルコール度数が高くなりやすいのが日本酒の特徴です。
発生するアルコールの量は酵母にもよりますが、出来上がる日本酒はおおよそ20%前後となることが多いです。そこから加水によって味が調整され、最終的に約15〜16%のアルコール度数に仕上がります。
 

氷や水などを入れずそのまま飲まれることが多いから

氷や水などを入れずそのまま飲まれることが多いから
醸造酒の中では高いアルコール度数を誇る日本酒ですが、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒に比べるとアルコール度数は高くありません。それでも「日本酒は酔いやすい」といったイメージが定着しています。
これは日本酒が基本的にそのまま飲まれるお酒であることが関係しています。焼酎やウイスキーは水割りやハイボールで飲まれることが多いですが、日本酒にはそれがありません。そのため15〜16%という高いアルコールを、薄めずにそのまま飲むことになります。当然刺激は強く、酔いやすくもなります。
 

銘柄や製法によってアルコール度数が変化

加水なしの原酒タイプはアルコール度数が高い

加水なしの原酒タイプはアルコール度数が高い
日本酒のアルコール度数は15〜16%ほどと述べましたが、中には17〜20%ほどの高いアルコール度数の日本酒も存在しています。
前述した通り、日本酒はアルコール発酵したあと、通常は味を整えるために水が加えられます。しかし中には加水の工程を省き、日本酒のガツンとした味わいをそのまま楽しめるように開発された商品があります。加水されない日本酒は「原酒」といった名称で呼ばれていて、当然ながらアルコール度数も高くなります。
日本酒好きの方や刺激の強いお酒が好きな方は、ぜひ原酒と書かれたタイプの日本酒を試してみてください。
 

低アルコール日本酒の普及も


原酒のように高いアルコールの日本酒がある一方で、近年は低アルコールタイプの日本酒も良くリリースされるようになりました。アルコール度数5〜12%ほどの日本酒も存在していて、これまで日本酒に苦手意識を持っていた方や海外の方からも「飲みやすい」と支持されています。
また低アルコールの日本酒の中には、シャンパンのような雰囲気で楽しめるスパークリング日本酒などもあります。昔よりも日本酒のバリエーションが増えており、低アルコールの銘柄も多数存在しているので、「日本酒は強いお酒」と身構えていた方もぜひトライしてみると良いでしょう。
 

度数の高い日本酒と上手に付き合う方法

度数の高い日本酒と上手に付き合う方法

1日の適量は1合(180ml)ほど

日本酒はアルコール度数が高いため、飲みすぎると悪酔い・二日酔いの原因となります。飲み過ぎ状態を続けてしまうと健康を害する恐れもあるので、1日の適量を守りながら飲むようにしましょう。
厚生労働省によると、1日の適度なアルコール摂取量は純アルコールで20g分です。これをアルコール度数15〜16%ほどの日本酒に換算すると、1日の適量は約1合(180ml)となります。1合のお酒をゆっくりスローペースで飲むようにすると、酔いにくくなります。
厚生労働省 飲酒のガイドライン
もちろんこの数値には個人差があります。特に女性の場合は、男性に比べてアルコールに弱い方が多い傾向にあるので注意しておきましょう。1日のお酒の適量は体調によっても変化するため、決して無理をしないことも大切です。
 

和らぎ水と併せて飲もう

 和らぎ水と併せて飲もう
日本酒を飲むときは、必ず「和らぎ水(やわらぎみず)」も併せて飲むようにしましょう。和らぎ水は普通のお水のことで、いわゆる“チェイサー”のことを指します。
日本酒を飲む合間に水を飲むことで、体内のアルコール濃度を下げる効果が期待できます。またアルコールによる脱水症状を防ぐことにも繋がります。この時に飲む水の量は日本酒と同等からそれ以上が目安となります。


 

20度越えも!?アルコール度数の高いおすすめの日本酒

1.菊姫 原酒

created by Rinker
菊姫
¥3,560 (2022/07/04 01:45:52時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:19%
  • ・原料米:山田錦、五百万石、糯米など
  • ・精米歩合:70%
  • ・味わい:濃厚旨口

熟成させた数種類の原酒をブレンドし、そのまま瓶詰めしたというボトルです。ナッツやカラメルのような濃厚な香りと甘やかなコクが特徴で、ふくよかな旨味があります。
日本酒らしくそのままストレートで飲むだけでなく、オン・ザ・ロックにしても美味しいです。お刺身やお寿司など、和食系との相性が特に抜群です。
 

2.月桂冠 つき原酒

created by Rinker
定番酒:つき
¥8,998 (2022/07/04 01:45:53時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:20〜21%
  • ・原料米:国産米
  • ・味わい:中辛口

コスパの良い定番酒として人気の高い月桂冠よりリリースされている、高いアルコールの原酒タイプのお酒です。2018年のIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)のSAKE部門でゴールドメダルを受賞するほど、世界的にも評価されているお酒となります。
トロリと濃厚な口当たりで、甘すぎず辛すぎずのちょうどいい味わいが魅力です。少し冷やすと原酒らしいキレ味がさらに増します。
 

3.活性原酒 雪っこ

created by Rinker
¥1,179 (2022/07/04 01:45:53時点 楽天市場調べ-詳細)
  • アルコール度数:20〜21%
  • ・原料米:岩手県産米
  • ・精米歩合:70%
  • ・味わい:甘口(日本酒度-13.0、酸度1.3)

活性原酒雪っこは、酔仙酒造の手がけるお酒です。酵素や酵母を生きたまま瓶に詰めるという「活性原酒」で、にごり酒タイプとなります。
高めのアルコールながら独特のとろみがあり、甘酒のような甘味を楽しむことができます。冷蔵庫程度に冷やして飲むのがおすすめで、そのほかソーダ水や牛乳で割ったアレンジなども推奨されています。
 

4.越後武士

created by Rinker
玉川酒造
¥2,800 (2022/07/04 01:45:53時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:46%
  • ・原料米:五百万石・こしいぶき
  • ・精米歩合:60%
  • ・味わい:超辛口(日本酒度+66.0、酸度1.0)

越後武士(えちごさむらい)は、なんとアルコール度数46%というウォッカ並みの強さのお酒です。なお日本酒と同じように米・米麹から作られていますが、現在の酒税法では“リキュール”扱いとなっています。
パンチがありつつもまろやかなとろみがあり、ウォッカや焼酎などとは一味違った味わいが堪能できます。
オン・ザ・ロックでライムやグレープフルーツなどの果汁を数滴垂らすと、切れ味がさらに増すのでおすすめです。
 

5.ふなぐち菊水一番しぼり

created by Rinker
菊水酒造(新潟)
¥8,040 (2022/07/04 01:45:54時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:19%
  • ・原料米:新潟県産米100%
  • ・精米歩合:70%
  • ・味わい:辛口

ふなぐち菊水一番しぼりは、搾りたての生原酒をそのまま詰めたお酒です。生酒でしか味わえないフレッシュさ、そして原酒だからこそ堪能できるお米のおいしさが魅力です。強いアルコールながらも、フルーティーな香りがあり飲みやすさに定評があります。
300mlのミニ缶もあり、誰でも気軽にチャレンジできます。辛口派の方にもおすすめの味わいです。
 

初心者にもおすすめできるアルコール度数の低い日本酒

1.澪 スパークリング

created by Rinker
松竹梅 澪
¥1,306 (2022/07/04 00:48:06時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:5%
  • ・原料米:国産米
  • ・精米歩合:65%
  • ・味わい:超甘口(日本酒度-70.0、酸度4.0)

コンビニなどでも取り扱いがあり、圧倒的な知名度を誇る低アルコールのスパークリング日本酒です。5%とカクテルやビールに近いアルコール度数で、日本酒が苦手な方でも親しみやすい味わいとなっています。
フルーツを思わせる甘口でありながら、炭酸由来の爽やかな発砲感でフレッシュ感も堪能できます。良く冷やして、ワイングラスなどを使って飲むのがおすすめです。
 

2.富久錦 Fu.

created by Rinker
富久錦
¥1,470 (2022/07/04 00:48:07時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:8%
  • ・原料米:兵庫県加西市産キヌヒカリ
  • ・精米歩合:70%
  • ・味わい:超甘口(日本酒度-60.0、酸度5.0)

富久錦(ふくにしき)Fu.は、透明感のある甘さを堪能できる心地の良い低アルコール日本酒です。ほんのりマスカットのような香りを感じられますが、強い甘味ではなく、控えめのため食中酒としても取り入れやすいです。酸味によるスッキリ感があり、辛口白ワインのような感覚で楽しむことができます。
 

3.Abysse(アビス)

created by Rinker
花の舞酒造
¥2,460 (2022/07/04 01:45:55時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:12%
  • ・原料米:静岡県産米
  • ・精米歩合:60%
  • ・味わい:ミディアムボディ

Abysseは花の舞酒造の銘柄の一つで、ブルゴーニュ菌株の白ワイン酵母を使って作られたミディアムボディの上品な日本酒です。「洋食に合う日本酒を造る」というコンセプトのもと、清酒酵母ではなくあえてワイン酵母が選ばれました
温度帯によって大きく表情を変えるのが特徴で、8度ほどに冷やして飲むと酸味を感じやすく、18度くらいの常温で飲むと米由来の旨味を感じやすくなります。ワイン好きの方におすすめしたい日本酒銘柄の一つです。
 

4.讃岐くらうでぃ

created by Rinker
讃岐くらうでぃ
¥3,010 (2022/07/04 01:45:55時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:6%
  • ・原料米:国産米
  • ・精米歩合:70%
  • ・味わい:超甘口(日本酒度−70、酸度5.0)

通常の3倍もの麹を用いて作られたという、まるでヨーグルトのような甘酸っぱさをもつにごり酒です。カルピス系と呼ばれることも多いお酒で、焼肉などジューシーな食事と相性がぴったりです。
濃厚なとろみと甘味のお酒で、アルコール度数は6%と低いながらもロックやソーダ割でも楽しむことができます
 

5.一ノ蔵 ひめぜん

created by Rinker
一ノ蔵
¥1,480 (2022/07/04 00:48:05時点 Amazon調べ-詳細)
  • アルコール度数:8%
  • ・原料米:国産米
  • ・精米歩合:65%
  • ・味わい:超甘口(日本酒度−70〜ー60、酸度4.5〜5.5)

すだちやかぼすのような爽やかなフルーツ香を楽しめる、マイルドな甘酸っぱさが魅力の低アルコール日本酒です。低アルコール酒のパイオニア的存在で、今もなお高い人気を誇ります。
まるでジュースのような感覚で飲めてしまうお酒で、甘さがありながらサラリとした飲みごたえです。冷酒としてはもちろん、燗酒にしても飲めるのが魅力です。
 

まとめ

日本酒のアルコールについて解説しましたが、いかがでしたか?
日本酒は醸造酒の中でもアルコール度数が高めのお酒になります。飲むペースを守りながら、ゆっくりと堪能するように飲みましょう。飲む時には、必ず水も忘れずに用意しておきましょう。
なお近年は低アルコールの日本酒なども普及してきています。ラベルを見ればアルコール度数がわかるので、ぜひ自分に合った日本酒を探してみてください。

人気のお酒コラムTOP5

人気のお酒コラムTOP5
2021.10.06更新
クリック数:31,165
ウイスキー買取はこちら サントリーウイスキーは、ウイスキー好きには馴染みの深いジャパニーズウイスキーの中でも世界中にファンが多いブランドの1つだと言えます。特に、サントリーは山崎に始まり響、知多など多くの人気ウイスキーが […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.10.09更新
クリック数:21,270
焼酎買取はこちら 芋焼酎の『魔王』をはじめとして、鹿児島県には多くの日本を代表する焼酎があります。焼酎が好きな方ならば、”幻の焼酎”や”3M”という言葉を耳にしたことがあると思います。 『魔王』、『森伊蔵』、『村尾』の3 […]
人気のお酒コラムTOP5
2022.04.04更新
クリック数:19,289
ウイスキー買取はこちら ここ数年~10年余りで人気が急上昇したウイスキー。プレミアが付くような希少品も多く、一般販売では購入の難しいボトルが存在しています。レアなウイスキーは抽選販売が行われていて、安価で入手するためには […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.05更新
クリック数:14,300
焼酎買取はこちら 焼酎が好きな人なら、「森伊蔵」は飲んだことがなくても一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 「焼酎界の3M」と呼ばれ、あの「魔王」や「村尾」と肩を並べるプレミア焼酎「森伊蔵」。なかなか入手が困難な […]
人気のお酒コラムTOP5
2021.11.06更新
クリック数:11,544
日本酒買取はこちら お酒をあまり飲まない方、日本酒は好んで飲まないというような方でも名前だけは知っているであろう“十四代”。 はっきりと名前はわからなくても化粧箱やボトルのラベルを見たら、見かけたことがあると感じることで […]

買取強化商品

山崎買取
山崎買取
響買取
響買取
白州買取
白州買取
竹鶴買取
竹鶴買取
余市買取
余市買取
軽井沢買取
軽井沢買取
イチローズモルト買取
イチローズモルト買取
マッカラン買取
マッカラン買取
ボウモア買取
ボウモア買取
十四代買取
十四代買取
森伊蔵買取
森伊蔵買取
レミーマルタン買取
レミーマルタン買取
ヘネシー買取
ヘネシー買取
カミュー買取
カミュー買取
ロマネコンティ買取
ロマネコンティ買取
ドンペリ買取
ドンペリ買取
アルマンド買取
アルマンド買取
アードベッグ買取
アードベッグ買取
スプリングバンク買取
スプリングバンク買取
マーテル買取
マーテル買取
サロン買取
サロン買取
ルイロデレール買取
ルイロデレール買取
クリュッグ買取
クリュッグ買取
«